庄内の塾 進学補習総合塾 佑学塾 塾長のブログ

庄内 塾 佑学塾 進学塾 補習塾 個別 個別指導 本部は進学補習総合塾 個別指導部

冬期講習前半戦最終

2011年12月27日 | 塾でのできごと
今日で一応、冬期講習前半戦終了です。

みんなよく頑張ったと思います。

中3生は、朝から晩まで、ず~っと入試対策!
日に日に、力がついていくのが、見て取れました。

中1・中2生も、私が課した(笑)、
ハードな数学の課題を、懸命にやりました。

補習、補習の連続で、中3生並みに勉強した子も少なくありません。
よくやったと思います。


しばらく年末・年始の休みですが、体調を崩さず、
やるべきことはやって、そして新年を迎えてほしいと思います。
コメント

見直しできる力

2011年12月26日 | 塾でのできごと
テストをしたとき、よく「見直しをしなさい!」と言いますが、
なかなか完全には、見直すことができません。それは、

 めんどうだから(笑)

人は1回解いたものを、初めからもう1回解くことは、じゃまくさいと感じるものです。
そしてまた、集中力にも限りがありますから。

しかし、入試においては、この「見直しできる力」が必要です。
特に、数学の大問1の計算。ここは落としてはいけません。

難しい問題にチャレンジし、結果、時間をとられただけ、となるより、
計算問題の見直しをし、確実に点を取る方が重要なのです。
コメント

長さの求め方

2011年12月25日 | 塾でのできごと
中3生は、毎日、入試問題の演習をやっています!

クリスマスの今日も、朝から勉強です(笑)



数学における「長さの求め方」

1、「三平方の定理」
2、「相似比を使って求める」

の2つが主なモノですが、たまに

「辺や面に下した垂線の長さを求めよ」

というものがあります。入試ならではの問題ですね。


これはどうやって解くかというと、

分かっている面積・体積から、逆に高さを求める、という方法で解きます。

コメント

クリスマスの忘れられない思い出(笑)

2011年12月24日 | 塾でのできごと
佑学塾は、クリスマスイブも朝から晩まで、講習授業です(笑)

そんな佑学塾のクリスマスイブに、忘れられない出来事が、
数年前にありました。

最近はありませんが、昔よくやんちゃ坊主が、塾に友達が来ているのでしょう、
塾の外で名前を叫んだり、ドアを開けてすぐ閉めたり、
まあ「ピンポンダッシュ」の変形バージョンみたいなことをすることがありました。

そしてクリスマスイブの夜7時ぐらいでしょうか、そのイタズラ小僧が、
塾のドアを乱暴に開け、思い切り叫びました。

「クリスマスの日ぐらい、かんべんしたれや!」

佑学塾は、厳しい塾ですから(笑)
クリスマスであろうが、受験生には容赦なく授業・補習を行います。

まあ、友達が来ていたのでしょう。気持ちは分かりますが(笑)

かんべんしたれや、って、別にお仕置きをしてるわけじゃないのに(笑)
コメント

火山岩、そのⅢ

2011年12月23日 | 教育よもやま話
先日、火山岩の覚え方の語呂合わせを紹介しましたが、
このような意見もありました。


火山岩  深成岩       菓子食って 

斑状組織 等粒状組織   ハトが出てきて(驚いて)

流紋岩  花崗岩      リカちゃん
安山岩  閃緑岩      焦って
玄武岩  斑れい岩     ゲロ吐いた


このバージョンは、組織名まで覚えられるのがいいですね。

ですが、ゲロって(笑)

インパクトあって、生徒は覚えやすいかもしれませんね。
コメント

終業式&冬期講習開始

2011年12月22日 | 塾でのできごと
今日は学校の終業式。
通知表が楽しみですね~(笑)

さて、今日から佑学塾では冬期講習が始まります。
中3生は、入試をターゲットに、入試問題の解き方、
テクニックをガンガン毎日やっていきます。

志望校合格に向け、頑張ろう!
コメント

受験生の心得

2011年12月21日 | 教育よもやま話
これから追い込みの勉強に入る受験生。

まず大事なことは、何といっても「体調管理」です!

