熱田高校サッカー部を勝手に応援しちゃうブログ

練習試合や公式戦の結果、活動予定等その他情報を掲載します。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

別離

2016年11月06日 21時33分14秒 | 日記
東邦高校4-0熱田高校。ベスト4進出ならず。

選手の皆さん、スタッフ、父母会、OB、熱田サポーターの皆さん、お疲れ様でした。
前半は0-0、応援の方からの情報では、熱田高校の方が、案外いいサッカーをしている、とのことでした。
しかし、後半先制を許したあとは、崩れてしまったようです。

なぜなのか?
昨年も、ベスト4を賭けた対愛工大名電戦、2点リードから4点取られての逆転負け。

なぜなのか?
失点すると、それまでの優勢が嘘のように浮き足立っていく。

なぜなのか?
毎年繰り返される光景。

なぜなのか?
全国大会に出場できないこと。

なぜなのか?
基本的テクニックが疎かなのか?技術論。
メンタルが、熱田魂が足りないのか?精神論。

なぜなのか?
なぜなんだろうか?

答えに辿り着くのは何時のことだろう。

たった一つの答え。
未来永劫、熱田高校サッカー部を応援し続けること。
ガンバレ!熱田高校イレブン!

息子が3年間熱田高校サッカー部にお世話になり、大学でもサッカーを続け、先日、最後の公式戦で引退。そして就職内定。
やっと、肩の荷がおりた気がします。

再び、管理人が好きなこの詩の引用を以て、このブログを締めくくりたいと思います。

-今日記憶の旗が落ちて、
 大きな川のやうに、
 私は人と訣れよう。
 ・・・
 僕は、さあ僕よ。
 僕は遠い旅に出ようね。-
 (三好達治「Enfance finie」)




コメント (5)

挑戦

2016年10月29日 22時28分30秒 | 日記
皆さん、こんばんわ。

プロ野球日本シリーズも、日本ハムの10年振りの日本一で幕を閉じました。「野球は2アウトから」を地で行くような、日ハムのビックイニングが勝負を決定付けました。
広島も、「神ってる」怒涛の進撃でセ・リーグを制し、「カープ女子」をはじめとしたマツダスタジアムの大きな声援を受けながら、素晴らしい試合をしたと思います。両チームの選手たちに、ありがとうと言わせてください。

そして、熱田高校サッカー部、ベスト8進出!
管理人は、今日こそ応援に行かせてもらおうと思いましたが、申し訳ありません、野暮用で参戦することができませんでした。
ツイッターで時々確認していたところ、先制、追加点、失点、同点、延長戦、決勝点と目まぐるしい展開の様子、ハラハラし通しでしたが、勝つことができてホッとしました。

しかし、今年の選手権県大会は、強豪校が意外に苦戦していますね。今日は、同朋高校が、プリンスリーグの東海学園高校を喰ってしまったり、結構、面白い大会になっているようです。

東邦高校、熱田高校、岡崎城西高校、中京大中京高校、同朋高校、名経大高蔵高校、愛工大名電高校、刈谷高校・・・。
まあ、概ね出てくることが出揃ったといった感じでしょうか。熱田高校も、なんだかんだと言われながらも、しっかりベスト8まで残ってきました。

いよいよ準々決勝。熱田高校は東邦高校が相手です。
高校野球でも、準々決勝が一番おもしろいと言われています。この顔ぶれならば、きっと各地で好勝負が展開されるでしょう。来週が楽しみですね・・・。
・・・でも、実は、来週も応援に行くことができないのです。今年の選手権県大会はまだ1度も熱田高校の応援ができていないのです。来週もぜひ勝って、瑞穂で応援させてください!

