【北辰物産D-station】スタッフの声

北辰物産オンライントレードスタッフによるブログ。取引画面の便利な利用方法の紹介など様々な角度から情報発信致します。

新しくなったホームページを、みんな見てください!

2007-06-29 17:19:10 | Weblog

どうも、
なんですかね、これ、夏バテってやつですかね。
夏が終わるまで続くんですかね。



さて、水曜日にホームページがリニューアルしましたことは
既にお伝えしたかと思いますが、
その中身についてちょっと触れておきましょう。

基本的にコンテンツ等は同じなんですが、
お客様からのご要望やニーズに合わせて増えた項目も
いくつかあります。

例えばマーケット情報の中に、
「マーケット速報」というのが新たに加わりました。

http://www.hoxsin.co.jp/market/chart/index.htm
(マーケット速報)

もともと、商品先物主要銘柄の相場表がTOPページに
ありましたが、その他の銘柄、関西や中部大阪商品取引所の
銘柄まで相場表が見れるようになりました。

また、相場表に加えて、日足、週足、月足チャート、
移動平均と出来高も見れますので、
弊社で口座をお持ちでない方も、是非ご活用頂ければ
と思っております。

あとは、まあHPリニューアルとは直接関係ないのですが
弊社主催のセミナーも充実してきました。

http://www.hoxsin.co.jp/seminar/index.htm
(セミナー情報)

スペシャルな講師陣をお招きして、100名規模で行う
『HOXSIN投資家セミナー』
ちなみに明日6/30日は芥田知至先生に
「商品市況高の背景・影響と今後の展望」というテーマで
お話いただきます。

また、少人数で行う中身の濃い
『HOXSIN本支店セミナー』
も開催していますので、興味のある方、是非
新しくなったホームページでご確認ください。

他にもあったらいいな、と思うあんな情報やこんな情報が
あったりするかもしれませんので、
http://www.hoxsin.co.jp/
(新しくなったホームページはこちら)

是非!



では、また。


この記事をはてなブックマークに追加

金の取引について

2007-06-27 19:08:31 | Weblog
こんにちは。
水曜日担当「M」です。

金曜日担当者が先週触れておりますが、商品先物取引業界に
次々と新制度の協議がなされております。

そのため、当然、お客様からも上記に関するご質問を受けており、
皆様の関心の高さを感じております。

ただ、商品先物取引の24時間化については検討段階ですし、
7/17に上場を予定している金ミニ取引と、同取引に伴うロスカット制度については、
現状、弊社オンライントレードでは取り扱いを予定しておりません。
(金ミニ取引は、上場後の相場状況を考慮に入れ対応について検討していきます。)
そのためしばらくは、現状維持といったところでしょうか。

ただ、従来の金取引自体にも変更点がございますので、そちらについては今までどおりと
いうわけにはいきません。
それは、金標準取引の値幅制限が7月1日より60円から120円に拡大する事です。

詳細は東京工業品取引所HPよりご参照下さい。

制限値幅は拡大をしますが、本証拠金は90,000円のままとなっておりますので、
追証幅も「45円を超える値洗いマイナス」と変更ありません。

そのため、1日の制限値段が120円となると、追証幅の2回分を超える値動きに
なります。
金をお取引されているお客様は、これまで以上にリスク管理にご注意下さい。


話は変わりますが、本日、弊社ホームページをリニューアルいたしましたので、
一度除いてみて下さい。

<旧ページ>
旧ページ


<新ページ>
新ページ


では、また。

この記事をはてなブックマークに追加

参議院選まであと1ヶ月

2007-06-25 18:10:10 | Weblog
こんにちは。
月曜日担当の「G」です。

前回、金曜日担当者のブログの中にもありましたが、
私も先週、オンラインCX業界の親睦会に参加して参りました。
お互い、多少、方向性は異なるものの、オンラインの現場から、業界全体を
発展させていく、という想いは同じでした。
私ども「D-station」スタッフも微力ながら、業界の発展、お客様のために
寄与したいという想いに駆られました。

さて、来月は参議院選挙があります。
補欠選挙を除けば、初の国政選挙となるわけです。
ここ最近、政権与党の支持率が低下傾向にあります。
言うまでもなく、社会保険庁問題が大きく尾を引いています。
杜撰な管理体制に、国民皆、憤りを感じていることは勿論であると思われますが、
不安な気持ちのも強いことでしょう。

この問題に対し、安部首相も全力で取り組む姿勢を鮮明にしているものの、
不安感は拭い去ることは中々、容易でない筈。

現政権の発足は昨年9月のことですが、前政権の小泉内閣は、発足当時は政局の混乱、
景気が低迷しており、いわば、「マイナス」局面からスタートしたのに対し、現政権は、
前政権がある程度、景気回復、拡大を道筋をつけてからの政権交代でいわば、「プラス」
局面からのスタート。

「マイナス」からのスタートであれば、悪くなる要素よりも、良くなる要素の方が
多いのは自明です。
一方、「プラス」からのスタートであれば、さらに「プラス」となるか、最悪「現状維持」の
状態でなければ、評価されない。

実はこのような状況の方が、政局の運営が難しく、今回の社保庁問題に端を発した
一連の不祥事によって、牙城が一気に崩れそうな状況に追いやれてたというべきでしょうか。
相場で言うなら、「売りが売りを呼ぶ展開」といったところでしょうか?

