ホームコンじゅく出来島教室総合情報Blog

新潟市内の小さなパソコン教室です。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

アビエイター観てきました・・・

2005年03月28日 19時45分50秒 | 日記
先日公開された、
話題の『アビエイター』を観てきましたよ(^。^)



アメリカを代表する富豪にして映画監督・飛行家(英語でアビエイターね)として知られる・・・
”狂気の天才”(というか変人(^_^;))『ハワード・ヒューズ』の生涯で
分かってる所だけ(なんせ謎が多い人なので(^_^;))を映画化した・・・
まぁ、”伝記映画”です。・・・いや、でしたですね。

正直なところ、日本では”当たらない”映画でしょうねぇ・・・
なんせ、『ハワード・ヒューズ?誰?』って人が多いでしょ?
だけど、この映画、何の”前置き・説明”も無く始まっちゃうんですよ(゜o゜)
しかも、凄~いシーンから・・・

アメリカならこれで良いかも知れないけど・・・
まぁ、簡単に言うと”堤義明”さんみたいな人で、
アメリカでは知らない人はいないような(きっと、ワイドショーでもやり尽したようなネタ)
有名人なんだろうけどね(^_^;)

日本ではキツイよねぇ・・・・

僕は、映画評論家でも映画評論ブログでもないので、内容については何も言いませんが、

「私のように、ハワード・ヒューズに興味のある人には楽しめる・・・と、思います(^_^;)自信無し・・・

でもね・・・
知れば知ったで、興味深い人よ。ホントに。

例えば・・・
『飛行機の操縦法を習ったのは14歳の時・・・』
とか、
『父親の死により遺産を相続したのは18歳の時・・・』
とか、
『映画「地獄の天使」で全米興行記録を塗り変えたのは22歳の時・・・』
とか、
『有名なリンドバーグの航空会社、TWAを買収したのが27歳の時・・・』
と言うように、まさに快進撃!

でもね・・・
こんなことは彼の人生において大した事じゃないのね。

自ら設計した飛行機で当時の”速度記録”を記録。しかも、自分の操縦で(!)
↓これがその『H-1』

どこかで見たような機体デザイン・・・
↓これかな?

零式艦上戦闘機・・・「ゼロ戦」ですね。
H-1が記録を達成したのが1935年で、
零式艦上戦闘機の開発が始まったのは1937年・・・
後に、大活躍する零戦と似通った(どっちが(^_^;))機体を設計してるんですよ。
これだけでも、ハワード・ヒューズが優れたエンジニアだったことが計れます・・・

その後も・・・
「アメリカ横断記録」を塗り変えたり、
「世界一周記録」も樹立したりで・・・
こと、航空分野では、
『リンドバーグを超える”天才”だったことは間違いない・・・と思います(^_^;)多分・・・

その後、750人乗り(!)の世界最大の飛行艇なんてものも造ってます(^_^;)
↓水陸両用飛行艇ハーキュリーズ

長さ67メートル幅98メートル、8発エンジン・・・(ジャンボ機の1.5倍くらいかな(^_^;))
この飛行艇は、なんと木材(非戦略物資だったんだって・・)を使って造られていて、
その木材名を取って“スプルース・グース”と呼ばれた(^_^;)

戦争が連合国優勢になり、戦争遂行に無用とされた“スプルース・グース”は
米国政府から契約打ち切りされるが、ヒューズは私費で飛行艇を完成させる・・・
その後ロングビーチで進水したが、巨大飛行艇は既に戦略的価値がない物として当局から飛行が禁止される。
しかし、ヒューズは・・・

「滑走試験」中に“間違えて”飛行艇を離水させ1.6km飛行させてしまった(^_^;)

最初にして最後の飛行であったが、彼は、ここでまた合衆国の英雄となった・・・

どこまでも『アビエイター』な野郎!
それで、どこまでも馬鹿・・・だけど、どこまでも魅力的なのが『ハワード・ヒューズ』なのでしょうねぇ

ホントはもっと、いろいろなことがあるんだけど・・・
これで興味をもたれた方は、是非劇場でご覧下さいね(^。^)

