地域そのほか速

地域そのほか速

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

AAA久しぶりのニコ生特番を18万人が視聴

2015-03-02 23:09:44 | 写真・漫画・動画

 AAA久しぶりのニコ生特番を18万人が視聴


 AAAが7ヶ月連続シングルリリース第2弾『Lil’ Infinity』と『AAA ARENA TOUR 2014 -Gold Symphony-』ライブDVD・Blu-rayを2月25日に発売したことを記念して、2夜連続のニコ生特番を放送した。

 第2夜には、約1年半ぶりにメンバーが生出演。宇野実彩子、西島隆弘、末吉秀太、與真司郎がファンを楽しませた。


 この日、18万人以上がこの放送を生で視聴。AAAの人気の高さを証明した。


 今回は、なんと宇野が初のニコ生MCを担当した。AAAはデビュー10周年、しかし宇野は「10周年にかけた何かをやるんじゃなくて、ニコ生では通常営業でメール読んだり、いつもどおりやっていこうと思います!」と宣言。


 その宣言通りに、番組は10周年とは関係のない「独特なタッチ」で話題の與がメンバーの似顔絵を書き、それをジグゾーパズルにして当てるというかなり難易度の高いゲームへ。しかしここで事件が!まさかの與が第一問目で「日高にこれ怒られるかも…」と似顔絵を書いたメンバーの名前をポロリつぶやく。これには、メンバーも驚き「なにやってんのマジで!」と責められる。


 気を取り直して絵を書き直す與。それを今度はキチンとバラバラにしてゲーム。しかし、難易度が高く、番組終了までに完成させようとのことで、次のコーナー「噛んだら壁ドン!宇野ちゃんにMCっぽいことに挑戦してもらおう!」へ。


 宇野が用意されたAAAのPR原稿を読み、もしも噛んだりつっかえたら、罰として壁ドンをカメラに向けてしなければならない、という挑戦へ。しかし宇野は「得意だから絶対に噛まないよ」の言葉通りに、スラスラと原稿を読み進める。そこで、メンバーが邪魔に入る…しかし動じない宇野。スタッフが麦チョコをなぜかスタジオ中にばら撒くというアクシデントもあったが、これにも全く動じないで最後までしっかりと原稿を読み終えてしまう驚異の集中力を見せた。これには、スタジオからもユーザーからも拍手喝采!そこで、罰ゲームを西島が替わりに担当。カメラマンを相手に、何回もオリジナルの壁ドンを行った。


 まだまだコーナーは続き、初ソロ写真集「S」を発売する末吉がどれだけイイ男になったか、みんなでいじりながらトークをすることに。メンバーに写真集を見ながら散々いじられ「恥ずかしい」と言いながらも、笑顔でまんざらでもない末吉。


 そして最後は「遅れてきたバレンタイン!宇野ちゃんに告白大作戦」。…


ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
« 【新テニ】U-17日本代表候補... | トップ | 今季のJリーグ・U―22選抜登録... »

コメントを投稿

写真・漫画・動画」カテゴリの最新記事