【北辰物産D-station】スタッフの声

北辰物産オンライントレードスタッフによるブログ。取引画面の便利な利用方法の紹介など様々な角度から情報発信致します。

東京穀物商品取引所の東京粗糖、取引方法が板寄せに変わります。

2009-02-27 17:44:33 | Weblog



どうも、
東京は何故か雪。
どうりで寒いわけだ。



今日で2月はお終い。
来週から、これまた多くの銘柄で証拠金の変更がありますので
注意が必要です。
(今回は軒並み証拠金が下がるようですね。最近は上がってばかり
だったので、まあ良かったのではないでしょうかね。)

3月中証拠金についてはこちら
http://www.hoxsin.co.jp/online/outline/shokokin200903.htm
(北辰物産ホームページ D-stationからのお知らせ)



また3月から東京穀物商品取引所の上場銘柄、東京粗糖で
取引締結方法が変更となります。
板寄せ銘柄になるんですね。

もともと板寄せ銘柄だった粗糖ですが、2008年1月より取引手法がザラバに
変更され、それが今回またまた板寄せに戻るといった感じです。
東京穀物商品取引所では他の銘柄も、板寄せから徐々にザラバに変更されて
ますが、ザラバから板寄せに変更は今回が初めてではないでしょうか。
あまりころころ変更されるのも困りますけどね。

まあ、変わったものは仕方ないので、取引手法や取引時間、場節など、
よく確認していただければと思います。

前場1節 9:25~

前場2節 10:25~

前場3節 11:25~

後場1節 13:25~

後場2節 14:25~

後場3節 15:25~

各場節の25分から立会開始となりますが、
小豆(前場1節、後場3節は生糸)の立会が長引いて25分を超えた場合は
その終了後に開始するという注釈が入ります。

また、D-stationで注文(取消、変更含む)が発注できるのは
それぞれ25分の1分前まで、つまり○○時24分までとなります。
直前の商品の立会が長引き粗糖の開始が遅れた場合にも、注文は24分までと
なりますので注意が必要です。



月末、月初は証拠金等変更がある場合が多いので、
D-stationのお知らせ画面などをよく確認していただければと思います。



では、
また。


神のみぞ知る

2009-02-26 17:57:52 | Weblog

商品先物取引のリスクについて



友達から電話で「金貨貰ったんだけど、今売った方がいいの?」って
聞かれたんですが・・・・・。

何と答えていいのやら、難しい質問ですね。
約1ヶ月で600円の上昇、3000円台に乗っけましたから、一時から見れば
かなり良い売り時なんでしょうが、市場の見方としては、まだまだ強気な
見方も多数あるわけで。難しい局面ですよね。

迷った挙げ句、「せっかくプレゼントされたんだし、売らずに持っときな。
金は気長に持ってなさい」って言っときました。
果たしてこれが吉と出るか・・・・。

皆さんは、どう見ますか?


どうもこんにちはSSです。
この業界にいると、このような質問を身内からされることが、よくあります。
よく質問はされるんですが、僕の答えは最終的にことごとく無視されます。
プレゼンが悪いのか顔が悪いのか、何なのか良く解りませんが。

だったら最初っから聞くなよっ!って心の中でいつも思ってるんですけどね。
今回も、『すぐ売っちゃうんだろうな』と、心の中で思う今日この頃です。

※お取引の際は、ご自身の判断と責任において行ってください。


話は変わりまして、気が付けば2月も残すところあと2日。3月が目前です。
ということで、来月の適用証拠金が発表されております。ご確認あれ。

東京工業品取引所の銘柄のみの変更となります。
大幅に変わっておりますのでご注意を・・・


3月適用証拠金はこちらです。


また3月2日から、東京穀物商品取引所の【粗糖】の締結方法が変わります。
現行のザラバ取引から『板寄取引』へ変更となります。
立会開始時間は、各節の25分からとなります。

粗糖取引概要の詳細につきましては、こちらをご覧下さい。


ええ~、D-station恒例の大感謝祭を開催しております。
毎度、好評を頂いているキャンペーンです!!
口座開設をお考えの方は、是非この機会にどうぞ!!!!

