カウチと美女

2015-02-27 20:20:25 | だって私は涼風真世が好き
今日のクリコレII、冒頭MC(日直)が涼風様だったそうです───

なぜ、私は、
今日のチケットを
持っておらんのか!!


ぐえぇぇぇぇ・・・聴きたかった・・・(TД\)・゜。ピー

コレクション曲の作品を解説したあと、今日から加入する泉見さんを紹介、
袖に向かって「(緊張しなくて)大丈夫だよー♪」と声をかけたとのこと。

優しい副組長。←cf. LB大千秋楽

次のMC日には当たりたいなぁ。

というわけで、エンタステージの記事で心を鎮めるなど。
写真は東宝FB掲載のものと同じです。

各人の歌う曲が堂々と書いてあるのでご注意くださいね。

ドリームキャストが再び集結!「クリエ・ミュージカル・コレクションII」開幕レポート!
Comment

クリコレII 2/25

2015-02-26 21:37:04 | だって私は涼風真世が好き
「クリエ・ミュージカル・コレクションII」 2/25(水) 夜の部


前回詳細な感想を書いてしまったので、もうこの先は自由な感じで書きますね。
内容に触れてますっていうか、触れすぎてて逆に観てないと意味不明という。
(まだご覧になってない方は初見のドキドキを尊重してください【定型文】)

この日は圭吾氏のMCがね(笑) おそらくクリコレ史上初のgdgdっぷりで(笑)
笑い過ぎて記憶が飛んだので(←)ニュアンスだけでいいですか。

幕が開いてもカウチに座ったまま後ろ向きで話し始め(まずは振り向こうか)
両足を振り上げて向きを変えようとして背もたれに足をぶつけ(ドジっ子か)
背もたれに足を掛けたままでいたら血が止まりそうになって降ろしたりww
話してる途中で自らツボにはまり込んでカウチに大の字でひっくり返りww
それはもうgdgdの見本みたいなMCでした(笑)

「私のコレクションからの1曲は・・・あ、すみません後ろ向きのままで。
(正面に向き直ろうとして足をぶつける)痛い。・・・あ、何だっけ。
客席の皆さん、お仕事お疲れさまでした。ただいま僕は仕事中です。
喋るの苦手なんですよー。何だっけ、コレクションからの1曲ですよね。
あ、なんか、血が止まってきちゃったんで足降ろしていいですか。
レベッカから「持ちつ持たれつ」。レベッカという作品は、ここシアタークリエで
2008年に初演、3ヶ月のロングランでした。石川禅さんと二人きりの楽屋。
禅さんとの間に愛・・・それはさておき、この作品はレベッカという女性が
謎の死を遂げるところから始まります。自殺か、他殺か、はたまた事故か。
そしていろいろあって、最終的に「ああ そうだったのか!」となる物語です。
唯一、大塚千弘さんが演じる主人公・私の名前だけは最後まで分かりません。
えー、何だっけ、意外と忘れちゃうもんですねぇ・・・何話すんだったっけ。
僕が演じたジャック・ファベルは、そのレベッカといとこ同士という役。
それでレベッカの死の秘密を知っているぞと旦那の元にやってくるんですね。
山口祐一郎さん、マキシムに秘密を知ってるから金を寄越せって言いに来る。
・・・(笑)コレクションからの1曲が(笑)金をせびる歌なんて(笑)
(カウチにひっくり返って)あ゛ーー!もうやだーーー!!神様ーー!!
すみません。えーっと、分からなくなっちゃった。あ、思い出ですよね。
ファベルの場面の小道具が、グラスに氷が入ってて、緊張でカタカタカタカタ(笑)
禅さんがウイスキーを注いでくれるんですけど、今度は縁がカタカタカタカタ(笑)
で、この曲を歌う前にウイスキーを飲んで決めぜりふを言うんですけど
ひとくち飲んだら気管に入っちゃって、でも音楽がスタートしてるから
歌うしかなくて、“しゃ・・・t・・・ぐぇ・・・ぐっ・・・ぇる・・・で・・”みたいな。
さて、そろそろお時間が来ました。心と体の準備はよろしいですか?
それでは始めましょう。クリエ・ミュージカル・コレクションII!」

確かこんな感じ(笑) レベッカの作品解説でこんな雑なの初めて聞いたわ(笑)
客席は5秒に一回笑ってたと思う。舞台上のオケや舞台裏からも笑い声が。
愛されてるなぁ、圭吾氏。

というわけで、クリコレ楽しんでおります。それはもう楽しんでおります。

「すべてはあなたに」「罪を着せろ」「君のそばで」「レベッカI」が大好き。
ワイルドホーン作品もいいし、もちろんリーヴァイさんの曲にも心ときめく。
あとフィナーレもグッバーイから帰してーで愛を!まで高まりっぱなしです。
楽しい時間ってあっという間に終わってしまいますね。

ただ、何度か観ていると、どうしても選曲の緩さが気になってくるわけで。
一曲の中にきちんとドラマが描かれているナンバーを多く採用してるのが
クリコレの良さだと思うんですけども、そういう意味で少し気になるのが
エニゴとイーストウィック、そして42nd。

