緒方鍼灸院 【脉泉堂】 有田町の自然 平六のワンダー

「目で見て、手で触り、音を聞き、温度を感じ、においを嗅ぐ」体験は「知識として知ってる」ことよりはるかに重要だと信じます。

野うさぎが活発に走り回る天山 ・・・・・ 寒さが緩んで

2009-12-23 15:22:56 | 天山・彦岳
晴田小学校川内分校跡まで今日は車で行けました。
3日前の日曜日は雪が 降り続き、晴田小学校川内分校跡まで車で登れず、手前から
歩いて天山へ登りましたが、今日はなんとかたどり着けました。ここからは歩いていかないと途中
凍りついた 場所 があるんで歩いたほうが良いと思います。
雪は降ってません、心弾ませ 8:00歩き始めました。

滑らないよう、気を付けて、気を付けて

雪は降ってません、その分寒さが気持ちよく

沢の向こうは小城市の町が・・・・

天山上宮駐車場に近くなると車のタイヤの跡も少なくなって

最終カーブの場所ではまったく車のタイヤの跡は無くなりました

上宮駐車場への上り坂は落ち葉が道案内してくれてます



やはり少し雪の量は減っていました

頂上は天気が良さそうです

駐車場には何やら人間ではない足跡が・・・柵の向こうから始まっている・・

青空に雪が映え、とってもきれいです

鳥居の上には積っていません

池は凍っていますが、生凍り程度でした、シャーベット的凍り方です

天山への山道には何かの動物の足跡がありますが誰だろう?

天山山頂が青空の中にくっきりと見え始めました

あめ山の山頂もきれいに見えます

笹林は雪に埋もれ、動物の足跡があっちからこっちから走り回っています

犯人は野うさぎさんです。 あっち行ったり、こっちへ来たり





さるきの会の皆さんが新しい標識板を立てられたようです

天山、あめ山への分岐ポイントも晴れてさわやかです

天山目指して登り始めました
3分の2程登り、後100m程の所まで来て、ズボッ 雪の下の水たまり
の中に足を突っ込んでしまいました
やばいと思って次の足を踏んだらそこもまた水たまり で ズボッ、ズボッ
で、ぐっちょりになってしまいました
同時に周りが何やら急に暗くなり、小雨が降り出し・・・

さっきまで見えていた山頂はまったく見えなくなりました

ヤーメタ! 今日は山頂あきらめ、引き返すことにしました
すたこらサッサ、帰りは急ぎ足で
アレー? こんなとこに 雪のカマクラあったかな 登りの時には気づき
ませんでした

途中、ふゆいちごを見つけ、はいしゃくしました

楽しい 4時間でした 今年も後わずかになりました
今年はいろんなことありました。 最後は笑って年を越せそうで一安心です
コメント   この記事についてブログを書く
« 京都府福知山~徳川家康生誕 ... | トップ | 今年を振り返りながら・・・... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

天山・彦岳」カテゴリの最新記事