【北辰物産D-station】スタッフの声

北辰物産オンライントレードスタッフによるブログ。取引画面の便利な利用方法の紹介など様々な角度から情報発信致します。

貴金属・エネルギー相場の動きにご注意

2007-07-30 18:07:10 | Weblog
こんにちは

今日は「土用の丑の日」です。
本日の東京は然程、暑くはありませんが、週末は、夏らしい天気となり、
「この夏一番の暑さ」を記録したところも多かったようです。

土用の丑の日は、暑い時期を乗り切る栄養をつける為に、
鰻を食べる習慣がだそうですが、土用の丑の日に食べるものは鰻でなく
「う」の付くものでいいそうで、「うどん」でも「うさぎ」でも、
「うぐいすパン」でもいいという説があります。
(「うどん」ならまだわかりますが、土用の丑の日に「うぐいすパン」を
食べろといわれても…。チョット違和感が…。)


ただ、鰻にはビタミンB類が豊富に含まれているため、夏バテ、食欲減退防止には
効果的で、そういった面からすれば、夏に鰻を食べるのは、理に適った習慣
ともいえますね。

さて、商品相場は、ここ最近下げ基調となっています。
特に先週末は為替が急激に円高に振れたこともあり、急落しました。
時にこのような動きとなることがありますので、為替共に相場の動向には
注意が必要です。

ドル円日足

図1:ドル円日足

東京金日足

図2:東京金日足

東京ガソリン日足

図3:東京ガソリン日足


現在、国内の商品市場は9:00から15:30(板寄せは16:00ぐらい)まで。
16:00以降、ロンドン市場。そして、22:00にニューヨーク市場が始まります。
この時間帯が為替も商品も活発に取引が行われます。
こうした海外市場の動きに帳尻をあわせると、翌日の国内市場で値段が大きく
乖離した状況で始まることになります。

これが「オーバーナイトリスク」となるわけです。
オーバーナイトをされるなら、取引証拠金に対し、十分な資金をもって取引される
ことをお勧め致します。

D-stationでは只今キャンペーンの真っ最中!

2007-07-27 17:02:00 | Weblog

「力戦奮闘」
力の限り戦うこと。
全力を尽くして努力すること。

ニッポンの大相撲、
大関に昇進した琴光喜が伝達式で
「いかなる時も力戦奮闘し、・・・」
と決意を表明したそうです。

相撲界では四字熟語で決意を表すのが
慣例のようですね。



どうも、
明日は都内で大規模な花火大会があります。
夏の風物詩ですね。
僕は人混みが嫌いなので、浦安の花火大会に行ってきます。
といってもやっぱり混むでしょうが・・・

去年も行ってきましたが、生憎の雨で、
びしょびしょでした。
今年は晴れるといいな。

さて、「D-station」。
既にお伝えしている通り、
前回の大感謝祭に続き、“金ミニ取引開始記念トリプルキャンペーン”
の真っ最中です。

http://www.hoxsin.co.jp/online/news/cam_0707.htm

金ミニ取引の開始もそうですが、
今まさに取引所をはじめとした業界全体が
“ガンバロウ”という空気に包まれているような感じがします。

もちろん我が社、我がD-stationも
その例外ではなく、です。

力戦奮闘。



ではでは、また。



キャンペーンについて

2007-07-25 18:22:05 | キャンペーン
こんにちは。
水曜日担当「M]です。

昨日より、金ミニ取引の取り扱いを開始及び、
同取扱開始記念のキャンペーンをおこなっております。

こちらに関しては、月曜のブログ担当者よりご紹介させて
頂いておりますので、詳しくはこちらをご覧下さい。


今回の話題は、先週に引き続き前回のプレゼント
キャンペーンについてです。
(どんなキャンペーンを開催していたかはこちら

プレゼント賞品の獲得対象者には、プレゼントを
選んで頂くように先週電子メールにてご連絡を
差し上げました。

プレゼントお申込みフォームに、簡単なアンケートを
ご用意させて頂きました。アンケート項目に関しては、
必須項目では無いのにも関わらず、9割以上の方から
お答え頂いております。