「吹け、ガブリエル」は知寿さんのスター性を生かした楽しい場面だけど
幕開きを盛り上げるダンスナンバーということなら他にもあるでしょって。
例えばアイ・ガット・マーマンから「I Got Rhythm」とかさ。
四季時代CFYのポリーとしても歌ったナンバーだからぴったりじゃん。

そして「究極の男」も肩の力の抜けたコント風で息抜きにはなるけど・・・
女性3人の歌=イーストウィックっていう固定概念もどうなんだろう。
女性のきれいなハーモニーを聴かせるということなら他にもあるでしょ。
レディ・ベスの「悪魔と踊らないで」でメアリーと侍女たちのパートを
交換しながら歌うことだって、あの3人の歌唱力ならできるはず。

「Young and Healthy」は手拍子も起こるし空気がほんわかするんだけど
あまりにも作品が古いよね(汗)。しかも本公演を観てても印象の薄い曲。
歌詞から想像する世界が(個人的にはだけど)なんだかちっぽけで。。。
ほかのセトリと比較して、ここだけ妙に軽すぎてもったいないんです。
今日はまた歌終わりのアドリブが増えてて、涼「好きです」吉「イエス」
涼「へへへへ」吉「へへへへ」涼「あとでチューしてね」 ←行きすぎw
でも、アドリブがどんなに増えても、この曲自体に限界がある気がする。
涼風吉野の共演作は42以外に、M!、レベッカ、CLUB SEVEN、LBかな?
男女のデュエットということなら他にもあるでしょ!(もはや懇願の域)
どちらも持ち役からは離れるけど、M!の「終わりのない音楽」とかさ。
ダンサブルなものなら、レベッカの「アメリカン・ウーマン」とかさ。
歌にしろ踊りにしろ、もっと最近の曲の方がふたりの魅力も生きると思う。

今回はどの曲も旋律や歌詞、歌い手の表現力で作品の世界を想像できて
なかなか面白い選び方をしていると思います。(知名度はまた別の話)
だから余計に、うちの子だけセトリで損してる気がして悶々とするのね。
※意見には個人差があります

IIについて、セトリが地味だとか、知らない曲ばっかりでつまらないとか
一部でマイナスの評価も聞こえてくるけど、こういうのはどうしたって
その人自身の観劇歴や嗜好が絡んでくる話だから仕方ないよね・・・

BWML、MMS、OHMF、あれこれミュージカルコンサートが乱立している中
クリコレのこのラグジュアリーな雰囲気はとても貴重だなと思うんです。

歌のうまい人の間に歌えない人が紛れ込んでたり、悪ふざけ演出が多かったり、
キャストの過去作品に全く重なりがなかったり、宝塚枠が残念な人選だったり、
ミューコンにもいろいろと難しいところがあるのでね。
東宝の常連がひたすら美声を聴かせてくれるなんてありがたい話だなーって。

私なんぞ、かなめさんの歌が聴けると思うと3mm浮くもん。ドラえもんだもん。
舞台を見つめながら無意識に胸の前で指組んじゃうもん。 ←乙女と書いてファンと読む

話がまとまらなくなってきたので(吉野現象)、最後にしつこくこれだけは。

かなめさんの登場のドレスはやっぱり白系がいいなああああああああ!
ランウェイは前回みたいな白ドレスで派手に出てきてほしい (・ε・`)
もしくは、LB開幕直前イベントのときみたいに地毛(金髪)ストレートとかさ。

まあ、すったかすったか前に歩いてきて、上手でぴょこってポーズ決められると
まあいいか美人は何を着ても美人だ愛してる!なるけども。

東宝のFacebookで舞台写真がUPされてました。わーい。

セトリは前記事で書いたので割愛しまーす。

【本日のキャスト】
大塚千弘/涼風真世/保坂知寿
岡田浩暉/今 拓哉/田代万里生/吉野圭吾/山口祐一郎

逢沢 優/朝隈濯朗/寺元健一郎/福永悠二
天野朋子/今込 楓/佐伯理沙/原 宏美
Comments (2)

reliable

2015-02-24 07:42:43 | だって私は涼風真世が好き
そういえば「貴婦人の訪問」アンサンブルが発表になってましたわ。

∞----------∞
飯野めぐみ(若い時のクレール)
寺元健一郎(若い時のアルフレート)

岩崎亜希子/樺島麻美/河合篤子/三木麻衣子/吉田理恵
榎本成志/木内健人/さけもとあきら/武内 耕
俵 和也/谷口浩久/港 幸樹/山名孝幸
∞----------∞

よくお名前を見る方々ばかりで何だか安心しちゃいますね。
武内さんと河合さんがいるのが嬉しい。

若き日の主役たちは物語のキーになるのでしょうか。
現在のふたりと昔のふたりが同じ場面にいる写真を見た気がする。
寺元さんがキャスティングされたということは歌が重要なのかな。
というか、座組全体が歌重視の人選という感じだよね。

飯野さんは、何度かアンサンブルで観てる気がするけど・・・
申し訳ないことに個別で認識できるほど注目したことない (゜ー゜;
でもあのご両親の娘だもん。(父:飯野おさみ 母:末次美沙緒)
お父さんからはダンス、お母さんからは芝居のDNAをもらったはず。
そしてどちらに似ても歌はうまいはず。

かなめさんとそんなに雰囲気が似てないのが気になるけど
それを言ったら寺元さんだって祐様とはそれほど。。。
ま、アルフレートもクレールも若い時はかわいらしかったんだねー
ってことですよね。それで、いろいろあって別れちゃったんだねー。

これで出演者は全員確定かな?