今回の選挙に関して、与党は相当、苦戦を強いられることは一般的な見方ですが、
万が一、与党惨敗⇒内閣総辞職or首相退陣となれば、政局の混迷から株安、円安が
進行するかもしれません。

まだ、選挙まで1ヶ月近くありますが、金融市場が大きく動くことになるかもしれませんので、
注目したいところです。


先週末、ある人にブログで名乗っているのは、水曜日担当の「M」ぐらいで、他の曜日は、
誰が書いているのかわからない、との指摘をうけ、本日は文頭にイニシャルを
記載してました。
(ただ、私たちを知らない方は、イニシャル、実名を公表しても、然程、変わらないの
でしょうけど…。)

この記事をはてなブックマークに追加

先物取引の明るい未来のために

2007-06-22 17:41:19 | Weblog
どうも、
昨日、都内某所で同業の他社さんが集まって、オンライントレード業界
の親睦会なる飲み会がささやかに行われました。
商品先物取引の明るい未来のために、
がんばりましょう!
といったところです。

さて、同じく昨日、新聞で
「商品取引所の24時間化」という記事を見ました。
国際競争を勝ち抜くための施策だそうです。

他にもシステム面を強化したりと、国内外からの参加者を
呼び込むため頑張っているみたいですね。
いや、人事ではありませんので、是非頑張って頂きたいところです。
(24時間になると大変になるなぁ・・・)

もうひとつ、東京工業品取引所のホームページで
金のミニ取引についての報告がありました。

http://www.tocom.or.jp/jp/news/2007/20070620.htm
(東京工業品取引所HP)

予定ですが開始日程も決まったみたいです。
「取引所の24時間化」
「金のミニ取引」
「ロスカット制度の導入」
どれも方向性は正しいのでしょう。

ただ僕が思うに動きが性急すぎるような気がします。
何故いま?と

もちろんこれから中身を詰めていくのでしょうが、
例えば24時間取引にする確固たる理由というのが見えてきません。
ミニ金にしてもそうですね。

おそらく一時期話題になった「ミニ株」取引の成功や
今ちょっとしたブームのFX(為替取引、こちらは24時間取引です)
が背景にあるのでしょうが。



いずれにしても、僕は商品先物取引の益々のご発展を
心の底から願ってやまないのであります。

では、また。

この記事をはてなブックマークに追加

DIAS(Pro)の便利機能

2007-06-20 17:47:45 | DIAS(PRO)
こんにちは。
水曜日担当「M」です。

まずはご報告。
25日月曜日 17:00 ~ 20:00(予定)
メンテナンス作業を実施のため、「D-station」と「D-mobile」が一時使用停止になります。

今回の本題は、既に「D-station」をご利用頂いているお客様向けに、
チョッとしたDIAS(Pro)の便利機能をご紹介します。

通常、気配値を表示する場合において、1銘柄6限月が一度に表示した状態で
ご利用されるお客様が多数いらっしゃるかと思いますが、
「6限月も必要無い。特定の限月だけ表示できないだろうか」と
お考えのお客様もいらっしゃるのではないでしょうか。

気配値6限月表示
(上図は、既に相場が終了した後に本ブログ作成に取り掛かったため、
気配値の内容は空欄になっています。)

実は、下図のように必要な銘柄・限月を選んで
表示することも可能です。
気配値2限月表示例

方法は、気配値を表示する際の「商品選択」画面の「限月種別」に限月指定を
行うと可能です。
限月指定

必要な銘柄・限月のみ気配値を表示させると、表示スペースが
節約できますので、一度に相場表やチャートなど複数の画面を
表示させたい方にお勧めです。

※旧バージョンをご利用頂いていると同機能を利用できない場合があります。
この場合、改めて「DIAS(Pro)」のダウンロードを行ってください。

それでは、また。

この記事をはてなブックマークに追加

円安&商品相場高

2007-06-18 17:10:30 | Weblog
こんにちは。

関東地方でも6月14日より梅雨入りしました。
と思ったら、土日は青空が広がり、気温も上昇。ただ、湿度が低かったので、
特にエアコンをつけずに過ごすことができました。
しかしながら、これから、1ヶ月間近く、ジメジメとした日が続くかと思うと、気が重いのですが・・・。

