【北辰物産D-station】スタッフの声

北辰物産オンライントレードスタッフによるブログ。取引画面の便利な利用方法の紹介など様々な角度から情報発信致します。

秋も深まる。。。

2017-10-31 19:20:58 | 相場情報

商品先物取引のリスクについて


こんばんわ。

毎年10月31日に行われる古代ケルト人が
起源と考えられている祭。ハロウィン。
本日がそのハロウィンです。


私の子供の頃、若かりし頃には、
耳にしたことがないイベントでした。
それがいつの間にか、クリスマスや
バレンタインデイと同等に扱われるようになりましたね。


ハロウィンとは、もともとは秋の収穫を祝い、
悪霊などを追い出す宗教的な意味合いのある行事でしたが、
最近になって、欧米でも民間行事として定着し、
祝祭本来の宗教的な意味合いはほとんどなくなっているそうです。


カボチャの中身をくりぬいて「ジャック・オー・ランタン」を
作って飾ったり、子どもたちが魔女やお化けに仮装して
近くの家々を訪れてお菓子をもらったりする風習などが
世間的にはすっかりと定着していますね。


いずれにせよ個人的には、あまり縁のない
イベントなのは確かなようです。(苦笑)
将来のことはわかりませんが。。。


「収穫の秋」ということ、時々私が本ブログで紹介している
トウモロコシ相場についてですが、
まずはチャートをご覧ください。

シカゴコーン・日足


シカゴコーンは7月上旬には400セントを上回る水準でしたが、
その後米産地でコーンの生育にとって良好な天候が続き、
過去3番目の豊作が見込まれる状況となったことから、
8月末には340セント台まで下げました。
9月以降は350セントを挟んでもみ合いとなっています.


東京コーン・日足


一方、東京コーンはシカゴコーンが弱もみあいとなっているものの、
外為市場でドル高・円安が進んだこともあり、
8月末から上昇しております。

ドル円・日足


現地では収穫期をもう少しで終わり、
その後は需給相場に移行します。
この転換期にシカゴコーンの弱持ち合いが終わり、
上昇トレンドに転じるのか。。。


金や原油も注目ですが、穀物にもご注目ください。


では、マタ。


セミナー情報】
11月9日(木)開催
「12月の米利上げが意識されるなか、金相場はどう動く?」
~米金融政策と就任1年を迎えようとするトランプ政権から見る今後の動向~



11月22日(水)開催
「D-stationで始める 金オプション取引」
~オプション取引の基礎をわかりやすく解説~



【キャンペーン情報】













商品先物 ブログランキングへ

忘れ物注意

2017-10-30 19:50:02 | Weblog

商品先物取引のリスクについて


こんばんは。

昨日の台風はすごかったですね。

そのため、せいぜい近場のクリーニング店でスーツの受け渡しや、
ごはんを買いに外にでたくらいで、ほぼ家に引きこもっていました。

ここ最近、雨が多くて洗濯物を部屋干しすることが日常化してきました。
ただ、昨日は洗濯したところ、部屋干しどころか洗濯したことを忘れて、
洗濯機の中にそのまま放置してしまいました。


放置に気づいたのは、本日、会社に向かう直前に目についた、
「洗濯機の蓋の状態」

普段、洗濯を終えると早く乾燥するように開けっ放しに
しているのですが、閉じられていました。



とりあえず、洗濯物を洗濯機に入れたまま放置するのは、カビが発生する原因に
なると聞いたことがあるため、急いで洗濯機から取り出してきました。
今日、帰った後、もう一回洗濯しないと…

自分の不注意が原因とはいえ、憂鬱です。



さて、先週末の担当者よりサマータイムと連休中の注意がありましたが、
私の洗濯物のように、連休中に建玉を寝かせたまま
忘れていたなんてことが無いように、事前にリスク管理として
建玉を確認してみてはどうでしょうか。

※つい先日、連休明けの相場の例を書いておりましたので、
参考までに。 ⇒ 「連休明けの相場」


最後に、明日は月末になりますが、明日の夜間立会から
証拠金が変わります。
今回の変更では、一部の石油銘柄(中京銘柄・スワップ取引)は
変動しますが、金などの主要な銘柄は現在と変わらない銘柄が多いようです。
念のため、お客様がお取引される銘柄は、下記よりご確認ください。

