慶應義塾高校野球部をひっそり応援しながら冷静にブツブツつぶやくブログ

慶應義塾高校&東京・神奈川を中心とした高校野球、東京六大学の観戦記・応援ブログです。 By G&G

30/5/19 明大vs.慶大

2018-05-19 23:40:38 | 東京六大学野球
慶大4-3明大(延長10回サヨナラ)

先々週に立教戦を2試合見に行ったものの、なんだか途中まで書いて面倒くさくなってアップしなかった。数年前の方が絶対忙しかったにもかかわらず、寄る年波のせいかなんかやる気が起きない。
いずれにしても今節連勝すれば大学選手権への出場権が得られるところまでこぎつけた。今季最後となる六大学観戦。あぁあ負けかぁと思ったら9回に驚異的な粘りで2点差を追いつき最後サヨナラ勝ち。
6回に先発佐藤亮に代打正木。まだ早いだろ~って思ったら、正木をそのまま守備に就かせ7番にピッチャー。そういうオプションがあったか~と感心。
次にオイオイと思ったのは7回表2死2塁の場面。相手打者は投手。裏の攻撃は7番ピッチャーから始まるのに惜しげもなく継投。
なんだこの豪華?リレーは・・・オールスター?フレッシュリーグ?
エースと呼ばれる投手はいないものの、そこそこのピッチャーは揃ってる。出身校はSFC、大館鳳鳴、城東、川越東、塾高、芝、慶應志木。塾高以外は城東と大館鳳鳴(21世紀枠)が昔甲子園に1回出たくらいで、とても強豪校とは言えない高校ばかり。育成能力がすごいのかよく分からないが、たいしたもん。
最後は郡司のサヨナラ2ベースだったが、一番忙しかったのは自衛隊(専守防衛)と言われている瀬戸西。ショートゴロいくつあったんだろう。変な回転してるなと思われたゴロも簡単に処理するし、ライナー横っ飛び。サードのファールフライまで信頼されすぎ譲られてしまう始末。塾高一般入試組らしいが、医学部に入れるくらいの頭脳の持ち主とのこと。
6番打者以降はコロコロ代わっているのに、8番打者が最後までスコアボードに名を連ねるのも納得。

明治戦には1勝2敗、明治が法政に取りこぼして最後の早慶戦で優勝なんていう予想を勝手にしていたが、明日は行けないものの決めちゃっておくれ。大学選手権の日程調べておこう。ワールドカップと重なりそうだな
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

30/4/29 明大vs.早大、法大vs.慶大

2018-04-30 19:39:39 | 東京六大学野球
2階席まで埋まっている第二球場を横目に見ながら神宮へ12時過ぎに出勤。
ベスト4がすべて西東京になってしまったので、東東京は実質第4シードから始まるのか・・・

明大15-3早大
来月から早稲田に続き明治でも講義をすることになったので、何か複雑な気持ちの早明戦。
しかし、明治のキャンパスが中野とはなぁ。中野区立中学出身者としては隔世の感。

早明戦で15-3.東大以外でこれほどのワンサイドの試合を見るのもあまり記憶にない。
明治は21安打15得点。審判も最後の方は微妙な判定でも、なんとなく手を横に広げ「早く終わろうよ~」っていう感じ。とはいえ、早稲田の攻撃がサクっと終了していたせいか3時間ちょっとで終了。昨日の慶法戦より試合時間は短かったらしい。そういえば明治のメンバーに日大三出身がいないのは何故か違和感。
明治では磯村が圧巻の投球。まだ1年か・・・

慶大5-4法大
昨日のサマリーを見ると、安打数、与死四球、失策とすべて相手より下。法政を上回っていたのは得点くらい。
昨秋から立教明治早稲田東大法政と9連勝しており、今日勝てば季またがりの完全優勝なんていうメール。まぁ昨季の6連勝は僥倖だったよな。
いきなりサードの送球エラーから失点。応援席から見ていた人曰く、浅いサードゴロでファーストへ送球するのに、ピッチャーがしゃがみもせず突っ立っていたから高投してしまったのではないかという指摘あり。
1回裏は平凡なレフトフライでチェンジと思って下を向いたら、歓声があがったためレフトを見るとボールが弾んでいる光景が目に入る。なんやかんやで初回に2点ずつ取り合った後、押し気味に進め終盤まで3点リード。ヒット13本で5点は少ないが、無四死球だからこんなもんか。
途中気になっていたのはサード内田の守備位置。もちろんスカウティングによるものだとは思うが、気になってしょうがない。相手バッターによってかなり変えてはいたものの、ランナーなしのときも随分浅いし、2塁ランナーがいるときも三塁線はスッカスカ。致命傷にならなきゃいいなと思っていたが、幸いなことに大過なし。
佐藤、関根とベンチに入っていたので、途中追い上げられていつかは出てくるのかと思ったが出番なし。
最後はなんとか一死3塁のピンチを凌ぎ逃げ切った試合展開となった。
勝負はここから。優勝は3チームの中からは間違いないだろう。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

