たかが親子されど親子、そして兄弟そして夫婦そして自分

いづみかほるの様々な想い(世のファミリーをテーマにエッセイ風に綴っています)

親子で楽しむ舞台”メルヘン・ミュージック・シアターwithコロナバージョン”

2021-04-04 14:39:37 | 公演

『親子で楽しむ舞台”メルヘン・ミュージック・シアターwithコロナバージョン”』

コロナ禍のため、思うように親子で舞台を観ることもままならない今日ですね。

ほんの少しですがご覧ください。

「三鷹市スポーツと文化部YouTubeチャンネル」でメルヘンの動画9分弱が公開されました。
チャンネルURLは以下になります。
メルヘン動画のURLは下記です。
 https://youtu.be/dOyVqFlS-TM

コメント

気持ちを具体的に表現して伝えることが大切」

2021-01-12 19:29:09 | エッセイ風

  「わたしは家政婦じゃない!」って叫びたくなる瞬間を経験したことあるでしょうか。
   家族が自分を家政婦だなんて思ってないこと百も承知。
   なのにそういった心持ちを抱く時、それはきっと心が疲れている時。
   人間には心のバランスが必要で、それがうまく作動していない時そのような現象が
   起こりうるのです。
   そんな時はたまには叫んで良いように思います。
   けして叫んで発散できることでもなく、それによって家族に嫌な思いをさせて逆に
   落ち込み、さらに悲しい気持ちになったりもしがちですが、気持ちを表すことは
   大切だと思うのです。


   また、それはその周りにいる家族にも同じことが言えます。
   母や妻に有難いと思っている気持ちを、たまに具体的に表わすこともとても大切なこと
   と思えます。
   被害妄想的だ、母や妻に問題ありなどと感じていたら悲しいはなしです。
    人はけして完璧ではなく落ち込むことがありますね、でもなぐさめたり褒め合ったりして
   心のバランスを保っていくように思います。
   そのバランスを崩し過ぎてしまうことはよいことではありません。
    育児でも肯定した上で否定すべきは否定するが基本、それと同じですね。

  

コメント

親子で過ごすひととき

2021-01-05 20:19:14 | 公演
メルヘン・ミュージック・シアター30周年記念 
クリスマスファンタジー
”サンタからのメッセージ”  
脚本構成演出:いづみかほる 振付協力:大塚庸介
 
動画撮影目的の公演でしたが、感染予防対策を十分にした上で昼夜それぞれ約50名程のお客様限定にてご来場頂きました。
 
親子で過ごすひととき。
このコロナ禍のなか、無事終えられたこと皆々様に心から感謝です。
劇場のみなさま、舞台スタッフのみなさま、出演者のみなさま、そしてご来場頂いたお客様方、すべてに感謝いたします。
公演後、ご覧頂いた方々から有難いお言葉をたくさん頂戴し感無量でございます。
30年続けてきたメルヘン・ミュージック・シアター。
 
クリスマスの雰囲気を十分に味わって、ニコニコ笑顔で母と子、父と子、帰っていきました。
 
 
 
 
本当に素晴らしいです。
メルヘン・ミュージック・シアター日本芸術企画 
主宰 いづみかほる
コメント

果てしない祖先から今の自分の命がつながってきている

2020-08-24 07:55:37 | エッセイ風
「果てしない祖先から今の自分の命がつながってきている」
8月16日。
私にとってこの日ほど複雑な日は無いのです。
父の倒れた日、母の死にかけた日、祖父の亡くなった日。
ですが、私たち夫婦の結婚記念日でもあるのです。
母は、私たち夫婦が悪い日を良い日にしてくれたのだと言います。
41年前の8月16日、忙しかった私たち夫婦は、その日がどんな日と気づきもせず、何者かに引っ張られるように出張所に出向きました。
その結果、悪かった日は良い日となったというわけです。
これにはきっと意味があるのだろうと、私はずっとそう思って生きているのです。
そして……
今年の8月17日、母が逝きました。
良い日となった8月16日は避けてくれたんだと思えます。
ひたむきに淡々と生きる、ただそれだけですね。
母や父や祖父や祖母、果てしない祖先から今の自分の命がつながってきていることをしみじみと感じます。
家族みなが元気に毎日を送れていること、それはあたりまえではなくそんな一日一日に感謝ですね。
 
