庄内の塾 進学補習総合塾 佑学塾 塾長のブログ

庄内 塾 佑学塾 進学塾 補習塾 個別 個別指導 本部は進学補習総合塾 個別指導部

これ、生徒(子供)にもあてはまります

2016年07月05日 | 教育よもやま話
http://www.nakahara-lab.net/blog/2016/07/post_2634.html

この記事をお読みください。
中原淳(東京大学准教授)のブログです。

「成長しない人」の7つの特徴、について書かれてあります。
これ、本当にその通りだと思います。

特に、生徒、主に中学生によくあるのは、

1,2,7です(笑)

やはり、小学生のうちから、こうならないように
していかなアカンなあと、本当に思います。
コメント

自信があります!佑学塾!

2014年03月31日 | 教育よもやま話
最近、佑学塾を宣伝するとき、題名の言葉を使っています。

本当に自信があるからです。

最近増えてきた、大手の個別指導塾に、負けるはずありません。

庄内で20年以上、以下の目標を持って、指導しています。 

佑学(ゆうがく)塾(じゅく)では、小学生には、「勉強するクセ」と「基礎学力」を、中学生には、「努力するクセ」と「確かな学力」を、身につけさせることを目標とし、他塾にはマネのできない、「面倒見のよさ」で日々指導をしています。


そして、料金ですが、本部佑学塾は、例えば中3生で、

1コマ(80分授業)が週3回2コマずつ、計6コマで

31,000円です。

これを、週6コマ個別指導に行きますと、塾によって様々ですが、

70,000円以上
かかるところが多いです。

加えて、佑学塾本部は、

補習は無料!

定期テスト1週間前から毎日テスト対策補習授業!
なのです。

だから、自信があります!
コメント

100秒博士アカデミー

2014年01月20日 | 教育よもやま話
100秒博士アカデミーという番組は面白いですね!

この番組は子供たちにおすすめです。

「こんな研究あるんだ!」
「こんな研究してみたい!」

という気持ちになる子供が
少なからずいるのではないでしょうか。
コメント

音読のススメ

2013年10月31日 | 教育よもやま話
久しぶりに、教育の話題(笑)

先日たまたま見た、「100秒博士アカデミー」という番組で、


「◆算数ができなければ○○を勉強すれば良い」

というタイトルがありました。

「受験博士 西村則康先生」という方が、こんなことを言っていました。



「算数ができないのは、国語ができないから」

それで、何をすればよいかというと、

「てにをは、に○を付けながら、音読をさせる」


という、いたってシンプルなものでした。

これは納得!ぜひやらせたいですね。


特に、算数の文章題だできない子は、「てにをは」がわかっていません。

飛ばして読むからですね。



そこで、「てにをは助詞を復習。

格助詞
「で」(場所)(手段)(対価)(材料・原料)(原因・理由)
「に」(場所)(方向)(時間)(相手)(結果)(目的)(対象)
「を」(対象)(場所)
「が」(主語)(対象)
「の」(所有)(所属)(主語)(性質)(強調)(もの・こと)

副助詞
「は」(題目)(取り立て)


算数では、この6つに気を付ければ十分だと思うので、

これらに○を付けながら、音読しましょう。

頑張って継続すれば、必ずできるようになるのではないかと思います。

コメント

「じいじ・ばあばの底力」

2013年04月25日 | 教育よもやま話
「じいじ・ばあばの底力」のご案内
 
この新たなプログラムは、幼稚園年長~小学3年生のお孫さんを持つ、おじいちゃん・おばあちゃんを対象にした、お孫さんの学習を「手助けをする」ことを目的としたものです。勉強を「教える」となると、少し敷居が高くなってしまいます。「教える」のではなく、お孫さんが勉強したものを採点する・チェックする・できるなら質問に答えてあげるなど、あくまでも「コミュニケーションをとりながら」、「手助けをする」ものです。

塾で小学生の高学年や、中学生を見ていて、基礎学力が身に付いていないと感じることが、最近本当に多くなってきました。やはり基礎学力・学習する習慣は、小学生低学年の間に身に付けないといけないと、切実に思います。このお手伝いをお孫さんのために、やっていただけないでしょうか?

