キネオラマの月が昇る~偏屈王日記~

キネオラマとはシネマのこと 映画・本・音楽・お笑いネタ コメント・TBは承認制 コメント入力時の数字は半角でプリーズ

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

「液晶絵画 STILL/MOTION」展

2008年09月29日 | アート
9月23日の祝日に「液晶絵画 STILL/MOTION」展を観に行った。
MOTやICCではなく、写美でこの展覧会を開催というのは意外。
「ビデオ・アート」というと手垢の付いた感じだが、「液晶絵画」というと途端に新鮮で知的な響き。
フェルメールのブルーを効果的に使ったポスターが鮮烈で美しい。

面白い作品が多数で大満足だった。
とくにサム・テイラー=ウッドの「スティル・ライフ」が強く印象に残った。
きちんとした評論にいつかまとめられたら、と思う。

森村泰昌の「フェルメール研究」は言わずもがなの素晴らしさ。
まさに21世紀の「活人画」と呼ぶにふさわしい。

以前TVで森村がフェルメールのアトリエを再現する様子を放映していたのだが、大変にエキサイティングだった。
そのフェルメールの(というか森村の、と言った方が正確か)のアトリエの実物が作られ、実際に自分がその中に足を踏み入れることが出来るのは楽しかった。

アトリエの中には様々な本が散らばっていたのだけれど、私の知らない児童書が・・・。
「トーマス・ケンプの幽霊」

もし森村に多大な影響を与えたものであるならば、読んでみなくては。

【関連記事】
ラ・トゥールとフェルメール
コメント   トラックバック (2)

The Rolling Stones × Akira Kurosawa

2008年09月27日 | 映画
ストーンズの話はまだ続く。
「男たちの詩」にはすごぶるつきのゴージャスなオマケ映像が付いていた。
中野裕之監督が撮った、「七人の侍」のシネマ・クリップ。

Seven Samurai 公式サイト
音量注意!

もちろん、黒澤のオリジナルには及ばないけど(当たり前だ、そんな簡単に同じくらいの作品が撮れたら逆に困る)、すごくクールな力作だった。
照れず臆せず真っ向勝負で黒澤明の「七人の侍」に挑んでたよ。
それにね、なんとストーンズの「Paint It Black」を被せてあったんだ。
(トレイラーでは「(I Can't Get No) Satisfaction」だけどね)
あのドンドコドンドコいう疾走感のあるリズムが、すごく「七人の侍」にハマってて「へぇ~」って思った。
何だろう、「誂(あつら)えたようにぴったり」っていうか。

Coooool!

なんてったって勘兵衛が千葉ちゃんだよ!?
カッコよすぎっしょ。
この晩、夢に千葉ちゃん出てきたもん(笑)。
それくらいカッコよかった!
コメント

ウォンカの衣装のモデルはあの人

2008年09月26日 | 映画
雑誌「Cut」2008年1月号で、「チャーリーとチョコレート工場」のウォンカの衣装はローリング・ストーンズのブライアン・ジョーンズをイメージしている、とジョニー・デップが語っているのを読んで思わず「う~ん!」と声が出た。

言われてみれば、なるほど。
そういや髪型もオカッパだしね(笑)。

それにしてもロックスターを映画で役を演じるときのRole Modelにするって面白いね。
ジョニデならではのアプローチだと思う。

ていうか、そんな深い計算とか思惑とかあんまなくって、ジョニデはもう心底ストーンズが好きっていう、ただそれだけなのかも。

「パイレーツ・オブ・カリビアン」のジャック・スパロウはキースがモデルってのはすごく有名な話だし。

ああ、この話を早速ダーリン/Oh-Wellさんに報告したいのに、今はブログを休止なさってて残念!
コメント

そもそも論~ 「戦え!5秒マン!!のテーマ」

2008年09月25日 | お笑い
「戦え!5秒マン!!のテーマ」
音量注意!