 
 
 
 
コメント

この星に生まれて同じ今を生きてる

2020-05-27 11:35:36 | エッセイ風

この星に生まれて同じ今を生きてる

♪この星に生まれて 同じ今を生きている

新型コロナウィルスがこの地球上に広がっている今。

この今をたまたま生きている者同士

国や人を責めたり傷つけたりなどせずに

ささえあい寄りそっていきていきたいものですね。

メルヘン・ミュージック・シアター日本芸術企画

http://henmeru.com 0422-76-2417 主宰 いづみかほる

 

コメント

とびだせ!おと(音)もだちランド メルヘン・ミュージック・シアター

2020-02-16 18:04:51 | 公演

文化鑑賞会としての鑑賞会

メルヘン・ミュージック・シアター の

「とびだせ!おと(音)もだちランド」 

ママさんやパパさんが企画して学校の先生も協力されて

とても良い企画ですね。

とびだせ!おと(音)もだちランド メルヘン・ミュージック・シアター

コメント

愛情たっぷりのママたち主催の鑑賞会

2020-01-23 16:53:36 | 公演

『招待チケットを手首につけて(笑)』

父母会主催の幼稚園公演。
会場入りの様子。

園児たちは何かを手首につけてます。
おなまえ入りの愛情たっぷりの招待チケットです。

会場入り口。
「入っていいですか?」
とか言いながら園児たちが入場(*^。^*)。
「はい、いいですよどうぞお入りください」
とか
「たのしんでね~」
とか
「いってらっしゃい」
とか言いながらママたちが迎え入れてくれます。

ワクワクするだろうな~

そんなことも含めて思い出に残ってくれたらいいですね。

ママたちの心のこもった企画。

生まれたことに感動し、必死に育てて、赤ちゃんから気づくと幼児、学童期、思春期とあっという間に過ぎてゆきます。

気持ちをいっぱいこめてわが子と接していくことが大切ですね。

観劇会 鑑賞会 メルヘンミュージックシアター

コメント

「大切なことは親の心が子にちゃんと向いているかってこと」

2019-12-02 14:43:25 | エッセイ風

「大切なことは親の心が子にちゃんと向いているかってこと」
   子育てで大切なことって

   親の心が子にちゃんと向いているかってことなんじゃないかなあって思うんですよ。

   私は忙しい母に育てられ、学校から帰っても母は仕事ですからいませんでした。

   でも母はいつも自分を見ていて感じていて気にしていてくれていました

   それがわかっていましたから母への愛情を感じ感謝もして育ちました。

   ずっと子どものそばにいても心がどこかに向いていたら

   それはそばにいることにはなりませんよね。

   子どもはデリケートで、親の心の方向などすぐに見抜いてしまうのです。

   大切なのは親は子どもの心にずっと寄り添っていること。

   そんな風に思うんですよ。

 


コメント

親子が参加型のミュージカル楽しむ 

2019-11-25 20:52:34 | 公演

親子で参加型のミュージカルを楽しむっていいですね。

お婆ちゃんやおじいちゃんもね。

gooニュース
https://news.goo.ne.jp/article/jomo/region/jomo-117085826

コメント

親子で楽しむこと

2019-11-09 10:39:37 | エッセイ風

親子で鑑賞会

「とびだせ!おと(音)もだちランド」脚本構成演出 いづみかほる

おとなたちが笑うと子どもたちも笑います。

子どもたちが笑うとおとなたちも笑います。

笑うことで人は和みます。

笑うってほんとにしあわせ気分にさせてくれます。

 

コメント