誠に有難うございます。


まだ、同メールをお受け取りしているのにも関わらず、
プレゼントのお申込みをされていないお客様は
お早めにお申込み下さい。
お申込み期限は、27日(金)までとなっております。


また、話は変わってお客様からのよくあるお問合せなんですが、
毎年、8月になると頂くご質問を事前にご紹介させて頂きます。

「お盆は取引があるのでか?」

結論、取引は通常通り行われます。

そのため、旅行等の予定を立てられて、数日間相場を中々
見れないような状況が予想される場合は、あらかじめ建玉の整理など
行い休養されてはどうでしょうか。

では、また。

金ミニでお得なキャンペーン!!

2007-07-23 15:53:32 | キャンペーン
こんにちは。

7月も残り1週間ちょっとだというのに相変わらず、すっきりしない天気が
続いてます。
関東地方の梅雨明けはいつなんでしょうか?
近々、夏季休暇を頂くことになっておりますので、その頃の天気が心配です。

さて、ここ最近、「金ミニ」ばかりですが、今日も「金ミニ」で行きたいと思います。
1週間遅れとなってしまいましたが、明日より「D-station」におきましても、
「金ミニ」の取り扱いを開始致します。

詳細はこちら

「金ミニ」取引は、通常の金先物取引を小口化したもので、決済方法としては、
受け渡しの決済はなく、現金のみとなります。
また、対象限月も3限月となり、最長で6か月、建玉を保有できることになります。
通常の金取引に比べると、取引期間が半分ですので、損益の振幅は小さくなります。
利益率は低下するかもしれませんが、リスクは軽減できます。

これにロスカット制度、オンライン取引については、ストップ注文を有効に使うことに
よって、リスク管理がしやすくなるかと思います。

商品先物取引において、仕掛けるタイミングも重要かとおもいますが、仕切るタイミングは
もっと重要になってきます。
特に損失が発生し、相場の回復の見込みが極めて難しい時は、どこかのタイミングで損切り
する決断は必要となってきます。
資金がショートする前であれば、リベンジする機会も増えてくることでしょう。

とはいえ、損切りをするということになかなか踏ん切りがつきにくいかと思いますが、
できるだけ損失を最小限にとどめるということに意識を置けば、ロスカット制度や
ストップ注文は必要な取引手法ではないのでしょか。

上記のように明日より「D-station」では、取扱いを開始致しますが、
これに合わせて、「トリプルキャンペーン」と題し、キャンペーンを実施致します。

その1
キャンペーン期間中(8/31まで)の取引手数料無料(0円)

その2
キャンペーン期間中に新規口座開設及び1回以上のお取引頂いたお客様には
もれなく、3,000円相当分のギフトカタログ

をプレゼント致します。

その3
キャンペーン期間中に、1回以上「金ミニ」取引をされた方から抽選
で以下のプレゼントをさせて頂きます。

A賞 メイプルリーフ金貨(1オンス) 1名
B賞 メイプルリーフ金貨(1/10オンス) 5名
C賞 全国共通百貨店商品券(5,000円分) 20名



この機会に口座開設をされたお客様にとっては、3つの特典を手にする
チャンスがあります。
そんなお得なキャンペーンの詳細はこちら

金ミニ取引を機に商品先物取引をお考えの方、是非、D-stationで!

