【北辰物産D-station】スタッフの声

北辰物産オンライントレードスタッフによるブログ。取引画面の便利な利用方法の紹介など様々な角度から情報発信致します。

D-タブレットのリリース日が決定!!!!!

2015-03-31 19:02:48 | Weblog

商品先物取引のリスクについて



早いもので今日で3月は終わりです。
今年も4分の1が過ぎてしまいました。

と言うことで、明日から4月です。
入学・入社シーズンの到来ですね!

今日もすでに駅の定期券売り場には、フレッシュマン
であろう人たちが群れを成しておりました。

待てよ…
ということは、明日からの通勤電車はいつもの満員
電車がさらに5割増しで混み合うこと確定な予感。

憂鬱だ…。



どうもこんにちはSSです。
東京は桜満開なうです。
会社の裏にある公園の桜も綺麗な花を咲かせてます。

今年はタイミング悪く、週明け月曜日から見頃となり、
週末にかけて天気が崩れていくという残念な予報となってますので、
どうやら今年はお花見が出来そうにないですね。
とは言っても、毎年お花見をしている訳ではありませんが。


さて、本日ホームページでお知らせ致しましたが、
タブレットPCに対応した新しいトレードツール「D-tabret」
のリリース日が決定いたしました!!!!!

来る4月4日(土)でございます!!!

ちなみに4月4日は、僕の叔母の誕生日でもあります。
関係ないかっ!

タブレット端末でも「取引メニュー」や「相場情報」、
「チャート分析」を1画面に集約したことで、ログインから
発注までの流れをスムーズに行うことが可能となります!
そして、D-タブレットは、タブレット端末のみならず
パソコンでもご利用可能ですので、デスクトップやノート
パソコンでもご利用いただく事ができます。

今までタブレットPC端末でご利用頂く場合は、スマホ用の
D-touchをご利用頂いておりましたが、このリリースを機に、
是非D-タブレットをご利用いただければ幸いです。


D-タブレットの詳細はこちら

ではでは、これからも北辰物産 商品先物オンライン取引
サービス『D-station』をどうぞ宜しくお願いします!!





商品先物 ブログランキングへ

どこまで続く?

2015-03-30 17:17:38 | 相場情報

商品先物取引のリスクについて

こんにちは。

もうすぐ、4月。
弊社の近隣で咲いている桜の花も満開となりました。
スポーツもJリーグが開幕し、先週末にプロ野球も
開幕しました。
これから個人的には色々と楽しみな季節となりました。

それと、陸上100mで追い風3.3mの参考記録ながら
9.87秒という記録が出ましたね。
追い風で2.0m以上あると「参考記録」となるそうですが、
仮に2.0mであった場合でもこれまでの日本記録の
10.00秒を切る、9.96秒に相当するとのことです。
すごいですね。

これまで、陸上の短距離は欧米の選手ばかりが
目立っていましたが、日本選手を世界選手権や
オリンピックでファイナリストとして目にする日は
そう遠くないかと思います。

今回、この素晴らしい記録を出した桐生選手はまだ19歳。
今後、どこまで記録を塗り替えていくか、期待が高まりますね。

さて、
1月下旬以来、金と白金の価格差ですが、金が高いといういわゆる
「逆転価格差」現象が続いております。
通常は、その希少性から白金価格の方が高い傾向にあります。

本日、先限の帳入値ベースでの価格差は200円
(金:4564円 白金:4364円)となっております。
2月と3月に一度、価格差が縮小しましたが、
ここにきて、また広がっております。



金は先週、サウジアラビアなどアラブ諸国によるイエメン
攻撃を受けたリスク回避の動きを追い風にドル建て価格は
上昇しました。

白金も金の動きに追随して、上昇しました。
ただ、白金に関しては、工業品需要が多いことから
景気に左右される側面もありますが、
ここ最近の米国及び中国の景気が減速していること等から、
金ほど上昇していないようです。


1月下旬からの金と白金の価格差逆転局面では、
3月18日に170円まで開きましたが、
本日はこれを一気に超えた形となりました。

因みに前回2011年8月から2013年4月の価格差逆転時は
最大537円まで開きましたので、まだ、そこまでに至るには
随分とありますが。。。

今後、金と白金の価格差(いわゆる逆転価格差)が
どこまで広がっていくか、それともこれをピークに戻ってくるのか、
注目したいですね。

尚、弊社ホームページ上で「金と白金の価格差」に関する特集ページを
公開しております。
詳細はこちら

また、日々の鞘取り情報につきましても、
弊社ホームページでもご確認頂けます。
詳細はこちら


では、マタ。






商品先物 ブログランキングへ

4月の証拠金

2015-03-27 18:32:20 | お知らせ

商品先物取引のリスクについて


こんにちは。

時々他の事も書いておりますが、毎週DIAS(Pro)の使い方をご紹介をしております。
ふと気付くと初回のご紹介時は、2013年3月19日でした。
まさか、2年も経過していたとは!
できれば、先週気付きたかった。

