GO GO ヘナK小隊!!

北海道で趣味の鉱物採集と狩猟を楽んでる、小隊長(奥さん)と兵長(ダンナ)の夫婦による‘ヘナK小隊’只今奮闘中であります。

紅葉真っ盛り

2018-10-26 12:23:30 | 日々雑感
小隊長(妻)です。


紅葉が真っ盛りです。

先日、白糠町の庶路ダムへ行ったときの紅葉です。
秋の甘い香りが漂っています。
桂の木の落葉の香りだそうです。

山の中は清々しく空気が澄んでいますね。








ひょっこり顔を出したキタキツネ
逃げもせずジッとこちらを見ていました。




凛々しいです。


一応、鹿狩りと実家のレントコーン畑を5年も荒しているヒグマを探しに行ったのですが出会えません。
今年は罠を仕掛けたそうですが賢いヒグマで箱罠の前で穴を掘ってました。( 一一)む~


鹿狩りならぬ紅葉狩りになっちゃいました。


そう言えば、かなり山奥に入りましたがハンターさんは1台だけでしたね。
途中、トイレに行きたくなってお花を摘んだのですが、その5分後にヒグマの臭いが漂ってきました。

私…もしかして糖尿だったりして。(笑)

コメント

キノコ

2018-10-22 12:06:33 | 日々雑感
小隊長(妻)です。


10月の半ば、紅葉が赤く染まり始めた山の中。


立ち枯れの木々がひっそりと佇んでいます。


アカマツの林を散策しているとあちこちにキノコが顔を出していました。
ここはキノコの宝庫なんでしょうね。











兵長はキノコが嫌いなので眺めるだけです。
毒キノコだと怖いというのもありますから…。


兵長が「このキノコは食べられるよ」と言ってるキノコもありましたが信用できないので写真だけ(笑)

コメント (4)

アキアジ

2018-10-01 17:33:51 | 日々雑感
小隊長(妻)です。


先月の話ですが毎年恒例のアキアジ(鮭)の即売会に行ってきました。

スーパーでは売りに出ない十勝大津漁港の鮭なので朝から販売1時間前から皆さんが並んでいました。



毎年のことながら買うのが大変です。(去年はパス)
わずか20分足らずで約450匹の鮭が完売です。

今年は3,000円台の鮭が多かったですね。
以前より獲れないせいか高めですがそれでもスーパーで売られているものに比べたら
1,000円は安いでしょうか。

特にメスは人気があります。
お腹に筋子が二腹入ってますからね。
スーパーで買うと一腹約1,000円以上です。
それを考えたら二腹+身で3,000円は安いですね。

我が家は兵長がメス3匹ゲットしましたがタイミングを逃してなかなか買えない人もいました。
気の毒なので兵長の後ろに年配のおじ様とおば様を誘導してなんとか買えたようです。

帰宅してから兵長が捌き取り出した筋子は私がほぐします。(イクラ網は便利)


ほぐしたイクラはぬるま湯で何度も洗い潰れた皮を丁寧に取り除きます。(兵長のお仕事)
そうすることで臭みがなくなり醤油漬けにしたとき美味しくいただけるそうです。

作り方は各家庭によりますが我が家は醤油2:みりん1:酒1+めんみ(北海道のつゆ)の割合でつくります。
一晩漬けたらオッケー。




鮭の心臓もお吸い物でいただきました。
出汁が出て美味です。(見た目は何ですが…)


後日、中骨に残った身をスプーンでこそぎ集め、それを煮た汁でご飯を炊いて、その上にイクラの醤油漬けをのせてナンチャッテ『はらこ飯』をつくりました。


しばらくは楽しめそうです。

コメント (6)

