砂時計/老い楽の詩

老いは砂時計を楽しむ。砂時計は砂一粒の落下から始まり、最後の砂一粒が下の空間に、静かに着地したとき、星の砂となって輝く。

#99;耕す

2017-05-14 20:10:32 | 春夏秋冬
ご訪問いただき、ありがとうございます 

今日はのち
3坪しかない家庭菜園
茫々に伸びた草取りを行い
その後 鍬で畑耕す
普段使わない筋肉を使ったので
明日の朝が怖いです

耕していたとき 
ミミズさんと子蛙に遭遇
私の顔を見たら慌てて逃げていきました
ミミズも蛙も生きています
家庭菜園のなかに貧乏草が118本生えていました
それは誠に申し訳ないが「抜いて」しまいました
芝生に咲いている貧乏草は 抜かず そのままです
前にも書いたが
貧乏草には素敵な名前があるのです
春紫苑(ハルジオン)」「姫女苑(ヒメジョオン)」です


『ささやき』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« #98;この世に金を残さず逝く | トップ | #100;懐(かいきょう)郷 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

春夏秋冬」カテゴリの最新記事