エルミタージュ図書館

ただ単なる個人の読書備忘録
た、ま~に更新

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

『南京事件「証拠写真」を検証する』 東中野修道 小林進 福永慎次郎 共著 (草思社)

2005-07-05 23:58:36 | 戦争

 たしかに「ある意味で」面白い本だった。これまで見てきた中国での戦争中の写真が本物であるか否か?

  しかし、 写真に関しては、ありとあらゆる角度から疑問符を投げかける著者だが、日本軍にとって都合の良い写真や、従軍記者や日本軍大尉などの発言に対しては何の疑問も感じず鵜呑みである。

 南京での「合法的処刑」については著者は本書で認めている。ジュネーブ条約やバーグ陸戦法規などを挙げているが、当時の関係者や一歩兵がそういった法を熟知・遵守していたのだろうか? 現在のようにマスコミが発達していてもイラクでは捕虜に対する不適切な行為が行われているのだ。また、そういった戦争法を知っていたなら、第二次世界大戦末期に多くの日本兵や一般人が自決的行為を行わなくても済んだはずである。

 埋葬した遺体は15000体であるということも著者は本書で認めている。また、虐殺かどうかは別として、中国での戦闘行為の死者についても否定していないが、他人の土地に上がりこみ武力を行使すると、その正当性・合法性が当時どういったものであろうが禍根を残すことは明白である。

 たしかに著者が主張するように、何枚かの写真は、南京大虐殺や日本軍の残虐行為とは無縁のものもあるかもしれない。しかし、中国で日本軍が行ってきたことは、加害者側の告白からもわかるし、虐殺の数の多少はあるかもしれないが、否定できない事実だろう。ちょっと洞察してみればわかることではないか? 治安が良いといわれている今日の日本でも、日々、尋常でない事件・陰湿な事件が起こっている。「スーフリ」のような鬼畜の所業もあるわけだ。鬼畜の所業までは行かなくとも、性欲をコントロールしきれない男は五万とおり、アジア諸国で女を買ったことを自慢するバカもいまだに少なくない。学校ではイジメがあっても中に入って止めることのできる人間は少ない。当時は人権意識も今日ほど高くなく、「チャンコロ」などという蔑称が当たり前に使われていた時代だ。現在でも、近隣諸国の人たちに対する差別意識や偏見・無知は多々存在する。そんなことなどから考えると戦時下の中国で、日本人がそれなりのことをしてきたことは容易に想像がつくはずだ。

 もう少し私なりに逆に疑問符を投げかけてみよう。「日本軍は代価を払って鶏を買った」とあるが、日常でも汚い上下関係がある場合、「よこせ!」という奴や、買うといって品物を受け取った後、金を払わない奴も多々いるではないか?  また、中国人の臓器試食について、著者は「そんな残酷な行為をする習慣があっただろうか?」と記しているが、戦争末期、撃墜したB29搭乗員らを生体実験し、医者が臓器を自慢げに喰ったというレポートを読んだことがある。

 私は、虐殺の数が、30万人だったのか、3万人だったのか、3千人だったのかは、わからない。しかし、30万なら大虐殺で、3千人なら大虐殺でない、なんてことはないはずだ。
 「南京事件は歪曲」と簡単に言い切る若者が増えていることは、戦争体験の第三世代への伝承がいかに難しいかを物語っているようで、とても残念だ。


(個人的評価:★★)
(おすすめ度:一読の価値くらいはある)


コメント (2)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
   | トップ | 日本の島ガイド『シマダス』... »
最新の画像もっと見る

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
侵略性とそういう側面 (山中鹿次)
2006-08-29 21:57:08
新風舎の本についてトラックバックありがとうございました。この問題については東中野氏の主張は「そういう側面」だけを提示しているのであり、そのことで「日本が悪くない」といえば大問題。ところが勝谷雅彦のごときはこの本をSPAで大きく取り上げています。こういう人につけるクスリがほしいものです。
いや、それはちょっと・・・ (暇人)
2007-05-14 15:02:23
 たんなる通りすがりの人間で、かつ、このブログについてはこのページしか読んでない人間でも、コメン
トを書き捨てて行く自由があるという前提だと思いこんだ上でコメントさせていただきます。私のコメント
がここにおいて不適切な存在であるときには是非削除
してください。
 まず、あなたの主張として、一方の証言のみを鵜呑みにすることを問題視するのなら、南京事件肯定派の主張にも、相当な部分でその瑕疵は当てはまります。
 あなたの記述も、片方の側からの主張の鵜呑みで構成されている部分があります。
 次に、日本兵の一兵卒までが、法令条約について、熟知かつ遵守していなかったとしても、南京での処刑は合法的なものです。ある師団が「合法的な処刑」を
行ったとして、その師団のある兵士が国際法や条約について無知だったことが露見したら、その処刑は違法なものへと変質するのでしょうか。
 つぎに、ちょっと洞察するとのことで、現代日本での犯罪をあげておられます。しかし、これらの犯罪と
、懸案の南京事件とは何の因果関係もありません。
あなたのあげた事例は、古今東西どこでもあります。それらを根拠に南京事件の存在を推認することは、不可能です。
 ちなみに、蛇足めいていますが、「中国では人権意識は、今でも低いといわざるをえないし、日本
に対する差別意識や偏見・無知は多々存在します。そんな人たちが、日本人についてどのような嘘デタラメを言うかは用意に想像がつくだろう」という人がいたら、あなたはどう思いますか? 日本人が書いた本を批判するためとはいえ、あなたは感覚的な傾きが大きすぎるような気がします。
 鶏の話については、先ほどと同じく、あなたの言うことは世界のどこでもあることです。世界のどの国にも、窃盗犯はいます。それで「疑問符」がつくのならば、それはもうあなたの政治思想によるものです。
 虐殺は人数ではないと言いますが、この本の趣旨は、「南京事件の証拠写真と言われていたものには、証拠として通用するようなものはない」というものではありませんでしたか?
 南京事件の証拠写真なんてものは、嘘もしくは信憑性無し。という結論の本であって、人数のことにもっていくのは、話のすり替えでしょう。
 そして、一応私も「若者」なので言いますが、ネッシーがいたという証拠写真が偽者だったとしても、それが直ちにネッシーの不存在を証明することにはなりません。それは私にも理解できます。しかし、「ネッシーは存在しないので無いか」という合理的な疑いは生じます。これはイデオロギーではなく、理性による判断だと思います。
 そして、あなたも認めるように、一部の写真は歪曲されたものであったのです。その写真の部分においては、南京事件は歪曲だったのです。
 

コメントを投稿

戦争」カテゴリの最新記事