2016年の関西&東海地区アニメ事情

 このブログで、以前は「東海地区アニメ事情」について書いていたのだが、大阪に引っ越したせいで2016年1月期を最後に途切れてしまっていた。
 何事も中途半端なのはよくないので、一年が終わりに近づくこの時期に、改めて今年の東海地区および、関西地区のテレビアニメ事情について、まとめておきたい。


 まず、4月期以降の東海地区のアニメ事情だが、テレビ愛知は現状維持という感じだ。最低限度は深夜アニメが週に10本と言ったところか。10月期はぎりぎり10本なので、減少傾向にあるのかもしれない。
 「トワイライト★アニメ」枠は、『ゲゲゲの鬼太郎 [第5作]』に代わって、9月より『テニスの王子様』がスタート。この枠では初めての、テレビ愛知で本放送を行った作品の再放送という事になる。これも、話数が多いから、来年まで続く事になるな。
 テレビ愛知の次に深夜アニメが多かったCBCは、10月より木曜深夜TBSアニメ枠と金曜深夜アニメイズム枠が、従来の2枠から1枠に削減されてしまった。これは、けっこう危機的な状況なんじゃないかと思う。さらに、三重テレビ&岐阜放送で放送されていた角川アニメ枠も、4月期をもって消滅(今のところ、分割2クールの『文豪ストレイドッグス』2期のみは放送)しており、なんだか東海地区のアニメ枠減少に拍車がかかっている感じがする。これで、テレビ愛知の深夜アニメが一桁になったりすれば、いよいよ末期的状態と言えるだろう。正直、ちょっと心配だ。


 ここで、話は関西地区に移る。5月に大阪に引っ越してきて、今は関西準キー局4局+テレビ大阪+サンテレビ+KBS京都が映る環境で暮らしている。
 これだけ映れば、関西で放映されるアニメのほぼすべてをフォローできるので、視聴環境的には申し分ないのだが、一つ問題はある。それは、地上波関東ローカルの作品がじわじわと増えてきている事だ。
 関東ローカル枠は、現在はテレビ東京に1枠ある他に、MXのみの作品もいくつかある。もちろん、そういった作品でもBSやCSでも放映される事がほとんどなので、関西にいようが視聴は可能なのだが、前々から言っているように、BS・CSは視聴環境が天気に影響されまくるのが難点だ。受信できないほどのひどい天気は、滅多にはないが。

 また、最近は、関東ではキー局で放映されている作品のサンテレビ送りが多い。具体的にタイトルを挙げると、10月期ではTBSの2本ともと、日テレの『うどんの国の金色毛鞠』、テレ朝の『ユーリ!!! on ICE』と、4本もある。中でも『ユーリ!!! on ICE』は11月スタートなので、関西でやりたいが、準キー局のABCが買わないとかの問題があったんだろうなと想像したくなってしまう。
 本来、サンテレビは兵庫県のテレビ局であるが、大阪府のほとんどで視聴可能なので、大阪府民的には文句はないのだが、滋賀・奈良・和歌山・京都あたりのサンテレビが入らない人にとっては、これらの作品を準キー局でやらない事に納得いかないのではないだろうか。
 そう考えると、『タイガーマスクW』は、よくテレ朝系全24局ネットにできたもんだ。深夜の時間帯である事を残念がる声も聞くが、そもそも地元で放送すらしていないというのが一番痛いので、個人的には全国ネットだけで十分に評価したいところだ。
 このままでは、さらに関東ローカル作品が増えて、東海地区だけでなく関西地区からもアニメが減っていく事になるかもしれない。その危機感はある。かと言って、一個人でどうこうできる事ではないが。とりあえずは、BS・CSの受信環境を整えるくらいしか、個人でできる事はない。

 ついでに、関西地区のアニメ再放送事情についても触れておこう。
 残念ながら東京MXほどに再放送が多い局というのは存在しないが、関西でもそれなりに再放送はやっており、サンテレビとKBS京都が月~金の7時30分~8時に帯で枠を設置しているほか、テレビ大阪が平日朝と夕方に15分枠(後者は、正確には18分枠)を設けている。
 深夜枠での再放送は、サンテレビの『装甲騎兵ボトムズ』と『高橋留美子劇場』くらいか。もっと色々やってほしいところだが、あまり多すぎても観きれないので、贅沢は言うまい。東海地区なんか、まともな再放送枠は「トワイライト★アニメ」くらいしか、ないもんな。

 今期は、「サンテレビでしかやらないアニメ」に加えて、「KBS京都でしかやらないアニメ」や「サンよりKBSが圧倒的に放送が早いアニメ」があるので、KBS京都が重宝する。特に、KBSでしかやらないアニメの存在は、一体いつ以来なんだろう。
 ただ、地元ケーブルテレビでKBS京都の再送信は2017年までの暫定措置となっているので、今後観られなくなる可能性も大いにある。そうなった時に、困らなければいいのだが。


 今は、深夜アニメの放映本数は、完全に関東>関西>東海になってしまっている。ほんの数年前までは、ほとんどの作品が三大都市圏で放送されていた事を考えると、惨憺たる状況と言える。
 最近は、深夜アニメは大都市を重点的に取る方向からBSで全国放送を行う方向に変わってきているので、致し方ない。その代わりと言えるのか、CSではAT-Xで最速放送作品がいくつかあるので、加入さえしていれば関西でも関東にあまり引けを取らない状況でアニメが観られる。

 結局、今の関西・東海地区のアニメ事情では、BS・CSが必須と言う事になるのかな。来年は、どうなる事だろう。
コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )
« アニメ本放送... コメントにつ... »
 
コメント
 
コメントはありません。
コメントを投稿する
ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません
 
名前
タイトル
URL
コメント
コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。
数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。