相手は、とてつもなく強いと思います。でも、同朋高校が東海学園高校に勝ったのですから、何が起こっても不思議ではありません。
選手の皆さんは決して臆することなく、全力でぶつかってほしい。
冒頭で、「野球は2アウトから」と書きましたが、終了の笛が鳴るまで最後までボールを追いかけること。そして、こういう時こそ、ラッキーボーイ、「神ってる」選手が出現すれば最高です。相手を圧するような大きな声援が一番必要です。色々なプラスの要素がコラボレーションすることによって、初めて大きな仕事ができるのではないでしょうか。

また精神論か、とお叱りを受けそうですが、技術論だけでは語れないからジャイアントキリングが起きるのではないかと確信しています。

I CAN!絶対諦めない、ファイト!
ガンバレ!熱田高校イレブン!


「ピコ太郎」と「モノタロウ」の区別がつかず、「ペンパイナッポーアッポーペン」の面白さが全く理解できない管理人でした。





コメント (4)

希望

2016年10月22日 21時44分10秒 | 日記
みなさん、こんばんわ。
ようやく秋らしくなり、朝晩すっかり涼しくなりましたが、体調を崩された方はいませんか。
管理人は、先週土曜日の講演会の講師を何とか乗り切って気が抜けたのか、日曜日から風邪気味になり、火曜日には微熱があり、咳は出るわ、鼻水は垂れるわで散々な一週間を過ごしました。

今日はやっと体調も回復したので、決戦の地、豊田スタジアムへ向かいました。
・・・ってそっちかい!・・・申し訳ありません。
結果はご存知のとおり、1-1のドロー。ジュビロは今日負けると、グランと勝ち点で並び、得失点差で抜かれるところでしたが、何とか踏み止まりました。アウェイでのドローは御の字とも思えますが、あと2試合、本当に負けられない試合が続きます。気が抜けないのはグランも同様です。お互い、残留目指して、頑張ってほしいですね。
フォルツァ!ジュビロ!



・・・あれ?これで終わり?

そうそう、失礼しました。
我らが熱田高校サッカー部は、本日、ホームに長久手高校を迎え、後半に何れもヘディングシュートによる得点で2-0で勝ち、ベスト16へ駒を進めました!。
最近、掲示板が停止されており、ほとんど情報が入ってきませんでしたが、先ほど協会HPの結果を見ましたら、1部リーグの三好高校が西尾高校に敗れ、来週の熱田高校の相手は、西尾高校になりました。
これまで西尾高校との対戦はほとんどないかもしれませんが、三好高校に勝った勢いで、気分よくぶつかってくるでしょうから、かなり手強いでしょう。
しかし、熱田高校も、爆発的な得点力はないかもしれませんが、2試合連続無失点であり、守備の安定感が窺われそうですから、まずは、しっかりと守備から入り、ワンチャンスを狙っていくような、堅実な戦い方ができれば、大丈夫な気がします。
ここは、一層、気を引き締め、今後の一週間フィジカル面、メンタル面を高めていけば、まずはベスト8、さらにその先への希望の光が見えてくるでしょう。

来週は、管理人も、エコパスタジアム・・・おっと、豊川会場へ参戦するつもりでいます。
多くの方の応援をお願いいたします!

フォルツァ!ジュビロ!
・・・じゃなくて、

ガンバレ!熱田高校イレブン!

ジュビロのJ2降格の「ぼんやりとした不安」を抱え、悶々としているチキン管理人でした。
コメント (2)

安堵

2016年10月15日 22時05分41秒 | 日記
みなさん、こんばんわ。
いよいよ始まりましたね、選手権県大会。やっと、秋らしい、抜けるような青空の下、各地で熱戦の火蓋が切られました。

熱田高校は、本日の対愛知工業高校戦が初戦。
今日、何と、管理人は、150人ほど集まったある会合に呼ばれ、柄にもなく、講演会の講師を仰せつかったため、応援に行くことができませんでした・・・。
後ろ髪引かれる思いで、講演会場に向かい、汗だくで1時間ほど喋ったおかげで、グダグダに疲れ果てて家路につこうとしたところ、我が女房殿が名古屋高校会場に出掛けており、2-0で熱田高校が勝った、との速報が入りました。

