林田力 Wikiブログ

林田力『東急不動産だまし売り裁判 こうして勝った』
『東急大井町線高架下立ち退き』『東急不動産係長脅迫電話逮捕事件』

二子玉川ライズ取消訴訟提訴

2010年12月31日 | 東急リバブル東急不動産だまし売り
二子玉川ライズ取消訴訟提訴
二子玉川東第二地区再開発組合設立認可の取り消しを求める行政訴訟が12月28日に東京地裁に提訴された。原告団は125人に膨れ上がり、まだまだ増える見込み。
ホテルやオフィスになる超高層ビルを建てる二子玉川ライズには公共性がなく、東急電鉄や東急不動産の営利目的の再開発であると批判する。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

裏サイゾーで前田敦子キャラ立ち

2010年12月30日 | 東急リバブル東急不動産だまし売り
携帯サイゾーで前田敦子キャラ立ち
サイゾーの携帯コンテンツ・裏チャンネルで、悪評も取り込む前田敦子のキャラ立ちという記事が掲載された。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

M1グランプリは笑い飯が優勝

2010年12月27日 | 東急リバブル東急不動産だまし売り
M1グランプリは笑い飯が優勝
カナリア。ドレミの歌。
ジャルジャル。コンビニ店員。掟破り。練習の成果を出せた。漫才といえるか。コント的。
スリムクラブ。沖縄出身。勘違い。面白い。間が笑いにつながる。ツッコミが困惑。
銀シャリ。アルファベットの歌。
ナイツ。今年のニュースを振り返る。
笑い飯。サンタウロス。サンタクロースのケンタウロス。昨年の鳥人に続く架空生物ネタ。
ハライチ。刑事になりたかった。最初は面白いが、少しくどかった。
ピース。発音の話。
敗者復活は昨年勝者のパンクブーブー。コンビニの万引き。
最終決戦は笑い飯、パンクブーブー、スリムクラブ。
スリムクラブ。葬式。しっかり間を取る。顔を見るだけで笑える。
笑い飯。小銭の神様。
パンクブーブー。喧嘩の話。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

二子玉川ライズ訴訟は百人以上

2010年12月24日 | 東急リバブル東急不動産だまし売り
二子玉川ライズ行政訴訟は百人以上
二子玉川東第二地区再開発組合設立認可取り消しを求める行政訴訟の原告の規模が百人以上に膨れ上がる見込みである。東急電鉄・東急不動産の金儲けで住環境が破壊されることへの反発の大きさを示している。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

東急不動産だまし売り裁判の勝利

2010年12月22日 | 東急リバブル東急不動産だまし売り
東急不動産だまし売り裁判の勝利
東急リバブル東急不動産は不利益事実を隠して問題マンションをだまし売りした。消費者契約法により、売買契約は取り消された。
契約取り消しで返品された東急不動産だまし売りマンションに対し、東急リバブル東陽町営業所は高値で仲介広告を出した。イッツコム・ユーザーの東急不動産工作員は、それを根拠に金銭面では東急の勝利とデマを流すが、不動産の現実を知らない愚かな主張である。
広告価格は売り主の希望価格であって、市場価格とも実際の取引価格とも異なる。東急不動産だまし売りマンションには結露の被害や欠陥施工、アスベスト使用、一級建築士資格を持たない無資格者が構造設計者になるなど問題だらけである。
しかも、東急リバブル東陽町営業所は虚偽広告を出すことで、問題マンションを売り抜けようとした。東急リバブルの虚偽広告は公正取引委員会にも情報提供され、東陽町営業所は、お詫び表示を余儀なくされた。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