人気blogランキング
↑気になるランキング。協力宜しくお願いします<m(__)m>
コメント (3)   トラックバック (31)   この記事についてブログを書く
« 「堀江社長は玄関から入りな... | トップ | 仙台の行方不明少女が戻って... »
最近の画像もっと見る

3 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
TBありがとうございました。 (がりゅう)
2005-03-29 17:16:22
はじめまして。こちらからもTBさせて頂きました。

確かに自分もアビエイターの公開を知った時は「ハワード・ヒューズって誰?」という感じでした。

でも映画を観てからは実際のハワード・ヒューズがどんな人物だったのか少し興味惹かれましたね。
初めまして! (REI)
2005-03-29 19:31:26
初めまして!TBありがとうございました!

やっぱり日本人には馴染みが薄い人なので、この映画ではじめて知ったという人が多いと思います。私もその一人ですが。

本当にすごい人ですよね。私もすごく興味を持ちました!
アビエイター (tommy-style)
2005-04-02 17:12:19
飛行機のことは全然知識になかったので、映画ではわからなかったことに気付かせてもらいました。写真もとてもよかったです。

コメントを投稿

日記」カテゴリの最新記事

関連するみんなの記事

31 トラックバック

アビエイターを見ました☆ (ミニチュア日記)
26日公開上映の「アビエイター」を見てきました!! ”本年度アカデミー賞最多5部門受賞!!”と聞いたら やっぱりどんな映画なのか?興味がありますよね{/nezumi/} 前にブログで紹介しましたが←ここをクリックすると内容が見れます☆ 大富豪ハワードヒューズの話です
「アビエイター」レオ様がハワード・ヒューズ!? (**Kinako-cat CINEMA Life**)
幼い頃母親に教えられたのは《Quarantine》という単語だった… わずか18歳でハワード・ヒューズ(レオナルド・ディカプリオ)は、父親の石油掘削機で得た富を引き継いだ。 その富をすべてつぎ込んで、彼が行ったのは映画製作だった。 1927年、ハワード24歳の時に航空アク
『アビエーター』 (京の昼寝~♪)
 すべての夢をつかんだ時、いったい何が見えるのだろう。 ★第77回アカデミー賞5部門(助演女優賞・撮影賞・編集賞・美術賞・衣装デザイン賞)受賞 ■監督 マーティン・スコセッシ ■キャスト レオナルド・ディカプリオ、ケイト・ブランシェット、ケイト・ベッキンセ
★「アビエイター」 (ひらりん的映画ブログ)
公開初日のナイトショウ(24:00~)で見てきました。 いつものチネチッタ・・・1本観ても駐車場代200円で済むからね。 初日なので、ディカプリオのナマ写真もらった。 本編始まる前にディカプリオのご挨拶ビデオも流れました。 今後、日本がらみの映画を作りそうだ
空に固執しつづけた男ハワード・ヒューズの物語 『アビエイター』 (鳥打さん家の美味しい日記)
1905年に油田の掘削ドリルで儲けたハワード・ロバート・ヒューズと、ダラスの資産家令嬢アレーンとの間に生まれたハワード。 幼い頃から母アレーンから伝染病や、感染の話しを聞かされ、いつの間にか潔癖症になっていた。成長したハワードはその膨大な財力を使い、前代未聞
映画「アビエイター」 (RAKUGAKI)
映画産業と航空産業。その二つの分野でトップをつかんだ男の夢物語。ビジネス戦争有り
「アビエイター」レオ様全裸での熱演も主人公の「狂気」に深みなし (エンタメ情報 メッタ斬りぎり)
監督:マーティン・スコセッシ 出演:レオナルド・ディカプリオ、ケイト・ブランシェット、ケイト・ベッキンセイル、ジュード・ロウ 本年度のアカデミー賞で、編集賞、撮影賞、美術賞、衣装デザイン賞とかの技術部門を独占してるだけあって、ハリウッドの娯楽大作と