V========大感謝祭==========V




それでは、今週はこれまで。


証拠金制度も変更?リスク対応型導入へ

2009-02-23 18:08:08 | Weblog

商品先物取引のリスクについて



こんにちは。

気付けば、もう2月も終わり。
寒さは依然、厳しいものがありますが、徐々に春めいて参りました。

弊社も春近し、ということで、大感謝祭と題し、本日より新たなキャンペーンを
開始致しました。
(強引なこじ付けでしたか?)

今回のキャンペーンは、ご新規のお客様のみならず、既にお取引頂いている
お客様にも参加頂けれるものとなっております。

内容としては、売買取引をポイント化し、獲得ポイントに応じて、
賞品をプレゼント、といったもの。
ポイントのカウントは2枚で1ポイント。
コースはS、A、B、C、D、Eの6つのコース。

キャンペーン期間中に100ポイント(P)獲得、お取引枚数にして200枚以上で
Eコースをゲット!
以降
200P以上⇒Dコース
400P以上⇒Cコース
800P以上⇒Bコース
1,500P以上⇒Aコース
3,000P以上⇒Sコース

新規のお客様の場合は、10万円以上のご入金&1回以上のお取引で100Pを
プレゼント。
この段階でEコース獲得ということになります。

詳細につきましては、弊社HPにてご確認ください。⇒こちら

この大感謝祭、今回で7回目。諸事情により開催できない年もありましたが、
凡そ年に2回のペースで行っております。
日頃ご利用頂いているお客様への感謝の意を込めて、行っております。
この機会に是非、お取引頂ければと思います。

さて、本題。
当業界、商品取引所の売買の決済保障などを行っている日本商品清算機構
(JCCH)にて2010年度を目処に証拠金制度を変更することが検討されて
いるそうです。

新たに導入する証拠金制度はSPAN証拠金というもの。
SPAN⇒Standard Portfolio Analysis of Risk

最後の「N」はどこにいってしまったのだろう、という素朴な疑問がありますが、
それはさておき、この制度の発端は1988年にCME(シカゴ・マーカンタイル
取引所)にて導入され、現在、日本では、東証、大証の先物、オプションで
導入されています。

SPAN証拠金とは、どんなものか?
これまでは、過去の価格変動率を基に算出し、取引数量に応じて
増えていくのに対し、SPAN証拠金は投資家等の売買ポジションの全体を
把握し、取引リスクを合理的に計算したうえで、
高リスクの取引に対しては、証拠金を高くし、低リスクなら、安く設定
するというものです。

これ以上のことは、発表されておりませんので、これ以上詳しくは
書けませんが、取引システムが今年、国際標準の仕様に変更となり、
来年には証拠金が国際標準のものに変わるということになります。

国際標準の制度が導入されるよって、海外マネーを流入し、国内商品市場が
活性化していくことになるかもしれません。
楽しみですね。


では。

************************************************************
New ブログ「TOCOM次期システム編」始めました。詳細はこちら
************************************************************

今、また金が凄いんです。

2009-02-20 18:35:43 | Weblog



どうも、

ここにきて「金」がまた値を上げている。
今年に入って1月半ばに2,319円の安値を付け、そこから徐々に上昇。
大きな下げもなく2,900円台半ばから後半の値を付けている。
昨年10月以来の3,000円台を回復しそうな勢いがある。



主要銘柄を並べてみると、やはり昨年7月から8月にかけて天井、
そこから年末にかけて大暴落といった共通の展開の中、「金」が
いち早く抜け出したような格好ではある。

有事の金、金はそれ自体に価値があるということか、世界同時不況で
各国の通貨価値がそろって下落する中で、相対的に今、金が買われてきた
ということなのだろう。

不況著しい欧米、特にヨーロッパでは先刻対ユーロで最高値を記録し、
また対ドルでも再び1,000ドルを目指そうという動きになっている。

いずれにしても、急な価格の変動が十分あり得る状況に於いては、
取引する上でも慎重な判断が必要である。十分注意していただきたい。





さて、D-stationでは来週から新たなキャンペーンが始まります。
お待たせいたしました、「大感謝祭」。
新規に口座を開設していただくお客様はもちろん、すでにお取引頂いている
お客様もご参加頂ける、日頃の感謝を込めた大型キャンペーンと
なっております。

詳細はこちらをご覧ください。
http://www.hoxsin.co.jp/online/news/cam.htm
是非是非。

それでは来週も相場もお楽しみください。



では、
また。


 


どんな身分でも、体調管理はしっかりと!

