キネオラマの月が昇る~偏屈王日記~

キネオラマとはシネマのこと 映画・本・音楽・お笑いネタ コメント・TBは承認制 コメント入力時の数字は半角でプリーズ

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

シェリーっていうのか・・・

2007年03月31日 | 雑感
全国2万8000人の板尾の嫁ファンの皆さん、こんにちは。

ガチャピンもブログを運営する昨今ですが、ついに板尾の嫁もブログを始めたそうです。

板尾の嫁ことシェリーです

板尾の嫁、シェリーっていうのか・・・。
なかなかきれいな名前じゃないですか。
コメント

「ドゥー・ユー・ライク・ヒッチコック?」

2007年03月30日 | 映画
(ネタバレあり)

「ドゥー・ユー・ライク・ヒッチコック?」
こう訊かれたら、もちろん「Yes!」と答えるあなたは必見。

ダリオ・アルジェントが、ヒッチコックに捧げたオマージュ映画。
全編、これヒッチコック。

ベースは「裏窓」で、途中からは「見知らぬ乗客」と思いきや「ダイヤルMを廻せ」だったのか・・・という面白い作り。
ちょっと「サイコ」風味もあり。

ダリオ・アルジェントだけに、最初の殺人で飛び散る血の量は半端じゃありませんが、ヒッチコック・ファンは是非。
これはアルジェント・ファンよりもヒッチコック・ファンにグッとくる映画だと思います。
コメント

「ミリオンダラー・ホテル」

2007年03月29日 | 映画
(ネタバレあり)

U2のボノが原案・音楽・制作。
ヴィム・ヴェンダース監督。

惜しい!
この映画、もっともっと登場人物の孤独―イジーの孤独、トムトムの孤独、そしてエロイーズの孤独―を深く掘り下げれば、私が人生で好きな映画10傑に入ったかも・・・。

映像と映画の世界観は物凄く好きです。
もちろん音楽も。

特に冒頭とラスト。
黎明のブルーに染まる、ミリオンダラー・ホテルの屋上で、ホテルのネオン管を支える鉄骨越しにトムトムが空を見上げるシーンは胸が痛くなるほど好きです。

人生からドロップアウトしたホテルの住人たちとは、対極の側にいたと思ったスキナー捜査官が、一番トムトムの理解者であったというのにはグッときました。
彼こそが実は、本物のフリークスでありストレンジャーだったんですよね。

そしてイジーを殺した真犯人は本当に意外な人物でした。

本作のミラ・ジョヴォヴィッチは本当に美しい。
住人の一人が彼女を「処女マリア」と呼ぶんですが、ホントそんな感じです。

救世軍の古着の山から引っ張り出してきたようなセーターを着て、素人が切ったようなジャキジャキのショートカット。
いつもタバコをふかして本ばかり読んでる無愛想な娼婦の役なんですが、それでも妖精のように美しいです。
可憐で儚げで。

私が今まで見たミラ出演作の中で、この「ミリオンダラー・ホテル」のエロイーズこそがもっとも美しく魅力的なミラ・ジョヴォヴィッチを見せてくれてるかも。
コメント

猫-にゃんにゃん分析

2007年03月28日 | 雑感
gooブログトレンドランキングで見かけた猫-にゃんにゃん分析

「偏屈王」のにゃんにゃん分析結果

そこはかとなく「偏屈王」っぽいですか?w

わんわん分析ってのもついでにやってみました。
「偏屈王」の犬画像分析結果

犬画像の占い
コメント

「ホワイトライズ」

2007年03月28日 | 映画
(完全ネタバレです。ご注意下さい!)


監督は最近「ラッキーナンバー7」を撮った人。
フランス映画「アパートメント」のハリウッド・リメイク。

とても複雑で緻密な構成の映画です。

主人公マシューが中国出張の前日に、レストランで昔愛した女リサを見かけたような気がする。
マシューは出張を取りやめてリサの行方を捜し求めるが、彼女の痕跡は至る所に残っているものの、リサに会うことは叶わない。

結局、マシューに横恋慕した女アレックスが、マシューとリサの仲を引き裂いたことがわかってくるんですが、過去と現在を何度も行き来する物語のピースが最後にピターッとはまるのには爽快感が。