チラシの撮影はいつ頃なんだろう♪wktk

地方公演の追加があるのかないのか、早く教えてほしい。
Comment

クリコレII 2/22

2015-02-23 00:37:37 | だって私は涼風真世が好き
「クリエ・ミュージカル・コレクションII」 2/22(日) 夜の部


3日連続で日比谷とか、他にすることないのかとお思いになるでしょうが
ええ、他にすることないんですよ。(会社にはちゃんと行きますけどね)

今日は一曲ずつ感想を書きたいと思います。
ネタバレには気をつけられないごめんなさい。未見の方は「戻る」して。

その前に本日のオープニングMCは岡田さんでした。
岡田さんのコレクションからの1曲は「私という人間」(ルドルフTLK)。
エリザでフランツを演じて、今回はその息子の歌。縁を感じるそうです。
“僕の顔と名前が一致しない人はパンフレットを買って見てください。
山口祐一郎さんの次の次ぐらいにかっこいい男が僕です”←リアルwww
歌うときはあんなに渋いのに喋ると自由区(笑) MCの星・岡田浩暉(笑)

初日のちっひーは「光よ照らして」。
「天使は、この森でバスを降りた」の物語と役柄の解説をかなり長めに。
“題名を正しく言える人、いないですよね(・∀・)”←そんなことないよww
昨日はしろまりさんで「シェルブールの雨傘」。
ミッシェル・ルグランのコンサートに感動して、アポなしで楽屋へ突撃。
最終的にはこの歌を本人と肩を組んで歌ったと。 ※一歩間違えば不審者

IのときよりMCの尺は長くなってます。たぶん2分ぐらいはある気がする。

クリコレの良さは曲間にMCが入らないから集中が途切れないことかなと
個人的には思ってます。作品の世界にどっぷり浸れるのがいいなーって。

というわけで、曲ごとに感じたことなど。
途中にピンポイントの衣裳レポが挟まります。
このブログの方向性はカテゴリをご確認くださいね。

<ACT 1>
オープニング
このランウェイ的な登場、ほんとにワクワクする。音楽も華やかでいいし。
涼風様は黒のかなり大胆なデザインの衣裳です。
(c)BCBG
イメージとしてはこれが近いんだけど、実際は長い袖のついたドレス。
全体にシルバーの○や△の形をした小さな飾りが散りばめられてます。
表面はメッシュ生地で、中にタイトなミニ丈ドレスを着ているわけで、
つまり腕やら太ももが程よく透けてるわけで!おお神よ! ※落ち着け
黒のニーハイブーツが、よくその筒幅で足が収まりますねという細さ。
髪型は黒髪ボブ(外ハネ)。かわいいけど、他のでもよかったような・・・
結論としては、かなめさん、あなた女神かよ。っていうね
「ローマの休日」 ♪それが人生(山口)
知らない\(^ω^)/ でも祐様がそれはもう楽しそうなのでまあいいか状態。
歌詞からするとジョー初出の曲なのかな。電話の音を口で言うのやめて(笑)
歌終わりの「チャオ♪」が微笑ましい。初見の人はここで引いてはいけない。
「キャッチ・ミー・イフ・ユー・キャン」 ♪Live in Living Color(田代)
本公演を観たときはこんなにかっこいい歌だと気づかなかったよ。←
しろまりさんがフランクをやってくれればよかったのに。
「ガイズ&ドールズ」 ♪女神よ今夜は淑女でいて(吉野)
吉野スカイ、めっさ危険な香り。ハットが似合うなあ。
アンサンブル男子のダンスもなかなかかっこいいです。
「この森で、天使はバスを降りた」 ♪光よ照らして -Shine On Me-(大塚)
