林田力 Wikiブログは何者

林田力『東急不動産だまし売り裁判 こうして勝った』はマンションだまし売り被害を描いたノンフィクションです。

東急不動産、市有地と不明朗な境界訂正

2007年07月29日 | 消費者問題
東急不動産が購入した土地(兵庫県川西市緑台4丁目)は、東急不動産購入後僅か2ヶ月の間に隣接する市有地との境界訂正で、面積を約520平米も拡大させた。背景に東急不動産と川西市の癒着が指摘され、川西市政治倫理審査会にて審査された。
東急不動産は2000年(平成12年)1月12日に問題の土地を購入した。この土地はニュータウン「多田グリーンハイツ」内にあり、1976年(昭和51年)11月30日に神戸地方法務局伊丹支局に地積測量図が届けられている。面積は1484.56平方メートルである。この土地は川西市の公園緑地用地に隣接している。

東急不動産が購入契約を締結してから僅か13日後の2000年1月25日、「錯誤があった」「境界の確定に間違いがあった」ことを理由として神戸地方法務局伊丹支局の地積測量図が1933.44平方メートルに訂正された。この訂正は川西市長が捺印した境界協定図通りに行われた。

東急不動産に所有権が移ってから僅か13日ほどで川西市の境界協定図が作成され、法務局の地積測量図が訂正された。何故13日間で東急不動産の所有地が448.88平方メートルも拡大する訂正が実現したのか不可解である。市の公園緑地用地が520平米ほど物理的にマイナスになり、東急不動産の土地が520平米ほどプラスになった計算になる。東急不動産への無償提供(譲渡)に等しい処分である。市民の財産が減少したと考えるのが自然である。これは疑惑以外の何物でもない。

更に2000年2月25日にも境界が訂正され、面積が2004.02平方メートルに拡大した。今回も理由は錯誤である。僅か一箇月で二度の訂正である。東急不動産の所有地は最初の時点から519.46平方メートルも拡大した。この土地には法務局に三枚の地積測量図が存在する。

「緑台4丁目8-64に付随しております三方の土地は、川西市の緑地であり、市民の土地でございます。端的に言いまして市の土地の境界に間違いがあるという市長さんのはんこだけで、500平方メートル余りも民間業者のマンション建設用地になった」(川西市政治倫理審査会2005年5月2日会議録4頁)。

「官民境界の申請をしましたら、通常早くて3ヶ月、それ以上市長のはんこをもらうのに必要なんですが、これわずか2週間も経過しない時間帯に境界に錯誤があったということで、官民境界の協定がなされ、法務局の地積測量図もわずか2週間足らずで訂正されていると、こういうことは、通常あり得ないことなんだと思いますが、非常に専門的な話になりますんで、単純に東急不動産の担当者が平成12年2月8日に川西市長宛に官民有地境界確認申請書に対して設計事務所が東急さんから委任を受けて、東急さんの印鑑証明が付き、土地の謄本がついて、添付書類に公用という謄本が付いている。これは何かあると。市の内部で悪しきことが起こっているのではないかと私は思っております。民間の設計事務所が官民境界の申請をするのに公用の登記簿謄本なんて取得できる道理がございません」(川西市政治倫理審査会2005年7月4日会議録6頁)。

コメント   トラックバック (2)

鳴門市新ごみ施設問題に東急不動産が登場

2007年07月29日 | wiki

鳴門市の新ごみ処理施設建設事業(同市瀬戸町堂浦)に東急不動産が登場している。これは地元住民らによる反対運動が起きており、市長の土地疑惑や市による虚偽の説明で市民の間で不信感が強まっている事業である。


鳴門市が計画を公表したのは、1998年4月28日の市議会臨時会。市土地開発公社が用地購入する費用を債務保証する予算案を提出した際に、山本市長が予定地を明らかにした。周辺住民には、公表の一週間前に伝えられた。しかし、既に用地の半分以上が買収済みだったため、住民らは「地元を欺き、黙って計画を進めた」「環境面で不安がある」と一斉に計画反対の声を上げた。市は、地元説明会などで「複数の候補地を検討していた。瀬戸町に決めたのは計画公表の直前だった」と説明し、理解を求めていた。