東急不動産工作員は嘘つき

2010年12月21日 | 東急リバブル東急不動産だまし売り
東急不動産工作員は嘘つき
東急リバブル東急不動産は会社から工作員に至るまで嘘つきである。安易に前言を翻す。新築マンションをだまし売りした東急リバブル東急不動産と同じメンタリティである。
東急不動産工作員は自分が東急不動産工作員と認めたことを後になって否定した。探偵の団体やら講師やら話題そらしで煙に巻くが、当時の問題は東急不動産工作員であるか否かである。東急不動産工作員と認めなかったならば、探偵や講師の話題が登場する余地はない。
また、東急不動産工作員は飲食店から領収書をもらったことについても、自営業だからと言い訳した。これも新説であるが、東急不動産工作員がまともな自営業者であったという情報はない。反対に一般会社員と強調していた。事件屋が表向き会社員を名乗ることがあるが、それと同じである。東急不動産工作員の言い訳は不自然である。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

東急不動産工作員の下手な攻撃

2010年12月21日 | 東急リバブル東急不動産だまし売り
東急不動産工作員の下手な攻撃
東急不動産工作員の一人と指摘され、東急不動産工作員と自認した人物が東急不動産だまし売り被害者にメールした時間帯に、インターネット掲示板で東急不動産だまし売り被害者が実名攻撃された。わかりやすい攻撃である。しかも、別人の特徴的な書き込みに似せるという下手な小細工を施している。
東急不動産工作員は自分が答弁書などで悪徳不動産屋と非難した人物を一転して擁護するが、東急不動産工作員の説明では逆効果である。見え透いたネット工作と同じく理解に苦しむ。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

無印良品イスラエル出店中止

2010年12月20日 | 東急リバブル東急不動産だまし売り
無印良品イスラエル出店中止
無印良品がイスラエル出店を取りやめた。名目は経済的理由とするが、パレスチナを侵略するイスラエルへの出店を市民運動が批判していた。市民運動の大きな勝利である。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

海老蔵事件暴走族は被害届出さず

2010年12月18日 | 東急リバブル東急不動産だまし売り
海老蔵事件で暴走族は被害届を出し渋り
市川海老蔵が暴行された事件で、関東連合系元暴走族リーダーは被害届を出さないと報道された。結局のところ、被害届の出す出す詐欺だった。暴走族の底が見えた展開である。
そもそも弁護士が被害届を持っているということ自体がおかしい。被害届は寝かせておくような性質の文書ではない。事件を有耶無耶にし、あわよくば海老蔵から示談金を巻き上げるための脅しに過ぎないと見られても、仕方がない。
冷静に考えれば、海老蔵にとって被害届提出は恐れることではない。叩けばホコリが出る体は海老蔵ではなく、元暴走族である。被害者を主張すれば当事者としてクローズアップされる。海老蔵側の逆襲のチャンスも増大する。
そもそも元暴走族が闇世界の住人ならば、酔い潰れて、歌舞伎役者に好きなようにされたことが恥である。泥酔した素人に負傷までさせられ、警察に被害届を出すならば、闇世界の笑い者になる。
関東連合系暴走族ブラックエンペラー出身と常識人ならば恥ずかしくなる経歴の弁護士法人アヴァンセ・金崎浩之は海老蔵にとっても示談はメリットと主張するが、噴飯ものである。反社会的勢力である暴走族の代弁にしか見えない。
海老蔵の酒癖の悪さは周知のことであり、これまでも様々な人が見聞きしている。海老蔵が示談しようと、それが帳消しになることはない。海老蔵としては芸で勝負すると開き直るか、反省して態度を改めるかしかない。暴走族との取引は無意味である。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

暴走族にはめられた市川海老蔵

2010年12月17日 | 東急リバブル東急不動産だまし売り
暴走族にはめられた市川海老蔵
市川海老蔵は暴走族にはめられた可能性が高い。土壇場で繰り返された暴走族リーダーの記者会見延期が金目当てとの印象を一層強める。
海老蔵に道徳的に批判される言動があったとしても、暴走族のような社会のダニ、反社会的集団とは異なる。海老蔵事件では元暴走族でヤンキー弁護士という常識人ならば恥と感じる肩書きを称する金崎浩之がメディアに登場してコメントするなど、海老蔵事件は反社会的集団出身者の特需になってしまった。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加