思いつくままに書くブログ

基本、旅行記と日本ハムファイターズの事しか書きません。少々スケベな。
NAVERまとめ等へ本文・写真転載お断り。

【2015年初夏の沖縄旅行】読谷村・都屋漁港の海人食堂

2015-06-01 09:47:18 | 2015年の旅行記
泊いゆまちを出て車を北上しかけたら、いきなり路地からオジイの原付バイクが出てきて危うくぶつかりかけた。オジイは仔細にこちらを睨んでいたがこっちは幹線道路でそっちは路地。一時停止違反なのはオジイなのは明白ですよ。って普段からこんな運転なんだろうな。だから沖縄の運転マナーって悪いと改めて実感。国道58号線を北上し北谷町へ。なんとなく海が見たくなってアメビ方面へ。



日本離れした景色だし海に入りたくなるけど、これがどこが梅雨やねん!って感じ。結構じりじり肌に刺します。ニュースでもダム貯水率が5割を切ったと報じていたし。しかし周囲のアメビと言えば…夜の街なので完全に死んでます。空いている店無いことは無いですが開店休業状態。

車にもどりさらに北上。暑さでだるいので嘉手納のスーパーでモンスターエナジー買ってぐいっと飲んで、ついでに土産になりそうなものも買っておきましょう、丁度いいので。その後読谷方面へ車を進め、残波岬方面に行けば都屋漁港はあるだろうと走らせたら標識が出てきました。ただしその辺の道路に

エーグヮ大漁
グルクマ大漁



グルクンなら知ってますけど魚の名前でしょうか?エーグヮは知りません。ちょっと興味が沸いてきました。



都屋漁港に着きました。駐車スペースはほぼ満車なのはいいとして、こんなところにまで中国人・韓国人。奴らはどこから情報を仕入れてくるのでしょう?不思議ですね。日本人でも有名な場所ではないのに。まあ海はエメラルドグリーンで(口の悪い人はバスクリンを溶かしたと形容するだろう)沖縄の海!って感じがいっぱいです。



こちらがセリ場。と言っても既に終わっており海人のオヤジが「試食してって!」と声をかけます。見ると大きな水槽に大量のグルクマ、そして試食用の刺身。獲れたてなら刺身が旨いと言います。ちなみに価格は2キロで500円、袋詰めを見せてもらったら安いのは安いけど結構な量だし、だいいちこれを持って帰るのは大変です(笑)。



その隣には「海人食堂」という漁協直営の食堂があります。オープンカフェスタイルの店で大混雑。中に入りますとまずは海産物コーナー。刺身盛りはこちらで販売しています。値段を見ましたが先ほどの「泊いゆまち」と比較して、一緒だけど量はちょっと少ないかも。意外に安くないですね(泊が大盤振る舞いだったのか?)



こちらでも捌く前の魚が販売されています。沖縄の魚の名前は独特で見ただけでは想像つきません。そして奥が食事注文スペースで、紙に希望メニューと名前を書いて渡すと出来上がったら呼ばれるスタイル。見ると丼物ばかりで刺身定食の類はないんですねえ…。それでも何か食べようかと思ったんですが

腹が減ってない

さっきの本マグロが胃に残ってますよ。ってあれだけ食ったらそうなるだろう。食事は次回以降に残して漁港をあとにしました。


『国内旅行』 ジャンルのランキング
コメント (2)   この記事についてブログを書く
« 【2015年初夏の沖縄旅行】那... | トップ | 【2015年初夏の沖縄旅行】恩... »

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (Unknown)
2017-05-08 23:06:08
スタッフの対応最悪
Unknown (admin)
2017-05-09 00:29:50
>スタッフの対応最悪
なにがどう最悪だったのかね。こんな既にほとんどアクセスのないページに書いたところでどうもならんし。いっそ食べログ(https://tabelog.com/okinawa/A4703/A470304/47005784/)に書いては?

と一応マジ対応しておきます。

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

2015年の旅行記」カテゴリの最新記事