これまでのDIAS(Pro)のご利用方法についてはこちら

これだけ書いているとかなりの量になりまして、
今、ホームページ上で公開している、DIAS(Pro)のマニュアルと
ほぼ同等な量になっておりました。

DIAS(Pro)のマニュアルはこちら

今、公開中のマニュアルは、私がオンラインに配属された当初に作成したものでして、
それよりも今のブログで毎週紹介している方がわかりやすくなるよう努めていました。
もし、一度作ったものよりも分かり難いといわれるとかなりショックを受けます。 

ブログで書き溜めたものを元に、DIAS(Pro)のマニュアルを少し前から作り変えているのですが、
ブログの記事から新マニュアルに移すにあたり、変えるところが多々あったり、
D-タブレットのリリースを優先させたりとしていて、新マニュアル完成はまだ先になりそうです。
ただ、少しでも早く公開できるようにしたいと思います。


さて、最後にお知らせです。
4月上期の証拠金の発表がありました。
今回、証拠金額が下がる銘柄が多いようです。

東京白金
78,000円 ⇒ 72,000円
東京白金ミニ
15,600円 ⇒ 14,400円
東京パラジウム
70,000円 ⇒ 65,000円
東京ガソリン
155,000円 ⇒ 150,000円
東京灯油
155,000円 ⇒ 150,000円
東京原油
150,000円 ⇒ 145,000円

4月上期の証拠金はこちら

それでは、また。




商品先物 ブログランキングへ

連続注文の活用法

2015-03-26 18:19:37 | Weblog

商品先物取引のリスクについて



連続注文リリースから
3週間弱、徐々に使っている
お客様も増えてきましたね!!

今日は連続注文の画面を使って
実はこんなこともできる!!
という裏ワザ(とまでいかないかも)を
ブログ読者の皆様にお教えしたいと思います!!

普段Duo注文をお使いの方!
Duo注文の有効期限は現在
当営業日のみですよね!!

実は仕切連続注文を使えば
有効期限延ばせますよ~!!
仕切連続注文の初期注文設定(下記画面)は、
実際仕切Duo注文と同じですからね!!

仕切連続注文の初期注文設定画面

で、2次注文のチェックを外してあげれば
仕切Duo注文と同じ注文で有効期限を延ばせます!!

新規Duo注文に関しては、
新規連続注文の仕切設定が
指定値段に達したらMO-FaKで
発注するという仕様なので、
ビミョ~に異なるんですよね。

以上連続注文の裏ワザでした!!


こんばんは!
先日の同窓会は大成功でした!!
総勢200名以上が集まり、
お昼から23時過ぎまで大騒ぎ!!

卒業以来に会う友人もいて、
今後に繋がる同窓会となりました~!!

それではマタ!!





商品先物 ブログランキングへ

ドルの動向に左右される金

2015-03-25 19:40:50 | お知らせ

商品先物取引のリスクについて


先週までは急に暖かくなった印象が強かったのですが、
今週は寒の戻りでしょうか、肌寒い日が続いております。
桜の開花も各地で観測されておりますが、ゆっくりと
花開く様子を楽しみたいものです。

さて、3月も残すところあと僅かとなりましたが、
今月は金の値動きが、前半と後半とで、まるっきり
正反対の動きをしておりますね。

月前半は6日に発表されたアメリカの雇用統計の内容が非常に良く、
ドルの利上げ観測が強まったことから、為替はドル高に振れて、
金利のつかない金を手放す動きが顕著に値段にも反映されてます。

雇用統計発表内容はこちら

月後半には、18日に公表されたアメリカの連邦公開市場委員会(FOMC)で
「次回4月会合で利上げの可能性はない」等、利上げに対して慎重な
姿勢が示されたことで、ドルが売られて、逆に月前半まで売られていた
金が買われている動きとなっております。

FOMC発表内容はこちら

NY金日足チャート


ドル円日足チャート


ただ、値動きの要因となっているのは、「ドルの動向」ということで、
国内の金価格はNY金が上がっても、為替の円高(ドル安)で相殺され、
海外の動きと比べてやや控え目な動きで推移している感じがします。

東京金日足チャート


今後もしばらくは利上げの時期やペースを睨んでの動きが続きそうです。

それでは、また。





商品先物 ブログランキングへ

いよいよ認可がおりましたよ!!

