陽道コラム

個別指導学院ヒーローズ横浜鶴見校
塾長の想い

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

脱自分本位・脱個人主義2

2012年07月30日 16時24分19秒 | 日記
脱自分本位・脱個人主義2

前回の続き


『脱個人主義』・・・個人の尊厳を否定することではない。

『脱利己主義』

といえばストレートなのだが

今の現代人は利己主義と個人主義を混同していると感じたのであえて『脱個人主義』とした。

『自分さえよければ良い』
『この場をうまくごまかせばそれで良い』

日本人は今、新型うつの増加についてのところでも思ったのだが、精神的に弱くなっていると思う。

1対1でタイマン張ってケンカする、のではなく弱い者いじめに走っている。
社会に出ても1年もただずに会社を辞める若者が増えている。
打たれ弱くなっている。

この話は長くなるので別の機会に話す。

つまり人生の進む道を楽なほう楽なほうへ、器用に生きることのできる能力ばかりが育って本当の実力の育っていない、うまくごまかして生きている人が多い気がする。

いじめる側の人間は、本当の悪人、ではなく
皆に嫌われたくないから右に倣え、のごまかしで生きている子が多いのではないか。

反対にいじめられる子は、本当の善人、で器用に生きることが苦手な子。

これからの日本に本当に必要なのは

むしろ『いじめられている子』なのではないだろうか。

ごまかしで生きるのではない、器用に生きるのではない、本当に意味での個人主義を貫き行ききることのできる存在なのではないか。


ごまかして生きる人間が頭のいい人間で、そんな人ばかりの社会になったらどうだろう・・・
しかも、そういう器用に生きてきた人間はプレッシャーの多い世の中で生きていくことが容易ではない。
そういった人が会社に入ると長くは続かないという現象が起きている。
しかも上司が韓国人や中国人。彼らは死に物狂いで生きていこうという決意があるのだ。

ごまかしで器用に生きる人間が増え、上司にヒトラーが出てきたら、、、日本陸軍のような存在が出てきたら、、、、
いじめる側のボスではなくそのほかのいじめっ子のように
「いじめるつもりはなかった」・・・
などといって取り返しのつかない戦争を起こしてしまう危険性が増すともいえる。

やばい、、、、話がいろいろあちこち飛んでしまった。


ここらでいったん、次回へ続く・・・

コメント   この記事についてブログを書く
« 脱自分本位・脱個人主義1~... | トップ | 脱個人主義3~世のため、人... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