ハートウォーミングデイズ

ヴォーカリストAki詩音のブログです

松本俊明さんコンサート終了 そして「にいちゃんのランドセル」(再)

2016-04-09 00:46:27 | Weblog
昨日のブログ、何故か最後の方の文章が切れてしまっていたので再アップです


久々のブログ更新です。

今日はお仕事でお世話になっている作曲家 松本俊明さんのコンサートに行ってきました。
ステージにはグランドピアノのみ。
今日はパフォーマーとして素晴らしいピアノの演奏を聴かせてくださいました。

「Four Season's Recital」と題して
「冬」から始まり4つの季節を渡るコンサートも今回の「春」で最終回だったそうで
「春」に関連する曲、そして松本さんが春をイメージする曲を集めたコンサートでした。

松本さんの曲は一見単純そうに見えるフレーズから「おやっ?」と思わせる方向にどんどん展開していき、
メロディーが琴線に触れて陶酔してしまう。
全てが繊細で優しいのです。
素晴らしかったです。


松本さんのピアノに加えて、登場されたゲストの方もとっても素晴らしく
一夜でたくさんの世界を垣間見たようなコンサートでした。



登場された中の1人が 松井月杜(つきと)君。
中学1年生になりたてのほやほや。

中学生とはいえ「レ・ミゼラブル」などのミュージカルに出演されている俳優さん。
才能がキラリ光る中にも、まだあどけなさの残るとっても純真な男の子でした。

コンサートの中ではピアノと合わせた「語り」と「歌」を披露。
その中の1曲は松本さんの作詞作曲された「にいちゃんのランドセル」。
透き通った声で歌う素直な歌が心に響きました。

「阪神淡路大震災で亡くなった小学校1年生の男の子。
 何年後かに生まれた弟が小学校にあがったとき
 震災でボロボロになった亡くなった兄ちゃんのランドセルを使う・・」という実話を
ノンフィクション作家の城島充さんがまとめられて出版された本を読んで
松本さんが作詞作曲された曲です。

神戸新聞に掲載され、大阪のテレビでも取り上げられました。
神戸新聞NEXTより

そしてこれから、松井月杜君がレコーディングをしてCD化されるそうです。



実は今も大阪のラジオではこの曲が流れているのですが
今流れている歌は私「Aki詩音」が歌わせていただいてます。

松井月杜君のCDが出来るまでは私のバージョンを流していただけるようです。
(番組プログラムは事前に分からないので放送の告知は出来ません


ここから続きです


松本さんはこの曲を聴くと泣いてしまうそうです。
同じく、私も聴くたびに「じ~ん」とします。
そんな素敵な曲を最初に歌わせていただけた事、とても感謝してます。


歌わせていただいた事で「阪神淡路大震災を忘れない・・・」という活動のお役に立てていたなら
本当に嬉しいことです。

この素敵な曲がこれからも広まればいいな・・・と思います。
私も少しでも力になれますように・・


素晴らしい夜を有難うございました。


コメント   この記事についてブログを書く
« アマルフィライブ終了 | トップ | 動画初アップしました »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

Weblog」カテゴリの最新記事

関連するみんなの記事