今ジョバンカと同じくらいヘヴィロテ中なのがこの一曲。

おもちゃのイメージソングなんだけど、無駄にクオリティー高いよね?

しばらく前に行ったLOFTのパーティーグッズのコーナーでエンドレスで流れてるのを、ずーっと眺めてたよ。
(サクラか!)

で、最後の「そもそも論~」のとこで、毎回笑っちゃうんだよね。
(アブナイ人か!)

いや、でもこの曲、めちゃめちゃキャッチーだよ。
コメント (2)

「男たちの詩」

2008年09月23日 | 映画
ネタバレ全開です。ご注意下さい。

「男たちの詩」

白いものを見るとアイロンをかけずにはいられないヤクザを描いた話「アイロン」がどうしても観たくて東京都写真美術館へ。
「液晶絵画」展を観終わった後、7時の上映時間までサンジェルマンで腹ごしらえをしながら待って入場。
併映の映画もどれも魅力的で、これで1,000円とはかなりリーズナブル。



「アイロン」

キリッとした佇(たたず)まいの映画だった。
主演の俳優は現役のボクサー。
なるほど、道理で。
その眼差しが殺気を帯びてるはずだ。
その体に生気が漲(みなぎ)ってるはずだ。
化粧紙にまで一枚一枚アイロンを掛けるなんて強迫神経症的なんだけど、不思議と後味は爽やか。


「スパゲッティ・ナポリタン」

おかしくも愛らしい映画。
キュートでポップでカラフル。
青森生まれのオカマと岩手生まれのオカマが、スパゲッティ・ナポリタンを作りながら痴話げんかをするって話なんだけど、これがまー面白い。
なんかね、津軽弁と南部弁の会話って一瞬フランス語みたいに聞こえる。
オレンジの輪切り柄のパンツ一丁でオカマに挑んだ、吹越満の役者魂に敬礼!



「午後三時三分十五秒の観覧車」

観覧車に乗り込んだ田口トモロヲの顔に、ビカーッと鋭く逆光が射してる「絵」が、堪らなくカッコよかった。
映画と全く関係ない話で恐縮だが、田口トモロヲと歌手の稲垣潤一って何となく雰囲気が似ている。


「富士とドーナツ」

痔主なんだけど、大好きなゴルフに出かけて地獄の苦しみにあえぐ男を、カラフルなアーノルドパーマーのウェアに身を包んだルー大柴がコミカルに演じていた。
ゴルフ場から見える富士山が、それはもう、すがすがしくて綺麗。


「灯台」

松方弘樹の演技をスクリーンで見るのは初めてだけど、さすがの貫禄。
やはりドラマだけじゃなく「本編」(テレビドラマに対比して映画のこと)畑を長く歩んできた役者は違うよ。

印象的だったシーン。
主役のヤクザが父親の仇を殺すときに箸を使うんだよね。
親父が愛用していた鎌倉彫の箸と自分の箸の箸先を肥後守(ナイフ)で削って尖らせて、四本(二膳)を束ねてテープでぐるぐる巻きにしたものを相手の頚動脈に突き刺すというシーンで、十代の頃に読んだ、大友克広の短編漫画を思い出した。
それも殺人に箸を使うんだけど、なんかすごくショッキングだった。
拳銃やナイフではなく、箸を使うっていうのが・・・。
コメント

9月の朝のように爽やかな彼女 ジョバンカ「オン・マイ・ウェイ」

2008年09月22日 | 音楽
ジョバンカ 「オン・マイ・ウェイ」
(最初の30秒間はCMが流れます。スキップ・早送りは不可)

すごく爽やかで心地よいサウンド。

9月17日にデビューしたてのホヤホヤ。
アムステルダムの歌姫、ジョバンカ。

声も綺麗だけど、ルックスもイケてる。
PV観るまで、こんな綺麗な娘だとは思わなかったよ(笑)。
切れ長の瞳が印象的。

さり気ない日常を切り取ったような雰囲気のPVも好きで、ヘヴィロテ中の毎日。
コメント

なりきる

2008年09月21日 | 映画
「DEATH NOTE」を観るときはミサミサ・ファッションに“L”メイク、「ダークナイト」を観るときはジョーカーと同じ髪色、また「パンダフル・ライフ」を観るときはパンダ・ファッションで映画を観るmiyuさんに敬意を表して、私も「デトロイト・メタル・シティ」を観るときは、この格好で行こうかな、と。