前にOHMFで聴いたときと同じ澄んだ声。歌詞が重くて深い。
「マリー・アントワネット」 ♪すべてはあなたに(涼風/今)
このふたりのデュエットがきれいで大好きです。ふたりのハーモニー絶品。
今フェルセンのノーブルな印象と、涼風マリーのお姫様な感じがよく合う。
今さんも気になりつつ、ぜひかなめマリーの表情をつぶさに観察してください。
すっごく切なくて美しい表情をしているので。特に最後の潤んだ瞳は完璧(キリッ
ここの衣裳はチラシで着ているビスク色のティアードドレスです。似合う!
髪はブロンドのロングふわくる。今回はこの曲のビジュアルが一番好きかも
「ルドルフ ザ・ラスト・キス」 ♪私という人間(岡田)
ワイルドホーンの曲って割とどれも同じに聞こえる私ですが、この曲は好きなんだよ。
岡田さんが最後の絶叫でイナバウアーしているのを見て、難しい曲だと理解するなど。
「パイレート・クィーン」 ♪愛していると言えたなら(保坂/山口)
祐様と知寿さんがデュエットしている図だけでほんわり温かい何かが胸に去来するわ。
知寿グレイスの高音がきれいで、四季時代からこの歌声が好きだったなーとしみじみ。
懐かしいなあ、PQ。エリザベス1世のビジュアルに驚いた記憶。左舷に敵ーーーーー!
開演5分前のチャイムはこの曲ですね。
「モンテ・クリスト伯」 ♪罪を着せろ(吉野/今/田代/岡田)
うわあ!かっこいい!と思わず高まった曲。悪巧みをしてる男って独特の魅力がある。
3人の歌を4人でつないでいくって面白い試みですね。フットライトがいい仕事してる。
「ウェディング・シンガー」 ♪サタデーナイト・イン・ザ・シティ(アンサンブル)
全編にわたって踊らされまくるアンサンブル(笑)
ゲイ設定の逢沢さんから目が離せない(笑) 決めポーズで脇を隠すのやめてwww
この曲に入る前にパーカッションとベースのソロがあるんだけど即興なのかな。
コンガはばちを使ってたり手だったり、ベースも日によって違う。要注目です。
「マリー・アントワネット」 ♪100万のキャンドル(涼風)
浮かれたNYから18世紀の貧しいパリへ。リーヴァイ楽曲はイントロも美しい。
かなめさんのソロコンでは聴いたことあったけど、こういう公演でマルグリットを
歌うのは初めてなのかな?ある意味、ひとりMA。王族も平民もやっちゃうよ的な。
高音と低音の声色に差があるので、本編のイメージとはだいぶ違うかもしれない。
黒いショートヘアにBCBGのコート(↓これ)、黒パンツに黒ブーツでほっそり。
(c)BCBG
「シラノ」 ♪ロクサーヌ(今)
甘いメロディーに揺れながら歌う今さん、の背後で同じく揺れている指揮者(笑)
バイオリンの音色と今さんの歌声が合ってて素敵。
「デュエット」 ♪Still Believe in Love(保坂)
知寿さんの四季退団後の初舞台。行きたかったのに行けなかったんだよ・・・
だからここで聴けて嬉しかった!イエローとグリーンのドレスが春らしくてきれい。
「ダンス オブ ヴァンパイア」 ♪舞踏の間(今/田代/山口/吉野/大塚)
はいはい今年もありがとうございます(笑) 初代のサラとヘルベルトが登場。
教授は今さんに引き継がれ、去年ヘルだったしろまりさんがアルフレートに。
特に言うことはありません。TdVはTdV、ただそこでやっていてくれればいいのだ(笑)
祐様の「楽しもう 舞踏会でぁぁあ!」が聴けたのでOKです。