2009-02-19 17:40:43 | Weblog

商品先物取引のリスクについて



金の騰勢が止まりません。
1ヶ月で約600円の上昇です。3000円の大台がすぐ目の前です。

どこまで行くやら・・・・。



やはり、昨今の金融不安を受けて、投資家を中心に安全志向が
強まっているようだ。株、債権、為替、どれを取っても今は
どちらに転ぶか解らない状況の中で、資金の逃避先として選ば
れるのは、必然といったところなのか。

そんなこんなで、昨年10月に暴落をした金が、暴落前の価格帯に
まで戻ってきている。急ピッチで上げてきた相場だけに、いつその
反動がくるかわからない。安全資産として買われる金ではあるが、
【安心】は出来ないのが、深層心理としてある気がする・・・・。
※上記の相場観は、あくまでも個人のものであり、お取引を行う際には
 ご自身の責任と判断において行ってください。


どうもこんにちは、SSです。花粉症シーズン到来!
皆さんは大丈夫ですか?D-stationのスタッフの中にも、花粉症の
症状で苦しんでいる人が何人かいます。その苦しみを知らない僕は、
ただ「大丈夫ですか」と気遣うしかないんですが・・・。つらそうです。

さて、D-stationですが、ついに本日引け後のシステムメンテナンス
終了後より海外情報の再配信が始まります。大変お待たせ致しました。
これまでの間、たくさんのお客様より配信のご要望を頂いておりましたが、
ようやく再配信開始となりました。

システムメンテナンス終了後に、お使いのDIAS(Pro)の上部メニュー
【ファイル】から「最新のマスターファイルに更新」を行って下さい。

操作方法の詳細などはこちら

やはり、商品トレードするには、海外の情報は重要ですよね。
過去分ももちろん含まれておりますので、どうぞご覧下さい。


また何か、操作方法等わからないところがありましたら、お気軽に
お問い合わせ下さい。

今後とも北辰物産並びにD-stationを宜しくお願いします。

それでは・・・・・。


GDP大幅減。為替は?商品は?

2009-02-16 17:43:33 | Weblog

商品先物取引のリスクについて


************************************************************
New ブログ「TOCOM次期システム編」始めました。詳細はこちら
************************************************************


こんにちは。

週末は初夏を思わせる陽気でした。
土曜日は各地で2月の観測史上最高気温に達したそうです。
おかげで、冬だというのに2回も洗濯ができてしまうという、ありがたい
1日でした。
ただ、今週はまた、寒さが戻ってくるそうです。
寒暖の差が激しく、着るものにも困り果ててしまいますが、体調管理には
充分注意したいことろです。

本日、内閣府より2008年10-12月期のGDP(国内総生産)の速報値が
発表されました。
物価変動を除いた実質で前期比3.3%減(年率換算12.7%)と大幅な
マイナス成長となったようです。
この下げ幅は、オイルショックの影響を受けた、1974年1-3月期以来
35年ぶりだとか。

米国では、年率換算で3.8%、ユーロ圏が5.7%となっており、
日米欧いずれもマイナス成長ですが、日本は、際立っております。

尚、弊社情報サイト「波動展望」にてGDP関連のデータを
掲載しておりますので、ご覧頂ければと思います。


大幅なマイナスを記録した最大の要因は、輸出の大幅な落ち込み。
やはり、外需依存が大きい日本にとって、欧米の失速は、
非常に予想以上に痛手となっている模様です。

昔から、「日本は、米国がくしゃみをしたら、風邪を引く」と言われて
おります。
今回もまさにそれを体現しているということでしょうか?

米国も大型の景気対策に乗りだしており、景気回復に向けた
動きが出てきております。
本日のGDP発表で、為替、株価の動きを見ると、比較的落ち着いた
動きとなっておりますが、政策が後手に回り
日本の景気回復が遅れるようですと、これまでの円高の
流れも修正されるかもしれません。

