たかが親子されど親子、そして兄弟そして夫婦そして自分

いづみかほるの様々な想い(世のファミリーをテーマにエッセイ風に綴っています)

『父を想う日』

2022-08-30 09:49:15 | エッセイ風

今日は56回目の父の命日
父の結婚前の日記を、数十年前に今は亡き母から私の手に渡りました。
その日記には生きるヒントが沢山含まれています。息子より若い頃の父の日記なのに。
それを日々読みながら一生懸命人生を歩き続ける娘でございます。

父がこの世を去ったのは56年も前のことなのに、あの日のことが鮮明に思い出されます
8月16日の夜中に倒れ、家族や親戚一同みんなで奇跡を信じてましたが2週間後に逝きました。

41歳でした。今年の息子の年齢とさほど変わりないとは。私は8歳でした8歳の私の目で見て感じた心の動きを、しっかりまとめ心に収めてあります。

 

64歳になる娘が、8歳だった私が見た41歳のままの父に時折救いを求めます。すると必ず返事をくれて心が楽になるのが本当に不思議です。

やはり人の命に終りはあっても、こうして父は私の中で存在し続けている。そう思えるのです。

コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

母を想う日

2022-08-17 08:33:56 | エッセイ風

一昨年の今日母が逝った。

 三十代で夫に先立たれ、貧弱な娘と手のかかる息子を懸命に育て、孫についても仕事を抱えながらも可能な限り協力してくれた。人に尽くすのは積極的だったが尽くされるのが苦手で、晩年の口癖は「迷惑をかけないでコロッと逝きたい」だったが、そのとおり自宅で静かに旅立った。前日、あまりの暑さに心配した私が電話口で聞いた「生きてるよ」という声が、自分の聞いた最後の言葉だった。

  幼児期には川でおぼれ葬式準備中に息を吹き返し、思春期には激しい爆撃の中たまたま入れなかった防空壕が命中全滅し偶然にも命拾いした母。もしも母の命がそこで途絶えていたならば、自分の誕生もなく夫との出会いも息子の誕生もその嫁との出会いも、孫の誕生もなかったのだと改めて思い、命の誕生は奇蹟的なことでとても尊いのなのだということと、命はつながっているのだということを実感した。

逝った年は悲しむ余裕もなく日々を送っていたが、一年経ち二年経って母のいない空しさを感じる今日この頃。

仏壇に向かい、懸命に生きよう懸命に生きよう、そう心に誓う。

コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

忘れることのできない8月16日。

2022-08-16 08:58:12 | エッセイ風

8月16日は、私にとって複雑な日。
父の倒れた日母の死にかけた日祖父の亡くなった日
ですが、私たち夫婦の結婚記念日でもあるのです

母は、私たち夫婦が悪い日を良い日にしてくれたのだとよく言っていました。

43年前の今日、忙しかった私たち夫婦は、その日がどんな日と気づきもせず、何者かに引っ張られるように出張所に出向きました。

そして婚姻届を提出。その結果、悪かった日は良い日となったというわけです。
これにはきっと意味があるのだろうと、私はずっとそう思って生きているのです。

結婚43年目に突入!
ひたむきに淡々と生きる、ただそれだけですね。
母や父や祖父や祖母、果てしない祖先から今の自分の命がつながってきていること、子に孫にと更に続いていることをしみじみと感じるこの日です。

