埋もれゆく空間

趣味の物で部屋が埋もれていく様を綴る場所

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

AK102をちょいバラし

2010年09月25日 23時20分33秒 | エアガン


AK102のリコイルを外してみよう、とふいに思いついて弄くってみました。
24時間耐久の時に使用していて気になったのは銃声よりもブローバックによるネジのゆるみ。
特にボルトのネジは何度も締め直しました。プラプラぶら下がってて落ちる寸前の時もあったし。

とりあえずググってはみたものの特に情報が見つからないのでどうしようかと思いましたが
アームズマガジンの解体新書を見る限り、外すだけならそんなに大した事なさそうなので実行。
Y字のネジにちょっと苦労しましたがそれ以外はあっさり作業が進みました。

銃声はだいぶ静かというか並の電動ガンレベルになりました。
そしてリコイルユニットを抜いたせいで銃が軽い。
部屋で眠っているPBS-1サプレッサーもこれで効果が出て来るでしょうか。
来月の24耐もこいつでいきますかね。

明日はビクトリーショー。
今回はロシア装備以外にも探す物がいくつかあるので楽しみです。
コメント (2)

SPLASH 24時間耐久戦 2日目

2010年09月23日 18時45分44秒 | サバゲ
7時起床。寝ている間にブロークンアローしたらしいです。
なんか色々あったようだけれど寝ていてわからないので特に触れません。
とりあえず寝ていた分の仕事をするか、と本陣を出た時に弁当が到着。
あっさりHITされてから食事タイム。
弁当+お茶で1000円。ちと割高ですが結構量があります。
近くにいた人は「多すぎて喰いきれない」とこぼしていました。
朝からわりとガッツリ喰う私は平気でしたが。

その後は主に本陣とセーフティを繋ぐ通路沿いで戦闘。
この頃からちょっと射撃がバラ撒き気味になってました。

そして発生する銃のトラブル。
AK102が急に作動しなくなりました。
バッテリーが切れる時はサイクルがだんだん落ちてきて止まるのですが今回は突然止まります。
まれにコネクタが射撃中に外れてしまったなんて事もありましたがそういう訳でもない。
この現象が起きた後はバッテリーが熱を持ちハンドガードに伝わるぐらいになってました。
かといって撃ちすぎてバッテリーが切れたとも思えない。古いバッテリーもあるとはいえ1000発撃ったぐらいで…。
Izlom着てた人がマルイのAK74MNを使っていたようなので話をしてみたところ同じ事が起こっているらしい。

配線やスイッチに異常があるのでは?等知り合いが言っていましたが
結局原因はわからずバッテリー交換で対処。まさか7つも持ち込んだのが無駄にならなかったとは。
繋げ直してもうんともすんともいわないのもありましたが
2、3年前に買った物も混ざっていたのでもう死んでいたのもあるかもしれません。
帰宅後に充電し直し、試射してみましたが特に異常無し。とりあえず様子を見ます。
普段のゲームでは弾数制限もあってそれほど短時間で撃ちまくらないので平気だと思うのですが。

HITされ復帰して、を何度か繰り返してるうちに2回目のブロークンアロー。
理由がはっきりわからないまま成立して少々気分が萎える。
13時半を過ぎた頃荷物を纏めてセーフティに引き上げて後片付け。

閉会式のじゃんけん大会は1回だけ残り3人での勝負に持ち込むものの後は惨敗。
参加者全員プレゼントの中から非常食を貰いました。次の耐久で使いましょう。

帰り道で何度か意識が飛びかける。
送っていただいたドライバーも「…今何話してたんでしたっけ」と2人してヤバい状況に。
眠気覚ましのガム買っておいて良かった。
地元の駅で警官の多さに少々ビビリながらも帰宅。

なんとか無事終わりました。
耐久はもうお腹いっぱいです。今月中ぐらいは。
コメント

SPLASH 24時間耐久戦

2010年09月21日 23時46分04秒 | サバゲ
9/18・19とSPLASHの24時間耐久サバゲに参加してきました。



駅にて待ち合わせ中。
この後、車に同乗させて貰って現地に向かうものの思いもよらぬ渋滞で到着はゲーム開始数10分前。
ちょっとした手伝いや買い出しやらでフィールドインは開始後でしたが、まあ時間はたっぷりあるんだしという事で
慌てずに準備できたのは幸いかと。いつもはわりとゲーム直前までバタバタしているので。

今回の装備は以前にも少し書きましたが
メイン:マルイ AK102
サイド:KSC G18c
BDU:Izlom
装備:Smersh
で臨みました。
SmershはともかくIzlom着てる人なんて日本にどれだけいるのかな、なんて思っていたら

到着後数分で着用している人を発見。
しかもSmersh装備。

思いっきり被ってます。マガジンポーチはお互い別な物を装着してましたが。
自衛隊や米軍、PMC等なら比較的被りやすいと思うのですが
まさかロシアで被るとは。普段見かけないのに。
自分の周りに使用してる人が殆どいないだけで、世の中ではそうでもない…のでしょうか。
まぁおかげで本陣で休憩中などにその人と装備の話が出来たのでなにより。
いつもはそういう機会もあまりないのです。

荷物はセーフティに置いていけないという事で2回に分けて参加陣営である黄軍本陣に運搬。
途中、赤軍がぞろぞろと集団で移動していましたがとりあえず見なかった事にしておく。

今回は新しいフィールドも使用するという事で参加受付後に地図を貰いましたが
広い。とにかく広い。
方向オンチな私では迷子になりそうなくらい。元々のフィールドでも足を踏み入れていない箇所があるというのに。
とはいえ本陣の場所はT2cの24時間耐久でも使われていた所なのでそこまで辿り着くのは迷わなそうです。

ゲーム序盤は本陣近くの斜面上で近づいてくる敵軍を迎撃。
斜面の下では味方と敵が入れ替わり立ち替わりポジションを奪い合い。楽しそうだなぁ。
何度かHITされては本陣で一休みして、なんてやってる間にすっかり暗くなっていました。

闇に紛れて近づいてくる敵を迎撃しに出た時、周りを警戒しながらふと前を見ると3メートル程の距離に敵が。
最初に発砲したのはこっちでしたが外したらしく結局相打ち。
その際にフェイスガードをしていなかった顔を弾が直撃して痛い目に。
暗くなるとこのようにかなり接近した状態で敵と出くわす事もあるのでちゃんと保護してないと駄目ですね。

日付が変わり午前1時、陣地交代で荷物を運んだ後シュラフに潜り込んで睡眠。
こうして1日目が終わりました。
コメント

AKのマガジンポーチ

2010年09月14日 23時06分31秒 | サバゲ
普段AKと使う時にはチェストリグかベストを使うのですが
今度の24時間耐久では這いつくばる場面も多いと思うのでsmershハーネスを使う事に。
ただ個人的にこのシステムには問題がありまして。



マガジンポーチがでかいのです。
これは4本マガジンが入るポーチなのですが両側に手榴弾ポーチが付いていて余分に嵩張ります。

ゲームフィールドには基本電車移動なので少しでも荷物を小さく少なくしたい。
だから少しでも嵩が少ない方がいい。そんなわけで今まであまり使う機会がなかったんですけど
所有している装備の中では今回の目的に一番合うはず。
ならばなんとかして使うしかない。



なのでポーチを変える事で問題の解決を図ってみる。
手榴弾ポーチが付いてないのを買ってみました。
これで状況が変わってくるでしょう。



たいして変わりませんでした。

そもそもAKのマガジンが大きいからポーチも大きくなるわけでそこが変わらない事にはどうしようもないですな。
しょうがないので大きめのバッグを使う事でなんとかしようと思います。
コメント

BDU -Izlom-

2010年09月11日 00時52分10秒 | ミリタリー


今回購入したBDU、Izlomです。
Izlom。意味を調べてみると屈折、骨折、破損とか出てきます。
しかしそれが迷彩模様と何か関係があるのかはサッパリ。
販売サイトの写真では暗い緑に見えたのですが全体的にやや明るめですね。茶色が結構目立ちます。



最近のものではよく見かけるリップストップ。ジャケットのボタンが妙に大きいです。



パンツの前開きもボタン留めです。
ジッパーとかそんな便利なものありませんよ。



商品についてあまり調べずに購入したのですがこのBDUもPartizanやSumrakのようにオーバーのようです。
パンツの前ポケットの脇にマジックテープがあり下に履いたパンツのポケットも活用出来る模様。
もっとも重ね着なんかしたら暑くてしょうがないのでやらないですけどね。



すでに所有しているSPLAVのBDUだとパンツの裾に足裏に引っかけるヒモがありますがこれにはありません。
ブーツインすると走り回ってるうちにずり上がってきそうなので最初から外に出しておいた方がよさそう。


PartizanやSumrakは好きなんですが生地が薄いので濃いブッシュや匍匐は若干躊躇します。
KLMKなどはヒヤヒヤ物です。
しかしこれはリップストップなのでその辺りはあまり気にせずに済みそうです。
ジャケットのボタンは知らないうちに無くなってそうですけど。

後はどれだけ迷彩効果があるかですかね。
といっても他のロシア迷彩もどれだけ効果あるかわかりませんが。
何しろゲームで着ている人ほとんど見た事無いので…。
コメント