2015-03-24 21:16:15 | Weblog

商品先物取引のリスクについて



ついにと言うか、いよいよと言いますか、
金の限日取引が、23日付で農林水産大臣と経済産業
大臣の認可を受けました!!パチパチパチ

これで5月7日からの取引開始が正式決定したことに
なります。

ちなみに先日、この「金の限日取引」の愛称が一般
公募で選ばれまして、『東京ゴールドスポット100』
といった愛称になりました。

この上場を機に市場参加者が増えて、全体の取引量も
増えてくれるとうれしいですね。



こんばんわSSです。
ところで「金限日取引」って何だよ。という方も
いらっしゃるかと思います。

先物取引の大きな特徴のひとつに「限月(げんげつ)」
といったものがありますが、商品先物取引では各商品に
最終的に決済しなければならない期限が設けられていて、
その期限の月を「限月」といいます。

この取引期限がある限り、ある一定の期限が来れば商品
の現物を受け渡すか、それまでに反対売買による差金
決済を行わなければなりません。

現在上場されている銘柄の取引期限は、6ヶ月~12ヶ月先
の期限が設けられていますが、この限日取引はその取引
期限が「1日」。つまり、その日限りの取引となるわけです。

ただし、1日の取引終了時に決済されずに残っている建玉
は全て自動的にロールオーバーされ、翌日に残る形となり
ます。

ということは、取引期限が実際は無いようなものなので、
取引証拠金に不足などが生じない限りはそのまま持ち
続けることができる取引となります。

このロールオーバーされる取引の仕組みは、外国為替
証拠金取引(FX)を取り組んでらっしゃる方にとっては、
もう馴染み深いんではないかと思います。

前述のとおり、取引に期限が設けられていないため、
投資家層にとっても取り組み易い商品設計となっている
ので、すでに商品先物取引を取り組まれている方は
もちろん、FXなどの取引を行っている方にとっても、
非常に取引のし易い銘柄になってくるのではないでしょうか。

今回の認可を受けまして、取引所のホームページにも
プレスリリースされておりました↓↓↓

http://www.tocom.or.jp/jp/news/2015/20150324.html



ということで、ゴールデンウィーク明けの楽しみがひとつ
増えましたね。

ではでは。






商品先物 ブログランキングへ

何部咲き?

2015-03-23 22:20:47 | Weblog

商品先物取引のリスクについて


こんばんわ。

どうやら、本日、東京で桜の開花したようですね。
平年よりも3日早く、昨年より2日早い、とのこと。
関東ではトップの開花とのことですが、
弊社の近隣の公園では確かに咲いておりました。

尚、私の自宅近辺(埼玉県南部)は、まだ咲いておりませんでした。
明日ぐらいですかねぇ。

朝晩、若干まだ寒さを感じますが、
日中は幾分、温かく感じられるような日が
多くなってきました。
やっと、春が来たといった感じですね。

今週末はお花見にでかける方も多いのでは。
個人的には、外出する予定が今のところ、
ありませんので、自宅の窓から見える桜を眺めて、
本年の「お花見」としようかと思います。


弊社ホームページも一部、イメージ画像に
春の装いで、桜を用いたデザインになっております。
↓↓↓こんな感じで。。。↓↓↓



(さりげなく、宣伝が入ってます。)

本日、政府は景気判断を8カ月ぶりに上方修正した3月の
月例経済報告を正式に発表しました。
輸出がけん引役となり、企業が生産を増やし収益を伸ばしていることを
重視したもようです。
ただ、昨年4月に消費増税をしてからもたつく景気は上向きになっているものの、
個人消費になお勢いを欠く面があるようです。

日経平均株価も本日は、前日比194円14銭高の19754円36銭と、
大台の2万円も見えてきております。


因みに相対力指数(RSI)をみると14日線で77.39と
一般的に買われ過ぎとされる70を超えており、
そろそろ、調整が入るかもしれませんね。
(個人的な見解です。)

それはさておき、
3月の景気の基調判断は「企業部門に改善がみられるなど、
緩やかな回復基調が続いている」とし、2月までの「個人消費などに弱さがみられる」との
表現は削除されました。
判断の引き上げは14年7月以来となります。

ということで、現在の現在の景気は、「5分咲き」ぐらいで、
あとは、個人消費が回復してくれば、本格的な景気回復
といったところでしょか。
ここ最近では、大手企業の賃上げのニュースを目にしますが、
収入増を実感できる人が多ければ、消費が活発になり、
景気に好循環が生まれてくるかと思います。

果たして、どうなるか注目したいところですね。

では、マタ。




商品先物 ブログランキングへ

タイトルバーの表示の有無

2015-03-20 18:21:38 | DIAS(PRO)