収穫の秋

2018-09-20 11:23:58 | 日々雑感


小隊長(妻)です。


朝晩、冷えるようになりました。
でもまだ残暑で日中は日差しが厳しいですね。

来週あたりから寒くなるようですが。。

でも今年はほとんど扇風機も要らず、特に夜は快適でした。
年々暑くなっていると地元の方は言いますが本州に比べたらまったく大丈夫です。


さて、我が家の庭は今年、トウモロコシ、コクワ(サルナシ)イチゴを追加しました。


相性がいいのはブルーベリー、ブドウ、ジューンベリーでハスカップやラズベリーはイマイチですね。
イチゴも中途半端なので来年はパス、相性の悪い果実も諦めます。






今年植えたトウモロコシはそこそこでしたが朝採りですぐに湯がいていただきました。
塩など要らずとても甘くて病みつきになりました。


お隣さんからもトウモロコシのおすそ分け(ウチのとはレベルが違います)


裏の方からもミニトマトをいただきました。


採れたては格別ですね。







コメント (2)

ありがとうございました。

2018-09-09 21:52:46 | 北海道の話
小隊長(妻)です。


9月6日未明、最大震度7の胆振東部地震が発生しました。
枕元に置いてあったスマホの警報音がなり「まもなく地震が来ます!」との音に飛び起きた瞬間、横揺れが始まりました。

震源地が十勝ではないことはすぐにわかりましたがまさか胆振とは!

いつもは日高、十勝、根室が多いので予想していませんでした。

途端に停電です。
懐中電灯を取りだしロウソクをつけて情報はスマホだけが頼りです。

すぐに停電は解消されると思っていましたが丸一日全道ブラックアウト。

兵長の会社は休み、日中32℃まで上がったので車に避難しました。

スマホの充電は幸いにも車で2台とも1度に充電出来たので問題なしです。
エアコンをつけてカーナビでテレビを見て悲惨さを確認していました。

近所のスーパーもコンビニもホムセンも人だかりだったので買うのを諦めてあるものだけで食事をしようと決めました。

車の中でスマホの充電中、庭のとうきびの花に赤トンボがとまって近寄るとこっちをじっと見ています。


逃げもせずスマホで写真を撮らせてくれました。(現実逃避)
ちと大きすぎ(笑)


電気が使えないだけで不安になります。

でも胆振の厚真や札幌などは停電に加え断水もしています。
どれだけ不安なことでしょう。

夕方、コンビニに再度行ったら暗い中わずかな食べ物が売られていたのでお菓子とカップ麺とお茶を買いました。

冷蔵庫は兵長が「開けちゃダメ」と言うのでそのままです。
開けない方が半日は大丈夫らしいのです。
そして、鹿肉専用の冷凍庫があるのでペットボトル数本、凍らせてたのでそれを冷蔵庫に移したお陰で電気が復旧するまでの丸一日、冷蔵庫はほぼ冷えてました。

牛乳とイカの塩辛は廃棄したもののあとは無事でした。
毎週金曜日に一週間分の食料を買っていたので6日の地震で実はほとんど空っぽ。

夜はロウソクをつけて前日の残ってたご飯でおにぎりを作り、溶けかけてたエビと食べ頃のアボガドを和えておかずにしました。


あくる日、スーパーに行くとやっぱり肉も魚もその加工品もありません。地元の野菜が少し、とりあえず3日分だけ買いました。

でも夜に空を見上げたら満天の星空で天の川がとても美しかったです。

あんなに美しい星空を見たのは初めてでした。

午前3時、トイレに起きてランタン片手に行くと窓から灯りが見えました。

電気が復活したのを喜びました。
北電さんの努力の賜物です。

でも山が崩れて多くの方が亡くなられました。
それなのに停電で不安になっても水とガスは大丈夫だったのに情けない限りです。

缶詰や乾パン、水など用意しておこうと痛感しました。

そしてたくさんの方からメールをいただきました。

ありがとうございました。

コメント (17)

置戸の辰砂 2018

2018-08-08 10:25:10 | 鉱物採集
小隊長(妻)です。


7月の初めですが数年ぶりに辰砂を求めて置戸へ行きました。
2年前の豪雨の影響で林道が通行止めになり入ることが困難でした。

今年は開通との知らせを受け久しぶりの鉱物採集です。

が、あいにくの雨。降ったり止んだりの繰り返しでした。
私の力でハンマーを振っても無理なので川で欠片でも拾おうと思ったのですが断念。

私を車に残し、石友のI氏と兵長はカッパを着て林道の奥へ入って行きました。

私はヒグマの番です。「見かけたらクラクションを鳴らすね」と、その後は野鳥や花を観察していました。

兵長たちは辰砂がある場所の木にシートをかけてハンマーを振っていました。


しかし硬い!!

