キャットさん近影

2017-10-06 08:59:20 | だって私は涼風真世が好き
げきぴあさん、ありがとう。
この御恩は決して忘れませ・・あ、いつもぴあでチケット買ってるからいいよね。

「レディ・ベス」特集が素晴らしい。(斜体は引用部分)

平野綾ロングインタビュー
あとはやっぱり、かなめさん(キャット・アシュリー役の涼風真世)が
引っ張ってくださったのがとても大きいです。
ご自身の体験談からアドバイスまで、とても心強いお言葉をいただきました

綾ちゃん、一人一人のことをきちんと語ってくれてありがとう。
その体験談とアドバイス、詳しく聞かせてもらえたらお姉さんもっと嬉しかった。
今回は綾ベスを中心に通いますのでね。3年の進化、信じてるのでね。

稽古場レポート Part1
ウォーミングアップ。そして黒衣の金髪猫背ボブ。
稽古場レポート Part2
写真充実♪ 祐涼禅!祐涼禅!
稽古場レポート Part3
がんばれ主役たち。この舞台の8割はあなた方にかかってる。

演出・小池修一郎インタビュー(前編)
ベテランのおふたり、山口祐一郎さん(アスカム)と涼風真世さん(キャット)。
東宝というのは昔から色々なコンビを生み出していますが、「貴婦人の訪問」に、
このあとの「マディソン郡の橋」も控える名コンビですね(笑)。
彼らが後輩たちが活躍する舞台を、しっかり支えてくださっています。
でもちゃんと光らせる部分はピシッと光っていますから…宝物のような存在ですよね。
涼風さんは去年、芸能生活35年。山口さんも同じくらいの芸歴がある。
もちろん若い頃と光り方は変わってるかもしれませんが、輝きを失わないのはすごいことだなと痛感します。
この作品をすごく、厚みがあるものにしてくれています

宝物のような存在───イケコいいこと言う。それな。
名コンビですね、の後のかっこ笑いはどういう意味なのかな?(笑)
演出・小池修一郎インタビュー(後編)
オープニングの修正、新曲2つ、テーマがクリア・・・

例の傾斜盆が来年以降も倉庫に保存されるかどうかは、この再演で決まるんですかね。

そして、メアリー女王陛下のお呟き
おいしそう。だが買いに行く勇気はない。
ジャンル:
ウェブログ
Comment   この記事についてブログを書く
« 2018ラインナップ | TOP | 言葉も出ない »

post a comment

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。