ただし映画そのものの後味は悪いです。
周りの人間をこんなにも傷つけて、このマシューとリサのカップルは幸せになれるのかどうか。

時間が何度も巻き戻る感じは「エターナル・サンシャイン」を、アレックスのリサに対する屈折した思いは、ちょっと「ルームメイト」を彷彿とさせました。
ブリジット・フォンダ好きだったんだけど、そういえば最近見ないなぁ。

いつか余裕があればオリジナルの「アパートメント」を観たいです。
コメント   トラックバック (1)

「将軍の娘 エリザベス・キャンベル」

2007年03月25日 | 映画
※ネタバレあり

あまりにも酷い話で、なんとも・・・。

まあ、最後にキャンベル将軍が失脚したことで、ちょっとばかりの正義が行われたと見る向きもあるでしょうが、あまりにもエリザベスが救われない・・・。

将軍が「あの事実」をもみ消したのも、軍隊・士官学校の名誉や、女性兵士の地位向上というよりも、自己保身が一番だったんでしょうな、多分。
「お前にこんなことをした奴らはパパが殺してやる」くらいのことを娘に言ってやればよかったのに・・・。

南部独特の湿度の高さを感じさせる演出や音楽の使い方は面白いと思いました。
コメント

私がmixiをやらない理由

2007年03月22日 | 雑感
※本日の記事ではかなりmixiについてキツイこと書いてますんで、mixiユーザー、mixiファンはお読みにならないほうが宜しいかと・・・。
不愉快になるおそれあり。


友人や交流のあるブロガーさんでハマっている人も多い、mixi。
だが私は、mixiはやっていないし、やるつもりもない。

しばらく前にめぐりんこさんが、mixi独特の「気持ち悪さ」を記事にしていて肯く点が多かったんだけど、以下の記事はズバリmixiの閉鎖性を表していて興味深い。

「mixi読み逃げ」ってダメなの?

大体私は、「足あと」で来た人がわかるというシステムがものすごく息苦しい。

「いい文章だな、この人とコンタクト取りたいな」と思ったら、普通、人はコメントなりTBなりしてくるものだ。
そうやって徐々に親しくなるんじゃなく、この「足あと」という「強制お友達システム」みたいなのがないと、ネット上で友人を作れないって幼稚だな、と思う。

コメントのやり取りが、年賀状とか中元・歳暮のやり取りみたいな義務感に縛られてる関係って疲れないのかな?


それに私はネット上で友人や知人と喋りたいとはあまり思わない。
知り合いなら電話なり、会うなりして実際に話せばいいわけで。
むしろブログというのは、実生活ではおそらく出会うことの叶わなかった、遠い街に住んでる見知らぬ誰かと趣味や興味が一致するのが、ドラマチックだし楽しいんじゃないのか?と思うタイプだ。
コメント (4)

「ガス燈」(1944)

2007年03月21日 | 映画
メアリ・ヒギンズ・クラークの「永遠の闇に眠れ」の後書きで知って以来、ずっと観たいと思っていたのを、ケーブルテレビのビデオソフトでついに鑑賞。
1940年の英国版ではなく、イングリッド・バーグマン主演の1944年米国版。

とにかくイングリッド・バーグマンが美しい。
笑顔だけでなく、怒った顔も、怯えた顔も、驚いた顔も。

21世紀に生きる人間からすると、なんでそこまでポーラが夫に支配されてしまうのかじれったい限りだが、DV夫にいいように操られている被害女性なども、こんな感じなのかも知れない。

シャルル・ボワイエの悪魔的美貌は、怪しい夫にぴったりである。
そしてジョゼフ・コットンはやはり善人顔だなぁ、と実感。

覗きたがりの隣家の中年女性は、「バルカン超特急」で消えてしまうミス・フロイを演じたあの女優である。
コメント

「華麗なる一族」最終回

2007年03月19日 | ドラマ
やはり山崎豊子は希代のストーリーテラーだ。
死亡診断書によって鉄平の血液型がB型だと判ったときは息を呑んだ。
大介と鉄平は何も憎み合う必要なんか無かったのに・・・。

シェイクスピアの「オセロー」さながら、大介の敬介に対するコンプレックスと嫉妬、鉄平に対する猜疑心によって、結局は人死にが出てしまう運命の皮肉・・・。

ジジィの肖像画なんか壁から外して燃やしてしまえば良かったのに。
あんな絵をいつまでも掛けておくから、万俵家の人間はじいさんの呪縛から自由になれなかった気がしてならない。