11月1日から15日までの証拠金についてはこちら

それでは、また。

【セミナー情報】
11月9日(木)開催
「12月の米利上げが意識されるなか、金相場はどう動く?」
~米金融政策と就任1年を迎えようとするトランプ政権から見る今後の動向~



11月22日(水)開催
「D-stationで始める 金オプション取引」
~オプション取引の基礎をわかりやすく解説~



【キャンペーン情報】










商品先物 ブログランキングへ

サマータイム終了

2017-10-27 17:04:15 | Weblog

商品先物取引のリスクについて



10月も来週で終わり。
ということで秋らしいイベントも
大体が今月という方が多いのではないでしょうか?

私も先週末は夜勤明けで
娘の保育園の運動会へ行ってまいりました!
運動会といっても0歳~1歳児クラスなので、
皆様が想像するような所謂『運動会!!』というわけではなく、

『こんなことできるようになったよ!』

というようなお披露目の出し物がメインの会です。
私の娘は、横に倒して置いたはしごをまたいで歩いたり、
台からジャンプで降りたりする競技でした。

ちなみに親が参加する競技もありまして、
今年は『球入れ』でした!!
雨で室内ということもあり、
目標の籠は低い位置にセッティングされていた為、
少し遠めの位置から投げることになりましたが、
そこは球技をやっていた経験を活かし?2回戦とも
勝利に貢献することができたかなぁ~と自画自賛!笑

運動会終了後は、
来年引っ越した後に入園させたい幼稚園の面接へ!!
無事に合格することが出来た為、
いよいよ家の完成を待ちつつ引っ越しの
準備の準備を進めていく段階まで来ました。
今週で家の形になる予定なので、
明日見に行くのがとても楽しみですが、
それと同時に住宅ローンの実行も近づいて来る為、
とてもとても身の引き締まる思いです。


さて、
米国のサマータイムですが、
今年は11月5日(日)で終了し、冬時間へと移行します。

米国の経済指標発表時刻や、
ニューヨーク金・白金・原油などの立会時間が
現在より1時間遅くなりますのでご注意ください。

ちなみに来週金曜日の夜には米雇用統計の発表があります。
サマータイムで最後の発表になりますが、
11月3日ですので日本は文化の日で祝日です。

日本の祝日明けは、
海外の動きが一気に反映されるのでリスクが高くなりがちですが、
今回はそれに加えて雇用統計の発表があり、いつも以上に注意が必要です。

お取引中の方は建玉を整理するなど、
リスク管理にはくれぐれもご注意ください。


それではマタ!!


【セミナー情報】
11月9日(木)開催
「12月の米利上げが意識されるなか、金相場はどう動く?」
~米金融政策と就任1年を迎えようとするトランプ政権から見る今後の動向~



11月22日(水)開催
「D-stationで始める 金オプション取引」
~オプション取引の基礎をわかりやすく解説~



【キャンペーン情報】










商品先物 ブログランキングへ

意外な金需要国No1

2017-10-26 18:45:48 | Weblog

商品先物取引のリスクについて



ここ最近は雨が多い日が続いておりましたが、
今日は全国的にも久し振りに青空の広がる
気持ちの良い天気となっております。

ただ、この天気も明日までらしく、
今週末から来週にかけては、再び雨が続くとの
予報になっております。

それにしても、今年は雨が多すぎの様に感じます。。。
6月の梅雨時期からずっと梅雨明け出来ずに続いているような
感覚なのは私だけでしょうか?!

地球の温暖化によるものかは分かりませんが、
今年は夏場の長雨による日照不足であったり、もう11月になる
というのに台風が日本列島を縦断するなど、例年にはない
「異常気象」を感じる年となっております。

またもや台風22号が日本に近づいているらしく、
先週末同様、台風の進路に注意、警戒が必要となりそうですね。



さて、今日は金の意外な話題を少々。。

皆様、国民1人当たりで金の需要が多い国はどこだと思いますか?

金の需要が多い国というと、詳しい方ですと、
中国?インド?

