Helios/Selene

宇宙のリズム、自然のリズム、自然の力を使って、健康で綺麗になるためのサロンです

全ての人がそうだとは思いませんが...。

2016-11-29 | 日記

「女性と言う生き物は、話を聞いて欲しい生き物なのだなぁ。」と

ここの所、ちょっと思っています。

 

自分には、あまりそのような事はないので

見ていると、ちょっと不思議な気持ちがしてきます。

 

私の考え方では

「言ってるだけじゃ何も変わらないし、変えたいなら動かないとね。」

と言う感じ。

ですが、大方は3年前と変わらない話をし続けている。

で、それが愚痴だったり、文句だったり。

 

変化のための行動をとらないと言うのなら

自分が納得しているのでしょうし...。

愚痴ったって何も変わらない。

 

聞いてる私(聞かせられる私)も

「いつまで同じことを言っているの?」

と言う反応になるだろうし。

「嫌ならやめれば」

と言ってしまうだろう。

 

すると、その反応を見て怒り出す始末。

 

じゃ、私に言ってくれるな。

 

 

コメント

蜘蛛の糸。

2016-11-27 | 日記

人は、自分の助けた人の腕にすがらない限り、天国に入ることはできない。

あなたが誰かを助けたことがないとしたなら、あなたが天国に入る望みははなはだ乏しい。

エドガーケイシーセンターから届いた、今日の珠玉のリーディングです。

カルマを抱え転生をして来た
新たな修行の場であるこの世。
どんな人にとっても試練はある。

その中にあり、
他者に対しての慈悲の心を持ち
行動できるか否か。

それが延いては、
転生の世を変えるための
導きとなったりするのかもしれない。

すると、今の自分は過去世の行いの結果。

来世がどうなるのか、転生の世が何処なのか。
はたまた解脱出来るのか...。

自分の行いのによると言う事なのでしょう。

情けは人の為ならず。

今日も楽しく、頑張りましょうー。

コメント

冥王星のせい?

2016-11-23 | 日記
と言うことが、過去にあった。
今から8年位前。

その時は、色々あったが
何とか今に至る道筋に移行出来た。
様々な方々にお世話になった。
本当に有難い事だと思っている。

で、今もまた冥王星が...。

今回も上手く移行出来たらとの思いで
行動したが、それは間違いだったようだ。

発展させる方向が逆だったらしい。
それは、松村先生にもハッキリと言われた。

そんな感じで悶々としている中で、
出逢えた方々に、今は助けられている感じ。

一回りも年齢が下の方々なのだが、
刺激になり、モチベーションアップにも。
そして、何より学びになります。
そして、もっと学びたい思いが
日に日に大きくなる。

大台を超えて約一年半。
気にしていないつもりだったのですが、
何か、保険をかけるような行動を
していたのかもしれません。

倒れる時には、前のめり!

やっぱりそれじゃ無いと駄目かも。
このままだと、腐って死んでしまいそうです。

あとは、先日のキーワードの如く。
知恵と勇気と行動力!
なのでしょうね。



コメント

今日のパスワーク...。

2016-11-22 | 日記
今日は「力」のカード。

何故か私は動物側
動物には動物のルールが有ります。
で、人間には人間の
そして、社会のルールが有ります。

それぞれが、それぞれのルールの中にいる。
だから、その枠組みを超えない様にしないと
問題が生じるのだと感じた。

原住民に服を与えた為に絶滅してしまった。
と言う話もあるようです。
相手のルールを知らずに踏み込むのは、
やっぱり良くないのだろう。

身近な人との関係も
もしかしたら、そうなのかもしれない。
思い込みは違うし、自分視点の思い遣りも
違うのかもしれない。

どんな関係であったとしても
必要な距離感はあるのだと思う。

相手との距離感。
間違っていないですか?
一度考えてみては如何でしょうか。

今日のパスワークで感じた事でした。

コメント

中空の竹

2016-11-21 | 日記
靈氣、霊気、レイキ、Reiki
様々ありますが...。

「中空の竹」

ボディーワークを学び始めた頃の自分は
「クライアント様の役に立ちたい。」
「お辛い所を癒したい。」
などと言う気持ちを持っていました。

学校の先生方からは
「施術は80%位でやる事。貴方は120%。頑張っているのかもしれないが、全力で行うのは、貴女自身にもクライアントにとっても良くない。何より、一生懸命過ぎである事を、クライアント様が気にされてしまう」
と、言われておりました。

が、その時の自分は、
「一生懸命、全身全霊、何が悪い」
みたいな気持ちもちょっと有り
分かってなかったんですよね。

が、その後「靈氣」を学んだり
他のボディーワーク、波動療法を学んだり
するなかで、驕りだと気付かされました。

ボディーワーカー、セラピストの役目は
「空中の竹」として存在すること。

必要な物、事は全て、既にそこにある。
問題が生じ受け取れなくなったのなら
そのお手伝いをするのみ。

自分が何とか出来るなんて、何て思い上がりか。

弁える事、身の丈を知る事。
とっても大事だなぁって思います。

「中空の竹」で有りたいと思います。

コメント