30/4/21 慶應義塾Vs.桐光学園

2018-04-21 22:34:07 | 2018春~秋
桐光学園6-3慶應義塾
真夏日になるという予想であったが、野球観戦には最高の天気。
本日の場内アナウンスは先日対戦した白山高校のマネージャー。上手だったよ。

2点負けてるのに6番にスクイズさせてまた失敗かよ~というツッコミどころはあったものの、打力と投手力はそれほどの差は感じなかった。守備力と走者として出た時の判断力がそのまま点差となって表れたかなというイメージ。
かといって夏に絶対勝てないかといったらそうでもない。10回やったら3回くらいはなんとかなるだろう。
って夏には当たらないだろうなぁ。
そういえば、得点若き血を歌っている最中にゲームセットとなったのは初めての経験だった。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

30/4/16 国士舘Vs.二松学舎大附、早稲田実vs.國學院久我山

2018-04-16 21:45:24 | 2018春~秋
国士舘7-4二松学舎大附
本日の2試合は昨日行われる予定だったが、午後には晴れるよという天気予報なのに早々に中止決定。まぁそりゃ予備日があるということならゴルフ場の営業考えればそっちの方が利益率高いわな。
外野は人工芝の張替工事中のためか、2/3くらい黒のシートに覆われている。こりゃ外野手もやりにくいだろう。
一応仕事に行く格好をして出てきたので、寒い。中盤まではサクサクと進み、試合時間は6回終了時点で1時間。寒いからこのままチャッチャと終わってくれよと思っていたところ、7回以降で1時間10分くらいをかかってしまう。
0-7の7点差から4点返しなお9回一死満塁で二松学舎攻撃の場面、大きなライトフライで2,3塁ランナータッチアップ。これで2点差二死1,3塁でなおもチャンス続くな、これで逆転したら歴史に残る試合になるな、なんてライトがバックホームするところを、見ていたら、なぜか3塁ランナーがUターン。結局2塁ランナーが挟まれ試合終了。
一体何が起こったんだ・・・

早稲田実業10-0國學院久我山(6回コールド)
第二試合が始まるころ、筆者の隣に100kgはありそうだなという巨漢が着席。別に文句を言う権利もないが、途中までセンベイ一袋を含めいろいろと食べっぱなし。スゴイ圧迫感。
試合としてはワンサイドとなったが、早実野村もアウトコースへの要求一辺倒。
まぁ、外にチョー甘いアンパイアだということを知っていてのインサイドワークなのかもしれないが、これからこれで大丈夫かな。
満塁ホームランなど効率的な攻撃で10点取ったので、1時間20分ほどで終了。
しかし、6回裏0-8二死2,3塁で4番野村は敬遠だろう。まぁ「だから~?」だけど。

これで東京のベスト8は東3、西5。神奈川も2校出るときは最初から南北に分けるより、東京方式で一緒くたにすればいいのに・・・

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

30/4/15 慶應義塾Vs.白山

2018-04-15 21:44:52 | 2018春~秋
一昨日テレビが映らなくなるという大事件。慌ててすぐ買いに行ったが、ハイビジョンなどと張り込んだため7万円の出費。ところが昨日いつの間にか直っていた。塾高が甲子園で勝ち進んだと無理矢理自分に言い聞かせて諦める。

さて、白山とは2012年に等々力で対戦した記録が残っているが、ブログを読み返してもロクな内容でないので全く記憶にない。
本日は昨日までの雨のため12:00試合開始。平塚10:00は筆者にとっては厳しいのでとても助かる。
特筆すべき試合内容ではなかったがまぁこんなもんでしょう。
初回に2点取ったものの、2,3,4と無得点が続き、相手ピッチャーそんなにすごいの?とネット裏に行った途端にグランドスラム。
8回一死2,3塁、スクイズ!投球はワンバウンドとなり当然空振り。ところがキャッチャーも大きく前にはじき、ボールを拾ってホームに突っ込んできた3塁ランナーにタッチしようとしたが、タッチをかいくぐってホームイン。筆者はネット裏で見ていたので悠々セーフのタイミングだったが、応援席ではかなり盛り上がっていたらしい。スコアブックにはワイルドピッチをつけたものの、よくよく考えると記録上はホームスチールだね。

甲子園出場にかかる特別シ-ドと2校出場ということから、2試合勝っただけで一応北神奈川の第一シード。なんだか実感がない。
まぁ来週がヤマなんだろう。正直不利だとは思うが・・・
コメント
この記事をはてなブックマークに追加