平方録

身辺をつれずれに

米沢ABCの真打ち登場!

2016-01-31 03:53:39 | 日記
前夜に降り積もった雪を重ねても積雪が30センチ前後しかなく、例年の3分の1か4分の1だという米沢の2日目は米沢城本丸跡に建てられた上杉神社からスタートした。
城跡も神社境内も、雪景色の中ではひときわ厳かに感じられるから、寒さは感じるものの印象としては悪くない。
謙信公にしても鷹山公にしても、その銅像に雪をまとっているのだから、見た目はよほど良いはずである。

神社からさほど離れていない所にある上杉家歴代藩主の墓所を訪ねる。
ここも雪をまとった杉木立の中に謙信公を筆頭に歴代12代の藩主と鷹山公の19歳で亡くなった世子を加えた13の廟が整然と並んでいて、上杉ファン、歴史好きにとっては必見の場所の一つである。

今回の旅の目的は去年の同じ時期にルーツを調べにやってきて、合間に食べた米沢牛のスキヤキの美味しさに、来年はぜひ妻を連れてきてあげようと神輿を挙げたわけで、グルメツアーなのである。

米沢郊外の小野川温泉には温泉の熱を利用して栽培している「豆モヤシ」という、長さ15センチもある針金のように細くて、なおかつシャキシャキと絶妙な食感を持つモヤシがあって、これの入ったラーメンを食べに行く。
例年だと7、8人は入れるかまくらが並び、その中でラーメンをすするのもオツなんだそうだが、建っていたのは雪不足で1つだけ。それも強度不足なのか使用不能状態だった。
かまくらの中と違って店内では地酒がにっこりと微笑みかけ、隣の豆腐店が作る薄緑色の冷奴もあり、この微笑みと手招きに素直に応じたのだから昼飯から実に良い気分である。

林泉寺にある直江兼続の墓所も訪ねたが、奥方のお船さんと同じサイズの墓石を仲良く並べた珍しい墓だった。
兜に「愛」を文字を掲げた型破りの武将の面目躍如といったところか。

夜は今回の旅の目的、米沢牛のスキヤキを城跡に建つ上杉伯爵邸の座敷で食べる。
昨夜は米沢名物ABCのうちのC、つまり鯉料理を堪能したが、今夜は待望のB。つまりビーフ、米沢牛の登場である。
プロレスでいえば、本日の、いや、今回のメーンエベント!

1年ぶりの米沢牛の美味しさは改めて書くまでもないだろう。何よりも、食べ物に関しては味を描ききれる表現力も持ち合わせていないんである。
建物の豪華さと落ち着き、部屋から眺める雪景色などなど、この夜のすべてが味を引き立ててくれた。おかげで、肉の追加までする豪勢さだったということだけ書き添えておこう。

ところで積雪の少なさ、地元の人に暮らしやすさから見れば結構じゃあないですか?と尋ねたら、確かにそういう部分もあるが、建設会社や除雪作業に従事して生計を立てている人が案外大勢いて、その人たちが悲鳴をあげているんだそうな。
なるほど、一つの歯車が狂うとそれに影響される人が必ず出てくるということですかね。
ここでは、雪は大いに積もるべし、の存在らしい。





上杉神社と上杉伯爵邸



上杉家歴代藩主の墓所


小野川温泉の豆モヤシラーメン。さっぱりしたしょうゆ味で細くて縮れた麺とモヤシの食感が絶妙。



甘さを感じさせる冷奴と地酒。


直江兼続夫妻の墓所。





米沢牛のスキヤキと伯爵邸の玄関。





コメント

鶴の恩返しの里

2016-01-30 04:12:35 | 日記
むがしあったけずまなあ

機織川のほとり ここ新山さ 金蔵ていう正直ものぁいだっけど
いつだったか 宮内のまちがら商いの帰りみち
別所前あたりで 腕白やろこめら 大きな鶴一羽いじめったけど
金蔵 もございがって 財布はだいて その鶴助けだんだど

この「鶴の恩返し」の民話が生まれた山形県南陽市を訪ねた。
「夕鶴の里 資料館・語り部の館」という瀟洒な建物があり、ボランティアの語り部が昔ながらに物語を語ってくれるそうで、地元に伝わる民話を大切にし、広く伝えようという意思を感じさせる。
せっかくだったが語り部は頼まず、人形を使った映像で見て聞いたのだが、改めて見返してみると現代人が忘れてしまったような、心にしみじみ染み透る話に引き込まれてしまった。
帰りがけに、ここで編纂した民話集を買ってしまったほどである。

