Mrヘルの緩~い生活

食べ歩き・ルアー釣り・旅・ベンツW463・アウトドア・音楽・カニンヘンダックス等の情報発信、勝手気ままなスローライフ

山福製菓(有)@薩摩芋タルト

2020-07-03 | 貢物&お土産
この日はこ~んなお土産を頂きましたよ~

















【山福製菓(有)@薩摩芋タルト/パッケージ】
じゃじゃ~ん!

こ~んな感じ・・・

<メーカーHPより>
薩摩芋タルト

鹿児島の薩摩芋をスイートポテトに練り上げクッキーの上に絞り洋風タルトに仕上げました。

賞味期限:40日

原材料名:さつま芋(国産)、砂糖、小麦粉、マーガリン、卵、白生あん、水あめ、加糖練乳、アーモンド、牛乳、クリーム(乳製品)、バター、ココアパウダー、準チョコレート/甘味料(トレハロース)、乳化剤、香料、クエン酸、着色料(カロテン)、(一部に小麦・卵・乳成分・大豆を含む)

アレルゲン:小麦・卵・乳成分・大豆

ザ・鹿児島県な西郷どんの写真がドド~ん!とパッケージに掲載されておりますよ~







【山福製菓(有)@薩摩芋タルト/パッケージの中】
じゃじゃ~ん!

こ~んな感じ・・・

パッケージを引き裂くとこ~んな感じの菓子折りが登場です!















【山福製菓(有)@薩摩芋タルト/菓子折りの中】
じゃじゃ~ん!

こ~んな感じ・・・

OPEN・ザ・蓋!

中には黄芋と紫芋の2種類のタルトが綺麗に並んだ24個・・・

<メーカーHP内のblogより>
勝海舟をして「幕末第1等の英主」と言わしめた薩摩の名君・島津斉彬は、進取の気風なモダン藩主であった。

独自の世界観を持ち西欧文化をいち早く輸入吸収しました。

そんな名君がこの味を食したなら、きっと満足したであろう薩摩芋タルト。時代の香りの中に優しい甘みを添えて...

とホームページ内にも記載されております。

薩摩芋タルトのもう1つの強みとして味はもちろんのことお菓子の賞を受賞しております。

最高賞でもある「名誉総裁賞」をいただいております!

第25回全国菓子博覧会名誉総裁賞受賞。

美味しくなった黄芋と紫芋の2種類のタルトの詰め合わせ。

リピーターも多く鹿児島のお土産の代表でもあります。

「名誉総裁賞」はなかなか受賞できるものではなく、モンドセレクション受賞の比ではありません。

審査基準もかなり厳しいものとなります。

審査基準は風味、色彩、表現、品格、衛生、市場性、そして一番は地域性となっており、地元のものを使ったものである、という事が評価にかかわっているようです。

そこには開発者、企業努力が想像できないほどあります。

お客様に少しでも満足していただくために向上することを欠かさず日々努力しております。

皆様の観光、旅行、お土産のお買い物の参考に少しでもなればと考えております!











【山福製菓(有)@薩摩芋タルト/個別梱包】
じゃじゃ~ん!

こ~んな感じ・・・

タルト1つ1つを丁寧に個別梱包されております!











【薩摩芋タルト喰らう】
個別梱包を引き裂いて・・・

中身を引き摺り出し・・・

ちょいとつまんで・・・

パックンチョ!

フムフム・・・

しっとりとしたお芋の風味がGood!

ドチラが好みかというと甲乙つけがたい・・・

というか黄芋と紫芋の味が主張していないというか・・・

あまり差を感じなかったなぁ~というのが正直な感想かなっ・・・

美味しいプレゼント感謝です!

この日も美味しく頂き・・・幸せでした!

山福製菓洋菓子(その他) / 鹿児島中央駅鹿児島中央駅前駅都通駅
昼総合点★★★☆☆ 3.2


コメント   この記事についてブログを書く
« revir of river... | トップ | NNiNE@ルーメナー2 迷... »
最新の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

貢物&お土産」カテゴリの最新記事