真夜中の血糖

HbA1c13.3からの、完全無投薬の血糖値コントロール

踏みとどまって、三食写真

2016年05月27日 | 1日三食写真シリーズ

どーも。雑な生き方、プーカプカです。

 

三食写真を撮るようになってから、かろうじて、食べ物全てを皿に盛るようになりました(笑)

あと、座って食事に専念するようにもなった←どんな生活 

 

朝ごはん

ほっけのひらき。

サイリウムおから餅の海老バージョンを、シリコンスチーマーで蒸した野菜スープに投入。

椎茸、白菜、もやし、うどんだしの素。

 

午前中、職場でおから蒸しパン祭り(昨日のブログに詳細アリ)

うなぎボーン蒸しパンと、いかなご蒸しパンを1個ずつ食べました。ブラックコーヒーも。

 

昼ごはん 

ブロッコリー、ソーセージ、椎茸。ソーセージがしょっぱいので、野菜の味付けはナシ。

蒸し大豆と、インスタント味噌汁はしじみ汁です。小さな銀紙は、焼き海苔を入れてきたヤツ。味噌汁に入れました。

 

晩ごはん

 

 

…これ、載せるのか(笑)

 

ほんま、三食写真は効果テキメンやな

自分でもヤバい、と思っているメニューは、載せにくい(爆)

このあと、風呂上りに、昨日のブログに書いたゼリーのかき氷みたいなのを食べました。

 

昔、友人の住む町へ遊びに行った時、駅に迎えに来た彼女は、自転車の前後に子供二人載せて、買い物袋を2つハンドルに下げていたので、彼女のか弱かった学生時代を知っている自分はビックリしたのですが…

彼女いわく、子供は突然このサイズになって、自転車に今日から乗ったわけではない。子供の数が一人で、まだ小さいときから、自転車に乗り始めて、少しずつ増量していっただけやから、気が付いたら自分の能力も鍛えられて、レベルアップした、と。

その時、その発想にカルチャーショックを受けたのを覚えています。

 

今、自分は、糖質量の管理を全力で覚えて遂行し、そこに写真を撮る、という少しレベルアップした段階に移行したところ。

この次は(おそらく)摂取カロリーの抑制という分野へ乗り出し、その先は消費カロリーの水増し(?)という未知との遭遇までこぎつければ、と思う。

しかし、ある日突然、今日から全てをやりこなすスキルは無いのである。

ママ自転車乗りと同じように、少しずつ増量していって(←体重ではない!)、できる事が増えていって、気が付いたら自分の能力も鍛えられてレベルアップしていた、と。

そういう段取りで、20年間ほどをゆるーく見守っていただけたら<顔洗ってこい

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
« 夏のおやつ | トップ | もう怒ったゾ、寝る »

コメントを投稿