この物語に登場する金蔵は「機織りをしているところを覗かないでくださいね」という約束を破ってしまったばかりに、鶴に去られてしまうのだが、助けてもらったお礼に鶴が織った布は人手を経て再び金蔵のところに戻り、金蔵は出家する。
その珍しい布を納め、金蔵が出家した先が「鶴布山 珍蔵寺」。名前そのものが民話に由来したものになっている曹洞宗の禅寺で、室町時代の創建であるという。
雪深いことで知られる地方だが、例年の3分の1か4分の1しか積雪はないとはいえ、境内はひざ下までズボリとはまってしまうほどの雪の量である。
本堂に掲げられた「鶴布山」の額がやたら印象的であった。

ここから上杉鷹山で知られる米沢はすぐ隣である。
鷹山公と雪深さを除けばABCが有名だという。
Aはアップル、Bはビーフ、Cがカープ。そのCを食べに行ってみた。

付き出しから凝っていて、コイせんべいにコイボーン、ボーンは言わずもがなの骨、これは山形が産んだイタリアンの名シェフ奥山某の監修だという。そして卵を散らした吹き寄せ。
メーンに移って鯉こく、あらい、塩焼き、鯉節、薄造り、うま煮、鱗せんべいーというフルコース。

鯉を正面切って口にするのは初めてだが、偏見は消えましたな。
白味噌のみを使った鯉こくは上品でコクのある西洋料理のスープを思わせ、薄造りはふぐ刺しを連想させるほどに見た目も美しく、味も鯉の刺身とはこういう味なのかと知れるほどに脂もそこそこに乗って、「へ~」「ほ~」の連続でありました。

このほかにも、個人的には去年から続くルーツに関する事柄で、これについてはいつか改めて書くことになると思うが、事実は小説よりも奇なりーを地で行く劇的な展開を見せつつあるのだ。
不思議な空間に足を踏み入れた思いである。





「鶴布山」の金色の文字の額が印象的な珍蔵寺


鯉こく


あらい


珍しい塩焼き


薄造り


うま煮
コメント

小天狗の舞

2016-01-04 04:15:21 | 日記
小1の姫に生後2か月の妹君、生後10か月の若君が待ちかまえるところに小5、小3、幼稚園年長組のダンゴ3兄弟がやってきた。
カウボーイハットを目深にかぶり、くわえたばこで馬にまたがって辺りを睥睨しながら、ゆっくり静かに近づいてきたんである。んな分けないか。
モノレールに乗って、リュックを担いでやってきたんである。

3兄弟を部屋の中にじっとさせておくことは不可能で、おやつと水分の補給をさせた後、ポカポカ陽気の中、近所の公園にサッカーボールを持って出掛ける。

さすがに男の子の動きはダイナミックというか、公園に着くなりボールを蹴飛ばして砂埃を巻きあげながら、疾走する。
あんな動きはちょっと無理だなと思いつつ、最初はキーパーなんぞを務めていたが、何せ昔取った杵柄がうずき出し、少しは片りんをのぞかせて溜飲を下げるようなまねをして、大人げないことであった。
最初のうちこそもじもじして縄跳びをしていた姫も、学校ではリレー選手に選ばれるほどの脚力の持ち主で、「どろけい」ならやってもいいという言葉に3兄弟も同意し、たかが鬼ごっこではないかと、これにジイジも加わったのである。

しかし、有利なのは歩幅の広さだけ。直線ならある程度太刀打ちできても木の枝の下をくぐり、うねうねと広がる根っこの上を巧みに伝い、柵を飛び越えて逃げ回るちびっこギャングどもを捕まえるのは至難の業と、すぐに知らされた。
彼らの若くて柔軟な筋肉と関節の動きに、68年目になる筋肉は柔軟さを欠いて硬く、伸び縮みも容易ではない。おまけに関節がぎこちなくなっているのだから、ダッシュも小回りも利かないのである。