と頭に浮かぶ方も多いかと思います。

ただ、世界の産金業者で構成するワールド・ゴールド・カウンシルの
調査によりますと、需要量のトップはなんと「ドイツ」だそうです。

少し意外に感じた方も多いかもしれませんが、
「国民1人当たり」というのがポイントとなります。

国全体の需要としては世界1位が中国、2位がインドとなりますが、
1人当たりで比較すると、ドイツが両国を大きく上回る結果となっております。
確かに人口規模と、1人当たりの所得を考えると納得です。

調査によると、2016年の金地金、コインに対する国民1人当たりの需要は
ドイツが1.4グラムとなり、2位のトルコ0.9グラムを大きく引き離したそうです。
因みに3位に中国で0.7グラム。以下、米国、英国、インド、ロシアと続いてます。

興味深いのはドイツ全体の年間の金需要は1995年から2007年までは、
平均で17トン程度で推移していたのですが、リーマン・ショック後の2008年以降は
ほぼ100トンを超えております。

イギリスのEU離脱を問う国民投票があった昨年が過去最大の190トンを記録し、
今年はさらに記録を伸ばす勢いだそうです。

背景には、ドイツは、第二次大戦後のハイパーインフレに苦しんだ経験もあり、
過去100年で通貨を8回変更した歴史がある為、国民もリスクに備えて実物資産である
金を選好しやすいという分析もありますが、そこに最近の右派傾向が強まる欧州の
政治情勢が重なっていることも要因といえそうです。

好景気を背景に欧州経済を牽引しているドイツでも
国民のリスクに対する意識の高さが伺えます。

本日は、その欧州でECBによる金融政策の発表が控えております。
今回の会合では来年1月から量的金融緩和の縮小を決める見通しですが、
縮小規模や期間についての見方が分れており、注目されております。
発表の20:45は付近はマーケットも動く可能性があるのでご注意ください。

本日の経済指標はこちら
それでは、また。





【セミナー情報】
11月9日(木)開催
「12月の米利上げが意識されるなか、金相場はどう動く?」
~米金融政策と就任1年を迎えようとするトランプ政権から見る今後の動向~



【キャンペーン情報】










商品先物 ブログランキングへ



いつ発表されてもおかしくない次期FRB議長に注目!!

2017-10-24 17:22:12 | Weblog

商品先物取引のリスクについて


こんにちは!!

先日は衆院選挙に超大型台風接近通過という何かと大変な
日となりましたね。

この台風で被害に遭われた方へはお見舞い申し上げます。


私も、昨日の朝は台風接近で自宅の習志野市では暴風雨だった
ため、防水のゴム靴(パッと見は革のビジネスシューズに見え
るもの)を履いて、上下カッパを着て完全装備で通常よりも
早めに家を出ましたが、やはり電車は止まっていて動くのを
待つしかなし。。

強風だと、荒川に架かる橋を電車が渡れないようです。。。

やや風が弱まると電車が動いてくれて何とか無事に会社へ
到着しましたが、なんと会社周辺は風はほぼなく雨も止んでる
じゃありませんか!

暴風雨のなかでは、格好つけるよりも状況に適した完全防備の
ほうがよっぽどマシとか思ってましたが、都内では逆に恥ずか
しい格好となりました(笑)


話しは変わりますが、トランプ大統領のアジア歴訪を来週に
控えます。

最初の訪問国となる日本へは5日に到着するそうですが、到着
したその日に安倍首相と「ゴルフ外交」の予定だとか。。

コースは、2020年東京五輪のゴルフ会場となる
「霞ケ関カンツリー倶楽部」(埼玉県川越市)を予定してそうで、
サプライズなのは、この「ゴルフ外交」に、世界で活躍する
プロゴルファーである松山英樹選手が同伴するそうですね。
トランプ大統領は「ゴルフを楽しみにしている」と答えたとの
こと。

はたして、松山選手は手加減するのでしょうか。。

全くありえませんが、万が一私が松山選手だとすると、接待の
おもてなし精神でトランプ大統領の顔を立てるのかどうか悩み
そうです(笑)

手加減して「馬鹿にしてるな」と思われるのも困りますし。。。

でもスコアは公表されないのでしょうね。。

米メディアによると、トランプ氏はシングルの腕前だそう。

一方、安倍首相は自身のスコアを「国家機密」としているそう
ですが、90~100台で回ることが多いという噂もあるようです。。

先ずは天候に恵まれると良いですね。


◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆


さて、マーケットはというと。。。

今日の金相場は堅調と言えば堅調ですが膠着といった印象。。

市場では、次期FRB議長人事の行方に注目が集まっているよう
です。

トランプ大統領は候補の5人と面談を終えており、先週は
アジア歴訪前には決定すると言われていましたが、ここにきて
決定の日は「非常に近づいている」と述べたこともあり、
いつ発表されてもおかしくない状況となっているためと見られ
ます。

