真夜中の血糖

ダサイ糖質制限(だいず+さかな+やさい)なんかやっちゃって

自分語りをしている場合では無く

2019年05月18日 | 真夜中の血糖バナシ

どーも、プーカプカです。

 

いつもコメント有難うございます。

その運用についてはご理解賜りますれば幸いでございます。

さて、レシピ等についてご教示頂いております。

 

煮びたしの、豆腐を染み込ませる戦法において、決定的勝利の「明太子あんかけ」なる最終兵器に盛り上がっておりますが(笑)

拝見して以来、アタマの中が白と赤のコントラストで、妄想が大爆発ちう

 

また、よっぽどの時に<いつやねん

食べようかと書いた、ラングドシャアイス

についても、糖質を抑えた手作りが簡単である旨、ご教示頂いております。

すごいね。何でも作れるんやね。

簡単にてっとり早く生きてきた自分には、糖質摂取量で血糖値をコントロールする事を決めて以降、このように、色んなものを自宅で作れる事への驚きと興奮が、まだ新しい感覚として「嬉しいジャンル」に振り分けられております。

いつかしら、こういう事にも倦んでくるんでしょうか…

 

さて。

ありがたいイオン様は、深夜まで営業して頂いておりますが(自分が立ち寄り可能な店舗は~23時と~24時、24時間店舗もあります)

しかし、22時前にいくと、生鮮食品の残骸が酷い…しゃーないですが。

敢えて半額狙いで行っているワケでもなく、結果としてこうなります。

がんもどきって、糖質少ないんですよね~

100g当たり1.5gで、写真のものは袋込130gでした。具材が入った状態で売られているので助かります。

がんもどきとカット野菜を、電子レンジでチンしてる間に、お湯を沸かしてアマノフーズのフリーズドライ味噌汁(糖質3g前後)で、がんもどき味噌汁にすると、変な時間の食事でも胃の負担が軽いです。

一応、温かいモノということで、気分もホッコリするしね

 

そんな時間帯でも、週末の他家訪問に備えて、チュルッチュルー珈琲バージョンを。

初の、1.5リットル(笑)

サイリウムは20g入れました。ちょっとユルめの仕上がりですが、現地でグリコのアイスSUNAOを載せ、丁度いい感じで、ドロリッチみたいに。

 

家でも食べまくってます。

アイス載せ前提で、作る時にエリスリトールを入れないようになりました。

写真の量で、SUNAO1/4(糖質1.9g)

 

こっちはアイス1/6くらい(糖質1.3g)

アイスだけだと、つい、もっと食べたくなってしまうけど、ちゅるっちゅるーは小ぶりの茶わん1杯分ほどありますから、満足感あります。

ちなみに元になるコーヒーは、ハンドドリップで真剣に淹れております

多分、ペーパードリップの際の手順そのものが好き。

あれ、火山の溶岩崩落と同じ物理現象らしくて、地質学者が研究室で真面目にドリップして崩落の力学を研究してはるそうです。

そういう事を想像しながらじっくりと作るコーヒーの、わくわく感に癒されるという、なんとまぁ乾いた人生

 

コメント (1)   この記事についてブログを書く
« 煮びたしっ | トップ | 新商品とか »

1 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (くろーどちあり)
2019-05-19 10:17:36
私もハンドドリップ〜
わーい一緒だ〜嬉しい〜〜

コーヒーに酸味を求めないタイプなので、通年アイスコーヒーを愛用してまふ
酸味少なく苦味しっかり
入れたての熱いアイスコーヒー(表現に難ありながら事実)、結構いけますよ〜
ちゅるんちゅるんにもアイス、いいかも〜
コーヒーにお金はかけてないので、フツーに売ってる粉で
ブラジル産のみっちみちなフォルムで売ってる粉を半々で混ぜると、更にコクがでてデザート向きになりますよ〜
「コーヒー淹れたよ〜」って言うと、熱いまま飲みたい人はわらわらとやって来て、残りはアイスにスライドなので無駄なし笑
ドリップしてる時間って、楽しいですよね
私の場合は「コーヒー淹れよ」と思ってから淹れ終わるまで、約17分
洗濯が終わるまでとか、隙間時間で淹れます
すみません、安いコーヒーについて熱く語ってしましました…
「溶岩や〜〜」思って淹れてまふ

コメントを投稿