ところが、計画公表の約2年前の96年6月26日、当時の市助役が、現地でゴルフ場を核としたリゾート開発計画を進めていた東急不動産を訪ねて、土地取得について意向打診していたことが、新たに判明した(「計画始動 市説明の2年前 鳴門新ごみ施設、当時の幹部証言」徳島新聞2005年5月31日)。建設用地では、90年ごろから三井建設や東急不動産などがゴルフ場を核としたリゾート開発計画を進めていたが、バブル崩壊で96年当時は凍結状態だった。

助役が東急を訪ねたのは、東急がリーダー的存在だったからだという。助役は「堂浦周辺の山林を一括して取得できるかどうかを尋ねた」と話す。当時を知る市幹部は「打診は、ごみ処理施設建設を念頭においた行動」と、この時点で現地での建設計画が事実上始動していたことを認めている(「地元住民「市にだまされた」 鳴門新ごみ施設計画に怒り・反発」徳島新聞2005年6月1日)。打診後、市は東急との間で売買価格などの交渉を重ねており、この段階で三井も加わった。96年6月に打診を受けたことは、特別土地保有税の課税をめぐる市との協議の中で、三井と東急が連名で提出した文書で東急側も認めている。

建設計画は少なくとも助役が東急不動産に打診した時点で動き出していたことになる。従って市が計画を公表した際の「用地決定は公表の直前」との説明は虚偽になる。また、計画地内に当時の山本幸男市長名義の土地が含まれ、親族名義に変更されていたことが計画公表直後に問題となったが、名義変更は打診後だったことになる。この土地は98年5月、市から用地の一括取得を依頼された準大手ゼネコン・三井建設(当時、現三井住友建設)に売却された。


http://www.geocities.jp/shouhishahogo/crime.htm


http://ameblo.jp/tokyufubai/entry-10041334438.html
http://hedo.at.infoseek.co.jp/b/crime.htm
http://kakutatakaheri.blog73.fc2.com/blog-entry-419.html
http://blog.canpan.info/ishikawa/archive/148
http://www.tfm.co.jp/sky/ishikawa/index.php?itemid=6043
http://misatoism.blog112.fc2.com/blog-entry-19.html



コメント

トステム社員のアルバイト侮辱発言に反発

2007年07月28日 |  怒り・告発

☆政治経済法律電網討論
買ってはいけない東急リバブル・東急不動産
http://tokyufubai.seesaa.net/
東急不動産東急リバブル不買宣言
http://ameblo.jp/tokyufubai/
東急不動産・東急リバブル不買運動
http://www.geocities.jp/shouhishahogo/
☆★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★☆


トステム社員を名乗る人物がインターネット掲示板「2ちゃんねる」にアルバイト労働者を侮辱する書き込みをした。書き込み内容は以下の通りである。
----
12 :トステム社員:2007/07/26(木) 23:59:29 ID:cWev9KiJ
時給800円で必死に働いてるおやじに8万やるから靴舐めろって言ったら本当に舐めやがった
俺様が指示を与えなきゃお前らなにも出来ないよなぁ?俺様の気分次第でお前らゴミクズをクビに出来るんだぞ?分かったら言われたとおりにしてろよゴミ。
----
トステム社員に対する反発の声は強く、「ニュース&天候実況++@2ch掲示板」に「【クズ企業】トステム社員は死ね【人権侵害】」のスレッドが立ち上げられた。
http://www.geocities.jp/shouhishahogo/tostem.htm
http://d.hatena.ne.jp/tokyufubai/20070727
http://tokyufubai.seesaa.net/article/49448641.html


Yahoo!掲示板 - 修理とリフォーム - リフォーム失敗談
アフター最悪 INAX  2007/ 7/25 21:48 [ No.641 / 642 ]
札幌ですが,INAX はアフター最悪です.
TOTO にすれば良かった. 