ですから、「忙しいパパ・ママの代わりに」、「人生で大事なことは、じいじ・ばあばが教えてくれた」、「やりそびれた使命を果たしてから老境に入る」、などなど、理由はそれぞれでしょうが、お孫さんのためにひと肌脱いでみませんか?


もちろん、お時間があれば、お父さん・お母さんでも構いません。



内容

国語・漢字・算数・計算ドリルなどをお孫さんに学習してもらい、それらを採点・チェック・質問に答えるなどをしていただきます。そして月に1回は塾に来ていただき、そのときに我々講師が、学習方法の伝授やご相談にのらせていただきます。お孫さん・お子さんと一緒に来てもらってもかまいません。


ご興味のある方は佑学塾へご連絡ください!

06-6336-9841
コメント

最近お気に入りのセリフ

2013年01月16日 | 教育よもやま話
以前、マンガにおける名台詞をいくつか日記に書いたと思いますが・・・

最近お気に入りの、マンガでの台詞があります。

バレエのマンガだったと思いますが、プリマが、


「未来の私が、今の私にむかって、こう言うの。その壁を越えろって。」


確かこんな感じだったと思うのですが、いい台詞だと思います。

普段、人は「出来ない理由を探して」努力を怠ることがよくあります。

学習も同じで、未来には出来るようになっているのだから、

今、懸命に頑張って、出来るようにならなければならないのですね。
コメント

農村宿泊

2012年11月14日 | 教育よもやま話
普通の旅行や校外学習よりも良さそう・楽しそうですね!


http://www.yomiuri.co.jp/kyoiku/news/20121114-OYT8T00723.htm

北九州市八幡西区の穴生中(千々和隆生校長)の2年生175人が13日、農村宿泊のため、大分県宇佐市安心院町を訪れた。安心院町は農家に泊まって農作業を体験したり、地元の人と交流したりするグリーンツーリズムの発祥地とされ、同校は中学として初めての10年連続訪問となった。


 安心院中央公民館での歓迎式で、安心院町グリーンツーリズム研究会の宮田静一会長(63)は「1回泊まれば遠い親戚、10回なら本当の親戚」として、同校に「親戚の証明書」を贈った。千々和校長は「人の優しさに触れ、農作業など初めての体験をすることで、生きる力を学ぶことができる。農泊は子供の宝になる。今後も安心院への訪問を続けたい」と感謝した。


 宮田会長らは約20年前から、農村民泊を始めた。2001年から高校生を受け入れていたが、中学生は03年から、体験学習として受け入れができるようになり、穴生中は毎年、訪問するようになった。卒業後に家族や友人と一緒に安心院を再訪する人も多いという。


 農泊実行委員長の渡辺友樹さん(13)は「先輩たちから、安心院での思い出を聞き、農泊を心待ちにしていました」と話していた。生徒たちは37軒に分かれ、2泊3日で農村生活を体験する。


 同研究会によると、宇佐市には今年度中に、中学・高校の計39校が体験学習や修学旅行で訪れるという。

(2012年11月14日 読売新聞)
コメント

abc予想と、iPS細胞と

2012年10月19日 | 教育よもやま話
abc予想

数学上の未解決問題 a + b = c
を満たすような、互いに素な自然数の三つ組 (a, b, c) に対し、積abc の互いに異なる素因数の積を d と表記する。このとき、任意の実数 ε > 0 に対して、

c > d (1+ε)
となるような三つ組 (a,b,c) は高々有限個しか存在しないであろうか?


