【北辰物産D-station】スタッフの声

北辰物産オンライントレードスタッフによるブログ。取引画面の便利な利用方法の紹介など様々な角度から情報発信致します。

注目の米大統領選まであと11日!!

2020-10-23 15:28:46 | お知らせ
商品先物取引のリスクについて
こんにちは。

ついこの前まで猛暑が続いていた感がありますが、あっという間に
涼しくなり10月ももう後半。

もう少しすると、年末の話題が出て来るのでしょうね。
過ぎてみると本当に月日が流れるのは早いですね。

さて、市場が注目する11月3日の米大統領選まで、2週間を切りました。
本日の午前10時からトランプ現大統領とバイデン氏の両大統領選候補
によるテレビ討論会が行われました。

これまでの世論調査では劣勢と報じられているトランプ大統領にとって
は、選挙前残り少ない反撃の機会となりそうです。

第1回討論会は、トランプ大統領がバイデン氏の答弁を妨害するなど
泥仕合となりました。

第2回は、トランプ大統領の新型コロナ感染で中止になっており、
これまで、両候補の冷静な政策論争は行われておりません。

国民にアピールする絶好の機会であると同時に、残り少ない選挙戦の
行方を左右しかねない事から、今回も激論が繰り広げられそうです。

この後の選挙戦を左右すると見られているのが、前回の米大統領選
でも話題になった、「隠れトランプ支持者」の動向と、新型コロナの
影響で急増が予想される郵便による投票。

前回の大統領選においても、世論調査で終始リードしていたクリントン氏
が勝利する確率が高いと予測している所が多かったようですが、実際
蓋を開けて見るとトランプ氏が勝利しました。

この結果を見ると、世論調査などでは本音を明かさず、実際の投票では
トランプ氏に投票した国民が多かったという事が考えられます。
今回も、このような現象が起こるのか興味がありますね。

また、郵便投票の急増により開票や結果判明までが遅れるなど、混乱が
予想される事や、仮にバイデン氏が勝利した場合、トランプ大統領が
敗北を素直に認めるかなど様々な憶測が出ているようで、両動向が
選挙戦の鍵を握る様な気がします。

次の米国の指導者が誰になるのか。

これは、米国民だけではなく、日本、中国、欧州など世界的に注目
されております。

政治や外交は勿論、株価や為替、商品市況など金融マーケットにも
大きな影響を与えるビッグイベントまであと僅か。

結果に注目しましょう。

それではまた・・・K

【キャンペーン情報】




この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 取引の期限について | トップ | 米、欧で新型コロナウィルス... »
最新の画像もっと見る