今後、各国の金融当局、政府の動きに注目してしたいところですね。

そして、商品では今、金が再び、注目を集めております。
こちらへの影響も見逃せません。

では、また。

※注意 本文の相場観は個人的なものになります。
      お取引の際には、ご自身の判断と責任において行ってください。

ブログ TOCOM次期システム編ができました。

2009-02-13 17:39:50 | Weblog



どうも、
2月も半ばに差し掛かり、九州では春一番だとか。
まあ、どうせまた直に寒くなるんだろうけど。



さて、今週の水曜日は建国記念日でお休みでした。
これがもう、どうにもこうにもやることがなくて、つまり暇で。
何の因果か建国記念日に江戸東京博物館。

日本でいうところの建国記念日とは即ち神武天皇の即位した日。
神武天皇って御方は日本神話の中の人で、紀元前660年っていうから
随分昔だこと。
実在すら疑われる人物にして即位した日が紀元前660年の2月11日って
随分細かいところまでわかるもんだ、凄いなあ。

詳しいことは知りませんが、大東征を行ったのはあまりにも有名。
と、閑話休題。
江戸東京博物館。



そう、土曜日とかですと、ちょっと暇するとドライブがてら
日帰り温泉でも行くところなんですが、休みが一日だと、温泉行って
日帰るのが面倒になってそのまま泊っていこうということができませんので
そうなると、まあ、都内かなと。

因みに大体思いつきで日帰り温泉いくんですが、温泉入った後は何故か
とても帰りたくなくなる。
車運転するのも億劫だし、飲んで寝たいなあ、なんて思って。
それで大抵日帰りではなくなるのが常。
温泉って不思議だなあ。

と、また話が逸れそうなので元に戻します。
江戸東京博物館。



ここは、まあ江戸と東京のことがよくわかるぞ、という博物館なんですけど
人が多いのが厭で博物館にでも行こうと思ったわけですが、
それが結構な盛況ぶりで。

フロアも広いし、想像以上に満足。
江戸の模型があって、なんかちゃちい造りなんですけど、
傍におもちゃの双眼鏡が備え付けてありまして。
そしてこの双眼鏡で模型を眺めると、びっくり、本物の町みたい。
殿様が城下町の様子を窺っているような感じです。

うん、江戸って素晴らしい。



ということで、そうそう、今年5月からの新東京工業品取引所システム。
それについてブログで現状との変更点などを詳しく紹介しておりますが
別ブログとして独立しました。
こちらからどうぞ。
http://blog.goo.ne.jp/hd-station2/
(【D-station】スタッフブログ TOCOM次期システム編)

別ブログにする力の入れっぷり。
どうぞご参考にして下さい。

では、
また。


 


堅い守りを崩すのは難しい!?

2009-02-12 18:09:36 | Weblog

商品先物取引のリスクについて



気が付けば、金の値段もだいぶ戻して来たようで・・・。


先週、丑年相場の行方なんて書いてしまったものですから、
こんなこと書くのは後ろめたいなぁと思ったのですが、
思い切って・・・・いや少し遠慮気味に書いておこうと思います。

えぇ、どうやら安全資産としての注目度が再燃してきているようです。
時事通信社のニュースによると、田中貴金属工業のオンライントレード
(現物の積立)の申し込みが前年同月比約2.5倍になったとの事。
だいぶ安くなってましたから買いやすいってのもあるんでしょうね。

確かに、D-stationでも金の商いが活況になってきている気がします。
特に今日なんかは、前日比で90円近くも上昇して始まりましたので、
朝から商いが活発でしたね。

以前は、原油の価格上昇につれてインフレ対策として買われていた傾向
が強かったと思いますが、今回は大きく下げている中、そして、世界的
な金融不安の最中ということもあり、安全資産として本格的に買われて
きているのかも知れません。



どうもこんにちはSSです。
まだ2月も半ばだというのに、春のような暖かさに少し戸惑い気味な今日
この頃。いかがお過ごしでしょうか?

昨日の天気予報では、今週中に春一番が吹くんだとか。今年の冬はもう
終わってしまったんですかね。これも温暖化の影響なんでしょうか。
また、それを象徴するかのように、石油連盟発表の原油・製品供給統計週報
では、灯油の出荷量も2週連続で減少しているようです。前週比で10.7%減。
前年同期比36.9%の減少になっている模様です。


ただ、寒さは緩んだものの、空気の乾燥が続いておりますので、
火の元、インフルには引き続きご注意を・・・。

天気予報士さんのブログみたいになってしまいましたが、今日は
このへんで・・・。

あ、それと昨日のブログでも紹介しておりますが、東工取の時期取引
システムの概要を紹介した専門のブログを開設致しました。
今のうちから、少しずつ慣れておいて下さい。

