庄内の塾 進学補習総合塾 佑学塾 塾長のブログ

庄内 塾 佑学塾 進学塾 補習塾 個別 個別指導 本部は進学補習総合塾 個別指導部

自信があります!佑学塾!

2015年04月23日 | 塾でのできごと
新学期が始まりましたね!

佑学塾も新学年になり、

中学1年生は、最初の1学期中間テストで、
全員、平均80点以上を取る!

中学2年生は、いわゆる「中だるみ」、
に陥らないよう、学習はしっかりと頑張る!

中学3年生は、受験生であるという自覚を持ち、
この1年間で人生が変わる!ということを、
肝に銘じて、努力する!

という目標を掲げ、連日頑張っています!

最近、このブログや、エキテン!のサイトから、
お電話をいただくことが増えました。
嬉しいかぎりです。

声を大にして言いたいことは、
教えること、成績を上げること、面倒見のよいこと、
には、この地域のどこよりも、


「自信があります!佑学塾!」
コメント

下剋上受験

2015年04月01日 | 塾長のひとりごと
下剋上受験-両親は中卒 それでも娘は最難関中学を目指した!
桜井信一 産経新聞出版 売り上げランキング: 3,443



たいへん素晴らしく、かつ面白い本でした!


塾を主催する者として、かつ教育社会学を学んだ者として、
朱に交われば赤くなる、階層の再生産、
というのは地域によって空間化されていて、可視なのですが、
その準拠集団には可視化されない、といつも思っています。

例えば、この地域の南部の小中学校には、金髪の子どもがいますが、
北部の小中学校にはいません。
南部の小学校には、中学受験する子どもは少ないですが、
北部の小学校には、多いです。
南部の中学校から、北野高校に行く子どもは少ないですが、
北部の中学校からは、多いです。

決して南部をバカにしているわけではないのです。
それでいいのかなあという意識を共有したいといつも願っています。


さてこのお父さん、めっちゃすごい!
何がすごいって、なにもかもすごい!
読んでもらえたら分かりますが、こんなお父さんいたら
塾いらないです(笑)

私の持論で、
「子どもに勉強を教えるのは、親子間の最強のコミュニケーション」
というのがありますが、それを超越しています。
更に子どもさんへの愛が詰まっています。

中学受験しよう!とか、真似をしよう!というのではなく、
このお父さんの「意識」「考え」を感じて共有するべく、
小中学生の子どもを持つ、沢山の親に読んで欲しいと、
本当に思った、そんな本でした。

加えてもう一つ、私はこのお父さんと同い歳(笑)
我が子も同級生。だから余計に共感してもうた~
コメント