金ミニ取引、上場開始されました。

2007-07-20 17:24:31 | Weblog

どうも、
東京金ミニ取引、ついに始まりました。
始まって4日経ちました。

というわけでやっぱり今日も金ミニ。
まずはここまでの経過を通常金との比較と
出来高で表示してみましょう。

東京金、東京金ミニ12月限30分足サヤチャート



東京金、東京金ミニ10月限30分足サヤチャート



東京金、東京金ミニ8月限30分足サヤチャート



金ミニチャート、ところどころロウソクが消えてるところがありますが、
これはその時間に約定がなかったためです。

では先限(12月限)の出来高グラフです。
他の限月は出来高が少ないので省きました。



これも30分ごとです。



通常金との価格の比較ですが、先限(12月限)で最大で6円といったところ。
当限ほど、サヤが開いてますね。

出来高は、初日こそ20,000枚を超えていたもののちょっと伸び悩みと
いった気はしますが、18日の時事ニュースのコメントに順調な滑り出し、
とあったので、これも想定の範囲内なのかもしれません。



そして我がD-station、
来週を目処に金ミニ取引、取り扱いを開始します。
心待ちにしていらっしゃる方も多いのではないでしょうか。

またまたキャンペーンなども考えておりますので、
どうぞお楽しみに。


では、また。



プレゼントキャンペーン

2007-07-19 20:31:18 | キャンペーン
こんにちは。
水曜日担当「M」です。

とはいえ、今週は特に忙しく、本日(木曜)になってしまいました。

申し訳ありません。



昨日、先週終了したプレゼントキャンペーンの、賞品獲得ポイントに
達したお客様に対しまして、電子メールにて賞品お申込みについての
ご連絡をさせて頂きました。

賞品のお申込みフォームに今後のサービスについて、
簡単なアンケートがございます。
アンケート部分に関しましては必須入力項目ではありませんが、
お答え頂ければ幸いです。


また、早々と賞品のお申込み及びアンケートにご回答頂いた皆様
ありがとうございます。

賞品の発送は8月中旬の予定です。


----------------

現在、「D-station」での金ミニ取引の取り扱い開始時期について、
詳細を詰めているところです。

早ければ、明日の大引け以降にホームページでご紹介できると思います。

では、また。


「D-station」の環境が生まれ変わりました。

2007-07-17 18:32:04 | Weblog
こんにちは。

昨日、また新潟で大きな地震がありました。
つい3月に能登で地震が遭ったばかり。
更に新潟県中越では、2年半までに大きな地震がありました。
改めて、地震の多さを実感しました。
東京でも揺れを感じました。
被災された皆様に心からお見舞い申し上げます。

さて、D-stationでは、13日(金)夕刻から15日(日)夜10:00ぐらいまで
大々的にシステムメンテナンスを行いました。
この間、ご利用のお客様にはご不便をお掛けいたしました。

実際に何をしたのか?と皆様、お思いでしょう。

北辰物産と北辰商品の経営統合は4月16日でしたが、サーバーにつきましては、
その殆どが、旧北辰商品本社(東京都港区西麻布)に置いたまま、
人間だけが移動してきたという状況でした。

その間、サーバーの起動、状況把握については、基本的にはリモートで、
定期的にシステム担当者が西麻布まで足を運ぶという状況でした。

これを今回、西麻布から茅場町へ移転し、ネットワークの設定も
すべて変更。

本来であれば、経営統合のタイミングでヒトもサーバーもというところではりますが、
サーバーを運んで、配線すればよいという単純なお話しではなく、
綿密な計画のもとに事を運ぶためには、経営統合が決まってから、
最短でもこの3連休しかなかったわけです。

以前、別の担当者がシステムメンテナンスに関する内容を記載したかと思いますが、
私共は、基本的には「待ち」の時間が多く、業者の作業が終わったら、
内容を確認するといった具合。


それが、日曜日まで続いたわけですから、もう1回やってくれと言われても、
無理かもしれません。(肉体的にも精神的にも)

今回のシステムメンテナンスでは、DIAS(Pro)のバージョンアップも手がけました。
今回は「金ミニ」の相場表、チャート表示に関するバージョンをリリースさせて
頂き、バージョンが「5.6.4.43」となりました。

バージョン情報

これより1つ前のバージョンの「5.6.4.42」よりサーバー接続先が「西麻布」から「茅場町」へ
と変更になっておりましたが、このため、それ以前のバージョンの場合は、接続先が西麻布となっており、
こちらに該当された方からDIAS(Pro)に接続できないといったお問い合わせが何件かありました。

