キネオラマの月が昇る~偏屈王日記~

キネオラマとはシネマのこと 映画・本・音楽・お笑いネタ コメント・TBは承認制 コメント入力時の数字は半角でプリーズ

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

「ALWAYS 三丁目の夕日」 (その俳優について)

2005年12月04日 | 映画
三丁目の夕日は俳優たちが本当に良い演技をしていました。

◆薬師丸ひろ子

この映画で一番素晴らしい演技だったかもしれません。

明るくて優しくて芯が強い、日本人の心の原風景にある「母親」を見事に表現。
特に、「シュークリームって何のこと?」と訊く一平に「さぁ~、何かしらね?」と空とぼけるところと、「俺がこの鈴木オートを立ち上げるのにどんな苦労をしたか!」といきり立つ夫の背中をあやすようにポンポンとやさしく叩くシーンが印象的でした。

◆堀北真希

東北から集団就職で上京。
純朴で頑張り屋で、ときには社長に食って掛かる威勢の良さがあって、でもやっぱりけなげでいじらしい女の子、六ちゃんを好演。
将来が楽しみな女優です。
ドラマ「電車男」で、電車の妹役を演じてましたね。

◆吉岡秀隆

はい、もうこの人はザ・プロフェッショナルです。
泣かせのプロです。
実は原作漫画の茶川先生は、50~60代の、当時としてはおじいちゃんなんですが、この映画に吉岡君を呼んだ意味は大きいですね。
エンドロールではトップでこの人の名前が出てきて、「え、茶川先生が主役だったのか!?」とびっくり。

◆堤真一

直情径行でカッとしやすいけど、お腹の中はなにもない、サバサバした下町の修理工場の社長を演じました。
初めてテレビが我が家にやってきたとき、三丁目の住人を前にしての演説が微笑ましかった。
茶川とケンカをしたときの「戦争に行ったこともねぇくせに!」という啖呵にはシビレました。

◆小雪

薄幸な酒場の女、ヒロミを演じた小雪。
茶川のプロポーズを受けるシーンはこの映画のハイライトでしょう。
テレビCMでそのシーンを見ていたにも関わらず、やっぱり泣けましたね。

脇役も素晴らしかったです。
実直で誠実な下町の医師を演じた三浦友和。
しぶといタバコ屋のババァを演じたもたいまさこ、「やまふじ」のカウンターにいっつも座ってる、温水洋一とマギー。
氷屋を演じてそのリアルな存在感に唸らされたピエール瀧。
キム兄やんこと木村祐一も電気屋の作業服、似合いすぎ(笑)。

それから何といっても一平と淳之介を演じた二人の子役。
一平君の役の子は、フラフープめっちゃ上手いですね。
フラフープの上手さも、オーディション合格の一因になったかも、なんてちょっと思いました(笑)。

【関連記事】
「ALWAYS 三丁目の夕日」その映像について
コメント (8)   トラックバック (15)   この記事についてブログを書く
« 「ALWAYS 三丁目の夕日」 ... | トップ | 「20世紀少年」20巻 »
最新の画像もっと見る

8 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (16mm)
2005-12-06 12:30:06
こんにちは。

『夕日』ネタが続いてるようなので(笑)



ベテランが良いのは当り前でしょうけど、堀北真希ってすっごい逸材ですやね。



薬師丸ひろこも、こういうお母さん役ができるようになったんだねえ(笑)機関銃持ってた頃には想像つかなんだよw



涙腺が弛みがちな作品ではあったけど、それは結果であって、わざわざ泣かせ所を作ってる風ではなく、あくまでも結果のような気がします。



やらないと思うけど、『20世紀少年』の映画を山崎貴+白組に一票(笑)
16mmさんへ (偏屈王)
2005-12-06 19:05:46
いやー、堀北真希、良かったですよね~。

ベテランに囲まれても物怖じせずに、堂々と明るく演じてました。



薬師丸ひろこが、実は一番原作漫画のイメージに近いんですよね。

いい女優さんになったなぁ、と感心しました。

アイドルの頃は別にファンじゃなかったけど。



>涙腺が弛みがちな作品ではあったけど、それは結果であって、

そうそう。

淡々とエピソードを重ねていって、その結果に涙が自然とこぼれるという感じでしたね。

「泣かせるぞ~!」みたいな嫌らしさはあんまなかったです。



「20世紀少年」実写化は難しいと思うんだけど、もしやるなら山崎貴+白組でやって欲しいな、と思いました。
TBありがとうございます! (hakapyon)
2005-12-07 18:55:02


同感です!!

キャスティングの勝利ですねコレは!!