商品先物取引のリスクについて


こんにちは。

先週はD-tabletの告知でお休みしていましたが、「DIAS(Pro)」の使い方のご紹介です。

これまでにご紹介したDIAS(Pro)のご利用方法についてはこちら

今回はの操作は、パソコン画面の大きさが限られている時、
少しでも相場表やチャートなどが広く表示できるようにする操作をお伝えします。

例として、下記の画像をご覧ください。


高さが足りず、画面一番下の相場表の一部が隠れております。



この場合、タイトルバーを非表示にすると、その分相場表の表示している部分が広く使えるようになります。

以下は、DIAS(Pro)のタイトルバーを非表示にする方法です。




※もう一度メニューで同じ操作をすると、タイトルバーが元のようになり表示されます。


次に、DIAS(Pro)内に表示されている各相場表のタイトルバーを非表示にする方法です。




※メニューの「表示(V)」-「子ウィンドウタイトルバー表示(D)」を選択すると、元に戻ります。

それでは、また。




商品先物 ブログランキングへ

年度末ですね

2015-03-19 23:20:24 | Weblog

商品先物取引のリスクについて



年度末ですね~!
私の母校は毎年3月20日が
卒業式なので、今年は明日です。
また後輩たちが学生生活を終え、
社会に出ていきます。

もちろん中には卒業しないで
大学院に行く後輩もおりますが。

てかちょっと待て。。。
オレこの4月から社会人10年目突入。。。

早っ!!

入社したころの10年目の人って
どんなだったんだろう??
と思ってみてもさすがに中々思い出せませんね。

とりあえず今までの社会人生活、よく飲んだ!!笑

社会人になってから知り合った友人も
たくさんいるし、小さいころからの友人も
文明の利器『Facebook』で繋がっている!!
めちゃくちゃ便利な世の中になったもんだ。

一昔前なら同窓会を開くにも昔の名簿を
引っ張り出して電話!これしか手段なかったですもん。
今ならFacebookでできますもんね。

ホントに便利!!

というわけで週末は小学校の同窓会です。
今回はお世話になった先生がご退任ということで、
同級生だけでなく全部で6学年くらい集まるとの事。
楽しみです。


さて、
今朝3時にはFOMCがありましたね!
今まで利上げ期待からドル高が進行しておりましたが、
『4月のFOMCでの利上げはない』との発言や、経済見通しを
下方修正したことなどから、発表直後ドル安・ユーロ高・円高、
さらにゴールド高の流れとなりました。

次回FOMCは4月28~29日ですが、
声明が出されるのは日本時間で4月30日早朝3時です。
ただ、29日が昭和の日で国内休日の為、
発表される時間の夜間立会は行われません。
また日にちが近くなりましたら弊社ホームページで
お知らせいたしますが、お取引中の方は十分にご注意ください。


それではマタ!!





商品先物 ブログランキングへ

今後の見通しは明るい?

2015-03-18 21:57:27 | お知らせ

商品先物取引のリスクについて



今週は急に暖かくなってきましたね。
夜勤だと特に冷え込む早朝の時間に帰宅しますが、
それでもここ2日間は、コートが必要のない日が続いております。
桜の花が咲くのも、もうそろそろではないでしょうか。

さて、本日は経済協力開発機構(OECD)が、日米欧など
主要国の経済見通しの公表がありました。
見通しは前回の昨年11月公表と比較して概ね改善している
見通しで、昨年からの原油価格の値下がりや、日本や欧州など、
各国の量的金融緩和が好影響を与えているとのことです。


●OECDの主要国成長予測●
単位:パーセント カッコ内は昨年11月時点の予測
         2015年     2016年
日本      1.0(0.8)   1.4(1.0)
米国      3.1(3.1)   3.0(3.0)
欧州      1.4(1.1)   2.0(1.7)
中国      7.0(7.1)   6.9(6.9)


日本も僅かながら改善しているようですが、
個人的には景気ってそんなに上向いているのか?
という感覚です。

OECDも日本については、耐久財への消費は上向いておりますが、
民間消費は引き続き低水準であるとも指摘しているようです。
うーん、景気回復を実感できるのは、やはりまだ先なのでしょうか・・・

一方でユーロ圏については、強気の見通しですね、
先週のブログでも触れましたが、大胆な量的金融緩和をスタートさせて、
「景気停滞から脱却できるチャンスが生まれている」とも強調しております。

アメリカについては循環的な景気回復が続いているものの、
北東部での厳寒の影響を受ける可能性があるとのことです。

全体的に、先進国はやや改善との見通しですが、
皆様はどうお感じになられましたでしょうか。

ただ、あくまでも長期的な経済見通しとなりますので、
市場では差し当たり明日未明発表のFOMCの発表内容と
その後のイェレン議長の発言が注目されております。

FOMCの発表内容につきましては、
以下の当社ホームページに掲載いたしますので、
深夜になりますが、ご興味ある方はご確認いただければ幸いです。

http://www.hoxsin.co.jp/contents/

それでは、また。






商品先物 ブログランキングへ