候補の5人から誰が選任されるかで相場は動きそうです。

タカ派と受け止められているウォーシュ
元FRB理事と、テイラー・スタンフォード大教授、コーン
国家経済会議委員長の中から選任されると、金の圧迫要因と
受けとめられそう。

対照的に、低金利策を主導してきたイエレン議長が再任若し
くはイエレン議長の政策を引き継ぐと見られ、
中立のパウエルFRB理事が選任されると、金相場にとっては
好感されると思われます。

発表日が決まっていないだけに目が離せませんね。。


それでは。。。。また!!!




【セミナー情報】
10月26日(木)開催
「初めての商品先物取引」


11月9日(木)開催
「12月の米利上げが意識されるなか、金相場はどう動く?」
~米金融政策と就任1年を迎えようとするトランプ政権から見る今後の動向~



【キャンペーン情報】










商品先物 ブログランキングへ

衆院選、与党圧勝!

2017-10-23 18:33:51 | お知らせ

商品先物取引のリスクについて


こんばんは。

週末から本日の朝にかけての台風はすごかったですね。
関東も、週末から雨が降り続け、折角の土日の休日や
衆議院選挙の投票にも影響が出た様です。

さて、22日に投開票の行われた衆議院選挙は与党自民、
公明党が圧勝。

313議席と憲法改正の国会発議に必要な3分の2の310議席
を上回りました。

選挙戦前にメディアや国民の注目を集めた希望の党は苦戦。

一方、枝野氏が代表を務める、立憲民主党が野党第一党
となるなど躍進しましたが、安倍1強を崩す事は出来ませ
んでした。

与党勝利を受けて、週明けの東京市場では政策進展期待
から海外投資家中心に株が買われ、前日比239円01銭高の
2万1696円65銭と、連騰記録は過去最長となる15営業日
続伸となりました。

また、リスク回避姿勢の巻き戻しから、円売り・ドル買い
が強まり、ドル円は一時114.09円まで上伸。

さすがに114円台では利益確定の売りなどが入り、取引
終盤には113.60円台まで押し戻されましたが、前週末の
米上院で2018年度の予算案が可決するなど、ドルの
先高期待も強く、夜間に入ってからもドル円は、113円台
後半で堅調な動きとなっています。

株価が上昇している割に、一般大衆まで景気回復感が
伝わらず、生活が潤った感に乏しいのが現状です。

2020年には東京五輪が開催されますが、その前に消費税
増税が実施されると、一段と生計を圧迫する事が予想さ
れます。

政治のみに頼る訳にも行きませんので、国民全体の努力に
より明るい未来を迎えたいですね。


さて、今週26日(木)は、北辰プレミアムセミナーが
開催されます。

今回は、初心者の方や再度基本事項を確認したい方などを
対象に、弊社アナリストの猪俣雅弘が「初めての商品先物
取引」との演題でセミナーを開催致します。

まだ、席に余裕がございますので、ご興味お持ちの方は、
参加費は無料ですのでお気軽にお申込み下さい。


それではまた。


【セミナー情報】
10月26日(木)開催
「初めての商品先物取引」


11月9日(木)開催
「12月の米利上げが意識されるなか、金相場はどう動く?」
~米金融政策と就任1年を迎えようとするトランプ政権から見る今後の動向~



【キャンペーン情報】










商品先物 ブログランキングへ

1枚100,000円?

2017-10-20 15:12:10 | Weblog

商品先物取引のリスクについて


こんにちは。

昨日のブログでwindows updateに関する話題が出ていたので
自宅のPCでも試してみたところ、DL開始~インストール後の
諸々のupdate終了までで大体2時間程度かかったようです。

「ようです」、というのもupdate中に寝落ちしてしまい、
正確な時間が計れなかったわけですが、
まさかPCの再起動より自身の再起動までの時間の方が長くなるとは…


気を取り直して市場を見てみますと、
東京市場で白金とパラジウムの価格差が逆転し、
パラジウム>白金 となってから1週間が経過しました。



(価格差の詳細はこちらから)

今回の逆転は2001年以来およそ16年振りの出来事で、
需給関係の変化が主な要因だと言われています。

また、価格差だけでなくパラジウム自体の価格も上昇しており、
金・銀・パラジウム合金である「銀歯」も値上げされた
なんてニュースもありました。

これはそのうちパラジウムカードなんてものも作られるのでは?
なんて思っていたら…もうありました、パラジウムカード。

どうやら所謂「ブラックカード」と同等or上回る?らしく
(雲の上の世界なので差がよくわかりませんでした笑)
本当に選ばれた人のみが所有しているようです。

様々な特典があるらしいこのカード、金属で出来ているため
通常のクレジットカードより重く、重量は約1オンス。
単純にこの1枚だけでも結構な価値がありそうですね。


さて、明後日22日(日)は衆議院議員総選挙の投票日です。
今回は解散前後に野党の勢力図が大きく変わるなど色々あった印象
ですが果たして結果はどうなるのでしょうか。

ここ数回の衆院選後では商品相場に大きな動きは見られませんでしたが、
結果次第で為替に動き⇒商品相場もそれに引っ張られる形で動く
という可能性もあるのでご注意ください。

それではまた。

【セミナー情報】
10月26日(木)開催
「初めての商品先物取引」


11月9日(木)開催
「12月の米利上げが意識されるなか、金相場はどう動く?」
~米金融政策と就任1年を迎えようとするトランプ政権から見る今後の動向~



【キャンペーン情報】










商品先物 ブログランキングへ

「待て」状態

2017-10-19 17:06:21 | Weblog

商品先物取引のリスクについて


こんにちは。

「Windows 10」をご利用の方、夜にパソコンの電源を閉じて、
朝方パソコンの電源を入れた時、アップデートをしています、
というような文章が表示され、早く使いたいのにしばらく待たされて、
イライラした経験ありませんか?
私の場合は、会社で仕事を始めようと朝に電源を付けたら待たされて、
イライラした経験があります。

もともと米Microsoft社では、「Windows 10」は年2回大型アップデートを
行うとしておりまして、現地10月17日にその大型アップデートが配信されました。
この大型アップデートの時には名前が付けられており、
今回は「Fall Creators Update」といいます。

通常、パソコンの自動更新設定によって、「Fall Creators Update」が
お使いのパソコンにダウンロードされます。
ダウンロード後、いつインストールするか通知が届きます。
このダウンロードは、新しいパソコンから順次配信されるため、
その時期には個人差があるようです。

尚、手動でインストールを行うことも可能です。
早く新しい機能を試したいと、すぐに手動でインストールされる方もいれば、
プログラムの大幅な変更の後はバグも発見されやすいため、
あえて待つ方がいたりと様々です。


実際に更新を行うと、冒頭でお話したイライラが待っています。
そのため、まだ会社のメインで使用しているパソコンには入れていませんが、
そのタイミングは考えないといけません。

とりあえず昨晩、自宅のデスクトップパソコンで試した時、
どれくらい時間がかかったかをお伝えしますので、
一つの参考にして頂ければと思います。

まず、使用している環境によって、かかる時間に影響があるかも
わかりませんので、一応、試した環境も大雑把に書いておきます。

環境
------------------
CPUは、Core i5 2500k。
※2011年販売。
 後ろにつく2000番台は、Core iシリーズの第2世代を表します。
 最近、8000番台の第8世代が発表されたので、
 6世代前のものを使用していることになります。
尚、第一世代は4桁の数字ではなく3桁です。

メモリは、8GB
OSのインストール先は、SSD。

インターネット回線は光。
尚、無線は使わずに有線接続。
------------------

「更新プログラムのチェック」ボタンを押してから、
ダウンロードが完了するまで約35分かかりました。
尚、ダウンロード中は他に何もできなくなるということはありません。
音楽を鳴らしながらネットサーフィンをしていました。

ダウンロードが完了すると、インストールの通知をいつ行うか聞かれます。
このインストールしている間が、何もできない状態です。
普段、この通知が届いたら、イライラすることが無いように
インストールするタイミングを考えましょう。


今回はすぐにインストールを開始。
再度利用できるようになるまで、概ね15分かかりました。



特にそれほど重要でないときであれば問題も起きませんが、
例えば、重要な経済指標があるため、パソコンの電源を付けて
相場を確認しようとしたら、アップデートに待たされてしまい、
その指標発表に間に合わなくなるといったこともあるかもしれません。


個人的には、最初はバグの発見もされやすいことから、
わざわざ急いで手動で更新することもないと思います。
ただ、いざという時に売買のタイミングを逃すことが無いように、
自動更新で通知が届いた後は、時間に余裕があるときに、
さっさとアップデートしておいた方が安心かなと思います。



このブログを執筆中に、会社のノートパソコンで1台インストールしてみました。
私の勝手な予想では、無線接続のため多少ダウンロードに時間がかかりそう。
そして、インストールの時間は、使用しているノートパソコンのCPUは、
第3世代のCore i5と自宅より一つ新しい物を利用していますが、
デスクトップ用CPUに比べノート用のCPUは処理が遅い傾向にあったり、
メモリも半分の4GB、記憶媒体もSSDより遅いHDDを使っている事により、
自宅より多少時間がかかるかな?
くらいに思っていました。

その結果は…


ダウンロードだけで、2時間以上かかりました。
さらにインストールには、40分ほどかかりました。


かかる時間が自宅と全然違う結果になってしまい、
結局、どれくらい時間がかかるかは状況次第でやってみないと
わからない、という残念な結果になってしまいました。

もし、取引しようと思って40分も最初に待たされたら、
「イライラ」どころか「怒」に代わりそうですね。


それでは、また。

セミナー情報】
10月26日(木)開催
「初めての商品先物取引」


11月9日(木)開催
「12月の米利上げが意識されるなか、金相場はどう動く?」
~米金融政策と就任1年を迎えようとするトランプ政権から見る今後の動向~



【キャンペーン情報】










商品先物 ブログランキングへ

本当に必要なことは。。。

2017-10-18 23:14:11 | Weblog

商品先物取引のリスクについて


こんばんわ。

リンゴのマークで有名なスマートフォンが
先月発売した一部の機種で売れ行きが伸び悩んでいるそうです。
かつては新製品が出る度に店頭には多くの客が
押し寄せていたそうですが、そういった風景も
見かけなくなっているようです。


消費者の反応が鈍い理由としては、ブランド力の低下、
前モデルと比較して付加的な改良しか見られなかったこと、
スマートフォンを買い替える頻度の低下等が挙げられています。
(値段が高い。。。ということもあるようです。)


また、次の機種が11月に販売が予定されていますが、
「同機種待ち」での買い控えや競合他社の高機能機種との
競争にもされらされているようです。


確かにここ最近発売される機種はどれもこれも、
スペックが良くなっていることはもちろんですが、
様々な機能があり大変便利になっていますね。


ただ、私もスマホユーザーとなって、5年ほど経ちますが、
殆ど利用しないアプリも多々あります。
この機能どういうときに使うのだろう?
とお思いの方もいらっしゃるのではないのでしょか。


私は約2年前にこれまで利用していたスマホの調子が
悪かったこともあり、機種変をしました。
この際には初めから多くのアプリが入っている
機種は避け、単純にスペックと値段を重視した
機種選びをした記憶があります。


ついでに、通信会社に関しても15年以上利用していた
某大手のキャリアから格安スマホに変更しました。
私の用途からすると、キャリアメールが利用できなくなる以外は、
特に弊害はないと考えての乗り換えでした。
おかげで月々の通信費は、当時から約6000円弱
抑えることができており、日常生活においても、
特に支障は来しておりません。


スマホも日々進化を遂げており、新しい機能を楽しむことは
有意義なことだと思いますが、
それが自分にとって本当に必要なのか十分に
見極めることが重要ですね。


さて、本題。
弊社はオンライン専業の商品先物業者です。
注文は全てお客様が取引ツールを利用して、
インターネット経由でご発注頂くことになります。


注文をご発注頂くために弊社では以下の4つの取引ツールを
ご用意しております。
●PC・タブレットWEB版D-station(ディ・ステーション)
●PC・アプリ版Presto(プレスト)
●スマホWEB版D-touch(ディ・タッチ)
●携帯電話(ガラケー)版D-mobile(ディ・モバイル)