なんのこっちゃ?ですよね(笑)



iPS細胞


人工多能性幹細胞(じんこう たのうせい かんさいぼう、英語:Induced pluripotent stem cells)とは、体細胞へ数種類の遺伝子を導入することにより、ES細胞(胚性幹細胞)のように非常に多くの細胞に分化できる分化万能性 (pluripotency)[注 2]と、分裂増殖を経てもそれを維持できる自己複製能を持たせた細胞のこと。 日本語では、英語名の頭文字を採って iPS細胞[注 3](アイピーエスさいぼう、英語[逆成]:iPS cells, iPSCs)と呼ばれるほか、英語名の意訳で誘導多能性幹細胞(ゆうどう たのうせい かんさいぼう)[注 4]とも呼ばれる。


こちらは何となくわかりますよね。


数学の教師としては、将来、このような業績を達成できるような人になれるよう
中学生にガンガンやらせて、理系に行く人間を増やす、というのが正道かなあと。
コメント

abc予想

2012年09月24日 | 教育よもやま話
a + b = c
を満たすような、互いに素な自然数の三つ組 (a,b,c) に対し、
積abc の互いに異なる素因数の積を d と表記する。
このとき、任意の実数 ε > 0 に対して、

c > d (1+ε)
となるような三つ組 (a,b,c) は高々有限個しか存在しないであろうか?



京都大学教授の望月新一さんが、abc予想を証明する論文を
インターネット上に公開したそうで、証明の判定に時間がかかるそうです。

中学生にもこのニュースを知っている子がいて、

「先生!これはすごいことなんですよねえ?」

と聞かれ、

「すごいことなんやろうなあ。」

としか言えませんでした(笑)
コメント

中学理科の教科書

2012年09月19日 | 教育よもやま話
今年から教科書が変わり、今まで1分野・2分野

と分かれていたものが、学年別で、1年・2年・3年

となりました。

その方がすっきりしていて、判りやすいです。

そしてまた、かなり分厚くなりました。

写真や図がふんだんに使われていて、とても詳しいし、面白いです。



是非一度、手に取って見てみてください!

教科書ですけど(笑)
コメント

ディオファントスの年齢

2012年09月07日 | 教育よもやま話
彼は一生の6分の1はかわいい少年だった。
その後、一生の12分の1たって、あごひげをのばした。
さらに、一生の7分の1たって結婚し、その5年後には
子供が誕生し、幸せになった。
しかし、この子供は、父の一生の半分だけの年月しか
生きることができなかった。
そして、父はこの子の死後4年後にこの世を去った。

彼は何歳まで生きたのでしょうか?
コメント

公式で使う文字

2012年09月05日 | 教育よもやま話
中学校の新しい数学の教科書は、かなり厚くなって、

詳しい説明や例題が、たくさん掲載されるようになりました。


その中で、公式に使われる文字の説明がありました。

例えば、S は面積を表すのですが、正確には Surface area

V は体積ですが、Volume などと説明があります。


さて、では、radius の r は何でしょう?
コメント

倍数の個数

2012年08月28日 | 教育よもやま話
1~100までの整数で

①6の倍数の個数は?
②6の倍数ではない、9の倍数の個数は?
③6の倍数でもなく、9の倍数でもない数の個数は?

小学5年の問題ですが、すぐできますか?(笑)
コメント

通信制大学での授業③

2012年08月23日 | 教育よもやま話
一般教養・共通科目の授業は、受講する人数も多く、
いろんな人と出会えるし、活気もあり、面白く、
講師もまともな人が多かったように思います(笑)

しかし、専攻の科目になると、自分の研究を押し付ける教授や、
授業がさっぱり面白くない人も、中にはいました。

とある教授の授業が本当につまらない授業で、不評だし、
しかも、その教授がよく遅刻をしていました。

あるとき年配の受講生の人が教授に言いました。

「私ら、金払って、時間も作って、頑張って来てますねん。
 もっと真面目に授業してもらえまへんか?」

教室で拍手がおこりました(笑)
コメント

通信制大学での授業②

2012年08月22日 | 教育よもやま話
大学では必ず「英語」の授業があります。

論文を読む・書くのに英語は必要だからです。


ところが、社会人やリタイア後の人は、
英語のできない人が多かったです。

もう忘れてしまっているのですね。

専攻の学問は文献や論文を読んで学習すればいいですが、
英語は単語は忘れているし、もちろん文法も。

英語で苦労している人が多い中、
私は読み書きは大丈夫だったので、
よく質問されたり、授業中あてられることが多く、
ちょっとしたヒーロー気分でした(笑)
コメント