『はつかいち』 ぶらり

安芸の宮島の地・・・廿日市を見たまま紹介―独自の好奇心アンテナを張り巡らせて、ビビッと反応したものを紹介します。

梅雨太郎さん

2018年06月13日 | 「廿日市地区」ぶらり









 

梅雨の合間、梅雨太郎さんに会いに行ったが見ることは出来なかった。江戸期の地誌には「異石-上平良村石か小屋にあり、石罅に雙蛇を栖しむ、梅雨の後、去て見えず、此石犯すものは祟ありといふ」とある。かつて水商売の人や安産祈願でお参りする人もあったようである。近くにある梅雨太郎水と言われている清水を汲みに2組の方がおられたが、この時期の梅雨太郎水は梅雨水のような気がするが・・・

『広島県』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 田植え民具の色々 | トップ | フェイジョアの花が »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

「廿日市地区」ぶらり」カテゴリの最新記事