最初に見たときはやはり鈴木オート夫妻に

釘付けだったのですが…



何度か見るうちに茶川さんに感情移入させられるん

ですよね。時計をさりげなく拭く所とか、めがねいちいちずりあげるところとか…上手いヘタとはまた別の味があります。



薬師丸さんのおかさん、原作そっくりですよね(^m^

堤さんもちょっと原作のおとうさんに比べると若めですが、面長でどよーんと目が横に長いところは西岸さんの描く中年男性の面影があるかな?と思いました!





初回の感想をトラバしていきますね♪





hakapyonさんへ (偏屈王)
2005-12-07 22:23:34
はじめまして!

コメント&TB有難うございます。



茶川先生の甘ちゃん振り、私にも似たところがあって、すごく感情移入して見てました(笑)。



>堤さんもちょっと原作のおとうさんに比べると若めですが、面長でどよーんと目が横に長いところは西岸さんの描く中年男性の面影があるかな?と思いました!

ああ、なるほど。

堤真一もやはり原作漫画に似てますね。

ま、原作の鈴木オートはあんな短気じゃないですが(笑)。



そして堤真一がスーツでビシッと決めたときは、さすがの男っぷりでしたね。
お母さん (komame)
2005-12-12 21:55:30
偏屈王さん、こんにちは。

薬師丸ひろ子のお母さん、あったかかったですね~。

ドラマ「1リットルの涙」でもお母さん役ですが、実際子どものいない彼女ですが、母親の役柄を見事に演じてますね。

さすが女優!

komameさんへ (偏屈王)
2005-12-12 22:56:00
komameさん、お久しぶりです。



>薬師丸ひろ子のお母さん、あったかかったですね~。

本当ですねぇ・・・(シミジミ)。

komameさんのおっしゃる通り、子供がいないからこそ逆に、その表現力をすごいな~と思います。
こんばんは♪ (miyukichi)
2007-01-08 21:46:45
 TBどうもありがとうございました。
 こちらからもTBさせていただきました。
 よろしくお願いします。

 原作の芥川先生、おじいちゃんだったんですかー。
 びっくり!(笑)

 薬師丸さん、年々いい味出てきてますよねー。
 「木更津キャッツアイ」でひさびさに見たときには
 キャラにはじめ驚きましたけど(笑)、
 自然なコミカル加減が、とても好きです。
miyukichiさんへ (偏屈王)
2007-01-09 20:48:37
こちらにもコメント&TB有難うございます。

>原作の芥川先生、おじいちゃんだったんですかー。
>びっくり!(笑)
そうなんですよ。
私も映画で茶川先生の役を吉岡秀隆が演じると知ったときは驚きました(笑)。

>薬師丸さん、年々いい味出てきてますよねー。
ほんとですね~。
若い頃はどっちかというと原田知世の方が好きだったんですけど(笑)、年齢を重ねた今の薬師丸ひろ子、自然体が素敵だな・・・と思います。