以前、為替相場について、何度か書きましたが、最近、ドル・円が123円台へ
突入し、約4年ぶりの円安水準となったおります。
4年前といえば、東証平均株価が8,000円前後と現在の半値以下の水準に
落ち込んでいた時の話でした。

ただ、今は金利先高観が各国に比べて弱いものの、景気自体は悪くなく、ファンダメンタルズよりも
個人の外債投資や「外国為替証拠金取引」での円売り、他国通貨買いが、今のところ、
大きな要因となっており、当面、この動きは続くとの見解が一般的なようです。
円安が続くなら、商品相場にも影響が大いにありますので、今後の為替の動きに
も注目したいところです。
ドル円、ユーロドル、NY金日足


特に夏場にかけてここ数年、原油が高騰する傾向にあります。
先週末、NY原油は68ドルを突破しました。今年も夏場にかけて、上昇基調となるのでしょうか?
注目です。
NY原油月足


※商品先物取引における売買の判断等はお客様ご自身で行っていただきますようお願いいたします。
また、内容については正確であるよう最善を尽くしておりますが、掲載されている情報によって
生じるいかなる結果にも責任を負いかねますので予めご了承ください。

この記事をはてなブックマークに追加

今日は一般大豆の納会日、なんと当限2640円安!

2007-06-15 18:42:43 | Weblog

どうも、
週末は生憎の雨/くもり。

本日は東京コーンと東京一般大豆の納会日でした。
一般大豆に至っては、なんと2,640円安。それにつられるかの如く他の限月も安く安く。

さて、
僕は先週、心の洗濯に、ちょっとした気休めに、日々の喧噪から逃げ出すうさぎさんの如く、
とある温泉旅館に投宿にしてきました。結構温泉は好きなんですね、これが。

で、なにかというと、
そこが素晴らしい!いや、ホント。
丁寧に造られた中庭を囲むようにあるお部屋。
丸くかたどられた窓(円窓とかいうのかな、これ?)から見える景色が美しいこと。

オーシャンビューとか大自然のなんたらとか色々に良い景色はあるけども、
今回のこの眺めはそれらを完璧に凌駕していて・・・

何時間見ていても飽きることなく。これぞまさに、日本の美。万歳ニッポン。

不覚にも、これからの一生をこんなところで寝て過ごすのも悪くない・・・
などと考えてみたり。

かの志賀直哉が逗留して小説を書いた(その小説から宿の名前をとっているそうな)ということでありますが、ここにいたら僕も歴史に名を連ねる大作家になれそうな気がする・・・

というのは冗談。



というわけで、僕は再び日々の喧噪の中にもどってきたのでありました。

では、また。


この記事をはてなブックマークに追加

JAVA Version.6について

2007-06-13 18:53:45 | Weblog
こんにちは。
水曜日担当「M」です。

本日は、「JAVA」について触れていきます。

これまでも、本ブログ内にて何度か触れてはございますが、
「D-station」や「DIAS(Light)」にて相場表やチャート部分に、
「JAVA」を利用した技術が使われております。

上記の技術が使われている部分をお客様のパソコンで表示するには、
同パソコンにあらかじめ「JAVA」がインストールされている必要があります。

※インストールは「JAVA」ホームページより行ってください。

それで、今回の本題です。

「JAVA」は、最近バージョンアップされており、これまでの
「Version5」から「Version6」になり配布されております。
既に「JAVA」をインストール(アップデート)された
お客様も大勢いらっしゃるのではないでしょうか。

実際、私が使用しているパソコンにて「JAVA」を「5」から「6」へと
使い心地を試して見ました。
すると、「5」より「6」の方が、画面表示がスムーズに行われる
印象を受けております。

過去「4」から「5」へバージョンアップされた時は、
画面表示が遅くなったような印象を受けてはいたんですが、
今回は「4」より早いのではないかと思います。

私自身の体感速度のため正確性はありませんが、
画面表示の切替のスピードの順位付けは以下の通りです。

遅い ver.5 → ver.4 → ver.6 早い

ちなみに、「JAVA」の読み込み時にコーヒーカップのような
マークが表示されるものが「4」。太陽のようなマークが
表示されると「5」になります。
また、「6」は特にマークらしき物は確認できませんでした。

これまで、「D-station」で相場表等の表示が遅いと
感じられた事がある方は、ぜひ「6」をインストール(アップデート)
してお試し下さい。

それでは、また。


※以下の条件の下で試しておりますが、皆様に上記と同様の成果を保証する
ものではありません。
OS:WindowsXP SP2
CPU:Pentium4 2.80GHZ
メモリ:512MB
Internet Explorer:7(6)

