Natural soul ~凛の日記~

英語の勉強と、日々を楽しく過ごすため、自分のモチベーションを維持するために、日々、感じたことを綴っていきます

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

ファーストジャパニーズ(NHK)を観て

2009-12-07 | 海外
昨日、関口和宏さんが世界各地で自分の才能を生かして生活している、
その土地でのファーストジャパニーズを訪ねていく、というNHKの番組
観た。

今回は、モロッコで初めて花屋を開いた日本人女性。
小さな頃から母親の影響で海外に旅行することが多かった彼女。

念願の仕事に就くことができたのだが、小さい頃からの持病で、仕事を辞めざるをえなくなり、自分の居場所を探して世界各地に旅にでる


ある時、モロッコのとある骨董屋の主人と話していた時に、彼女の人生が変わった。
やりたいのなら、始めてみればいいじゃない、と。
会社に入ろうとするから、いろいろと考えてしまうんだ。
自分で始めてみればいい、と。
その時、彼女はそうか!と思ったそうだ。

それから、花のなかったモロッコの街に花屋を作った。
初めは、小さな子供達でも帰るように、50円、100円の小さな花束を作って売り歩いたそうだ
彼女は浜に落ちている椰子の木の葉や、道端に咲いている雑草をも花束に取り入れれる

花がなかったら葉があるじゃないか、葉がなかったら茎があるじゃないか、
今はそう思えるようになった、と。

そう思えるようになるまでに、どれくらいの試練があっただろう?
どれくらいの涙を彼女は流したのだろう、そう思った

今は街のリヤドという古くからある邸宅を改装した高級ホテルや、レストランに出張していけたりもするそうだ。

彼女の花はセンスがあって、華がある
人の心をパッと華やかにしてくれるような、そんな魅力があった


彼女の話を聞いていて、人生、人との出会いと、言葉で変わるんだなぁ、と思った。

とても魅力的な女性。
今回の取材で、彼女は次のstageにいけるような感じであった。
これからも、頑張ってほしいと思う、素敵な女性。

私も、今は小さなことでも、なりたい自分に向かって、無理をせず、
マイペースに歩いていきたいと思う
コメント (12)

York University

2008-07-23 | Canada
今日は友達が通っているYork Universityに遊びに行ってきました

1960年位に、UofTから分かれてできた大学らしい。本当かな?私の聞き取りが正しければ、の話だけど。
新しい校舎もいっぱいあった。びっくりしたのは、キャンパス内に、theaterがあったことしかも、coat checkとか、チケット売り場とかがちゃんとある本格的なtheater!そこで、学生が舞台とかをするらしい。すごい

時間があったので、友達が受けている授業を一緒に受けてみました。
もちろん英語。人間の発達についての授業みたいだったけれど、内容はさっぱり分からなかった。
けれど、おもしろかった。
授業中にも関わらずハンバーガーを食べている子。でも先生は注意しないんだよね。
何人かの生徒はラップトップを持ってきていて、それに授業内容を打ち込んでいた。ノート代わりみたい。 カナダはほんと、コンピューターが進んでるな、って思う。

一番嬉しかったのは、プティンが食べれた、って事
名前は聞いていたけれど、見たのは初めて。
フレンチフライにチーズとグレイビーソースがかかっているもの。
味は・・・
めっちゃ美味しかった
これはやばいね!
とまらないよ。

友達は日本のアニメとドラマが大好きで、私よりもよく知っている。
ほんと、こっちの人は日本のアニメ、ドラマが好き、って人が多い
コメント

トロントにて

2008-07-22 | Canada
お久しぶりの更新です。

今、トロントに居ます。
トロントは夏。だんだん蒸し暑くなってきました。

カナダは夏がすっごく短いらしいので、楽しまないと!

心機一転

コメント

カナダ・ワーホリ

2008-01-28 | Canada
久しぶりの更新です。

2008年が始まりましたね~!
しかも、12分の1は終わろうとしている。

今年、カナダにワーホリに行く事にしました。
一年間考えた結果。
夏のサンフランシスコの影響が大きいかな?

人生に無駄な事など無い。
自分の人生、生きたいように生きよう、って思った。

そんな訳で、仕事も後3日。
今は無事に仕事が終えられるよう、ただ、それだけを願うのみです。


コメント

心に霧

2007-09-18 | 迷い
あ~、サンフランシスコが恋しい~。
帰国後、放心状態だった私。時間が経つにつれ、徐々に現実に戻ってこれたんだけど、一歩ひいて見ている自分がいる。

何も変わっていないのに。なんで?