もちろん額の文字は「殺」じゃなくて「偏」ね。

どうでもいいけど、ヅラもセットにして欲しいです。
コメント

漫画「イキガミ」と星新一の小説「生活維持省」

2008年09月21日 | ニュース
漫画「イキガミ」が、星新一の小説「生活維持省」に似ているとネットで話題になっています。

以下は公式サイトに星新一先生の娘さんが書かれた文章です。
漫画「イキガミ」について

小説「生活維持省」全文

うーん、どうも星先生の小説にインスパイアされたっぽい感じはしますね。
だって第1話があまりにも似すぎているもの。


ところで、NHKで放映している「星新一ショートショート」、なかなか実験的で面白い番組です。
(私もまだ2回しか観たことがないんですが・・・。)

星先生の作品は21世紀になっても古びませんねぇ。
コメント

イチロー「ずっと恐怖との闘いだった」

2008年09月21日 | スポーツ
イチロー「ずっと恐怖との闘いだった」

イチローの口から「恐怖」という言葉が出てくるとは・・・。
すごく意外だと同時に、感動もしました。

凡人には考えられないような恐怖を一つひとつ乗り越えてきたからこそ、現在(いま)のイチローが在るんでしょうね。
コメント

人づきあいのコツ

2008年09月19日 | 雑感
はまぐり刑事に学ぶ人づきあいのコツ

うん、これは喜ばれそうだね。

どうでもいいけど、これせっかくの「刑事」って設定があんま活きてない気がするのは私だけだろうか(笑)。

はまぐり刑事はこのフィルムの最後で海に帰ったのかね?
コメント

ダイモンという名のアニマとアニムス

2008年09月18日 | 映画
「ライラの冒険」で何よりも面白かった、「ダイモン」という存在。

ダイモンとは?
(音量注意!)

自分の魂が動物の姿をして自分の体外に別人格として存在し、しかも己の魂と会話をしたり、時にはケンカをしたり救われたり、と、大変シュールなことになっているのです。

が、「あ、これ『ダイモンという名のアニマとアニムス』の話なんだな~」と思うと、いきなりすんなり納得できるというか。

アニマとかアニムスって何さ?というあなたにはこちらを。

アニマとアニムス

登場人物のうち男性は雌(女性)のダイモンを、女性は雄(男性)のダイモンを連れている事から、作者がアニマ、アニムスを意識しているのは明白です。


ファンタジー世界ではなく、この現実世界でも、K1選手のようなごっつい大男にも、その潜在意識の中には女性が、また着飾ったキャバ嬢のような全身これ女のエッセンスの固まりみたいな娘の人格の中にも男性が、確かに存在しているのです。

面白いですねぇ。

恋愛の時には本人は気付いてないけど、お互いのアニマ、アニムス同士も惹かれあっている、って河合隼雄先生が著書に書かれてましたっけ。


魅力的な人間というのは必ずある意味、中性的です。

これは表面的な容姿やファッション、言動のことを言っているのではなく、異性というものに対しての理解が深い人のことを意味します。
コメント

実は八百屋お七 「崖の上のポニョ」

2008年09月17日 | 映画
ネタバレあり。ご注意下さい!