<ACT 2>
「エニシング・ゴーズ」 ♪吹け、ガブリエル(保坂)
知寿さん!そのスタイルどういうことなの!?(20代の頃と変わってない疑惑gkbr)
この歌がどれだけ大変かは、アンサンブルだけで歌いだすとよく分かる。
踊りながらだと息が続かないよね。それを感じさせない知寿さんの肺活量よ。
ところで、この歌って本公演では大して面白くなかったんだけどどういうk(ry
「レ・ミゼラブル」 ♪星よ(今)
新演出となった今、もう観ることはかなわないであろうジャベールのひとり・・・
まっすぐな歌い方でいいよね。私はこういうジャベールが好きなんだよ。
「ジキル&ハイド」 ♪連れてきて(大塚)
本公演のルーシーが陰のエロチシズムなら、こちらは陽のエロチシズム。
若さがそうさせるんだろうけど、この陽エロちっひーは今しか観られない。
手拍子してもいいんだけど、私はじっくり歌と踊りを観ていたい派です。
「パイレート・クィーン」 ♪君のそばで(山口)
とても美しいラブソング。大好き。ティアナン大好き。なのにその衣裳!!!
髪型はいいさ。けど、何で柄の上に柄なの(笑) ドン小西が見たら怒るよ。
でも素敵な曲です。最後は圧倒されてしまう。
「イーストウィックの魔女たち」 ♪究極の男(大塚/涼風/保坂)
かなめさんの「イケメン」とちっひーの「いい男」に毎回笑かされるんだけど
一番クオリティ高いのは知寿さんの日替わりコメント(笑)
初日は「足がすらーっとしてんのね」、今日は「・・・なんかすごかったわね」(笑)
祐様と知寿さんって四季時代が同じだから、いい具合に遠慮がないのが楽しい。
この歌はまあ、初見が最も楽しい系ナンバーですが(←)ハーモニーは抜群。
去年よりもしっかり聞こえるのは、たぶん高音担当のちっひーがうまいから。
3人で歌うときの響きがバランスよくて心地よいです。
かなめさんの衣裳はネイビーのシンプルなチュニックに白パンツ、白パンプス。
黒髪のショートヘアに大きめの丸いメガネです。のび太君・・・ではない。
コラボブレス2種類は、ここと次の42ndのナンバーで着けてます。
「ミー&マイガール」 ♪街灯の下で(田代)
あまりにも歌がうますぎて、歌がうまいことに気がつかない感じ。←分かる?
自然体で歌うしろまりさん、いいわ。フランツが気になってくる罠。。。
「42nd Street」 ♪Young and Healthy(吉野/涼風)
「何でこの曲!?ランキング」暫定1位です(・∀・) いや、好きだけどね。
ペギー&ビリーだったことを思い出すのに時間がかかった私を許してください。
あのね、歌詞がね、不思議じゃん?(笑) なんといっても古き佳き作品だから。
でも英語でも“I’m young and healthy,and you've got charms”なんだよ。
だから合ってるの、私若くて健康 あなたは最高。皆さんどうか気にしないで。
ここでの衣裳もBCBG。白+青ボーダーのポンチョスタイルのカットソーに
黒っぽい細身デニム+黒ブーツ。黒髪ショートヘア。(今回はショート多め)
(c)BCBG
吉野さんと簡単そうなステップを楽しそうにキャッキャしながら踊ってます。
簡単そうなのに初日は間違えてましたからね(笑) 歌詞も1ヶ所違ったし(笑)
振りを間違えないか、最後のポーズが間に合うか、我が子を見守る母の気分。
今日は歌い終わりに 涼「好き(はぁと)」吉「イェイ!」のアドリブが発現。
これはあれだ。これから手を変え品を変えいろいろやってくるパターンだわ。
「モンテ・クリスト伯」 ♪ただ そばにいる(岡田/保坂)
このふたりでエドモン&メルセデスを聴く日が来ようとは。
知寿さんのペールブルーのドレス、きれいだなー。
「シェルブールの雨傘」 ♪港の見える広場(大塚/田代)
ちっひーのジュヌのかわいさが半端ない。
本公演では食傷気味だったけど単独で聴くとなんだかんだ名曲だなーと。
逢沢さんと佐伯さんのパ・ド・ドゥも美しいです。
「ミス・サイゴン」 ♪ブイドイ(岡田)
重い。急に毛色の違う重たさ。ベトナムのスライドが出るせいもあるけど。
いい曲だとは思う。岡田さんうまいし。ただ、クリコレっぽくない。。。
「レベッカ」 ♪持ちつ持たれつ(吉野)
OHMFのおかげでマテの歌声が染みついてたけど、本家はやはりこちら。
目線と口元がこれ以上なく胡散臭い。※褒めてる
「レベッカ」 ♪レベッカ I(涼風)
IIIが聴きたかったー!ちっひーもいるんだし!と思いながらもやっぱ好き。
この曲はある程度の年齢の女優さんならみんな歌いたいんじゃなかろうか、
というぐらいドラマチック。かなめさんの低音とウェットな高音が耳福です。
最後にぶわっと横を向くのが派手でいいなあと。
ここでは長袖の黒いマーメイドラインのロングドレスに黒髪ロングくるくる。
襟ぐりにはシルバーのビジューが付いていて、気品ある佇まいの家政婦頭。
ドレスには全体的にレース刺繍が入ってて、下の生地は金色なのかな・・・
最初、刺繍の下がシースルーに見えてドキッとしたのは私です (・∀・)スマン
「レベッカ」 ♪こんな夜こそ(大塚/山口)
私とマキシムのデュエットが久しぶりに聴けて嬉しい。ふたりの身長差(笑)
祐様はマキシム扮装、ちっひーの淡いピンクのドレスがかわいすぎて幸せ。
「キャッチ・ミー・イフ・ユー・キャン」 ♪Good-Bye(ほぼ全員)
本公演でも物語の〆に歌われてた曲。今回初めていい曲だと思ったよね。←
かなめさんの声で「いまHappy ending この素晴らしい瞬間を」って聴くと
なぜだかほっこりした気分になります。温かい声だからほっとするのかな。
グッバーイの手の動きがみんなかわいい。一緒にやりたい。やらないけど。
かなめさんの衣裳はオープニングと同じ。どうしても太ももを見ち(以下略
「レ・ミゼラブル」 ♪彼を帰して(山口)
これよ。もう、ひとことでは書けない。初日はイントロで震えました。
バルジャンが天に召されるときの格好で、あんな表情で歌うんだもん。。。
「シスター・アクト ~天使にラブ・ソングを~」 ♪愛を広めよ(全員)
初めて観たときは、なんでTake Me to Heavenじゃないんだよと思ったけど
もともとフィナーレ向きの曲だし、ノリがいいのは間違いない。
ここでは祐様とかなめさんを除いて、ほぼ全員がチラシと同じ衣裳です。
ラストはもう一度あのふわふわのティアードドレスが見たかったなー!!
そうすれば女性陣がトリコロールになって素敵なのに!!
今回はプリンシパル全員が客席降り(そしてハイタッチ)してくれるので
たぶん足下が不安定になるのを心配して黒ドレスに変更したのではと予想。
ともかく、なんのかんの言いながら至福の2時間10分なのであります ヽ(´∀`*)ノ