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

映画」カテゴリの最新記事

15 トラックバック

ALWAYS 三丁目の夕日(2回目の鑑賞) (★☆★ Cinema Diary ★☆★)
日本映画界の宝となるべき作品。僕にとっては生涯忘れることのできない映画となりました。この映画による人と人との触れ合いから感じる温かさと優しさは忘れてはなりません。
物はなくても豊かだった時代◆『ALWAYS 三丁目の夕日』 (桂木ユミの「日々の記録とコラムみたいなもの」)
11月9日(水)TOHOシネマズ木曽川にて 昭和33年。東京タワーが完成するこの年に、青森から上野駅に集団就職で六子(堀北真希)がやってきた。就職先は鈴木則文(堤真一)とトモエ(薬師丸ひろ子)が経営する鈴木オート。立派な会社を期待していた六子は、小さな町工場だと
ALWAYS 三丁目の夕日 (日っ歩~美味しいもの、映画、子育て...の日々~)
昭和33年の東京のある町の「三丁目」を舞台にした作品。 ”金の卵”として中学卒業と同時に青森から就職するために東京へやってきた少女、そんな少女を受け入れる将来は大きくなることを夢見ている自動車の修理工場[鈴木オート」を経営する一家、駄菓子屋の店番をしながら
ALWAYS 三丁目の夕日 今年の234本目 (猫姫じゃ)
ALWAYS 三丁目の夕日 泣いた、、、 ホント、久しぶりに映画館で見た。札幌で、夜の出撃に備えて、英気を養うためにぶらぶらしていたんだケド、この映画の評判が良いのは知っていたので、たまたま通りかかった映画館へ。 SFXとは、こういう使い方をするんだぁ! 年代は
★「ALWAYS 三丁目の夕日」 (ひらりん的映画ブログ)
久しぶりに映画館のはしごをしてきました。 こちらはチネチッタ川崎で鑑賞。 なななかおじさん連中には評判のようだったので・・・ 2005年製作のファミリー・コメディ・ドラマ、133分もの。 あらすじ 昭和33年、東京の下町、夕日町三丁目が舞台。 町場の修理工場・鈴木
映画「ALWAYS三丁目の夕日」 (邦画大好き)
監督・脚本:山崎 貴 原作:西岸良平 キャスト:吉岡秀隆・堤 真一・小雪・堀北真希・三浦友和・薬師丸ひろ子・須賀健太・小清水一揮 97点 私の涙腺は決して、ゆるい方ではありません。感動はしても、なかなか涙は出てきません。 それは、主人公が命を落とすような作.
超ネタバレ!「ALWAYS・三丁目の夕日」(1) (刹那と永遠 - amomentandeternity -)
「ALWAYS・三丁目の夕日」を観て来ました!!冒頭のレトロな「東宝シネマスコープ」ですでにもう三丁目の世界に引き込まれしてしまいましたさらにその後のオープニング鈴木オートの居間から広がる風景オレンジ色の夕焼けの中を飛んでいく飛行機CMや公式HPで聴き...
超ネタバレ!「ALWAYS・三丁目の夕日」(2) (刹那と永遠 - amomentandeternity -)
※超ネタバレ!な「三丁目の夕日」の続きです^^それでは愛すべき三丁目の面々をピックアップしてみましょう^^まずは鈴木オートさんち熱血直情型のがんこ親父とふんわりとしたまあるい雰囲気の優しいお母さんやんちゃな息子プラス純朴なりんご娘バランス絶妙扇風機に顔...
ALWAYS(当たり前じゃないから夢と未来と希望を持てる) (オールマイティにコメンテート)
「ALWAYS-三丁目の夕日-」を鑑賞して来ました。この映画を見ていると今当たり前な事が当たり前じゃない時代、しかしそれが今忘れられがちな夢と未来と希望を思い出させてくれる作品だったと思う。
「ALWAYS 三丁目の夕日」夢や希望が恥ずかしくない頃 (soramove)
「ALWAYS 三丁目の夕日」★★★★ 堤真一、吉岡秀隆、小雪、薬師丸ひろ子主演 山崎貴監督、2005年 予告編を見た時、 「この映画はやめよう」と 思っていた。 「泣き」の映画の あざとさのようなものを 嗅ぎ取ったからだ。 で、映画館の暗闇で上映開始を待...
ALWAYS 三丁目の夕日 (毎週水曜日にMOVIE!)
暖かい。 温かい。 ・・・それを感じることって自然と涙が出るんだなと思いました。 久々にボロボロ泣いてしまいました。 白状すれば、監督も鈴木オートの夫婦(薬師丸ひろ子も堤真一)もみな同じ世代。 昭和33年は知らなくても、その残り香を感じている世代。 や
always 三丁目の夕日 (日々好日)
 小学館 ビックコミック、1975年~2004年までの49冊、2000年~2004年53冊と長期に渡って圧倒的な人気を得てきた西岸良平の原作マンガを映像化した映画だそうです。 高校生以降、コミック系の単行本や、雑誌を買って読んだ記憶がありませんが、
ALWAYS 三丁目の夕日 (ラムとぶぶかと映画の日々)
監督:山崎貴キャスト:堤真一、薬師丸ひろ子、吉岡秀隆、小雪昭和33年、東京タワーが完成する年が舞台。ある日、短気だが家族思いの父・鈴木則文(堤)と優しい母・トモエ(薬師丸)、やんちゃな息子・一平が暮らす自動車修理工場・鈴木オートに、青森から六子が集団就職
ノスタルジックな世界に丁寧な人間ドラマを盛り込んだ「ALWAYS 三丁目の夕日」 (Wings of Freedom)
この作品が、「ジュブナイル」「リターナー」と同じ監督の作品だとは思えない。それだけ斬新かつ素晴らしい映画でした。山崎監督の手腕に脱帽です。 そして、映画に関わったキャスト・制作スタッフなど全ての方々に感謝したいと思います。本当に素晴らしい作品を観れて良.
ALWAYS 三丁目の夕日 (miyukichin’mu*me*mo*)
 映画 「ALWAYS 三丁目の夕日」      (山崎 貴:監督)    公開時に見逃して以来、  ずっと観たい、観たいと思っていた作品です。  いつになってもレンタルできなかったのですが、  昨日TV放映されていて、ようやく観れました。{/face_warai/}  昭 ...