━[ INFO ]━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
●このマガジンをそのまま転送されるのは自由です。
http://www.geocities.com/tokyufubai/
http://www.geocities.com/toshibafubai3/
http://rain.prohosting.com/~rain7/
東急リバブル東急不動産被害者の会
http://tokyufubai.jugem.jp
東急不動産東急リバブル不買と耐震強度偽装
http://yaplog.jp/tokyufubai/
http://geocities.yahoo.co.jp/gl/shouhishahogo
http://blog.goo.ne.jp/hedo
http://tokyufubai.exblog.jp/
∽…  最後までお読みいただき、ありがとうございました! …∽



コメント

下河辺建築設計事務所物件

2007年07月28日 | 消費者問題
醍醐建設・ハウジングマスターの物件プラーティノ南大井とプラーティノ多摩川は下河辺建築設計事務所(下河辺隆夫)が設計監理する。プラーティノ南大井の設計監理は耐震強度偽装事件発覚後に株式会社アリエル都市研究所に変更された。
下河辺建築設計事務所は姉歯秀次元一級建築士が構造計算書を偽装した物件(グランドステージ船橋海神、グランドステージ東陽町)の元請け設計者である。2006年2月9日付けで東京都から設計事務所の登録を取り消された。
また、下河辺建築設計事務所はヒューザー物件等の構造設計をアトラス設計(渡辺朋幸)に下請けさせている。アトラス設計の渡辺朋幸は一級建築士資格を持たない無資格者であるにもかかわらず、東急不動産のアルス東陽町の構造設計者になっている(意匠設計は株式会社昇建築設計事務所(SHOW建築設計事務所)の竹内久建築士)。
プラーティノ多摩川(大田区矢口一丁目29番)
●入居予定 平成14年7月上旬
●建築確認番号 第ERI01002807号(平成13年9月12日)
●事業主・売主 醍醐建設株式会社、株式会社藤栄ハウス
●販売代理 株式会社ハウジングマスター
●設計・監理 株式会社下河辺建築設計事務所
●施工 醍醐建設株式会社
●管理会社 野村リビングサポート株式会社(巡回管理)
コメント

住建ハウジングで嫌な思い

2007年07月27日 | 何者
ゲスト 投稿日時: 2006-10-27 18:34
Re: 住建ハウジングで不動産を購入された方
我が家も住建ハウジングで嫌な思いしました。皆さん同じなんですね。

ゲスト 投稿日時: 2006-11-3 13:09
Re: 住建ハウジングで不動産を購入された方
私も同じです。中央線沿線で探していてよく広告の入ってくる、住建ハウジングさんに案
内してもらったところ、そこから手を変え、品を変え毎日のように、電話がかかってきま
す。今では電話恐怖症になってしまいました。本当にうっとうしいです。

ゲスト 投稿日時: 2006-11-17 16:24
Re: 住建ハウジングで不動産を購入された方
↑↑ 私も同意見です!
本当に住建ハウジングの営業マンってしつこいですね。
2ヶ月くらい同じ様な内容の電話。あまりにも度が過ぎた
ので警察に言いますよと言ったら担当者が変わって電話が
かかってきた。
http://d.hatena.ne.jp/tokyufubai/20070727
コメント   トラックバック (6)

藤田東吾「走れメロス、白洲次郎、天木直人!あと二日!」2007年7月27日

2007年07月27日 | wiki

林田力「東急不動産、「和解成立」後も新たなトラブル」オーマイニュース2007年7月9日
http://www.ohmynews.co.jp/news/20070530/11614
天木さんの姿を見ていると、「奇跡は起こる」ことを信じられるのではないか?
僕は、天木さんがこれから生み出す奇跡を信じ、現われを見出すためにも、今日は、自分が今住む町の周辺で、天木直人の名前を空にこだまさせます!
多分14時くらいに合流して、(早ければ13時に目黒駅)、
恵比寿駅、六本木ミッドタウン、麻布十番(15:30)、田町駅三田口、品川駅高輪口(17:00)、銀座(19時)
品川と銀座の間が2時間あるので、ここをバッファーにして、それ以前の場所での時間が少し後ろにずれるかもしれません。
お邪魔でないように、流石に4回目の応援演説ですから、分かりやすく整理して話そうと思います!
http://ameblo.jp/tokyufubai/entry-10041156278.html
http://www.geocities.jp/shouhishahogo/branz/sekisui.htm


柏崎刈羽原子力発電所、新潟県中越沖地震で被災
http://ameblo.jp/tokyufubai/entry-10040941991.html
http://ameblo.jp/tokyufubai/entry-10040935998.html
http://ameblo.jp/tokyufubai/entry-10040386347.html
http://www.geocities.jp/shouhishahogo/branz/gisou5.htm