TOCOM次期システム編はこちら


※注意 本文の相場観は個人的なものになります。
      お取引の際には、ご自身の判断と責任において行ってください。

新ブログ立ち上げ

2009-02-10 17:40:42 | Weblog
こんにちは。
普段は、水曜日担当の「M」です。

今年、5月7日(予定)とし東京工業品取引所(TOCOM)にて
次期システムが導入されます。

最近、その件のお知らせを、毎週更新させて頂いておりました。

ただ、本内容はお取引頂く上で重要な内容で、かつ、
その内容量も少なくありません。

そのため、従来のD-stationスタッフブログと切り離し、
TOCOM次期システムについて特化しご紹介させて頂く事に致しました。

次期システム導入前に、以下の新ブログをご参考頂ければと存じます。

D-station スタッフブログ -TOCOM次期システム編はこちら

それでは、また。

効率を求めて

2009-02-09 18:07:13 | Weblog

商品先物取引のリスクについて


こんにちは。

今季よりプロ野球で「15秒ルール」が適用されるそうです。

プロ野球12球団は試合時間短縮への取り組みの一環として、投手がボールを
受け取ってから、「投球動作に入るまでに15秒以内に行う」というルールの
導入を決めたそうです。
因みに15秒を超えると、「ボール」となります。

これまでも時間短縮への取り組みは、行っていたということですが、それでも
「投手が打者と相対してから12秒以内」だったそうです。
要は、投手がボールを受け取り、打者と相対するまでの時間はフリーだった
ということなのです。

前者と後者、野球をある程度知っている人でないとわからないかもしれませんね。

確かにテレビ中継など見ていると、投手によって対応は
様々ですが、中には、「投球までに何故そんなに時間がかかるの?」と
感じることもあります。

専門的なことは解りませんが、投手と捕手でサイン交換をすると、15秒なんて
あっという間だとか。

野球を観戦する側にとっては、時間短縮でストレスを感じなくなるということは
大いに歓迎したいとは思いますが、
投手と打者の「駆け引き」を楽しみたい人にとっては、どのように
映るのでしょうか。
現場の選手や監督からは、あまり良い反応ではないようです。

時間短縮=効率を高める。
効率を求めるのは、どこの世界でも同じことなのでしょう。
ただ、この「15秒ルール」、日本だけだとか。
3月にはWBC(ワールド・ベースボール・クラシック=ワードカップの野球版)が
控えており、この大会に出場する選手(投手)にとっては、
調整に水を差されたかもしれません。
これが大会の成績に影響がないと良いのですが…。

私共が提供しております商品先物のインターネット取引。
こちらも効率を結集したものといえるでしょう。

注文や出金依頼はすべて、お客様ご自身でパソコン又はモバイルで行います。
お取引に必要な相場情報もパソコンでご覧頂けます。
注文の結果についても、パソコン上でお客様ご自身でご覧頂けます。
等など。
殆どのサービスが「リアルタイム」、「オン-デマンド」で行えるように
なっております。

ただ、このようなものにも、勿論、制約、限界はあります。
不特定多数の意見を全て、システムに取り入れるということは、非常に難しい面
があります。

しかしながら、世間の趨勢というものを掴み、できる限り、それを何らかの形に
していくことは必要不可欠です。
それが、利便性、効率の向上に繋がっていくものと思われます。


当スタッフブログでもここ最近、度々、触れておりますが、
今年5月には、東京工業品取引所において、夜間取引が始まります。

今後も時代の趨勢を掴みつつ、皆様にとって、より良い取引環境をご提供
できよう、尽力したいと思います。

<<キャンペーン終了まで残り僅か!>>
商品先物オンライントレード「D-station」
新規口座開設キャンペーン実施中!!
口座開設を行い、期間中(2月13日迄)新規入金10万円以上+
1回(1枚)以上、お取引頂いたお客様にはもれなく3,000円分の
Quoカード(弊社オリジナル)をプレゼント。
更に50枚上売買された方には5,000円分のQuoカードをプレゼント!

(キャンペーン期間以前に口座開設手続きが完了し、キャンペーン期間中に
新規入金+お取引を行った方も本キャンペーンの対象となります。)

詳細はこちら
<今すぐ、お申込みを>