真夜中の血糖

HbA1c13.3からの、完全無投薬の血糖値コントロール

キッチン改造

2016年05月29日 | 真夜中の血糖バナシ

どーも。カタチから入るタイプのプーカプカです。

 

おからパウダーとサイリウムによる主食作りが始まって以降、まだ実験段階ということもあって、大きなファイリングボックスに色んな粉を放り込んで、実験室みたいになってました。

もう実験というよりは、日常になったので、なんとかしたい~

 

地元のダイエーが、買収されたイオンに店舗変換するのに合わせて、食器コーナーが軒並み半額祭り、ということで、おフランスだかの高級ジャム瓶を買い込んできました。

内蓋の付いた、立派な便です。 

一番大きいのは2リットル以上あると思います。

おからパウダーグッズを全部、一直線に並べて、使いやすくなりました。

左はしのオレンジの缶は、昨日、大阪駅の下の雑貨屋で半額になっていた290円のスチール缶。

ココアと抹茶は、ガラス瓶は良くないような気がして…アルミ包装材に入っているという事は、光に当てない方が良いって事だよなぁ。

どうしようか考えて箱のママ使っている時に、たまたま店頭で半額に出会ったのも運命かと思って、買いました(笑)

左から ココアと抹茶、エリスリトール(これは100円ショップの瓶…)、ドライおから(粗め。お餅用)、サイリウム、微粉おからパウダー

1g単位の秤。初めて行ったドンキホーテで980円でした。

左から、ベーキングパウダー、コショウ、塩、すりごま。オレンジ色のはデンタルフロスですが、ゆで卵切り専用です(笑)

 

一直線に並んだ事で、ノンストレスでおから製品を作ることができるようになりました。

餅、蒸しパン、パンケーキ、お好み焼…

微粉おからパウダーとサイリウムが登場する以前と、以後とでは、天と地ほどの差がある糖質制限の暮らし。先人達の努力と知恵に感謝です

 

あと、災害備蓄食料の、消費期限リストを作りたかったのですが…

以前、アメリカに大量の食品を運んでいた時は、こういうリストを作ってたんです。(プーカプカの消費用ではアリマセン!日本の家族から在米者へのお届け品兼ねてます)

リストの有ると無いとでは、開梱した後の手間が大違いなので、災害備蓄品もリスト化したかったのですが、あの頃とちごて今、自分は、中高年花盛り(笑)

もうそんな集中力も根気もあらへん~

とりあえず、かたっぱしからマジックで消費期限を大書きしていって、チカラ尽きました。

リストがあれば在庫も適正化できるのですがぁ

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
« 三食全部は作れない | トップ | 私はカモメ »

コメントを投稿