空蝉/老い楽の詩

蝉は鳴く。地上に生きる時間は儚く短い。それでも蝉は生きている、と力の限り鳴き叫ぶ。私も今日、力の限り生きてみようか。

#217;4年余り着の身着まま

2017-06-22 11:48:23 | 老いの風景

72歳と若い片岡亀太郎さんは
4年前に重度の脳梗塞で倒れ救急車で搬送され入院
3ヵ月余りで退院したが高次機能傷害があり
要介護4の認定を受けた
デイサービスを週3回利用されているものの
亀太郎さんは深夜から夜明けにかけ
「トイレ!」(紙パンツ使用)と訴え
その度にトイレに行くこと頻回
(多い時には)1時間に5回
冬のときは蒲団と体は温まらず寝つけない
妻 鶴美さんの介護負担は大きかった
夜間に起きだし、歩きだしたりするため
ベッドの近くに蒲団を敷き
4年余り着の身着ままで過ごしてきた 
『ささやき』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« #216;人生の春 ④ | トップ | #218;シンタマネギは「甘~... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

老いの風景」カテゴリの最新記事