━[ INFO ]━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
●このマガジンをそのまま転送されるのは自由です。
http://www.geocities.com/tokyufubai/
http://www.geocities.com/toshibafubai3/
http://rain.prohosting.com/~rain7/
東急リバブル東急不動産被害者の会
http://tokyufubai.jugem.jp
東急不動産東急リバブル不買と耐震強度偽装
http://yaplog.jp/tokyufubai/
http://geocities.yahoo.co.jp/gl/shouhishahogo
http://blog.goo.ne.jp/hedo
http://tokyufubai.exblog.jp/
∽…  最後までお読みいただき、ありがとうございました! …∽


http://ameblo.jp/tokyufubai/entry-10041271315.html
http://d.hatena.ne.jp/tokyufubai/20070727
http://yahoo2news.blog107.fc2.com/blog-entry-544.html
http://boonnews2007.blog99.fc2.com/blog-entry-468.html
http://plaza.rakuten.co.jp/samesima/diary/200707270002
http://newshighspeed.blog107.fc2.com/blog-entry-1220.html
http://netacheck.blog111.fc2.com/blog-entry-834.html
http://karakutitodaysne.blog109.fc2.com/blog-entry-106.html
http://oshirabesearch.blog112.fc2.com/blog-entry-56.html
http://oheohehe.at.webry.info/200707/article_294.html
http://bluefox-hispeed.iza.ne.jp/blog/entry/246280
http://plaza.rakuten.co.jp/noiq600/diary/200707240000
http://blog.livedoor.jp/ota416/archives/51069859.html
http://d.hatena.ne.jp/yukino77/20070719/p1
http://goldmanekineko.at.webry.info/200707/article_12.html



コメント

緒方重威、朝鮮総連への詐欺を認める

2007年07月24日 | 消費者問題
在日本朝鮮人総連合会(朝鮮総連)中央本部を巡る詐欺事件で、東京地検特捜部は2007年7月18日、朝鮮総連から現金4億8400万円をだまし取ったとして、元公安調査庁長官・緒方重威(しげたけ)(73)、取引仲介役の元不動産会社社長・満井忠男(73)両容疑者を詐欺容疑で再逮捕した。
緒方容疑者は再逮捕後、これまでとは一転して、朝鮮総連から中央本部の土地・建物と現金をだまし取ったことについて、いずれも認める供述を始めたという。
満井容疑者も最近になって、「土地・建物を購入できるメドがないのに、朝鮮総連から金を引き出した。金を受け取ったことは緒方容疑者にも伝えた」などと、事実関係を大筋で認めていた(「緒方元長官詐欺認める、4億8400万円詐取容疑で再逮捕」読売新聞2007年7月19日)。
コメント

東急中目黒駅にフジテック強度不足エレベーター

2007年07月24日 | wiki

井口寛二法律事務所、天下り出身元の農林水産省から随意契約
http://blogs.yahoo.co.jp/shouhishahogo/47660283.html
東急中目黒駅にはフジテック強度不足エレベーターが設置されている。フジテック(本社:滋賀県彦根市)が製造したエレベーターに強度の低い鋼材が使われ、560基が建築基準法の定めた強度を満たしていない。
強度の低い鋼材が使われたのは、2002年9月から07年6月までに製造されたエレベーター1万2727基とエスカレーター634基。2003年9月築の東急不動産のマンション(江東区東陽)のエレベータもフジテック製である。
問題のエレベータは一般構造用圧延鋼材「SS400材」を使用するべきところを、熱間圧延鋼材「SPHC材」を用いていた。SPHC材の引張強度は、SS400材の約7割となっている。全国の36都道府県の560基のエレベーターは、SPHC材の使用個所が構造にかかわる部材だったため、建築基準法が求める強度を満たしていない。
建築基準法は通常の運行時の荷重に対して3倍の安全率を求めている。フジテックによると、通常の運行では問題は生じない。しかし、大地震時には部材が変形し、利用者が閉じ込められる恐れがある。
補強が必要なエレベーターは、エレベーター構成部材のうち、レールブラケット、クロスヘッド、レールバッキング、プランクと呼ばれる部材にSPHC材を使った製品である。強度不足の鋼材は、JFE商事建材販売(本社:大阪市)が納入した。同社はフジテックの担当者と合意の上で、注文書と異なる鋼材を納入したと説明する。ただし、「構造にかかわる重要部材に使われていることは知らなかった」(同社の岩瀬光治社長)と語った。
http://www.geocities.jp/shouhishahogo/branz/nikotama2.htm
http://ameblo.jp/tokyufubai/entry-10040293194.html
http://ameblo.jp/tokyufubai/entry-10040935998.html
http://ameblo.jp/tokyufubai/entry-10040386347.html
http://www.geocities.jp/shouhishahogo/branz/gisou5.htm
http://torosalmonreds.way-nifty.com/blog/2007/07/post_9243.html
http://plaza.rakuten.co.jp/mugen2005/diary/200707240003
http://flybird.seesaa.net/article/49088897.html
http://newsnewsnews.cocolog-nifty.com/blog/2007/07/post_517a.html
http://d.hatena.ne.jp/tatsumine/20070724/1185269596
http://htkhtkhtk.blog112.fc2.com/blog-entry-141.html
http://koushinnetuinfo.blog110.fc2.com/blog-entry-397.html