木々の根っこの密集したところに逃げ込まれたら、躓いて転ばないように走るのが精いっぱいで、追跡どころではない。
その間に低いながらも柵などあって、軽々と飛び越えていくギャングたちをしり目に、これを激走中に飛び越えるのも一苦労である。走るのと跳ぶのでは筋肉の使い方、動かし方が違うのである。瞬時の切り替えがスムーズにはいかないのだ。
まったく小天狗と言ってよいくらい、小憎らしいほど身軽に飛び回られ、おのれの肉体の衰えを嘆く余裕もあらばこそ、息も絶え絶えとなり、このまま昇天してしまうのではないかと思えるほどの苦しさである。
その気になって追いかける時間はたかだか3分にも満たないんだろうが、これを何回か繰り返し、肉離れもアキレスけんの断裂も起こさず無事だったのは、幸運だったというほかない。
I
感心だったのは姫で、さすがに小5のパワーにはかなわなかったが、お兄ちゃんの小3と幼稚園児は持ち前のスピードで何度も捕まえて鼻高々であった。御転婆なのである。



年末に山形の友人が送ってくれた「啓翁桜」が満開を迎え、春を告げてくれている。


コメント

春を迎える

2016-01-03 04:12:16 | 日記
この時期にピッタリの漢詩がある。


迎春  清・袁枚

迎春莫怪春難見  春を迎えて 春の見難きを怪しむることなかれ
好処従来過後知  好きところ 従来 過ぎて後に知る
隔歳梅花報芳信  歳をへだてて 梅花 芳信を報じ
倚門楊柳望帰期  門によりて 楊柳 帰る期を望む
無辺暖漏声声促  無辺の暖漏 声声に促し
有脚青旗歩歩移  有脚の青旗 歩歩に移る
料得東皇非長吏  はかり得たり 東皇は長吏にあらざるを
不応嫌我出郊遅  まさに 我が郊を出ずるの遅きを嫌うべからず

新年を迎えたが 春がどこに来たかと怪しむことはない
良い時期は 過ぎ去ってから気付くもの
年を越えて 梅の花は咲いた頼りを知らせ 
門に寄りかかり ヤナギは帰る人を待ち望む
無限に時を刻む漏刻は 音とともに時間をせかし
春帝の目印である青い旗が 一歩ずつ進んでくる
ようやく分かった 春の神はお役人さまではない
わが郊外を出るのが遅いからと言って疎んじてはいけない 

春を待ちわびているのだが、そう簡単にはやって来てくれない。そういう季節の歩みの微妙な機微を詠んだ詩である。
しかし、春は一歩一歩、着実に近づいてくる。
わが家の庭では、去年師走に鉢植えから地面に下ろしたバラの苗に新芽が吹きかけてきているのを見つけたのも、その印。
霜に当たって傷まないよう、不織布を巻いておいたが、こうした作業は楽しいものである。

昨日、姫が妹君と一緒に両親に連れられてやってきた。
飛び跳ねるように動き回り、大きな声をだし、相変わらず元気いっぱいである。
車で送ってきた亭主は用事があるからと言ってさっさと実家へ戻って行き、夕方には近所に住む長女と若君もやってきて、こちらも亭主は仕事だそうで、昔のわが家に戻ったうえに、孫が3人加わって、華やいだ夕餉になった。

7歳になったばかりの小1の姫は生後2カ月過ぎたばかりの妹君を抱き抱えてあやしたり、10か月のまだハイハイまでしかできない若君を抱き抱えて頬ずりしたりして可愛がっている姿を見ると、ついこの前まで自分がされていたことを、いかにもお姉さんぶってやっているところがおかしいし、女の子というのは、かくも母性に溢れているものかと感心してしまう。

生まれた直後から姉君にちょっかいを出し続けられて育つ妹君は、少々のことには煩わされず、気にもしない、おそらく随分と図太く育っていくことだろう。
目が大きくてぱっちりと見開いていて、美人顔ではないかと思っている。
目が合うと、こちらの顔をマジマジと見つめるのだが、その眼に宿るものは「初めて見る顔だな~。誰よこの人」という怪訝そうな光である。

若君は時々むずかるものの、大暴れすることもなく、いつもニコニコしていて大人しい。
未熟児で生まれてきて、いまだに同年齢の子と比べると小さいらしいが、かのスーパースター長嶋茂雄も小学生までは「ちびちゃん、ちびちゃん」と呼ばれていたくらい小さかったそうだから、まずスーパースターへの条件を少なくとも一つ備えているというところが、頼もしいではないか。


立や年既に白髪のみどり子ぞ  吉川五明

(還暦の年の作で、数え年61で再び赤ん坊に還るときは、もう白髪の生えた赤ちゃんさ、という句である)