サンフランシスコに行きたい!
そんなによかったの?って聞かれたら、「うん!」って答えるしかない。
サンフランシスコが良過ぎたから、今の私は進む先がぶれ始めた。
霧の中に迷い込んだ感じ。

息苦しい。心が苦しい。
海外に行った人はこんな想いになるんだろうか?
こんな気持ちのまま、私はカナダに行けるんだろうか?行ってもいいんだろうか?


答えがでない。


暫くはこの想いと、付き合っていかなきゃいけないんだろうな。
これにもきっと意味があるんだろうし、逃げずにちゃんと自分の気持ちと向き合いたい。
コメント

サンフランシスコ

2007-09-05 | ワーホリ
この間、サンフランシスコに行ってきました

すっごくよかったですよ~!スカッと晴れてて、空は青く、街はキラキラ輝いてて、街の人は親切であったかい。アメリカなのに、行きかう人は、ゆっくりしていて、私は、アメリカに居ることを何度も忘れていました。


みんな、自分の基準で、生きたいように生きている


風が冷たく、寒いのに、海で泳いでいる人・・・
お腹が出て、たぽんたぽんなのに、タンクトップ一枚で、体のラインなんて気にしていない人・・・
周囲の目を気にせず芝生の上でいちゃいちゃするカップル・・・
異国の地で生活し、アメリカナイズされた日本人・・・


みんな、周囲の目なんて気にすることなどなく、自分がしたいからしている。自分を大切にしている。

とっても魅力的で、素敵だな、って感じました


日本に帰ってきましたが、未だ、心はサンフランシスコにいて、こっちの生活に戻れません。日本に帰ってきてから暫く、友達にメールの返信ができなかったし。返信してしまうと、その人からまたメールが入ってくる訳で・・・。暫く、私の時間を誰にも邪魔されたくなかった。。。

そうそう、先月末に起こった月食、飛行機から見れたんですよ~!感動です

サンフランシスコ、また行きたいなぁ~


全ては自分次第









コメント

ミスチルライブ in徳島(ネタばれあり)

2007-05-31 | ミスチル
昨日、ミスチルのライブに行ってきました。徳島へ。

ミスチルのライブは2004年の「シフクノオト」ツアー以来。実に三年ぶり。

いや~、よかった

ミスチルは私が高校生の時から好きなアーティストで。人生の半分はもうミスチルと共にあるのです。・・・けど、最近は嵐に夢中ですが・・・一緒に行った友達も、その時から一緒にライブに行ってた子でした。今回は自分にとって、「初」が多かった。仕事帰りに行くのも初!友達が結婚して、出産してから一緒に行くのも初!アルバム曲全て聴いてなくて行くのも初!

でも・・・。一曲目、桜井さんの声を聴いた瞬間、自分の中で忘れていた大切なものを思い出した感覚でした。一曲目は「彩り」だったのですが、どれくらいの間、連絡をとってなくても、自分が大切、って思っていたら、こうやって繋がっていられるんだな、って思いました。「ミスチルvs私」で、そう感じる私ってかなり痛い!?

いや、でも、実際にそう思ったんですもん。それは、リアルな人間関係でも同じですよね。そして、日常生活の中で、些細な工夫で幸せや喜びを感じられる。自分がした些細な事が、廻りまわって、誰かの笑顔に繋がっていくかもしれない。自分に帰ってくるかもしれない。

とても素敵な曲。桜井さんらしい曲。じ~んときて泣いてしまいました。今までいろいろ経験し、いろいろ感じてきたからこそ感じられるのかな、って思いました。今年、自分もそう思ってたことを桜井さんが同じ事を歌で言ってて。だから余計に心に響きました。みなさん、「HOME」というアルバムに収録されているので、よかったら是非聴いてみて下さい。

ライブの中身は、メッセージ性の強い内容だったな。「平和」の。年々、変化を遂げるミスチル。やっぱり大好きだ。


今日からまた頑張ろう!そう思えた素敵な時間でした。 
コメント

ニノの情熱大陸

2007-05-09 | 
観ました?

ニノの「情熱大陸」

よかったですね~。っていうか、30分ではとても足りなかった。
っていうか、私的にはもっと、ニノの内面に焦点を当ててほしかったかな?
これは求めすぎなんかな?今、注目を集めている「硫黄島」「ドームコン」「マラソン」。一般の人達にも知ってもらいやすい題材がそれらだから、それを出すのは仕方がないんだけど、それの場面が多くて、ニノの考えや語りが少なかったのは残念だったかな?