アビエイター観ました。 (月のコトノハ)
友達と雨の中今日観て来ました。運転はまたしても友達。 いやぁ、毎回毎回悪いね。次もよろしくね。 ちゃっかりさんです。 で、肝心のアビエイターですよ。 アカデミー賞以前からずっと楽しみにしていたアビエイター。 その感想は。 アレキサンダー観た時と一緒ですね。 ハ
アビエイター (CINEMA CHECK!)
アビエイター         <ストーリー>父の死によって、莫大な財産を手にしたハワード・ヒューズ(レオナルド・ディカプリオ)は、その財産を注ぎ込んで、戦争映画「地獄の天使」の製作をする。様々な苦闘の末、作り上げた映画は、大喝采を浴び、彼の名は、一躍有名
アビエイター (REIの映画を楽しむ会)
《あらすじ》 若くして亡き父の莫大な遺産を相続し大富豪となったハワード・ヒューズ。1927年。彼は21歳の時に、その莫大な財産を使い、航空アクション映画「地獄の天使」を作った。細部にまでこだわる完璧主義者のハワードは、理想的な雲が出るまで数ヶ月も待つ徹底ぶり。
【アビエイター】 (ただの映画好き日記)
若き富豪ハワード・ヒューズの夢は、世界的映画監督と航空家。 1930年、莫大な予算をつぎ込んだ映画『地獄の天使』を成功させたハワードは、航空会社を買収し、ライバル社パンナムとの探りあいのなか、軍飛行艇ハーキュリーズの開発に乗り出す。 1946年、テスト飛行中に墜落
アビエイター (フラン☆気まぐれDIARY♪)
3/25公開の”アビエイター”。 さっそく土曜日に観に行ってきましたぁ~♪ この土日限定でレオ様の特別映像(30秒)とサイン入り生写真のプレゼントがあったのでラッキー☆ で、映画はというと。 難しかった・・・ 主人公のディカプリオ演じるハワード・ヒューズのこと
アビエイター (劇場型アンドロイド)
レオナルド・ディカプリオ主演、アメリカの伝説的大富豪ハワード・ヒューズの半生を描いた作品である。俺がこの映画を観に行った理由、それはディカプリオでもなく、アカデミー賞5部門(主要は獲れなかったけど)獲ったからでもなく、ただ一点、監督マーティン・スコセッシ
アビエイター (2004) THE AVIATOR 168分 (極私的映画論+α)
 18歳で亡き父の石油掘削機の事業を引き継ぎ大富豪となったハワード・ヒューズ。1927年、21歳の彼は、その莫大な財産を全て注ぎ込み、航空アクション映画「地獄の天使」の製作に着手。30年に同作を完成させると大ヒットを記録し、ハワードは一躍ハリウッド・セレブの仲間入
伝記と映画比較「アビエイター」 (独身社会人映画ファンメーリングリストHP掲示板)
 テキサス州ヒューストンで名家に生まれたハワード・ヒューズは、 1924 年に19歳の若さで自身の帝国の基礎を築きます。 彼はもともとテキサスの裕福な家庭に生まれましたが、 両親の相次ぐ死により“お金持ちの孤児”になります。 ドラマの決まりごとのように彼の周りには
アビエイター (利用価値のない日々の雑学)
念願の日本公開である。この作品を全く観ないうちからこのブログでもかなり大々的かつひとりで騒いでいたが、色々な意味で「ギャング・オブ・ニューヨーク」を引きずっていたのだと思う。本日、初めてこの作品を鑑賞することによって、その一連の騒ぎに取り敢えずの終止符を
『アビエイター』を観て来ました!#61 (★☆★風景写真blog★☆★Happiness inf...)
『アビエイター』
アビエイター (エンタメ!ブレイク?)
役者も話も舞台も衣装もセットも ひっくるめてぜーんぶゴウジャス! ハリウッドの王
すべての夢をつかんだ時、いったい何が見えるのだろう。 (東京いい店やせる店)
巨匠マーティン・スコセッシ×レオナルド・ディカプリオで贈る総制作費150億円のエンタテインメント超大作、遂に公開!『アビエイター』観てきました。久々に観終わった後に余韻が残る、こんな映画は何年振りだろう、、。荒唐無稽で壮大な夢を描き、それを実現してしまった実