コメント

羽澤ガーデン跡地マンション建設説明会流会

2007年07月23日 | wiki

渋谷区広尾の羽澤ガーデンの乱暴な開発の説明会が2007年7月15日(日)19:00より、國學院大學の院友会館で開催された。しかし、事業者側は建築計画、工事計画の説明には一言も入れず、説明会はまたもや流会となった。当日、台風が近づいており開催が危ぶまれていた。
主催者の連絡先、株式会社メイズ・プランには、開催するかどうかの問い合わせの電話が殺到したのに電話に出なかった。この対応に住民側は、同社が信頼できないと紛糾した。また、説明会の案内周知の範囲が狭すぎるとのことでも紛糾した。
次回は8月5日(日)に開催するという。入口で名前を書かなくても会場に入れる。署名は任意ということになった。住民側は、メイズ・プランに電話で日時と場所を確認して説明会に出席することを多くの人に呼びかけている。
メイズ・プランはマンション建設の近隣対策業者である。住民反対運動が起きた東急不動産の鷺沼ヴァンガートンヒルズと湘南袖ヶ浜レジデンスの近隣折衝業務を受託し、その不誠実さを近隣住民から非難された。近隣住民との折衝を別の会社の人間に丸投げすることは悪徳不動産業者の常套手段である。消費者契約法違反で売買契約が取り消された東急不動産のアルス東陽町も近隣折衝業務は康和地所株式会社の井田真介(後にアソシアコーポレーション株式会社取締役)が行っていた。
http://tokyufubai.seesaa.net/article/48998095.html
住建ハウジング不買運動
http://ameblo.jp/tokyufubai/entry-10040731548.html
デルDELL不買運動
http://d.hatena.ne.jp/tokyufubai/20070723
http://ameblo.jp/tokyufubai/entry-10040504726.html



コメント

羽澤ガーデン跡地マンション建設説明会流会

2007年07月23日 | 何者
渋谷区広尾の羽澤ガーデンの乱暴な開発の説明会が2007年7月15日(日)19:00より、國學院大學の院友会館で開催された。しかし、事業者側は建築計画、工事計画の説明には一言も入れず、説明会はまたもや流会となった。当日、台風が近づいており開催が危ぶまれていた。
主催者の連絡先、株式会社メイズ・プランには、開催するかどうかの問い合わせの電話が殺到したのに電話に出なかった。この対応に住民側は、同社が信頼できないと紛糾した。また、説明会の案内周知の範囲が狭すぎるとのことでも紛糾した。
次回は8月5日(日)に開催するという。入口で名前を書かなくても会場に入れる。署名は任意ということになった。住民側は、メイズ・プランに電話で日時と場所を確認して説明会に出席することを多くの人に呼びかけている。
メイズ・プランはマンション建設の近隣対策業者である。住民反対運動が起きた東急不動産の鷺沼ヴァンガートンヒルズと湘南袖ヶ浜レジデンスの近隣折衝業務を受託し、その不誠実さを近隣住民から非難された。近隣住民との折衝を別の会社の人間に丸投げすることは悪徳不動産業者の常套手段である。消費者契約法違反で売買契約が取り消された東急不動産のアルス東陽町も近隣折衝業務は康和地所株式会社の井田真介(後にアソシアコーポレーション株式会社取締役)が行っていた。
http://www.geocities.jp/shouhishahogo/branz/gisou5.htm
http://hayariki.jakou.com/h/a/e.htm
http://suguru999.blog74.fc2.com/blog-entry-542.html

コメント