庄内の塾 進学補習総合塾 佑学塾 塾長のブログ

庄内 塾 佑学塾 進学塾 補習塾 個別 個別指導 本部は進学補習総合塾 個別指導部

夏休み、もうすぐ終わり

2014年08月27日 | 塾でのできごと
佑学塾は、連日、夏期講習がんばってます!

中1,2の生徒たちは、学校の夏休みの宿題は
全員終わっているので、塾の勉強に打ち込めます。

夏休みが始まってすぐ、少しずつ学校の宿題を
やらせていたので、8月中旬にはみんな完成しました。

今頃、あわてて宿題をしている子は
た~くさんいるでしょうね(笑)
コメント

小学生時代に身につけていなければならないこと

2014年08月04日 | 塾長のひとりごと
夏休み真っ最中!
子どもさんがゲーム三昧になっていませんか?


最近、中学生で塾に入ってくる生徒を見ていて、
小学生の間に身につけておかなければならない
基礎学力、計算力や漢字などを
「これはヤバい!」と思うぐらい、
身につけていない生徒が本当に増えました。

そしてまた、小学生で塾に入ってくる生徒を見ていて、
同様に、九九を間違える、漢字が読めない・書けない
などの生徒が本当に増えています。

いろいろ原因はありますが、一番は「親」だと思います。
というのは、あまり「勉強をさせなくなった」と感じるからです。

その傾向をもっとも感じることができるのは、
「鉛筆の持ち方がおかしい」
ということです。学校では、一応、一年生のときに教えますが、
矯正できるまでは指導しません。
ということは、親が家で指導しなければなりません。
これはある程度「躾」の範囲ではないかなと思います。

親がある程度、子どもが勉強するのを見ないと、
鉛筆の持ち方がおかしいのにも気づきませんし、
矯正することもできません。

ところで、鉛筆の持ち方がおかしいと、どんなデメリットが
あるかと言いますと、

鉛筆の持ち方がおかしい

すぐに手が疲れる

書くのが嫌になる

勉強するのが嫌になる

勉強ができなくなる

もちろん、すべての子が、こうなるとは言いません。
しかし、逆を考えますと、正しい鉛筆の持ち方が
できている子どもは、勉強もできる子が多いです。

この夏休みを利用して、子どもさんの勉強を
みてあげてはどうでしょうか。
コメント