───うわ!長っ!
ここまで読んでくださった方、お疲れさまっした。

何度か観て感動に慣れちゃう前に一度まとめておきたかったんですよね。

セトリは思うところもあるけど、キャスト全員が好き。それがとても大きい。
ミュージカルコンサートで実は最も大切な要素かもしれない。「全員が好き」。


【本日のキャスト】
大塚千弘/涼風真世/保坂知寿
岡田浩暉/今 拓哉/田代万里生/吉野圭吾/山口祐一郎

逢沢 優/朝隈濯朗/寺元健一郎/福永悠二
天野朋子/今込 楓/佐伯理沙/原 宏美
Comments (5)

クリコレII 2/21

2015-02-21 23:01:38 | だって私は涼風真世が好き
「クリエ・ミュージカル・コレクションII」 2/21(土) 昼の部


昨日は21列、今日は6列ということで、わあ、見え方が全く違う♪
と、当たり前のことを言いながらネタバレに気をつけるふりをしたいと思います。
(まだご覧になっていない方は初見のドキドキを尊重してくださいね)

曲ごとの感想を書くのは明日に回して、感じたことをさっくりとメレンゲ風に。
なお、このブログの方向性はカテゴリをご確認ください。

・かなめさん、オープニングの髪型をもっt(略
・新聞記者が電話の呼び出し音を口で言う件(笑)「プルルルッ」(笑)
・吉野圭吾+ハット=最強 ※敬意を込めた呼び捨て
・MAってほんとに名曲揃いだよね──つか、マリーかわいいなおい (//ー//)
・知寿グレイスの高音が耳に心地よい
・サタデーナイトの最後は水ブシャーーーーーッでしょ
・100万のキャンドルを歌う人が着ているコートはシャンテで5万5000円
・暗黒舞踏の方々ですか?え、違う?ああ、ヴァンパイアそっかそっか
・後頭部から何か出てるけど(髪)・・腰から何か垂れてるけど(チェーン)
 柄に柄を合わせるとかファッション上級者だわ 〔意味〕ティアナン大好き
・違うよ、アドリブじゃないよ、3人とも別に男に困ってないと思うよ
・直訳なんて気にするなそれワカチコワカチコ
・そこはIじゃなくてIIIだろおおおおおお 大塚涼風最終決戦だろおおおお
・軽快→しっとり→弾けるラスト3曲の展開、好きよ

こんな感じでした。(どんな感じだよ)

かなめさんの衣裳も一点ずつちゃんとレポりたいところだけど。
きっとほかの変態さんファン友さんがやってくれると思うのでまた後日。

歌った順番にセトリを上げておきますね。

あ、ちなみにオープニングのMCは、初日がちっひー、今日がしろまりさん。
夜の部もしろまりさんだったそうなので一日ずつ持ち回りなんですかね。

「年齢順かも」という推測に従うと、かなめさんの登場は金曜日あたり?
まあ、こればっかりは分かりません。(関係者にしか)
ご贔屓さんのMC日に当たったらラッキーってことで。


【セットリスト】
<ACT 1>
「ローマの休日」
   ♪それが人生(山口)
「キャッチ・ミー・イフ・ユー・キャン」
   ♪Live in Living Color(田代)
「ガイズ&ドールズ」
   ♪女神よ今夜は淑女でいて(吉野)
「この森で、天使はバスを降りた」
   ♪光よ照らして -Shine On Me-(大塚)
「マリー・アントワネット」
   ♪すべてはあなたに(涼風/今)
「ルドルフ ザ・ラスト・キス」
   ♪私という人間(岡田)
「パイレート・クィーン」
   ♪愛していると言えたなら(保坂/山口)
「モンテ・クリスト伯」
   ♪罪を着せろ(吉野/今/田代/岡田)
「ウェディング・シンガー」
   ♪サタデーナイト・イン・ザ・シティ(アンサンブル)
「マリー・アントワネット」
   ♪100万のキャンドル(涼風)
「シラノ」
   ♪ロクサーヌ(今)
「デュエット」
   ♪Still Believe in Love(保坂)
「ダンス オブ ヴァンパイア」
   ♪舞踏の間(今/田代/山口/吉野/大塚)

<ACT 2>
「エニシング・ゴーズ」
   ♪吹け、ガブリエル(保坂)
「レ・ミゼラブル」
   ♪星よ(今)
「ジキル&ハイド」
   ♪連れてきて(大塚)
「パイレート・クィーン」
   ♪君のそばで(山口)
「イーストウィックの魔女たち」
   ♪究極の男(大塚/涼風/保坂)
「ミー&マイガール」
   ♪街灯の下で(田代)
「42nd Street」
   ♪Young and Healthy(吉野/涼風)
「モンテ・クリスト伯」
   ♪ただ そばにいる(岡田/保坂)
「シェルブールの雨傘」
   ♪港の見える広場(大塚/田代)
「ミス・サイゴン」
   ♪ブイドイ(岡田)
「レベッカ」
   ♪持ちつ持たれつ(吉野)
   ♪レベッカ I(涼風)
   ♪こんな夜こそ(大塚/山口)
「キャッチ・ミー・イフ・ユー・キャン」
   ♪Good-Bye(田代/岡田/今/吉野/涼風/保坂/大塚)
「レ・ミゼラブル」
   ♪彼を帰して(山口)
「シスター・アクト ~天使にラブ・ソングを~」
   ♪愛を広めよ(全員)

【本日のキャスト】
大塚千弘/涼風真世/保坂知寿
岡田浩暉/今 拓哉/田代万里生/吉野圭吾/山口祐一郎

逢沢 優/朝隈濯朗/寺元健一郎/福永悠二
天野朋子/今込 楓/佐伯理沙/原 宏美
Comment

クリコレII 初日

2015-02-21 01:03:06 | だって私は涼風真世が好き
「クリエ・ミュージカル・コレクションII」 2/20(金) 夜の部


確かにIとはちょっと違う。

以下、ネタバレに気をつけるふりをしてさっくりと内容に触れていきます。
(まだご覧になっていない方は初見のドキドキを尊重してくださいね)








マニアック(笑)

出演者のファンを長くやっている人でもこのセトリを見たら驚くかも。
曲名には何となく見覚えあるし、実際に歌を聴けば思い出すんだけど。
それでも相当マイナーな楽曲勢揃いですよ。