いえね、「別に劇場で観なくてもいっかー」と思ってたんですが、マイ・ラヴ若槻千夏が6回も観たと言うので、急遽鑑賞する事に。
(6回ってすごいよな~)

これがまた、なんちゅーか、辛いカレーみたいに結構後からじわじわ来ますね。
食べてるとき(観てるとき)はそれほど辛い(面白い)とも思ってなかったんですが・・・。
なんだかんだ言って、嫌いじゃないです、この作品。
子供向けの易しい話を意識した結果、思いもかけない「ハヤオのダークサイド」的なものも浮かび上がってきていて面白かったです。

公式サイトで「神経症と不安の時代に立ち向かおうとするものである」って監督は言ってましたが、いやいや何をおっしゃる、一番病んでるのはあなたですよ、みたいな(笑)。

うん、でも、そもそもアーティストってものは、どっか欠落していたり、病んでいたり、歪んでいたりするからこそ、ものを創る人間になるんでしょうね。
それは宮崎駿も例外じゃないわけで。

モチーフは人魚姫とのことなんですが、いや、冗談じゃない、これってむしろ八百屋お七ですよ。
だってポニョは、恋しい男宗助に逢うために町を一つ水没させちゃうんですからね。
そのくせ、町の人たちは呑気そのもので、全然大カタストロフに見舞われている切迫感がないって言うか・・・。  <気が向いたら続く>
コメント

どういうポジションの人なのかよくわからない肩書きランキング - gooランキング

2008年09月17日 | 雑感
どういうポジションの人なのかよくわからない肩書きランキング - gooランキング


うん、確かに良くわからないや(笑)。

日本語に上手く翻訳できない肩書きってのはどうも胡散臭い感じがしちゃいますねぇ。


まぁ、その筆頭って言ったらやっぱ沢尻エリカの彼氏の「ハイパーメディアクリエイター」ですか。

名乗るほうも名乗るほうだけど、それをそのまんま使うマスコミもマスコミだと思います。
コメント

私のダイモン

2008年09月17日 | 映画
「ライラの冒険 黄金の羅針盤」を観ました。

予想以上に面白かったです。

物語世界の住人は、「ダイモン」という己の魂でもあり守護精霊でもあるものを連れているんですが、それが全て動物の姿をしているのが面白い。

ある者は豹、ある者は金色の毛をした猿、またある者はオコジョ、ダイモンがバッタなんて者もいます。

私のダイモンは、うーん、クラゲかな?

今のところ、なんとなくふわふわと流されるままに生きてるからね(笑)。

ダイモン占いっていうのもあるので、皆さんもよろしかったらお試し下さい。

私のダイモンはといえば、アライグマでした。


どうでもいいけど、「ダイモン」って聞くとどうしてもこれを思い浮かべちゃうのは私だけではないはず(笑)。
コメント   トラックバック (1)

愛宕神社の出世階段

2008年09月07日 | 休日
以前から行ってみたかった出世階段で有名な愛宕神社へ行く。

実際に石段の前に立つと、実感としては「傾斜」というより「壁」である。

段数自体はたいしたことはないのだが・・・。

曲垣平九郎(まがきへいくろう)の故事にあるように、馬で上り下りするなんて嘘だろう?としか思えない。

百歩譲って、上がることは出来たとしても下りるのはすんごい難しいだろ、これ。

それにしても将軍もほんと「上司は思いつきでものを言う」(橋本治)だよな~。

もし私が殿に「馬で駆け上がって梅の枝を取ってこい」って言われたら、からだ巡茶のCMの広末みたいに、きっぱりと笑顔で「無理!」って言うよ(笑)。

からだ巡茶CM 「やる前からムリッ篇」

馬じゃなくて徒歩で取ってきたんじゃ駄目なん、ミッチー(家光)ってば(笑)?

なんとなく故事からのイメージで、勇猛で武張(ぶば)った感じの社なのかなーと思いきや、天蓋(てんがい)からは瓔珞(ようらく)が下がり、調度も赤や桃色を基調とした、どちらかというと愛らしい女性っぽい雰囲気の本殿だったのは一寸意外だった。

愛宕神社では有難くも、ヴァーチャル参拝を受け付けて下さっているので、「出世したいけどちょっと遠くて行けないよ~」という読者様は是非どうぞ。

ヴァーチャル参拝はこちらから
コメント (3)