雨に濡れながらの体力勝負も意気消沈らしくソコソコで撤収となりました。

晴れていたら私も参戦したのですが残念です。

採集した辰砂











帰りに「墓地の沢」へ立ち寄り黒曜石を採集してきました。
銀色のシラーが出ていました。


コメント

7月の豊北原生花園 (2018)

2018-07-17 12:28:30 | 野鳥・花・生き物
小隊長(妻)です。



蝦夷梅雨で寒い日が続いていましたが夏らしくなりました。

今年初の原生花園に行ってきました。
雨のせいか植物の伸びがイマイチでしたが生き物のそれぞれの営みが感じられました。
相変わらずのピンボケ写真です。


キタキツネは子育て真っ最中。
お母さんはこちらを警戒していましたが子キツネはおかまいなし。


ウグイスは珍しく姿を見せて気持ちよく鳴いていました。
兵長はウグイスが鳴く姿を初めて見たそう。
しばし美しい鳴き声に癒されていました。


こちらはシマセンニュウかな?


ノゴマ


ベニマシコ


コアオハナムグリ


ノハナショウブ


アカネムグラ


エゾチドリ


ハマボウフウ


ナミキソウ



短い夏の原生花園は高山植物が咲いています。

北海道の観光は野鳥や花が好きな人向けの原生花園巡りがあればといつも思います。


コメント (6)

夏はまだ先

2018-06-18 12:31:15 | 野鳥・花・生き物
小隊長(妻)です。


上の写真はマタタビです。
花が咲いていました。


二週続けて町内パトロ-ルで鹿を獲ったので昨日も獲れたらハットトリックと思い出かけました。

結果はボーズ。

そう簡単にはいきませんね。
おまけに連日10℃~17℃、昨日は12度が最高気温でした。

山は寒く車の窓を全開で走るので真冬の服装です。
でも-20度でも窓を開けて猟をするのでまだマシですが昨日の兵長は半そで姿。

さすが道産子です。

100キロは町内を廻りましたが鹿の姿はみえず、キツネばかりです。

疲れました。

変わりばえしませんがパチリ

ウツボグサ


オオアマドコロ


ヤマブキショウマ




カイジンドウ


甲斐の国で咲くリンドウが訛った名前だとか

ヒレハリソウかな?


ヒバリ


ニュウナイスズメ







コメント

今日の散歩 6/10

2018-06-12 13:36:04 | 野鳥・花・生き物
小隊長(妻)です。



本日、気温10℃です。
雨が降り続いて寒いですね。

週末は時間があると兵長の町内パトロ-ル(有害駆除)に付き合います。
100キロ前後あるエゾシカだと重くてキャリヤに載せるのも一苦労。
一応、ウィンチもありますが兵長は自分で引き上げます。

私は藪から引っ張る時に車で引いたり、キャリアに引き上げるときに固定したりのお手伝い。
有害駆除に奥さんを同伴させるのも稀なことですが、私の一番の目的は野鳥と花とエゾシカを見つけること。
特にエゾシカは目が多いほど見つかりますから一応役に立ってるのだと思います。

今は農家さんが苗の植え付けをしたり、刈り取る前の牧草が伸びてる時期なので、その中で見つけてもスルーします。
畑を痛めてしまいますから。
重点的に駆除を依頼されている場所には地図を見ながらの行動になります。


メインの林道には産れたばかりのキタキツネが2頭いました。(1頭は隠れています)
可愛いですね。


キタキツネも有害対処になります。
エキノコックスを持っているからなんですが、さすがにこの可愛い子キツネは撃てませんね。
しかもライフルで撃つことが禁止されています。
この日はエゾシカ狙いなのでしばらく眺めていました。

