フロリダ生活が12年目になりました。

12年とは、私がアメリカに来た後に産まれた友達のお子さんが今、小学6年生ってことですよね。月日の早さに付いてイケナイ…

私に言いました?!

2011年06月02日 11時09分57秒 | Weblog
最近。

見たい映画が毎週の様に公開になる日々。

先々週末『パイレーツ・オブ・カリビアン』を見て。

先週末は『カンフーパンダ2』。

そして今週末は『X-men』を見に行く予定でいます。


そして映画館といえば、

マナーの悪い客といつも一緒になる私。

映画を見に行く度にこれなので、もう免疫は出来た感じ。

小さい子供を見ても、

“またかっ”

って感じで。d(^^;

そして先週末のパンダは。

映画が子供向け(PG)作品ですし、アニメですし、
小さい子供を連れた親は少なくないだろう。と。

画面を見ながら、興奮せずにはイラレナイ小さい子も多いだろう。と。

それなりに覚悟というか、諦めというか。

そういうモードで映画を見に行って来ました。

そんな私への今回の仕打ちが…。


ナンだと思います?

“お母さん”でした。

通路を挟んだ斜め後ろに両親に子供という3人組が座っていたのですけど。

ですけどっ!!

お母さん、おしゃべりが止まらない。

旦那様も息子さんも適当に流しているのに、お話が止まらない。

映画が始まっても話しが終わらず。

始まったばかりで席を立ったかと思えば、ポップコーンを抱えて帰って来た。
(それは別に良いんです。)

その後、そのポップコーンを食べながら、くちゃくちゃしゃべるんですよ。
それも普通の音量で。
そのお母さんにしたら小声なのかも知れませんけど、私には十分大きくて。
タダでさえ一生懸命英語を聞かないと聞き取れないのに、
お母さんのおしゃべりの方が間近で聞こえるので映画の会話が聞こえない。

アメリカの映画を見ていると。

たまに。

映画の最中におしゃべりをする“迷惑な人”が、登場しますけど、
コレを地でいく人に出会うとは…。d(--;

見ないなら来なきゃ良かったんですよ。

お父さんと息子だけ行かせたら良かったんです。


そして今回は。

相手が大人ですし。

これ以上続くとアタシは映画が見れない(分からない)と思って。

ついに。

『シッ!』って、短く音を出してみました。

これで伝わるだろうと。

すると、旦那さんが前を向いたまま。

『Knock it off!(“やめろよ!”って感じの英語でしょうか?)』

と。

えっ?!

それって、アタシに言ったの?!

その言葉にビビッてしまい、強気に出てしまった自分を反省した私でした。f(--;


でもでも。

私は悪くないはずだ!
嫁が映画が始まってもしゃべりぱなしなら、(自分が)先に注意すべきだと思いますよ、旦那様。

でも、どうなんでしょう~。アタシ、やりすぎましたか??
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
« うぅっ。 | トップ | ダラダラ自転車、25分 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

Weblog」カテゴリの最新記事