家族みなが元気に毎日を送れていること、それはあたりまえではなく元気に過ごせる一日一日に感謝です。

コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

ようすけおにいさんのメルヘンわくわくコンサート

2022-06-10 21:22:28 | 公演

ようすけおにいさんのメルヘンわくわくコンサート

コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

親子で過ごす貴重な時間と空間「ようすけおにいさんのメルヘンわくわくコンサート」

2022-06-06 15:47:55 | 公演

『ようすけおにいさんのメルヘンわくわくコンサート』

コロナ禍がつづき延期や中止でやっと3年ぶりに開催できました。

再会がうれしいです。
何度も呼んでくれてありがとうございます。

子ども達の笑顔が、ママパパの笑顔が、主催者のみなさんの笑顔が

こんな世の中だからこそ貴重な時間と感じます。

こんな世の中だからこそ貴重な空間と感じます。

メルヘンミュージックシアター日本芸術企画 http://henmeru.com
  主宰いづみかほる

♪森のくまさん

♪そうだったらいいのにな

♪おはなしゆびさん

ディズニーメドレー

ミニミニ影絵

影とじゃんけんあそび

メルヘン・ミュージック・シアター日本芸術企画のPV 3分でわかるメルヘン・ミュージック・シアター。

メルヘン・ミュージック・シアター日本芸術企画のプロモーション動画。 

HP http://henmeru.com 

【問合せ先】 0422-76-2417 henmeru@henmeru.com

   http://henmeru.com/request/index.html

コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

稽古場に3歳児(#^.^#)。

2021-12-09 08:20:00 | 公演

稽古場に3歳児(#^.^#)。

3歳児のほうも貴重な体験

そしてつくる側も反応見つつとても意味ありますね。

 

コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

親子で過ごすクリスマスミュージカルコンサート(無料公演)

2021-11-25 10:49:40 | エッセイ風
『クリスマスファンタジー2021 “サンタからのメッセージ”』
予約開始しました!
主催:メルヘン・ミュージック・シアター
協賛:保育雑誌MiRAKUU
脚本構成演出:いづみかほる  振付協力:大塚庸介 
令和3年12月23日 14時半~ / 18時~ 
無料:事前メール予約 henmeru@henmeru.com
※創立30周年記念グッズ当日販売いたします。
ぜひ販売コーナーにお立ち寄りください。
みなさんの笑顔をお待ちしています
詳細ページはこちらから。http://henmeru.com/pop/2021/20211223.html
 
コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

亡き父や母をおもう

2021-11-11 10:33:32 | エッセイ風
夜爪を切ると親の死に目に会えないというジンクスがある。
今も尚忠実に守っている自分。
親は既に逝ってしまったのに(笑)。
ちなみに父母にも義父母にも、誰ひとり死に目に会えてはいません(苦笑)。
 
爪を切るたびに亡き父や母をおもう。
とおいむかし…ひな祭りの日
縁側でひなたぼっこして眠ってしまった自分
 
コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

『街で見かけた親と子』

2021-09-18 07:35:47 | エッセイ風
『街で見かけた親と子』
「ありがとうは大きな声で言わなきゃ意味ないのよ!」
っと母
「言ったもん…」
っと子
「言ったけど相手に聞こえなかったら伝わらないのよ!」
っと母
「でも言ったもん!」
っと子
「だから、ありがとうは相手の人に伝えるもの、伝わるように大きな声で言わなきゃ意味ないって言ってるの!」
っと母
「でも…言ったもん」
泣き出した子
子は、まずはありがとうっと言ったことを褒めてもらいたかったのでしょう。
褒めてもらったそのあとに、大きな声で今度は言おうねと言われたら素直に母の意味合いを受け止めたかもしれませんね。
母と子両者の気持ちわかるな~
コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

『父を想う日』

2021-08-30 08:29:17 | エッセイ風

今日は55回目の父の命日
父の結婚前の日記を、数十年前に今は亡き母から私の手に渡りました。
その日記には生きるヒントが沢山含まれています。息子より若い頃の父の日記なのに。
それを日々読みながら一生懸命人生を歩き続ける娘でございます。

父がこの世を去ったのは55年も前のことなのに、あの日のことが鮮明に思い出されます
8月16日の夜中に倒れ、家族や親戚一同みんなで奇跡を信じてましたが2週間後に逝きました。

41歳でした。今年の息子の年齢とさほど変わりないとは。私は8歳でした8歳の私の目で見て感じた心の動きを、しっかりまとめ心に収めてあります。

 

63歳になる娘が、8歳だった私が見た41歳のままの父に時折救いを求めます。すると必ず返事をくれて心が楽になるのが本当に不思議です。

コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする