【北辰物産D-station】スタッフの声

北辰物産オンライントレードスタッフによるブログ。取引画面の便利な利用方法の紹介など様々な角度から情報発信致します。

固唾を呑んで見守る。。。

2016-11-07 23:54:44 | 相場情報

商品先物取引のリスクについて


こんばんわ。

朝晩、かなり冷え込みがきつくなりましたね。
昨日北海道では、発達した低気圧が
通過した影響で雪に見舞われ、
札幌市中心部では23センチの積雪を観測。
11月上旬の積雪が20センチを超えたのは
21年ぶりだそうです。

どうりで寒いわけだ。。。

また、札幌市内を走る路面電車
除雪車両「ササラ電車」が、
昨年より18日早く初出動したり、
新千歳空港では羽田などを結ぶ便
相次いで欠航がでるなど交通機関にも
影響があったようですね。


そして本日、11月7日は「立冬」です。
いよいよ冬の訪れです。
鍋料理がおしいく頂ける季節で、
楽しみが増える一方で、
ここ2年ぐらいは風邪をひいておりますので、
今シーズンは、風邪を引かぬよう、
体調管理をしっかりしたいと思います。


さて、先週末は米10月雇用統計が発表されました。
結果は以下の通りとなりました。

非農業部門雇用者数変化:16.1万人【予想:17.3万人】
失業者 :4.9% 【予想:4.9%】

雇用者数は前月の19.1万人増(修正値)から伸びが鈍化し、
事前予想も下回りましたが、8、9両月の就業者数がともに
上方修正されたほか、賃金も上昇。
このため、市場では12月の利上げ実施には十分な内容と
受け止められる内容となったもようです。


雇用統計発表前後の東京金、ドル円の動きにつきましては、
弊社ホームページにてご確認頂けます。
米雇用統計概況はこちら

東京金は雇用統計発表前は概ね4285~4290円の間で推移。
発表直後は乱高下し、発表後の5分間の高値・安値の差は
24円となりました。

その後は、じりじりと値を切り上げ4301円で
夜間取引は終了しました。


重要指標である雇用統計が消化され、次の注目は8日投開票の
米大統領選の行方に集まっています。
市場は固唾を呑んで見守ることとなるでしょう。

クリントン氏の「メール問題」浮上し、トランプ氏と
支持率が一時逆転し、先週の市場では、「トランプリスク」が
意識され、外為市場ではドル安・円高が進みましたが、
FBIが刑事追訴を見送るとの方針を示したことで、
今週に入り、ドル円は先週末より約1.5円、ドル高・円安に振れました。

メール問題が決着し、クリントン氏やや有利との見方も
ありますが、支持率は拮抗しており、予断を許さない状況です。

8日移行、徐々に各州での開票作業が始まり、その結果によって、
市場は一喜一憂する展開となりそうですね。

米大統領選の結果によっては今後の商品市場のトレンドも
左右するかもしれませんね。

では、マタ。

【11月15日開催】 HOXSINプレミアムセミナー


【11月29日開催】 HOXSINプレミアムセミナー


【穀物特集ページ】


【新規口座開設キャンペーン】1枚以上のお取引で3000円キャッシュバック!!




商品先物 ブログランキングへ
ジャンル:
ウェブログ
この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« お伊勢参り | トップ | クリントン氏VSトランプ氏 ... »
最近の画像もっと見る