『はつかいち』 ぶらり

安芸の宮島の地・・・廿日市を見たまま紹介―独自の好奇心アンテナを張り巡らせて、ビビッと反応したものを紹介します。

二宮尊徳像が

2009年04月16日 | 「廿日市市周辺部」ぶらり


佐伯区湯来町の上多田集会所「みどり会館」前に薪を背負いながら本を読んで歩く二宮尊徳像があった。
この地は上水内小学校上多田分教場の跡でこの二宮尊徳像は昭和16年4月に寄付建立されて廃校後も残されていたのである。
薪を背負いながら本を読んで歩く姿に関する記述は明治期の『報徳記』で現れるようであるが、このような姿で実際に歩いていたという事実はないそうである。

更新の活力になります! ポチッとね!


コメント (2)   この記事についてブログを書く
« 鎮神原の鎮神堂 | トップ | 四季が丘公園 ポポロの森 »
最近の画像もっと見る

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
二宮金次郎 (セールフォ~)
2009-04-17 18:11:22
二宮金次郎(二宮尊徳)の銅像むかしの小学校でよく見かけました、中には戦争中の金属供出で台座だけになった銅像もありましたが、この金次郎さんは瀬戸物製なので難を逃れたのでしょうか?。

ところで二宮金次郎と言う人は何をした人なのかいま一つピンときません
薪を運びながら勉強した偉い人と言うことは分かるのですがその後は?
Unknown (hera)
2009-04-17 18:55:46
セールフォ~さま
二宮尊徳の肖像がある1円札は使ったことがあるのですがねぇー
何をした人かウィキペディア(Wikipedia)で知るくらいのことです。

コメントを投稿

「廿日市市周辺部」ぶらり」カテゴリの最新記事