手洗い、うがい、睡眠、食事・・・

風邪をひかないことも、受験に勝つ一つの要因なのです!
コメント

湿度の計算

2011年12月19日 | 塾でのできごと
今日の中2の理科の授業は「湿度の計算」

天気の分野で唯一の計算問題なので、定期テストには必ず出ますし、
入試でもよく出題されます。

ポイントは「飽和水蒸気量」

飽和とは、最大限度まで満たされている状態のことで、簡単に言うと、
「もういっぱいだ」
「これ以上、入らない」
という意味ですね。

水蒸気が空気中にもういっぱいで、これ以上入らない状態。
ゆえに水蒸気が凝結し、水滴になるのです。
このときの温度を「露点」と言います。

湿度=現在の空気が含んでいる水蒸気量÷その気温での飽和水蒸気量×100

少し難しいですが、慣れるとできるようになりますし、
「湿度」の意味が分かり、日常での応用に役立ちます。
コメント

入試における基本の技術

2011年12月17日 | 塾でのできごと
今日、中学3年生は、実力テストを実施。
冬休みに向け、課題・弱点を見つけるためです。


さて、入試において、解答するとき、大事なことは

・点を落とさないこと
・点を拾っていくこと

この2つです。


点を落とさない

⇒計算問題は最低2回解いてみる
⇒誤字・脱字がないかチェックする

点を拾う

⇒何か書く(特に記号問題)
⇒部分点を狙う(数学の証明や英作など)


入試は一発勝負!運も実力のうち!
コメント

私立か公立か・・・

2011年12月16日 | 塾でのできごと
私立高校か、公立高校か・・・

難しいですね。

私立高校は、授業料の補助制度が始まりましたし。
http://www.pref.osaka.jp/shigaku/shigakumushouka/shigakumusyouka_23.html
コメント

先輩・後輩という文化

2011年12月15日 | 教育よもやま話
あるアメリカ人の友人に、日本のいいところ、を尋ねたとき、

「日本の先輩・後輩という文化だなあ」
という意外な言葉が返ってきたことがありました。


学校でも、スポーツでも、仕事でも、
年上の先輩が、年下の後輩の面倒をみたり、
教えたり、困ったことがあれば助けたり。

ときには理不尽な先輩がいることもあるけれど、
無条件に先輩として敬われ、後輩は頼りにする。
そしてそれが、下の年代に続いていく。

アメリカにはそんな文化がない。日本に来て、
これは素晴らしい文化だなあと感じた、そのように言っていました。

そういえば、同窓会などに出席すると、当時の特に体育会系の
先輩・後輩の関係って、絶対的なものがあったと再確認できますね。

40歳を超えると、外見による歳の差なんてあまり分からなくなっても(笑)
先輩には頭が上がらないんですよね。どうしても低姿勢になりますよね。
絶対に「タメ口」なんてきけません(笑)

翻って、最近の小中学生は、年上だろうが、子どもどうしでは、ほとんど「タメ口」
となってしまいましたよね。ここ10年ぐらいで。残念だなあと思っています。
気のせいであればいいのですが。

コメント

新幹線はカリアゲ

2011年12月14日 | 教育よもやま話
昨日の「ハンセンカリアゲ」は今の生徒には古いですから(笑)

こちらをおススメします。
「新幹線はカリアゲ」または「新幹線は借り上げ」

これだと「火成岩」の2つの分類、深成岩と火山岩も覚えられます。
色が薄い順、粘り気が小さい順に、

深成岩⇒花崗岩、閃緑岩、はんれい岩(新幹線は)
火山岩⇒流紋岩、安山岩、玄武岩(カリアゲ)
コメント

ハンセンカリアゲ

2011年12月13日 | 教育よもやま話
スタン・ハンセンというプロレスラーがいて、
彼の髪型はカリアゲだったのですが・・・(笑)

もう古い話になってしまいました。
覚えているのは、現在何歳ぐらいまでの人なのでしょうか。


実はこの言葉は「火成岩」を覚えるための語呂合わせで、

ハン・・・はんれい岩
セン・・・閃緑岩
カ・・・・花崗岩
リ・・・・流紋岩
ア・・・・安山岩
ゲ・・・・玄武岩

と覚えていくのです。

それで、よくいるのですが、ハンセンカリアゲ、だけを覚えていて
肝心の岩の名前を覚えていなくて、テストで書けなかった生徒が、
毎年必ずいたのですよね(笑)
コメント

寒くなってきました

2011年12月12日 | 塾でのできごと
やっと冬らしい寒さがやってきたように感じます。

土曜日の「月食」は見た人が多かったのではないでしょうか。
月食はなぜ起こるのかと、小学1年の次男に聞かれたので、
その起こるシステムについて説明しました。
分かったと言っていましたが、本当かどうか(笑)


今週は、塾での保護者懇談です。
中3の生徒の親御さんとは、進路についてじっくり相談します。

大学は、すぐやめて違う大学に行くということが、比較的問題なく行えますが、
高校は、そうはいかないですよね。そうする人もめったにいません。

大抵の生徒が初めて経験する人生の岐路。
将来、この高校に行って良かったとなるよう、
慎重に考えることが重要です。
コメント

今から宣伝活動に

2011年12月10日 | 塾でのできごと
今から塾のパンフレット(チラシ)を庄内全域に配りに行きます!
本部の案内&個別指導部の冬期講習案内です。

本部の小学1~3年生と、個別指導部は
現在、入塾金0円キャンペーン中です!

また、このブログを見て、本部に入塾された方は
入塾金0円です!
コメント