でも、いつも飄々としていて、余裕があって、冷静なニノの口から「本気ですから」っていう言葉がでたのは、彼の核だな、って思った。
今までも雑誌を読んだり、テレビを観たりしていて、彼は本当は、与えられた事に対して一生懸命で、それを彼は決して見せない、見せるのが嫌なんだ、っていうのは感じてたんだけど、彼の口からそのことが聞けて嬉しかった。


そして、PV撮影の言葉。
「自分の考えが生まれちゃうでしょ、それが一番やっかいなんです。自分の考えを殺して、監督の事聞かないと、動けなくなっちゃうんです」
今までに、色々仕事をしてきて、自分の考えが生まれて、しかもそれが、監督の求めているものとは違うくて、苦しい思いをしてきたこともあったんだろうな、って思った。彼はアイドルだから。周りの人の求められる事をする事が今の(?)自分の仕事、って思っているんだろうか?PVは監督の「作品」っていう考えなのかな?雑誌のスタイリストのところでもそう感じた。

そして、ドームコンサートのラストの言葉
「ドーム公演は夢のような目標のような通過点。この点がどの点と結ぶか、僕は楽しみでしょうがありません」

今を一生懸命、本気で生きているからこそ、言える言葉だな、って思った。ニノも私も同じだけの時間(とき)を生きてるのに、その密度、濃さは全く違う。私も、今を一生懸命生きなきゃな、って強く思った。

ニノは、自分がこうしたい、って事や、やりたいことはたくさんたくさんあるんだろうと思う。けど、アイドルという職業、今の立場をとてもよく分かっていて、今、与えられたことを一生懸命、完璧にこなすことで、それらの欲求から抜け出しているのだろうと思った。本当は熱い男なんだろう。

いろんな面をもっていて、まだ隠された面もあり、どんな面があるんだろう、って知りたくなる。もっともっと、って探りたくなる。魅力的な人だよね。

私はこんな人に弱いなぁ。


話は前後するけど、「マラソン」の撮影の場面で、ニノが振り向いた時にはもう、役に入っていた姿はすごかったね。あの姿は、ほんとに、自閉症の人だったもん。
コメント (2)

2007-02-17 | 
最近「嵐」に夢中

きっかけは松潤が出てる「花より男子2」なんだけどね。

コロコロ表情、キャラが変わる松潤の魅力にとりつかれ、嵐の本を買い、今や、音楽番組までチェックしてる自分がいるコンサートも行く事にした。


嵐はすごいよ!丁度、2004年の24時間テレビの模様をyoutubeで見ることができたんだけど、相葉くんの手紙を聞いて、ほんと、嵐の魂を見た気がしたトップを目指してるんだね。彼らなら、絶対、トップになれる!そう思った。私はまだ嵐のことも良く知らないけれど、5人から出されている雰囲気、気持ちを感じる

同じ2004年、私は嵐なんて全く知らず、(気にも留めてない、って言う方が正直な言い方かな?)生活していた。けれど、嵐の人たちは、一生懸命、自分の目指す方向に向いて、歩いていた。その時を共有できはしなかったけれど、今、私は嵐という人たちを知ることができてよかった今後の嵐に本当に期待している。魅力ある人たちだと心から思う


彼らの頑張っている、楽しんでいる姿に、私も刺激を受ける。ほんと、すごいよ。ジャニーズだから、って興味がなかった自分が恥ずかしい。いいものはいい!


私も、自分の好きなこと、興味あることに携わっていきたいな、ってそう思う
コメント

ワクワク

2007-01-27 | 
最近は、したい事がいっぱいある私

まずは映画。ジャニーズの松本潤主演の映画、ウィル・スミス主演の映画、
マリーアントワネットなどなど、どれも私の興味あるものばかり。


松本潤は、ドラマ「花より男子2」をみて、すっごいはまってる。
役柄・ストーリーなんかもあるかもしれないけど、演技がすっごいウマイ!
みてて、大好きになったいろんな事を経験して、いろんな
事を感じてるんだろうな、って思う。これからも注目したい人。

正直、ジャニーズって、あんまり好きじゃなかったんだけど、ジャニーズって
いうだけで毛嫌いっするのはもったいない、って思う。「華麗な一族」の
キムタクしかり。キムタクが出てる、っていうので、あんまり見る気がしなかった
んだけど、みてよかった。すっごい面白い!毎週楽しみであります。


去年の今日は、カナダに行った日なんだよなぁ。あれから早1年。
去年の自分より私は前へ進めているかな?

来年の今頃、私はどこで、何を感じてるかな?


いいスタートはきれていると思っている私でした

コメント