この記事をはてなブックマークに追加

地球温暖化と商品相場について

2007-06-12 18:11:26 | Weblog
こんにちは。

昨日、ブログを更新する筈でしたが、できませんでした。
一身上の都合といいますか、仕事の関係上というべきでしょうか・・・。
とにかく、私としても担当曜日に更新できなかったことに関して、
残念でなりませんでした。
「D-station」ブログをいつも楽しみにしていた方(どれだけいらっしゃるか
わかりかねますが…)申し訳ございません。

先週7日、木曜日よりお客様感謝祭と題した、キャンペーンを実施しております。
キャンペーンの概要については、本ブログでも何度かご紹介致しておりますので、
省略します。
キャンペーンの詳細については、先週の各担当者のブログをご覧いただくか、
弊社ホームページをご覧ください。
とにかく、賞品が豪華なので可能であれば私が参加したいぐらいです。

さて、先週は、ドイツのハリゲンダムでサミット(主要8カ国首脳会議)がありました。
もっぱらの話題は地球温暖化問題。二酸化炭素(CO2)の排出量の削減。
結局のところ、2050年までに温暖化ガスを半減させるという具体的な数値目標が
打ち出されました。

ただ、「半減」の基準が判然とせず、日本は現状からの「半減」、一方、欧州は1990年から「半減」を主張。
1990年を基準に考えると、日本は温暖化ガスの排出量が増加、一方、欧州は減少。
つまり、現状で、日本は(50%+1990年からの増加分)を削減しなければならないということになります。
一方、欧州の場合、90年代に東欧諸国が相次いでEUに加盟し、その過程で元々、エネルギー効率の
悪かった施設の効率化を図ったことが、排出量削減できた主な原因とされています。
今後もEU加盟国が増えていくなら、上記のような事由での排出量削減は、
充分可能と思われます。

このような現象を鑑みると、日本にとってこの条件は、非常に厳しいハードルですが、
とにかく、エネルギー効率をあげ、温暖化ガスを排出量を削減しなければならないといことは、
「自明の理」であると思われます。
そう考えますと、私共の日常生活の中でも、オフィスのエアコン(冷房)の温度を1度あげたり、
近場の移動を車以外の方法で行ったり、ティッシュペーパーの消費を抑えたり、・・・。
とはいえ、常に意識するのは、難しいとは思いますが・・・。

また、地球温暖化に関しては、商品相場においても大いに影響があります。
もちろん、エネルギーの主力となっている原油の使用量が制限されたり、
バイオマスエネルギーへの代替が進むことによって農産物等への影響も
考えられます。

バイオマスエネルギーへの代替が進むのは、もう少し時間がかかりそうですが、
商品相場と密接に関係してくる問題と思われますので、今後も注目したい
ところです。

尚、来年のサミットは、北海道の洞爺湖です。

この記事をはてなブックマークに追加

D-stationキャンペーンが始まりました。

2007-06-08 18:29:19 | Weblog

どうも、
ついに始まりました、キャンペーン。
D-stationとしては、北辰物産になってからの初めてのキャンペーンです。

もう既に何度かご紹介したかと思うんですが、
しつこいようですが、詳細です。
http://www.hoxsin.co.jp/online/news/cam_0706.htm

結構、豪華賞品を取りそろえております。

ここでご注意。
もちろん売買をたくさんすればより豪華な賞品がもらえるわけですが、
取引には損益がつきもの。
ペースを崩してマイナスが出たのでは本末転倒というものです。

あくまで取引の結果として、ついでに賞品ももらえた、
嬉しいなぁ・・・という具合に考えて頂ければ幸いです。



もう一点、実はけっこう皆様からお問い合わせ頂いていることですが、
「TIGER TRADER」の口座開設の停止について。

これもキャンペーンと同様に6月6日に発表させて頂きました。
ご通知の通り、今後オンライントレードシステム
「D-station」と「TIGER TRADER」とを1本化していくにあたり、
まず口座開設申し込みの窓口を1つにしていこうということで
「TIGER TRADER」の申込を停止させて頂きました。

ここで気になるのが、「TIGER TRADER」でのお取引は今後
どうなるのかということ。

実は現時点では詳細が決まっておりません。
もちろん1本化という大まかな流れは決定しているのですが、
どうやって1本化するのかということについて現在検討しております。
極力お客様に負担をかけぬよう最善の方法で臨む必要がありますから。

詳細は決定次第ホームページ等でお伝え致します。



では、また。


この記事をはてなブックマークに追加