こちらの対応策と致しましては、D-stationのお知らせ画面よりダウンロードサイトに
アクセス頂き、新バージョンをダウンロード頂くことにより、接続可能となります。
ダウンロードサイト

また、バージョンが「5.6.4.42」の方でもWindowsVistaをご利用される方で
自動バージョンアップに失敗された方もいらっしゃるかと思います。

こちらに関しては、ディスクトップ上のショートカットアイコン及び
プログラム一覧よりDIASを選択し、右クリックをします。
管理者として実行

メニュー一覧の中より「管理者として実行」を選択し、クリックし、
「管理者」としてのログインを「許可」する必要がございます。

本日はDIASが繋がらないといったお問い合わせはが多少、ありましたが、
その他につきましては、大火なく、システムが起動致しました。

今回のメンテナンスにより一部、システムを刷新したものもございますので、
これまでよりもトレード環境についても、向上したかと思います。
(私共は、そう思っています。)

本日の朝は、皆、緊張状態で迎え、疲労の度合いもあり、早く帰宅し、
明日へ備えたいところですが、私はこれから遣り残した仕事をしたいと思います。

追伸
金ミニ取引については、来週初に開始できそうです。
本来、本日からの取引開始に間に合わせたかったところでしたが、
上記の状況で「二兎追うもの…」となっては元も子もないわけで、
「石橋を叩いて」本日からの対応は致しませんでした。

消化不良気味ですが相変わらず金ミニ取引の話題。

2007-07-13 16:33:34 | Weblog

どうも、
1か月半に及んだD-stationキャンペーンがついに終了しました。
ご参加いただいた皆様、誠にありがとうございました。



さて、来週からいよいよ東京工業品取引所で
「金ミニ」が上場されます。
弊社でも既にお伝えしたとおり、オンライントレードを除いては
7/17より取扱いを開始します。

取引要綱はこんな感じです。



詳しくは弊社HPまたは東京工業品取引所HPを
ご覧ください。

http://www.hoxsin.co.jp/goldmini/ (弊社HP)
http://www.tocom.or.jp/jp/guide/youkou/gold/index.html (東工取HP)

また、東工取には金ミニ用のパンフレットも掲載されています。

http://www.tocom.or.jp/jp/news/2007/20070706.htm (東工取HP)
眞鍋かをりさんですね。



金ミニ取引、まず倍率が変わります。
従来の1,000倍に対して1/10、100倍です。
証拠金は従来の90,000円に対して、12,000円になります。
1円の値動きで100円の損益、それを12,000円の証拠金で
運用するわけですね。

小さな金額で始められるというのは、先物取引初めての方には
いいかもしれません。

でも決してリスクが極端に少ないわけではありませんので
ご注意を。

ここ3カ月間の金の値動き、高値から安値の差をとると、
だいたい平均で12円くらいです。(最近値動き小さいですね。)
12,000円の証拠金に対して、1,200円の損益。
10枚だとその10倍、100枚だとその100倍です。
また、金の値幅制限が120円になりますんで、
12,000円の証拠金に対して、12,000円+αの損益が1日で発生する
可能性が十分にあるぞ、ということを考えておく必要はありますね。

あと特徴としては、3限月しかないということですか。
金ミニの期先が通常金の3番限に対応するということです。
そうするとまあ、通常商品は期先が主導するわけですが、
金ミニ期先、通常金3番限、通常金期先、
この関係には注目したいところです。



最後に新規上場ということで、
現在ある他の銘柄の新規上場時の様子を
チャートで振り返ってみましょう。

まず東京金。



次に東工取主力銘柄の一つ東京ガソリン。



規模的によく似ている(?)東京Non-GMO大豆(倍率10倍、証拠金15,000円)。



最近上場した中部鉄スクラップ。



はたして東京金ミニはただの新規上場商品か
或いは商品先物取引にとってそれ以上の意味を持つのか。



では、また。


歯と金ミニについて

2007-07-11 18:53:39 | Weblog
こんにちは。
水曜日担当、「M」です。

実は私、先週あたりからなんとなく歯に違和感を感じておりました。

こういうの気になると直ぐに病院に行ってお医者さんに診察してもらう方なんですが、
先週、電話にて歯医者さんの予約を取ろうとしたら、都合の良い時間の
空きがなく先延ばしをしておりました。