畑はどこも綺麗なグラデーションで広大な土地にGPS付きの機械で植えていくので真っすぐです。


林道を進むといろんな花や蝶を見かけます。

チシマフウロ




オオヤマオダマキ


ベニバナイチヤクソウ





松の球果



アカマダラ(日本では北海道のみ生息)


チゴユリ




おまけの丹頂


短い夏を楽しみます。
コメント

童話 北の国の片田舎から 第10話

2018-06-05 13:50:40 | 射撃・狩猟

北の大地の片田舎にメタボなおじーさんとグータラなおばーさんが住んでいました。
おじーさんは今日も山へエゾシカの有害駆除に行きました。



ハンターのくせに早朝起きるのが苦手なおじーさん。

「日の出は4時前だからね、さっさと起きて鹿の有害駆除に行きやがれ!」
とはっぱをかけるおばーさんなのですがやっぱり休日の朝は9時まで寝てるおじーさん。

ダメじゃん!

仕方がないので「昼から行くべ」と午前中は庭の草刈に一汗かいて午後からいざ出陣!


植えた覚えがない野良ビオラが増えてます。



「ばーさんも行くかい?」

「………」

「獲れたら好きなだけ背ロース取っていいよ!」

「行く!」

ご褒美があるなら鹿も引っ張るしハラワタも抜くおばーさんなのでした。

しかーし、鹿はいない。
町の林道を山を、くまなく走るも鹿の姿を見かけない。

「早朝出てるに決まってるでしょ!だから朝行けっての!」ブツクサ言いながらも蝶を眺めてるおばーさんなのでした。

「いねぇーな」

鹿の姿が見えないとどっと疲れが増してきます。
山の中100キロ近く走ってるのに駆除中のハンターの姿もありません。

「ほれ、今なんか鳥が飛んだよ!」
「あ~蝶がいっぱいいる~写真撮らないの?」現実逃避なおじーさん。

そっち見てないで鹿探せや!と思いつつもカメラで撮ってるおばーさん。




「なんかさーいないと疲れるんだよね」とおばーさん。

駆除依頼の農家さんの畑を見回るもいない!!!

「帰るべ」とその時 (BGMは火曜サスペンス劇場)まだやってたっけ?

日の入り二時間前、牧草を食べてるデカいオス一頭発見。

「いるじゃん!」

狙いを定めてにらめっこのおじーさん。
車の中で待機中のおばーさんはなかなか発砲しないおじーさんに相変わらず発砲音が苦手なおばーさんは耳をふさいでます。

「はーやーくー」イラつくおばーさん。

重点的に駆除依頼されてる畑の近くなので必ず仕留めねばなりません。

遠くから別の発砲音がしています。

こちらも「バーーーーーン」

「たぶん撃てたと思う」と距離にして約200メートル先までてくてく歩いて行くおじーさん。

あの~ロープとカメラを忘れてますけど・・・

最近はGPS付きのカメラを支給されてその場で写真を撮らねばならない決まりになりました。(不正防止)

んで、おじーさんから電話「ネック1発よ」

「ロープとカメラをなんで持ってかないのよ!二度手間じゃん(怒)」

てくてくと車に戻りロープとカメラを持って行ったのはいいけれど・・・

「重くて引っ張れないのよ~200キロ近いんじゃないの~。ちょっと車で畑の端っこ走って来てよ~。」

最初に見たとき分かるべ、デカいから引っ張れないのは!
しかし、背ロースの為なら努力を惜しまないおばーさん。
なんとかキャリヤに積んで・・・その前に写真をパチリ。(忘れたらお賃金がもらえない)




もらっても毎年大赤字なんだけどね~(くどいようだけど早朝行けや!獲れるんだから)

町の解体所に搬入のため走らせるも鹿のお顔がチラっと見えて後ろの車が近寄って来ない。ごめんなさい。
最大限、隠して搬入するも車の振動でズレちゃう。
なるべく車通りの少ない道を選んで運んだら・・・

解体所に誰もいない・・・

おじーさんは一人で処理をしていました。

「私の背ロースは?」

おじーさん「1時間経ってるから駄目よ」ふぁ??

今回も騙されたおばーさんなのでした。(ぬっこ〇す)
コメント