ハートランドホームのブログ

日々の頑張りを日記のように書いていきます

南矢三町の家、外壁通気工法

2020年02月28日 | 外構工事

通気胴縁施工完了しました

タイベックシートの上に通気胴縁を打ち、その上に外壁を仕上げることで

柱と外装材の間に空気の通り道を作ります

基礎の部分から入った空気が、しっかり上へ上へと抜けないといけません

通気胴縁を打ってる会社がほとんどですが、行き止まりなく上へ抜ける施工ができているかは

確認した方がいいと思います。上の部分で行き止まってる現場も、たまに見ますね

防風透湿シートが、ここでクシャクシャだと通気の抵抗になってしまいます

小屋裏にたまった空気は棟がある場合は棟換気から抜きます。

片流れ屋根の場合は換気扇で強制排気します。

断熱は天井面で行うのですが、棟換気から熱や湿気などを抜くことで夏の天井面の暑さも軽減されます

 

とりあえずやっておきましたはダメで、しっかりとした工事を行わないといけません

ぜひご自身の目で見て頂きたいです

現場見学は随時受け付けております

コメント   この記事についてブログを書く
« 南矢三町の家、外壁下地 | トップ | 八万町南環状線沿いの美容室... »
最新の画像もっと見る

コメントを投稿

外構工事」カテゴリの最新記事