冒頭からして、こんな曲あったっけ?( ^ω^ )あ、観てないわ。っていう。

でもそこはあのキャストなんで。それはもう個々の魅力だだ漏れなわけで。
最初、上演時間2時間10分(休憩含む)とか短すぎだろomgとか思ったけど
終わってみればちょうどいいような。むしろ二幕はお腹いっぱいでした。

初見の感想としては───
・オープニングMCは踏襲なのね
・チョコレートとは
・かなめさん、冒頭はもっと目立つ髪型がいいんじゃない?
・衣裳は総じて前回の方が素敵だった
・客席の祐様への愛が半端ない
・男性陣、全員いいね
・女性陣、個性全開だね(涼風節・知寿節・大塚節 :日本三大節)
・一幕ラストまたそれかよありがとう待ってたヘルおかえり
・アンサンブルめっさ踊ってる
・「もう男はこりごり」でそんなに笑わないで客席(笑)←
・っていうか、かなめさんそれ地毛なのカツラなの!?
・やっぱり終盤は有名曲でつながないとね
最後の曲で泣いてみた

だって聴きたかったんだもん。もう二度と聴けないかと思ってたんだもん。
正直、初日は最後の一曲でほとんどを持っていかれた気すらする。。。

なお、フィナーレでは12列センターが神席です。

かなめさんの冒頭とフィナーレのドレス、素敵セクシーなデザインだけど
私はやっぱりチラシで着ているティアードドレスが好きです
マリーの歌だけなんてもったいない!もっと着てくれろ!

で、カテコでは一人ずつ挨拶が。何となく覚えてる範囲で。

大塚「大好きな人たちと一緒に舞台に立てて、スタッフに支えてもらって
   お客様に拍手をしていただけて、本当に幸せいっぱいです!」
田代「一度も出演したことのない作品の曲ばかりで準備が大変でしたが
   チラシの撮影日は首を骨折してコルセットをしている状態だったので
   今日、無事に初日を迎えられてよかった」
岡田「右に同じ!もとい!(客席・笑)花粉が飛び始めクリコレも始まって
   花粉が飛び終わる頃までやりたいですが、少し早く終わりますね。
   2回3回4回5回と記録を作っていただいて、また観に来てください」
吉野「いやー楽しかったですね!楽しめました? ああよかった。
   ではまた来てねー♪バイバーイ♪(客席・笑)」
今 「充実した贅沢な時間を味わっています。
   一日一日、コレクションを大切にお届けしていきたいと思います!」
保坂「素晴らしいミュージカルスターの方々、ミュージカル大好きなお客様と
   一緒に過ごせる数週間になるなあと実感しました。以上です!」
涼風「昔妖精、今妖怪。涼風真世でございます。ワクワクドキドキ、
   幸せな時間を過ごしております。千秋楽まで駆け抜けます」
山口「今日は!素敵なひとときを!ありがとうございましたーーー!」

こんな感じでした。
ハイタッチ移動のためか(←)カテコは2回だったかな。当然スタオベで。

後ろの列がずらっと関係者で、チケ難なのにそれはどうなんだと思いつつ。
でも今回の照明と振付がすごくよかったので、もし担当の人がいたなら
本当にありがとうございました。(ここで言う)

たぶんIIは噛めば噛むほどタイプだと思うので、2回目、3回目が楽しみ。

そうそう、パンフレットは1600円でキャストの写真が素晴らしいです。
全員の決め顔が満載。もちろんデコルテ単独もあります。
あと、前回公演の舞台写真があるのも嬉しい!踊るかなめさんの図!

涼風様グッズは紺と白のトートバッグ1700円。迷わずお買い上げ。

以上、初日レポでした。


【本日のキャスト】
大塚千弘/涼風真世/保坂知寿
岡田浩暉/今 拓哉/田代万里生/吉野圭吾/山口祐一郎

逢沢 優/朝隈濯朗/寺元健一郎/福永悠二
天野朋子/今込 楓/佐伯理沙/原 宏美

【スタッフ】
演出:山田和也
演出補:小川美也子
音楽監督:八幡 茂
歌唱指導:矢部玲司/山口正義
振付:青山航士
美術:伊藤雅子
照明:高見和義
音響:碓氷健司
映像:奥 秀太郎
衣裳:前田文子
ヘアメイク:富岡克之
指揮:西野 淳
プロデューサー:服部優希

