2018年の終わりに

 今年も、もうあとわずかで終わりを迎える。
 そこで、このブログでは、例年通りに私自身の今年一年を振り返ってみたいと思う。

 まず、今年の私にとって痛恨事だったのは、なんと言ってもホームページを一度も更新できなかったこと。
 特に、今年後半にかけて「ドラちゃんのおへや」に、信じられないくらい大量の貴重な情報提供があっただけに、最低でも一度は更新したいと思っていたのだが、それが果たせなかった。
 情報を下さった方々には申し訳ないことであるし、私自身としても更新を多くの方に観ていただきたいと思っていたので、非常に残念だ。
 現時点で、更新準備の作業は7割ほどは終わっているので、何とか年度が替わるまでには一度更新するつもりではある。それまで、今しばらくお待ち下さい。

 趣味のマンガ・アニメ関連では、今年も色々とあったが、手塚治虫作品は今年も色々と復刻が盛んで、特に『ダスト18』の刊行は長年待っていただけに、非常に嬉しかった。これを出した立東舎では、さらに続けて『アラバスター』のオリジナル版まで出しており、個人的に今手塚作品の復刻で一番注目している出版社だ。某社より定価が安いのもありがたい。
 それでは、藤子不二雄関連はどうだったか。昨年に続いててんとう虫コミックスで藤子・F・不二雄作品が刊行されたが、あくまでこれまで出た物の新装版であり、あまり新鮮みはない。F作品は全集が出てしまっている以上、「初単行本化」で売ることも(ほぼ)できないので、単行本を企画する人も大変なんだろうな。てんコミ新装版も一段落して(まだ『バケルくん』『みきおとミキオ』は出ていないが)、今後はどんな藤子・F単行本が出るのか、来年に注目したい。
 藤子A作品に関しては、なんと言っても『わが名はXくん』全3巻の刊行につきる。よくぞ出して下さったというしかない。ほぼ全編未読だったので本当に嬉しかったし、作品としても面白かった。今後、未単行本化のA作品のさらなる刊行を期待せずにはいられない。
 単行本以外では、藤子不二雄A展が開かれたのも記憶に新しい。と言うか、私はまさに昨日ようやく行ったところだ。やはり、東京のイベントは行くタイミングが難しい。藤子A展は原画展示は少なめだが、各作品ごとに趣向を凝らした展示がされていて、なかなかに楽しめた。一つだけ残念な点があるとしたら、マイナー作品があまり取り上げられていなかったところだ。『仮面太郎』や『マボロシ変太夫』あたりも展示があったら嬉しかったのだが、そこまで求めるのは贅沢なのかもしれない。

 アニメ関連では、今年も多くの(と言うほどでもないか)作品に接したが、今年一番の作品は何だったかと聞かれたら、1~3月に放映された『宇宙よりも遠い場所』になる。久々にブルーレイソフトも揃えたし、8月に開催されたイベントにも参加した。全13話を、すでに3周しているくらいには気に入った作品だ。
 個人の印象だが、今年いいなと思ったテレビアニメは1~3月期と10~12月期に集中していた。4~9月も面白い作品がなかったわけではないが。特に、1~3月期は『宇宙よりも遠い場所』のようなストーリーと演出で見せるような作品があった一方で、『ポプテピピック』のようなテレビアニメの枠を飛び出した何でもありの作品もあり、非常にバラエティ豊かだったと思う。
 ところで、特に今年後半は録画だけしておいて未見のままという作品も増えている。HDD容量に余裕が出来るのも、いいことばかりじゃないな。このまま、来年になっても観るかどうかは怪しいのだが、来年はこういうことはあまりしないようにしたい。たいした量じゃないとは言っても、録画するにも電気がいるのだ。非常にムダなことをしているような気分になってしまう。

 そして、来年の目標の一つとしては、パソコンを新調したいというのがある。
 今年、何度も主に起動のトラブルに見舞われて、特に年末に向かうにつれて不調が多く見られるようになっており、数年前に組んだ現PCが、限界に来ているような気がするのだ。
 準備できる予算は多く見積もっても12万円くらいか。予算の枠内で、納得できるものが組めればいいのだが。なお、メインPCと別にある録画用PCは非常に安定しており、特に問題はない。とりあえず、Windows7のサポートが切れるまで、録画用はこのままにしておくことになるだろう。


 と、いった感じで、今年を振り返りつつ来年についても言及してみた。
 ともかく、今年一年ありがとうございました。皆様、よいお年をお迎え下さい。
コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )
« 『三つ目がと... 『どろろ』新... »
 
コメント
 
コメントはありません。
コメントを投稿する
ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません
 
名前
タイトル
URL
コメント
コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。
数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。