陽道コラム

個別指導学院ヒーローズ横浜鶴見校
塾長の想い

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

教育者?経営者?どっち??~ヒーローズ横浜鶴見校・武蔵新城校勉強会~ 正反合のプロセスへ

2012年09月15日 18時09分40秒 | 日記
教育者?経営者?どっち?? 

学習塾は教育産業である

我々は教育者と同時に経営者の視点も持っていなきゃいけない。というのが今回の話。

どっちを優先すべきなのか?

そもそもそんな二者択一して考えることに意味がない、ということは話を進めていった後に結論として伝えていきます。
まずは述べさせてほしい。

経営者的な視点から話をしたい。

学習塾は教育の担い手として存在しているが、つぶれては教育そのものができないではないか。
しっかりとした教育をし、それに対しきちんとした対価を払っていただく。これは大事なことだ。

しかし、昨今の学習塾の状況を見てみると、教育的な視点が少し欠けているというかずれているというか、お金を稼ぐことに目が行き過ぎている塾が散見される。
そういう塾には行かないほうがいいと思う。

話がずれた。。。



先日のヒーローズ横浜鶴見校、武蔵新城校合同勉強会、という名の飲み会^^;
で先生方にまず伝えたのは

経営者の視点

だった。

今晩来ている生徒は何人いて、どのくらい親はお金を払ってきているのだろう。
中にはお母さんがアルバイトして稼いだお金すべてをこの目の前の生徒の塾のお月謝に消えているというご家庭もたくさんある。
そのことに思いを馳せながら勉強を教えるように伝えたのだ。

それを意識すると人間はいろいろ変わってくる。
コピー一つとるにしても無駄ではないのか?もっと効率よくならないだろうか?

もったいない。

おばあちゃんからよく言われたこの言葉、すごく実感として味わうことができるようになるのだ。


次回に続く


個別指導学院ヒーローズ横浜鶴見校

コメント   この記事についてブログを書く
« 先人から学ぶ~2~ | トップ | 経営者?教育者?どっち??2 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