田宮二郎が猟銃自殺を選んだのはこの作品の影響といわれていることは知ってたけれど、鉄平が右足の靴と靴下を脱いだときは、背筋がゾッとした。
足の指で引鉄を引く心算なのが判ったから。
(田宮も足の指で引鉄を引き自殺)

大介と鉄平は輪廻転生した財前と里見のようだ。
野心家と理想家。
二人はいつも相容れずお互いを憎み合う羽目になるけれど、本当は一番尊敬し認めてもらいたいと、お互いに想い合っているのに気づいていない。
「白い巨塔」では野心家の財前が運命に屈し最期に遺書を書くが、「華麗なる一族」では、鉄平(=里見)が自殺を選び最後に遺書を書く。
どちらにしても救われず、やり切れない結末はO・ヘンリの「運命の道」のよう。
コメント   トラックバック (1)

廃墟の写真集 2冊

2007年03月18日 | 
「棄景 Ⅱ」 丸田祥三(洋泉社)

「新・建築の黙示録」 宮本隆司(平凡社)

図書館にて廃墟の写真集を2冊借りる。
ピカピカの新しい建物よりも、廃墟にこそ人を激しく惹きつける力があると思う。

最近は廃墟探訪のDVDなんかも発売されてるよね。
コメント

リアル大河内教授

2007年03月17日 | 雑感
思うに、今森進一と揉めている川内康範センセイは、きっと「白い巨塔」の大河内教授のような人なんだと思う。

森進一が虎屋の羊羹を持って詫びに行ったが、門前払いをされたシーンを見て、「白い巨塔」で大河内教授に医学部教授戦で有利に事を運んでもらおうとして、玉露の箱に金を入れて持って行った財前の親父さんが、門前払いされたシーンを思い出した。

「森進一の『おふくろさん』ですから」と森は言ったそうだが、とんでもなく傲慢な男だと思う。
たしかに『おふくろさん』での彼のヴォーカルは素晴らしいが、楽曲の魅力も大きいんじゃないか?
コメント

横浜へ

2007年03月16日 | 雑感
友人に会いに横浜へ。
今年の私のキャッチフレーズは「動け、偏屈!」である。
いや、昔、ビートたけしのオールナイトニッポンの1コーナーに「動け、馬場!」っていうのがあって、そこから頂いたんだけどね(笑)。

「まさか本当に来るとは!」と友人に驚かれる。
すっかり「ピーターと狼」のピーター状態である(笑)。
コメント

いくら何でも徹底しすぎ

2007年03月15日 | ドラマ
「華麗なる一族」公式HP キャストの万俵鉄平の名前をクリックしてみてびっくり。

ジャニーズ所属タレントが写真を簡単に流出させないのは解ったけど、これじゃ徹底しすぎ。
だってキムタクが主演のドラマなのに、写真が車って・・・。

フォトギャラリーなんか西村雅彦の写真ばっか。
ある意味西村ファンには堪らないことになってるし(笑)。
コメント (4)

機長「日ごろ訓練、大丈夫」 着陸直後、機内に拍手

2007年03月15日 | ニュース
機長「日ごろ訓練、大丈夫」 着陸直後、機内に拍手(朝日新聞) - goo ニュース

もしかしたら、乗客を安心させるための嘘だったのかもしれないけど、この機長立派だ。
本当だとしたら、それこそ訓練ってすごく大事なんだと思った。
訓練してたからこそ機長も自信を持ってアナウンスできたし、乗客も落ち着いてパニックも起こらなかったんだと思う。

それにしてもボンバルディア機には乗りたくないよね。
コメント

HMVのフリーペーパーの表紙にDEATH NOTEの二人が!

2007年03月13日 | 雑感
あー、連日デスノの記事ばっかで恐縮です。
大丈夫ですか?
皆さんついて来てますか(笑)?

だって月曜の夜にHMVに行ったら、フリーペーパーの表紙がデスノだったもんですから、つい。

画像が小さくて解り難いんですけど、月はDEATH NOTEを持ってて、Lは右手にHMVの袋、左手にミサミサのCDを持ってます。
映画の小道具として登場したやつですね。
芸が細かい(笑)。

こうなったらタワレコの「NO MUSIC, NO LIFE」もデスノでやって頂きたいですね。
ものすごくブラックユーモアが効いてていいんじゃないでしょうか。
「NO LIFE」って。

それにしても、HMVのフリーペーパー、すごく分厚くなりましたね。
コメント