【セットリスト(パンフ掲載順) は本日歌われた曲】
「イーストウィックの魔女たち」
  ♪究極の男 
「エニシング・ゴーズ」
  ♪吹け、ガブリエル 
「キャッチ・ミー・イフ・ユー・キャン」
  ♪Live in Living Color 
  ♪Good-Bye 
「三銃士」
  ♪すべて
「ジキル&ハイド」
  ♪連れてきて 
「シラノ」
  ♪ロクサーヌ 
「ダンス オブ ヴァンパイア」
  ♪外は自由
  ♪サラへ
  ♪舞踏の間 
「ニューヨークに行きたい!!」
  ♪ご立派な家
「ウェディング・シンガー」
  ♪サタデーナイト・イン・ザ・シティ 
「ガイズ&ドールズ」
  ♪女神よ今夜は淑女でいて 
「この森で、天使はバスを降りた」
  ♪光よ照らして -Shine On Me- 
「シェルブールの雨傘」
  ♪港の見える広場 
「シスター・アクト ~天使にラブ・ソングを~」
  ♪愛を広めよ 
「ソングライターズ」
  ♪Dinosaur in My Heart
「デュエット」
  ♪Still Believe in Love 
「パイレート・クィーン」
  ♪君のそばで 
  ♪愛していると言えたなら 
「42nd Street」
  ♪Young and Healthy 
「ミー&マイガール」
  ♪街灯の下で 
「モーツァルト!」
  ♪影を逃れて
「ルドルフ ザ・ラスト・キス」
  ♪私という人間 
「レ・ミゼラブル」
  ♪星よ 
  ♪彼を帰して 
「マリー・アントワネット」
  ♪100万のキャンドル 
  ♪すべてはあなたに 
「ミス・サイゴン」
  ♪ブイドイ 
「モンテ・クリスト伯」
  ♪ただ そばにいる 
  ♪罪を着せろ 
「レベッカ」
  ♪こんな夜こそ 
  ♪レベッカ I 
  ♪持ちつ持たれつ 
「ローマの休日」
  ♪それが人生 
Comment

ブレスそしてブレス

2015-02-20 17:28:03 | だって私は涼風真世が好き
クリコレIIの初日ということで、レポも書くけどその前にこれ。

キャストモデルブレスレット
シャンテ1階ノミネーションの店頭で全モデルの実物を見れます。

追加パーツ2種類って聞いてたのに、さらに革のブレスまであってさ。

(c)日比谷シャンテ

○ チャーム(天使) 4320円
○ チャーム(音譜) 5940円
○ レザーブレスレット 7560円  合計 17820円!! ※財布死亡

去年のモデルと合わせてコンプリートしようと思ったら36だかんね。
ファンも楽じゃないよね。


買いましたけども。

せっかくなのでオリジナルと同じ並びにしてもらいましたん。
中央の音譜と右端の天使が追加パーツっす。
ピンクの革ブレスもきれいな色。

でもさー、高額なブレスより劇場ポスターを販売してくれないかなー。

何度挑んでも光が反射してきれいに撮れないんだよね・・・
Comment

「あっ スポンジ♪」

2015-02-18 19:28:47 | 日々事
10月末のフライングから4ヶ月弱。
帝国劇場11月公演はやっぱり「ダンス・オブ・ヴァンパイア」でした Ψ(`∀´)Ψシャーッ

まあね、ウィーン劇場協会ほどのところが誤報を出すはずもなく。

伯爵だけ発表されたけど、そのほかのキャストはどうなるんだろ。
クコールが駒田さんじゃないと淋しい。 ※10月はサンチョの中

でも再々々演、嬉しいなー♪
特に何が得られるっていう作品じゃないけど(ぁ。)気楽に楽しめるよね。

何でしょうね・・・どうして吸血鬼ものって廃れないんですかね。
冷静に考えたら、顔色の悪い不審者に首を噛まれて血を吸われるって
相当気持ち悪いし痛そうな話なんだけど。←
昔からこの題材の作品って多いし、新しいものもどんどん生まれるよね。

ともかく、祐様がクレーンでびょーんするの観てわーいしたいと思います。

Comments (2)

おや、以前どこかで

2015-02-17 23:02:23 | だって私は涼風真世が好き
クリコレIIのグッズページがひっそりとお目見えしてました。

■□ ストラップ 1200円
■□ ロープハンドルトートバッグ 1800円

ん? 去年と同じじゃね? ( ・ω・ )

別に「2」の要素もないし、ほんとにまんま同じグッズですよね。
財布的にはありがたいけど新グッズがないとちょっと淋しい。。。

かなめさんのグッズは何が出るかな。

できれば以前販売してたブランケットを復刻させてほしいのです。
ピンク(?)の折りたたんで持ち運べるタイプ(?)のあれ。
劇場で見て「かわいいなー今度買おー」と思ってるうちに消えたよね。

そして、ノミネーションとのコラボブレスの詳細を問い合わせてみました。

ちなみに 涼風様モデル2014ver.はこんな感じ
今年はこれに追加できるパーツが出るそうな。

伺ったら、とてもかなめさんらしいパーツでした♪

誰だよ、犬の足跡とか予想してたやつ ( ^д^ )←予想してたやつ
Comment

凝縮と捉える努力

2015-02-17 19:01:35 | だって私は涼風真世が好き
クリエ公式サイト掲載↓

∞----------∞
「クリエ・ミュージカル・コレクションII」

上演時間: 2時間15分(予定)

上演時間は今のところ、休憩を含めまして
およそ2時間15分の予定でございます。

※演出上の都合によりお座席にご案内できない時間帯がございます。
∞----------∞

短っ! 「(゜∀゜ )」シェーッ

休憩が15~20分と考えると、1幕も2幕も1時間ってこと?
前回は少なくとも2時間30分はあったはず。

ただ長いだけの某OHMFもどうかと思うけど、あんまり短いのもねえ。

明日からいよいよ舞台稽古らしいので再計測したら変わったり・・・
しないか。しないな。すでに数回オケ付きで通してるんだもんね。

もう少し長くてもよくってよ? よくってよ?(c)白鳥様

Comment