これら4つの取引ツールを全てご利用ください、
というわけではありません。
それぞれお客様のトレードシーンに合わせて、
取引ツールを選んで頂くことになります。


また、注文方式も通常に1件毎発注する方法や
新規注文と仕切注文を同時に発注する方法や
ドテン注文に対応した注文画面等様々な
画面・メニューをご用意しております。


注文の方法についても、PC画面を見ている時間が多いのか、
あまり画面に張り付いて相場を見る時間がないのか
によって、使い分けて頂くことになります。


更に取引銘柄に関しても、殆どの方はある程度
絞って取引されているかと思います。
取引する銘柄だけを見たい、
取引しない銘柄は表示しない、
といったようなニーズはある筈です。


このようにお取引する際には上記のような
トレードシーン、発注方法、銘柄等の条件を整理して、
取引ツールを利用されることをお勧め致します。
よって、弊社で用意しているツールを
全てご利用頂く必要もなければ、
全ての機能を使いこなす必要なく、
まずは本当に必要なものだけをしっかりと覚えて頂ければと思います。


尚、弊社のD-stationサポートセンターの受付時間は、
毎営業日朝8:00~翌朝5:30までとなっており、
取引時間内は「フルサポート」しております。
取引ツールの操作方法、サービス内容について、
ご不明な点等ございましたら、お気軽にお問い合せ頂ければと思います。


では、マタ。



【セミナー情報】
10月26日(木)開催
「初めての商品先物取引」


11月9日(木)開催
「12月の米利上げが意識されるなか、金相場はどう動く?」
~米金融政策と就任1年を迎えようとするトランプ政権から見る今後の動向~



【キャンペーン情報】










商品先物 ブログランキングへ

今年も残り2ヶ月半

2017-10-17 23:14:11 | お知らせ

商品先物取引のリスクについて



昨日今日と寒い日が続きましたね!!

都心では2日連続で正午の気温が15℃を下回りました。
10月中旬までに、都心の正午の気温が2日連続で
15℃未満となるのは1973年以来、44年ぶりとのことです。
ちなみに私が生まれるちょうど10年前です。

12月並みの寒さですから、
冬物のコートやダウンジャケットなどを
着てお出かけになった方もいらっしゃると思います。
明日は20℃ぐらいまで上がるとのことで、
少し寒さは和らぎそうですが、また明後日から
雨が降って寒くなることが予想されますので、
体調管理には気を付けたいものですね。


さて、
今年も残すところ約2ヶ月半となりました。
今年の干支は酉年ということで、
以前にも何度か紹介しましたが酉年の
相場の格言は『申酉騒ぐ』でございます。
去年、申年と今年の酉年は相場が動きやすく、
値動きの荒い年になるということを表した格言です。

今年の商品相場の各銘柄の動きはどうだったか。
少し早いですがこれまでの主要銘柄の値動きをおさらいしたいと思います。

【東京金先限連続日足チャート】


4,300円台でスタートし、
3月~8月下旬までレンジ相場が続きましたが、
8月末にレンジを上抜け4,700円まで高値を伸ばしました。

【東京白金先限連続日足チャート】


3,400円割れの水準から3月初めに
3,700円台まで上げ、6月に3,300円を割れましたが、
その後3,500円台後半まで戻して現在3,300円台と、荒れ模様です。

貴金属はどちらも高安で約400円の動きとなっております。

【東京原油先限連続日足チャート】


40,000円台からスタートして
一時31,000円割れ寸前まで下落。
そこから切り返して再び40,000円の大台回復まであと少し。
こちらもかなり値動きが荒いですね。

【東京ゴム先限連続日足チャート】


おそらく今年一番動いたのはゴムじゃないでしょうか?
1月末の高値が366.7円で、6月に付けた今年の安値は
178.8円と、なんと50%も下落しております。


ちなみに来年は戌年ですが、

『戌笑い』

というのが格言となります。
果たして格言通りの相場となるか?
は実際来年にならないとわかりませんが、
たまにはこのような見方をしてみるのも1つアリかもしれませんよ?

それではマタ!!


【セミナー情報】
10月26日(木)開催
「初めての商品先物取引」


11月9日(木)開催
「12月の米利上げが意識されるなか、金相場はどう動く?」
~米金融政策と就任1年を迎えようとするトランプ政権から見る今後の動向~



【キャンペーン情報】










商品先物 ブログランキングへ