もうひとつ。

寄る計(ばかり)引く事のない年の浪  武玉川

(「寄る」は年寄りの「寄る」で、波なら寄せては返すが、寄る年波には寄せる波ばかりで、返す波がないのである)

2句ともわが身を代弁してくれていて、妙である。



わが家のベランダで夏前から咲きつづけているサルビアとキンレンカ。霜に当てさえしなければ、この先も咲きつづけてくれるだろうか。
コメント

初詣

2016-01-02 04:18:32 | 日記
穏やかな元日だった。

近所の神社で初詣を済ませた後、バスに乗って鶴岡八幡宮まで出かけたが、3が日は市内中心部への車の乗り入れはバスとタクシーを除いて禁止されているから交通渋滞はゼロ。15分もかからず、あっという間に到着するのが好都合である。
鎌倉市民の大多数が車両乗り入れ禁止の良さを実感するところなのだが、3が日に限定せず、年に何回か導入すれば観光客の皆さんにも街をゆったり散策してもらえるのにと思うのだが、なかなかそうはいかず、観光シーズンともなると身動きが取れなくなるのが、現世利益のみに狂奔する浮世の実相なのである。

11時前に“鶴ッパチ”の境内に到着したので、参拝待ちの行列は境内の半分程度までしか伸びていなかったが、それでも本殿前まで進むのに45分もかかってしまった。
天気が良いと善男善女の出足は良いのだ。

ここから長谷に回って長谷観音に詣でた後、権五郎神社の境内を抜け、極楽寺にもお参りし、月影地蔵の脇から照葉樹と広葉樹の生い茂る尾根筋に分け入って鎌倉山へと抜けて帰ってきた。
空はどこまでも青く透き通って明るく、風も無し。一足早く「光の春」を実感させる気持ちの良い1日だった。
この日来客は無く、夫婦2人の静かな正月で、何と夜は冷凍の餃子とビールにワインという破調である。

そして今日2日から7日まで、小1の姫が遊びにやってくる。
3日までの二日間は10月に生まれたばかりの妹君も一緒だが、その後、姫は1人で残るのである。
この間、3日の日にはやはり今年2月に生まれた若君とはとこのダンゴ3兄弟が同時に集まることになっていて、どうなることか想像がつかないが、こいつは春から何とやら…で、じいじとしては盆と正月が一緒にやってくるようなものである。

さて、今年の参院選から投票権年齢が引き下げられ、満18歳から選挙権が与えられるようになった。
新聞も読まないとされる若者たちが何をよりどころに投票先を選択するのか興味があるが、既に20歳を過ぎていたって新聞は読まれていないし、政治なんぞに関心がないのか、投票率が極端に低いのもこれまでの傾向である。
もっとも、政権にピッタリ寄り添って代弁者のような紙面を作っている新聞もあるので、どの新聞でも良いわけではないが、少なくとも、政権に批判的な記事を載せている新聞を信用すべきだと、アドバイスしたい。

戦争法案の審議過程で大学生を中心に高校生も大勢混じって反対の声を上げていたのを心強く思ったが、果たしてどんな投票行動を見せるのか、興味津々ではある。
高校時代以降のわが身を振り返ってみれば、政権与党と聞くだけで諸悪の根源だと思っていたから、権力に対しては常に敵のような目線を送り続け、それは今日に至るまで変わらない批判の対象としての存在なのだが、“今どき”の若者はどうなんだろう。

小選挙区制度の悪い一面で、ちょっと有権者の振れ幅が大きくなるとオセロのように白と黒とがあっという間にひっくり返り、その差が歴然とするから現在のアベなんちゃら政権のように、憲法をまったく無視してはばからない横暴な政権が誕生してしまう。
戦争法案に反対の立場を表明して行動に出た高校生と大学生たちは「僕たちは戦争なんかしたくない」という明白な意思を持っていた。
その通りで、元旦のブログにも書いたが、今年最大の懸念は参院での3分の2の議席を改憲勢力に与えてしまい、憲法改正の道を突っ走られることなのである。

よもやそういうことにならないように、真っ先に鉄砲を担がなければいけなくなる若い人たちに、権力側の言うことなど絶対に信用するんじゃぁないぞ、耳触りが良ければよいほど気をつけろ、と言いたいのである。




まず、近所の氏神様へ初詣。


鶴岡八幡宮では45分待たされた。


長谷寺から眺めた鎌倉の街と海


長谷寺の「黒光」という名の真紅のボケ。これがホントのピンボケ。


コメント