アビエイター (金言豆のブログ)
★本日の金言豆★ビーツ:赤カブのようだが、ホウレン草と同じアカザ科で、サトウダイコン(テンサイ)の仲間。ボルシチには必須。 生まれた時から大金持ちだったら、人間普通どうするもんなんでしょうね!?やっぱり、お金持ち業界(!?)の一般論としては、土地転がした
アビエイター Aviator 完全解読 (シカゴ発 映画の精神医学)
アビエイター (シカゴ発 映画の精神医学)
 「Aviator (飛行士)」は、どう聞いても「エイビエイター」と発音されているが、日本タイトルは「アビエイター」になった。まあそれはいいとして、この映画には正直、かなり期待していた。というのは、マーティン・スコセッシ監督、レオナルド・ディカプリオ主演の「ギャン
「アビエイター」劇場にて (xina-shinのぷちシネマレビュー?)
ファボーレ東宝で『アビエイター』を観ました。 体調不良のため、劇場での2時間を見るだけの体力の自信が無く自重しておりました。およそ3週間ぶりでございます。復活第1弾が171分・・・無謀だな。 主演は『タイタニック』の「レオナルド・ディカプリオ」、共演に「
アビエイター [浅さ転じて面白さとなした大エンターテインメント。好きな台詞はあった?] (自主映画制作工房Stud!o Yunfat 映評のページ)
好きな・・・っていうか面白い台詞はありました?私は・・・ 「ミルクだ。ふたを付けて」 マザコン・オコチャマ・ダダッコそしてリッチな男の想像を絶する(色々な意味で)物語 本物の感動とは違うが、別な意味で身悶えするほどオモシロイ快作だった。 多分、この映画、ハワー
アビエイター (ダディャーナザン!ナズェミデルンディス!!)
4月1日の映画の日の2本目。見たかった「鉄人28号」と「香港国際警察」の間がすごく時間があったので、時間つぶしがてらに鑑賞。これまた少人数(20人もいたか?)。そんなに期待はしてなかったのだが、結構面白かった。上映時間2時間48分だが、そんなに長く感じなかった。
映画「アビエイター」 (800万円→100万円→1億円達成の株式投資術)
映画「アビエイター」を見てきました。 僕は、レオナルド・デカプリオの映画には、正直あまり良い思い出がありません。 それはさておき、アビエイターです。
アビエイターは飛行家、airmanとも言う (soramove)
「アビエイター」★★★☆ レオナルド・ディカプリオ主演 ディカプリオはスターの輝きで 画面を支配し、見終わって印象に 残ったのは、 壮大なムダ遣いのお話。 自分のやりたいことをして 生きていくのが一番の贅沢と 改めて実感。 食べるために働くとい...
映画「アビエイター」 (椿 四十郎の日々是好日)
映画の主人公「ハワード・ヒューズ」とは何者ぞ?と言う方もいらっしゃるだろう。 そ
アビエイター (In my opinion・・・)
アメリカ人なら誰でも知っているという前提で作られた感のある「アビエイター」です。 実際、ハワード・ヒューズはアメリカではメジャーな方らしいですからね。日本人には馴染みが浅いのでどうもピン!とこないです。冒頭から知っていて当たり前!的な作り方で予習もせずに
アビエイター (カミノコドモタチハミナオドル)
すべての夢をつかんだ時、いったい何が見えるのだろう。 18歳で亡き父の石油掘削機の事業を引き継ぎ大富豪となったハワード・ヒューズ。1927年、21歳の彼は、その莫大な財
アビエイター (おすすめ本と最新映画情報【書評と映画レビュー】 本検索、本通販、映画館、読書感想文、評論、批評)
アビエイター プレミアム・エディション アビエイター 通常版 アビエイター アビエイター(スコア) アビエイター おすすめ度:★★★★  この映画は、マーティン・スコセッシ監督、レオナルド・ディカプリオ製作&主演で、銀幕と大空への夢を追い続けた実.