・・・とりあえず、ホッとしました。
インハイ初戦負け、リーグ戦最下位・2部降格、リーグ戦最終戦の大敗。
悪い流れを引きずってはいやしないかと、気が気ではありませんでしたが、わずかながら、いい方向に向かっているような、ある種の希望が湧いてきました。
女房殿の素人なりの話によれば、「個人技は良かったし、ポン蹴りサッカーじゃなかったわ。」との名(迷)解説でした?。観戦された方で、もっと的確で、分かりやすい試合模様を書き込んでいただければ、幸いです。
(・・・「バチン!」・・・目の前で火花が散ったため、振り返ったところ、女房殿の両眼には、星飛雄馬も顔負けの、地獄の猛火が燃え盛っていたのを、私は見逃さなかった。)

犬も食わない何とやらは措いといて、来週は対長久手高校戦、場所はホーム熱田高校。
これ以上にない盛り上がりを見せてくれるのではないでしょうか。たくさんの応援をピッチに送ろうではありませんか。皆さん、よろしくお願いいたします。
・・・でも、実は、管理人は、迷っているんです。
来週土曜日は、ジュビロ磐田も、豊田スタジアムでグランパスとの決戦なんです。
熱田高校で応援して、豊スタまで駆け付けるのは、ちょっと厳しいかなぁ・・・。
私はどうすればいいでしょうか。
考えるまでもありません。この応援ブログの管理人だから決まっているではありませんか。当然、ジュ・・・(炎上)

何はともあれ、初戦を突破した余勢を駆って、次戦も熱田高校らしい、最後まで諦めないサッカーを貫き、悔いのない戦いをしてほしいと思います。

ガンバレ!熱田高校イレブン!

「学生街の喫茶店」で「片隅で聞いていたボブ・ディラン」という歌詞しか知らない管理人でした。

コメント (1)

それぞれの戦い

2016年10月02日 19時58分25秒 | 日記
 10月に入ったというのに、気持ちの良い秋空が見られませんね。
 今週も台風が接近する可能性があり、まだまだ「天高く馬肥ゆる秋」とはいかないようです。

 さて、熱田高校サッカー部です。
 インハイ初戦敗退の屈辱のあと、皆さまから厳しい意見、温かい意見等もあり、いろいろ考えさせられました。熱田高校サッカー部はどこへ行ってしまうのか。このまま、愛知県高校サッカー界から忘れられた存在となってしまうのか・・・。

 いや、そのようなネガティブな考えではいけませんね。確かに、1部リーグ戦は、降格確実のようですが、新チームになってからは、前半戦の大敗の連続から、幾分持ち直して、いい勝負ができているようにも見えますし、夏の合宿や日々の練習を通じて、きっと選手やスタッフの皆さんは、汚名返上に燃えていると信じています。
 10月15日からの選手権県大会が始まります。順当にいけばベスト8で東邦戦か・・・、なんて今の熱田高校では、とても言えるような立場ではありません。
 私立強豪校には歯が立たず、公立でも「赤ダスキ」の後塵を拝している現状では、「全国大会に出場した古豪」、「公立の雄」なんて、もはや過去の遺物であり、きれいに捨て去るべきです。呪縛から解き放たれるべきです。目の前の試合に、一つ一つ全力で当たるしかないでしょう。普通の高校の部活サッカーなんですもの。

 ガンバレ!熱田高校イレブン!

 そして、我がジュビロ磐田。ホームで下位チームとの2連戦に1分1敗と、とうとう、残留争いに両足どころか、両手、いや喉元まで浸かってしまいました。ケガ人続出、指揮官と選手間の意思疎通が上手くいっていないように見える等、ちょっと危機的な状況ですね。次節は、監督が替わり、トゥーリオが復活して尻上がりに勢いを取り戻し、降格圏を脱出した名古屋グランパス・・・。
 こちらも、レジェンド、かつての栄光なんてかなぐり捨て、残留に向けてプロフェッショナル魂を発揮し、チーム、サポーター一丸となって闘っていこうではありませんか。

 それぞれの戦い。
 負けられない戦い。
 大勝負の秋。

 「おのおの、抜かりなく。」
コメント (2)