そんな中、たまたま昨日、12日の予約が取れましたのでほっとしておりましたら、
その後、急激な痛みが走り出し非常につらい目にあいました。


今は、「BUFFERI○ (バファリ○)」で痛みをやわらげておりますが、
一刻も早く歯医者さんに行きたいところです。


そんなわけで今日は体調が優れませんので、「お知らせ」だけさせて頂きたいと思います。


弊社金ミニ取引の取り扱いについて
(金ミニ取引は、7月17日より東京工業品取引所にて新たに上場されるものです。)

弊社、コールセンター及びコンサルティング対面取引では、上場に合わせて
取り扱いをするのですが、オンライントレード部門(D-station)では、
対応準備が整い次第、取り扱いをすることになりました。
(具体的な日程は未定です。)

※「TIGER TRADER」は取り扱いを致しません。


詳細はこちら


その他、コールセンターやコンサルティング対面取引のお知らせ等が
ございますので、会社のトップページよりそれぞれ参照してください。


北辰物産株式会社ホームページ

それでは、また。

マーケット、24時間化への期待

2007-07-09 18:55:53 | Weblog
こんにちは。

東京地方の7月の雨量は例年に比べて、極めて少なく、週末も比較的爽やかな(?)
気候でしたが、九州では、大雨による土砂災害が相次いでおります。
ここ最近、大雨が降る度に「記録的な豪雨」というフレーズをよく、耳にしますが、
これも地球温暖化の影響なのか、と考えてしまうのは私だけでしょうか?

さて、ここ最近、商品先物業界では、金ミニ取引や24時間取引が話題となっておりますが、
昨年末にブログで、世界を取り巻く金融市場について、書かせて頂きました。
国外では、証券、商品業界共に取引所の合併、提携などの合従連衡が進んで、
市場のシェア争いが激しくなっております。

金ミニ取引については、我、波動展望編集長の編集長日記に詳しく、記載してりますので、
ご参照ください。

世界でこうした動きが進んでいくなか、国内組は多少、遅れをとった感があり、また、
シェアも徐々に低下してきていることは否めません。

東工取(東京工業品取引所)での金ミニ取引や取引の24時間化は、こうした現状を打破する
大きな施策と期待できるかと思います。
お客様にとっても、金ミニ取引により、取引の選択肢が多くなります。
また、24時間化は、これまで、午前2時間、午後3時間という時間の制約から解放され、
いつでも取引ができ、利便性が高まることは間違えないことでしょう。

更に商品先物取引にはオーバーナイトリスクというものがあります。
つまり、現在国内の取引は東工取なら15:30で終了。
その後、メジャーな市場のロンドン、ニューヨークで大きく値が動くことも、
稀ではなく、殆どの商品は国際商品なので、海外市場の影響がかなり大きく、
翌営業日の開始時には、前日の値段より大きく乖離している場合もあります。

24時間化によって、値段の連続性が保たれることによって、値段が大きく乖離した
状態という現象は、発生しません。
ただ、現状の値幅制限を大幅に緩和若しくは撤廃しないと、「値段の連続性」のメリットは
あまりなくなってしまうのですが・・・。

まだまだ、どのような制度となるか、具体的な話は聞いておりませんが・・・。

取引の24時間化は2008年中とのこと。あと1年あります。
それに先駆けて、年内にも取引時間の2時間延長となるようです。

このような制度改革で、より多くのお客様が商品先物取引に参加されることに期待しつつも、
それに即して私共もシステム面、24時間に合わせたサポート体制等は、悩みの種。
少し具合が悪いのですが、これは、今後、大きな宿題です。