山形県酒田市 マリッジリング・アイウェアの専門店 平和堂のスタッフブログ

山形県酒田市に店を構える創業60周年の老舗アイウェア&ジュエリー専門店。取扱ブランド;ファースアファース・フライなど。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

フィッティングについて

2012-01-23 06:33:54 | いまさら聞けない眼鏡の基本
おはようございます。平和堂の池田です。

今日は眼鏡屋さんらしく、フィッティングついて書きましょう!




フィッティングとは、釣り竿、釣り糸、釣り針などの道具を使って、魚介類などの生物を採捕する行為、方法のことである。






・・・おっと!間違えた!!

フィッティングとは、温風ヒーター・ヤットコなどの道具を使って、眼鏡(既製品)を所有者の顔に合わせて形状を変える行為、方法のことである。




日本語で言うと『調整』ですな。



『調整』って言ったほうがわかりやすいじゃん!とお思いになられる方もいらっしゃるかと思いますが、



ソコは、眼鏡屋のロマンなのです。



・・・英語で言うとなんかちょっとカッコいいじゃないですか。

『メガネ』をわざわざ『アイウェア』って言うのもおんなじ原理ですね。





・・・て、話が若干ソレちゃいましたが、

フィッティングは、非常に重要な要素であり、

基本的に眼鏡を作成する際、必ず行なってる行為であります。




ヤットコ兄弟たちに、(もっといっぱい居ます。)


温風ヒー太君。(一人っ子です。)


この子たちを使って、

お顔の幅や、耳の位置、鼻の高さ、傾斜、目の位置などを考慮しながら、

広げたり、縮めたり、曲げたり、場合によっては、切ったり削ったりまでします。




実際、

眼鏡を選ぶ際に、

『この眼鏡、なんか掛けづらいなぁ・・・』

なんて思ったとしても、だいたいの眼鏡はお顔に合わせて、違和感のない掛け心地にすることが可能です。



気に入った眼鏡の掛け心地があまりよくなかったら、諦めずにスタッフに聞いてみてくださいね!





また、フィッティングは、眼鏡従事者の技術的スキルが試される最重要ポイントとも言えます。


・・・正直、眼鏡屋さんやスタッフによって、かなりスキルに差があります。

『購入した眼鏡を2~3回調整してもらっても、掛け心地が良くならない』

って場合は、諦めて別の眼鏡屋さんに持っていきましょう。


ズバッと解決してくれるかもしれませんから。


その他、

ズレ落ちる

長時間かけてると痛くなる

フカフカする

パタパタする

グラグラする



などなど、

眼鏡に対するお悩みがある方!

他社さんで買った眼鏡でも大歓迎ですので、

平和堂まで持ってきて、ご相談くださいね^^



てなわけで、今日も一日がんばりましょー!!
コメント

~いまさら聞けない眼鏡の基本 サイズ編~

2011-04-25 08:00:00 | いまさら聞けない眼鏡の基本
おはようございます。平和堂の池田です。

本日は、

“いまさら聞けない眼鏡の基本”ということで、

眼鏡のサイズを解き明かしたいと思います。



このブログでアイウェアのご紹介のたびに記載しているsize表記。

考えてみれば、

“この表記がどこのサイズを表しているのか”

という肝心の説明をしてなかったのです。




本末転倒とは、まさにこのことでございますね!




というわけで、こちらの図を作成しました。






どうでしょう。

サイズ表記についてご理解していただけたと思います。



…が、

せっかくなので、各サイズごとに補足説明をさせていただきますね。



眼鏡は、おおまかに

『レンズ / ブリッジ / テンプル / フロント / 天地』

の5つのサイズで大きさを表します。

順番に説明していきましょう。



1.レンズ幅・・・ボクの愛用している眼鏡のレンズ幅は53mmです。


2.ブリッジ幅・・・ブリッジは、日本語でいうと“橋”という意味です。


3.テンプル幅・・・短いのが子供用です。


4.フロント幅・・・“大きいに越したことはない理論”は、ここでは通用しません。


5.天地幅・・・この幅が広いと、稀に『塩沢トキみたいだね。』って言われます。








……補足でございました。







今日も一日がんばりましょう!
コメント (2)

~いまさら聞けない眼鏡の基本 パーツ編~

2011-04-22 05:58:39 | いまさら聞けない眼鏡の基本
おはようございます。平和堂の池田です。

本日は、

“いまさら聞けない眼鏡の基本”ということで、

フレームのパーツ【部位】についてご紹介しますよぉ~☆


まずはこちらの図をご覧くださいね。

※この図を作るのに一苦労しましたよ。



見たまんまなので説明なんて不要でしょうが、

せっかくなので、各パーツごとに補足説明をさせていただきますね。



眼鏡には、おおまかに

『蝶番 / リム / クリングス / 鼻パッド / ブリッジ / レンズ / 智 / テンプル / モダン』

の9つのパーツに分れています。

順番に説明していきましょう。


1.蝶番・・・眼鏡のフロントとテンプルをつなぐ部位。
よく運動する部分なので筋肉が多く、脂がのって風味がよいのが特徴で、炒め物などにするとおいしいです。


2.リム・・・レンズを支える役割の部位。この部位が全くない種を『フチなし(リムレス)』、下半分を落としてすっきりさせた種を『ナイロール』と言います。
やや硬いので、カレーなどの煮込み系料理に適しています。


3.クリングス・・・リムと鼻パッドの接合部。主にメタル種に存在する部位です。この部分で、鼻にフィットさせる為の調整がなされます。
やわらかくも弾力のある歯ごたえで、新鮮なものなら刺身としても提供されます。


4.鼻パッド・・・直接鼻に当たる部位です。セル種には、リムから直接伸びていることが多いです。
主に脂肪で出来ており、直接食べることはあまりないです。


5.ブリッジ・・・レンズをつなぐ架け橋的存在。
一枚からひとつしか取れない高級部位です。ステーキがお勧め。


6.レンズ・・・販売時は、ダミーレンズが入ってます。加工品。


7.智・・・蝶番を守る鎧的部位。各ブランドごとに形状が異なります。
非常に硬い肉ですが、味は濃厚で深みがあります。煮込み料理に最適です。



8.テンプル・・・デザイン性・掛け心地の基点として眼鏡の腕となる部位。
きめ細かくやわらかいのが特徴です。しゃぶしゃぶ、すき焼きなどで味わってください。


9.モダン・・・『先セル』とも呼ばれる直接耳に触れる部位。
比較的淡白で脂が少ないですが、やわらかく食べやすいです。ステーキ、ローストなどでお召し上がりください。






さて、今日はどの部位にしようかしらっ!!







今日も一日がんばりましょう!






コメント