傍聴絵日記

トライアスロン選手に突っ込まれ、パーキンソン症状に悩む人生はもうすぐ終わりそうです。

【判決】酒気帯び運転死亡事故現場から逃走

2019年01月08日 | 刑事事件
平成30年(わ)第1156号 

諸永 拓也(31)

過失運転致死アルコール影響等発覚免脱、道路交通法違反

【判決】
懲役4年

勤務終了後、わざわざ大宮の焼鳥屋で飲酒ののちに遠回りした道中での人身事故を酒気帯び運転の発覚を逃れるために、被害者の救護を怠った死亡事故です

しかしながら、被害者(54)の血中からもアルコールが検出されている事、被告人の自首の成立が認められたことなど被告人にとって有利な事情もありますが、任意保険に未加入の車両で市街地を96km/hで走行した結果としてはやむを得ないのでないでしょうか
被告人の人命軽視の姿勢も指摘されてしまいました
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
« 平成31年1月8日開廷表(... | トップ | 平成31年1月9日開廷表(... »

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

刑事事件」カテゴリの最新記事