砂時計/老い楽の詩

老いは砂時計を楽しむ。砂時計は砂一粒の落下から始まり、最後の砂一粒が下の空間に、静かに着地したとき、星の砂となって輝く。

#247;風鈴と浴衣の君

2017-07-17 03:29:23 | 春夏秋冬
風鈴と浴衣の君

あなたは微笑んだ
暑い夏は 
風鈴の音と
涼しげな浴衣の君がいい
          
         
『ささやき』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« #246;「憐憫の情」ならぬ「... | トップ | #248;勝手な生き物 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

春夏秋冬」カテゴリの最新記事