真夜中の血糖

HbA1c13.3からの、完全無投薬の血糖値コントロール
(最新HbA1c5.8/2018.1)

複雑は必要ない

2018年11月08日 | 読んだ本とかサイトとか

どーも、今日も地味メシ、プーカプカです。

 

サイリウムおから餅をご飯代わりに。

昼になっても熱々の鍋スープに、箸でちぎって投入すると、とろんとろんになります。(この餅は時間が経っても固くなりません)

腹持ちは結構良い。

 

しかし、いかんせん夕食まで7~9時間空くことが多いので、間食も抜かりなく用意しています。

豆乳プリンをシリコン鍋で作って(電子レンジするだけ)、空き瓶に詰めて職場の冷蔵庫に。

鍋で作ると、プリンの固さを好みで調節しやすいです。

自作なので、甘さも好みで。クリーム類が苦手なので、豆乳と卵だけというのも気に入ってます。

 

作り方はクックパッドにて。1瓶で糖質2g弱です。

こっちはホロにがバージョン。

インスタントコーヒーをパラパラ振っておくと、カラメル代わりの苦みも得られます。

 

最近、思い出した食べ物。青春時代に読んでいた漫画家さんへのオマージュ食品なのですが…

公式サイトから

これ、4個分で糖質13.4gなので、職場でのおやつ用にいいかもしんない。(冷蔵庫があるので)

 

さて。

雑誌「一個人」は、中高年の余暇を充実する趣味ツッコミ系雑誌?という認識でおりましたところ…

近年は、やはり高齢者の人口増加(=読者の年齢ボリューム層の移動?)もあってか、食べ物とか、カラダを特集する号が出ております。

公式から

こっちは先月から発売中の号。

そうそう、シニアの運動は、少しでもラクになるように、というのが正しいスタンスですよ←40代シニアの意見(笑)

 

11/9(金)発売予定の最新号はコチラ。

公式から

こういうジャンルの雑誌も、そういう特集組むのか~シンプルな理論は強いですね。

 

今日ちょっと行って来た理化学研究所も、全般的に

「炭水化物の量と、摂取の順で、ピークをコントロールすべし@健康体の若年層もね

推しで、ビックリしました。

これからは、病人だけじゃなくて、健康体も取り締まられるのか

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
« 新商品と、白い粉ドーン! | トップ | 新聞記事から »

コメントを投稿